箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 12話

H2O

琢磨は子どもに戻ってしまい、はやみを母と慕う。
療養のため(?)、昔住んでいた家に住むことになり、はやみも同行する。
そこでも琢磨は相変わらず子どものままだが、はやみのことを忘れたわけではなかった。
はやみは琢磨に、母の気持ちを信じて、と伝え、子どもを助けるために踏み切りの中に入った。
全てを受け入れた琢磨は再び光を見るが、無情にも電車は はやみを奪っていった。


爺が逮捕されました。
まあ当然ですよね。やりすぎ。自業自得です。
通報したのは ほたるですが、村の中にはその行動を咎める人もいるようでした。
彼女の戦い(?)はこれから、ということで。
エピローグで村長としてやっているのを見れたのは、素直によかったです。

はまじと真紀はいつの間にやら結婚してました。
いいんじゃないですか、ナチュラルでw
どういうシチュエーションで告白がなされたのか、とか はまじも鈴を渡したのか、まさか真紀が渡す方じゃないよな?とか 結婚式は二人ともドレス?とか色々想像すると とても楽しいです。

で。
はやみは琢磨と嬉し恥ずかしの同棲生活を始めました。
二人とも中学生のはずなのに、もう所帯じみていました。
早い、早いよ!初々しさプリーズ!

なんて冗談はさておき、琢磨の母として生活するうちに、はやみは琢磨母の愛情を追体験したのでしょう。
だから母を信じられました。
そして母は自殺なんてしてませんでした。
そんな簡単に愛情は捨てられるものじゃなかったんですね。
母の死は変わりませんが、真実は辛いだけではありませんでした。
でも はやみも死んじゃったの??
これじゃあ新たなトラウマ獲得ですよ。
過去を克服するために現在(未来?)を犠牲にしたみたいでちょっとなぁ。

正直なところ、エピローグは音羽が出てくるまでで良かったです。
それ以降は、なんというか・・・はやみが帰ってきたのは嬉しい(?)けど、どうにもスッキリしませんでした。
音羽は転生してるみたいですが、以前の記憶を持ったまま、って色々辛いんじゃ・・・とか。
最後に はやみが生き返る(?)なら、最初から死ななくてもいいのでは、とか。
というか死ぬ必要性はなかったですよね。
精霊会議でどうこう、って反則でしょ。
せっかく丘に風車作ったんだから、そこから村を見下ろして 琢磨のモノローグで締めても良かった気がします。
はやみちゃん、世界をありがとう・・・とかねwww

このアニメを見終わった今、感想を一言で言うなら、「あれ?」でした。
なんだソレ、ってかんじですがw
中盤以降 好感度がうなぎのぼりだったはずなのになぁ。
タイトルの意味もいまいち分からなかったです。
好きなキャラをあげよ、と聞かれたら「はまじ」と答えてしまうのが微妙。

H2O プラス(通常版) はまじルートが気になってしょうがないよ。
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : H2O

H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 11話

弘瀬

琢磨の目はずっと見えていなかった。
台風の日以来 琢磨は不安定になり、そのうえ爺が穂積家に乗り込んできた。
はやみは怪我をしていたが、村を出て行くことにする。
途中 村の大人たちが立ちふさがり、はやみを亡き者にしようとした。
間一髪で琢磨が助けたが、その目はまだ閉じられたままだ。


衝撃でした。
そりゃーみんなの反応もないわけです。(2話)
今まで積み上げてきたものが急に崩れ去った感覚。
距離をおいて見てる(はずの)私にも衝撃だったので、当事者の琢磨が不安定になっちゃったのも頷けます。
ノートと絵はショッキングでしたよ・・・。

爺、本領発揮。というか追いうちかけに来ました。
あんた何様だよ、と腹もたちましたが失笑しちゃったりもしました。
別にこの人は小日向憎し、ってわけでもなさそうなんですが。
そんなに弘瀬家とつながりたいのか、それとも他になんかあるのか。
ところで弘瀬家はどこに存在するんでしょう。
村の中・・・にあるんですかね。不明だ。

とうとう はやみが村を出て行くことになってしまいました。
しかし子分の親が猟銃を手に現れます。
全くこの人たちは、どこまで小日向を怖がれば気が済むんでしょう。
爺は はやみのことを鬼、なんてほざいてましたが、はやみを勝手に鬼にしてるのは あんたたち腐った大人ですよ。
もう本当 どこまで爺は・・・。
爺の方が鬼に見えるし気味が悪いです。(外見じゃないよ)
・・・爺がムキムキな異形になるとこ想像しちゃった。なんてものを・・・っ!

母親は目の前で死に、目ガ見えなくなり思い出は遠くなった。
大切な人は出て行き、友達には見捨てられた。(別にほたる見捨ててないと思うけど)
琢磨ぼろぼろです。壊れちゃった・・・?
はやみを助けにきたのはいいんですが、「かあさん」とは これ如何に。
音羽いわく、受け入れないと目が見えるようにならないらしいです。
何がをどう受け入れる必要があるのか、ちょっと分かりませんが、死に囚われていることは確かです。
琢磨の目は開いていないから物理的に見えないわけですが、多分見てない、あるいは見ようとしてないから閉じられてるんでしょうね。

次回ついに最終回。
ここからどう締めるんでしょう。
今回は全体的に鬱々でしたが ゆいとはまじに和みました。

H2O~FOOTPRINTS IN SAND~ 限定版 第4巻 かぼちゃは捨てずに食べましょうw

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : H2O

H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 10話

小日向

琢磨とはやみは仲睦まじく 一緒に生活していた。
ところが爺が、琢磨の母を自殺に追い込んだのは小日向家だと告げた。
二人の関係はギクシャクしていき、台風の日、はやみは家を飛び出してしまった。


はやみは居候状態なので、食事を作って恩返しです。
今までカップラーメンしか出てこなかったので、料理がうまいとは驚きです。
鶏肉にみえて蛙肉か。
いや、足がうまいらしいですよ。友達が言ってた。そして私は本気で食ってみたいw
しかし田んぼで調達された蛙ですか・・・。
これまで はやみはどんなサバイバル食生活をおくってたんでしょう。
電化製品に戸惑ってましたねw

休日にはピクニックに行ったりして、もはや新婚です。
そんな二人に嫉妬した爺が邪魔しにきました。
琢磨母には、もうちょっと他の方法はなかったのか、とか思うところがなくもないですが、とりあえず爺の言ったことは事実らしいです。
そんなこんなで二人はすれ違うように。
はやみが関わってたことじゃないのにね。
まあ全く気にしてなかったら それは違和感ですが(わがまま)

傷ついた はやみは自暴自棄になって、なんと1話冒頭に逆戻り。
(フルボッコシーンのために髪をほどいたのかな)
きっかけは琢磨の態度だけど、でもこれって二人とも悪くないよ・・・。
爺は弘瀬家とつながる (ほたると結婚させる)ことを諦めてないのでしょうか。
琢磨の弱点をつついて はやみを追い詰めるなんて、これじゃあ以前小日向家が琢磨母にやったことみたいです。
もしかして因果応報ってこのこと?

琢磨に再び失明の兆しがでました。
どうやら琢磨は母の自殺現場に居合わせたみたいですね。
母の死を見ないように、と失明したんでしょうか。
母の自殺がどんなふうに琢磨に影を落としてるかは分かりませんが、これを乗り越えないといけないんだろうな・・・。
このままだと、光も大切な人も失ってしまいます。

鬱な終わり方でした。
多分ハッピーエンドに向けての前フリでしょう。
そう理解してはいますが、狼も嫌な終わり方したし、魂もってかれてるし、すっごく凹みました。
助けて!マジカルおとはーー!!
と思いつつ、ほたるに期待しています。

H2O~FOOTPRINTS IN SAND~ 通常版 第1巻 通常版の方が絵が好きです。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : H2O

H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 9話

穂積

夏祭りが近づくなか、琢磨は母親の形見をつけて登校する。
琢磨は知らなかったが、その鈴は祭りで告白に使われるもので、女の子たちは動揺する。
はやみは子どもの間では認められつつあるが、大人たちは未だ憎んでおり、家に火をつけられた。
琢磨(の叔父)の家で暮らすことになり、琢磨から母のことを聞く。
そして祭りの日、鈴を受け取った。


一人で勝手に弄ばれちゃった ゆいに合掌w
誰か教えてあげて!
やー、でも髪を下ろしてるのは本気でかわいいと思ってしまいましたよ。
女の子たちの予想を裏切り、視聴者の期待(?)をうけて、はまじに渡すのも・・・・
ナシですかねw
DVDの特典についたりしたら欲しいんですけどww
ものすごい はっちゃけたの作ってくれそうじゃないですかー♪

で、うってかわってヒドイ大人たち。
ゆいのように真っ当な(というのも変かな)憎む理由があるんでしょうか。
まわりの人も憎んでる、小日向は悪い奴、って流されてヒートアップしてるようにしか見えないです。
肝心の理由は中身が空っぽな気がします。
はやみのことを「小日向の娘」じゃなく「はやみ」として普通に見れる大人は叔父さんだけですかい。

集会でみんなを諌めたのが爺ってのは意外でした。
急にあんなこと言われると裏があるんじゃないかと勘ぐってしまいます。
言ってたことは もっともなんだけどね。
因果応報、って呟いてました。どうゆうこと??

ほたるは はやみの背中を押してくれました。
お祭で踊るのは権力者の娘だから?もしかして はやみが踊ることもあったのでしょか。
あの、、、お面がねw
多分金髪だから 壮絶に似合わないんだと思います。
はやみだったら合ってたかもなーと思って。
でも被るタイミングが絶妙でした。

自分の中の深い部分は本当に信頼してる人にしか言えません。
いくら言うようにせがまれてもね。
琢磨が鈴を渡したのは はやみでした。
ほたるも好きだけどやっぱり はやみが良かったかな~。
琢磨くん、好きとか告白とかは分からなくてもキスは分かってるのねw

H2O~FOOTPRINTS IN SAND~ 限定版 第1巻

H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 8話

音羽

ある日琢磨が目を覚ますと、そこはナニカがおかしい世界に変わっていた!
義妹となっている はやみ&ほたる、許婚の音羽、幼馴染のはまじ、農業で日本征服をたくらむ ゆい。
つっこまないと元の世界に戻れない、と音羽から告げられた琢磨は一人つっこみを続けるが・・・。


!!?(゜Д ゜;)

まさか本当に予告どおり「魔法少女マジカルおとは」 が始まるとは思いませんでした。
どこからつっこむべきか迷いますね。
どこもかしこもツッコミ所満載。OPはやけに力入ってるし。
いっそスルーしてあの世界で暮らすのも悪くないですw
いいじゃん、きっと楽しいよww
カオスすぎて感想不可な気がします・・・

はまじが「琢磨ちゃん」って呼んだ時、叔父さんのこともあって一瞬 琢磨も女の子になっちゃってるんじゃないかと思いましたw
ゆいの日本征服は微妙だ・・・。自給率あげるのはいいことだよね。
あと真紀は背景じゃないよね、一応w

このお祭騒ぎは音羽から琢磨へ贈る最後のプレゼントにして卒業試験だったようです。
子分A・Bから はやみを守ったり、強大な敵(?)に立ち向かったり、以前に比べて成長しました。
で、これって、「原作にはないアレンジ」だそうです。
え、じゃあこれは時の音の精霊の物語ってこと?
原作の面影 皆無なんですが!

ちょっぴり強くなった琢磨に安心して、音羽は消えてしまいました。
前半のカオスで油断してたので思いのほか しんみりしてしまったよ・・・。
FOOTPRINTS IN THE SAND、は琢磨と音羽の足跡なのかな。
無事に元の世界へ帰ってきた琢磨、ふと振り返っても誰もいないのが少し心を締め付けます。
多分もう音羽、出てきませんよね。
音羽のいない世界で、琢磨たちは協力して村のしがらみに立ち向かうんでしょう。
琢磨が自分自身に向き合う展開もあるんだろうか。

次回 「穂積」・・・誰?
ちなみにタイトルはH2に変更になりますww(嘘

H2O~FOOTPRINTS IN SAND~ 限定版 第3巻
H2O オリジナルサウンドトラック ←「マジカルO・TO・HA・」収録w

H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 7話

ほたる

浴衣づくりを通して、はやみ は少しずつクラスに溶け込んできた。
しかし ひなたは浮かない顔をしている。
ひなたとは本当は死んだ姉の名で、彼女の本当の名は ほたるだった。
はやみと仲良くしていることで爺に自己主張しようとして軟禁(だよね?)されてしまった。
心配した はやみ達から手紙が届き、その中の言葉に本当のひなたを思い出す。
そして途中だった絵本を完成させ、神楽ほたるとして生きようと決意した。


はやみ 馴染むの早いですねー。
まあ、琢磨の目が見えるようになった時も反応がなかったのでこんなもんですかね。
はやみと仲良くすること、それが神楽ひなたには許されないのなら、神楽ほたる自身として望みたい、ってことでしょうか。
だから今 ほたるに戻ろうとしたのかな、と思いました。

良い子のひなたが事故で死んでしまったのでダメな子のほたるが ひなたとして育てられることになったそうです。
普通にひどいな、爺や周りの大人。
死んだのがほたるで良かった、ってのもフザケンナ!ですよ。
ばれなかったのが ちょっと不思議です。
ひなたのようになろうと、ほたるは懸命に努力したんでしょうね。(ほろり)
親しみを込めて呼ばれたはずの「ひなた」 という名前がほたるを追い詰める描写は痛かったです。

音羽=ひなたで、音羽っていうのは ほたるが描いていた絵本のキャラクターでした。
「時の音の精霊の物語」
そのままズバリ琢磨たちのお話です。
約束の人、も その絵本の内容なんですね。
ほたるが心の檻に囚われてしまっているのを 非常に歯がゆそうに見ていました。
爺は ひなたがほたるが姉の代わりになることを望んでる、とかフザケタことをぬかしていましたが、音羽はそれが違うことを知っていますもの。
やっぱり音羽は ひなた改め ほたるの為の存在な気がします。

できないと思い込んでいるだけ、っていうのは ひなたがほたるに送った言葉でもありました。
それが琢磨、はやみ、再びほたる、と巡り巡って伝わるのは素敵。
精霊さんの後押しもあって、絵本もできたし ほたるは自分を取り戻せました。
「ひなた」って呼ばれても振り向かなかったところは にやにやしてしまいましたよ。
カザハネもかかって盛り上がります!
クラスのみんなは、彼女がほたるであるということを あっさり受け入れたくれたようです。
名前は偽りでしたが、彼女の人柄は偽りじゃありませんから。
いい最終回でしたw

爺の問題の解決、音羽のその後(?)などが残りの話で語られるんですかね。
約束の人、琢磨には友達ができましたが、旅立つ精霊さんの音羽は一人ぼっちにはならないんでしょうか。
琢磨って、ちゃんと主人公として活動してるのに影薄いですよねw

TVアニメ「H2O」OPテーマ 片翼のイカロス
カザハネ
片翼のイカロスがカラオケになくてショックでした・・・w
カザハネは入るらしいので歌いたいよ!

H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 6話

ゆい

はやみと ひなたが再び仲良くし始めた。
そのことに学校で戸惑いが広がる。
なかでも ゆいは怒り、憂さ晴らしに街へ買い物に行くが琢磨たちに遭遇してしまう。
一人で帰ろうとする ゆいだが、財布を落としていた。
しかし はやみと顔を合わせたくないため、そのまま山を越えて村に帰ろうとする。
そこへ はやみが助けにきて、ゆいは はやみのことを少し知った。

はやみ、というか小日向家が嫌われている理由がついに明かされました。
権力を振りかざし、村人が搾取のため困っても助けようとしなかったのですね。
神楽の家も、そこまで露骨じゃなくても似たようなことしてる気がするんですが。
ともあれ ゆいの祖父は小日向家のせいで薬が買えずに亡くなったそうです。
ゆいがあんなに はやみのことを嫌うのはそのせい。
ゴキブリ呼ばわりや子分に殴らせるのは、それにしたっていきすぎですけどね。

今回の見所はツンデレ対決?!
はやみの存在よりキャラが被ってることに憤慨するってどんなよー。
0勝2敗1分けで ゆいの負けでした。
メインヒロインにかなうと思ったら大間違いですw
でも私の中の ゆいの好感度は今回あがりましたよ。
ちなみにツインテールは黒髪のはやみに軍配をあげたいと思います。
っつーか単に黒髪が好きなんだろ・・・

音羽は街にも現れました。
琢磨のいる場所どこにでも、ってかんじです。
服装が精霊というより魔女っぽいと思ったのは内緒。
時間は無限じゃないってどういう意味なんでしょう。
意味深。
最初に考えたのは命には限りがあるってことだったんですが。
琢磨の目が見えている時間のことかもしれないです。

ゆいが山の中で辿り着いたのは小日向家の焼け跡でした。
ゆいが小日向家に祖父を奪われたように、はやみも村の大人たちに家族を奪われました。
多分はやみは小さかったから家族の横暴に関与してなかっただろうにね。
それなのに自分は憎しみを受け止める存在でなければならない、と考えています。
健気だなぁ。
だから はやみは家族だけでなく普通の生活も奪われました。
古びたお皿を愛おしげに撫でる手つきに、ゆいは はやみの悲しみを悟ったのかな、と。
きっとイジメって、いじめている相手のことが分からないからできるんだと思います。
そして ゆいは はやみのことを少しでも知ってしまいました。
ゆいはお馬鹿キャラですが、心底 頭と根性の悪い子ではないと思います。
次の日、給食を少しよそってくれました。
急に仲良くするなんてありえませんが、これまでのようなイジメはなくなりそうですね。
ひなたに ゆい、二大勢力がイジメに積極的じゃなくなりそうなので。

相変わらず爺は不穏です。
ひなた負けないで。

H2O~FOOTPRINTS IN SAND~ 限定版 第1巻H2O~FOOTPRINTS IN SAND~ 限定版 第1巻
田中涼子 安田未央 榊原ゆい

by G-Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。