箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バンブーブレード 26話

”それから”と”これから”

大会から数ヶ月。
春、珠姫たち剣道部は新入生を迎えていた。
そこに現 顧問の吉川先生がやってきて、産休に入ることを告げる。
代わりに顧問として現れたのは、虎侍だった。


お久しぶりなバンブレの感想。
今年に入ってからすっかりご無沙汰でしたがちゃんと毎週見てました。
初めて先生のことを虎侍、と名前で書いた気がする・・・。

珠姫は凛とブレイバーの映画を見に行ってました。
ああ・・・棒読みの「たーすーけーてー」は吹き替えされてしまったのねw
別れ際、凛はブレイバーを認める発言をしました。珠ちゃんも同じように返します。
お互い認め合ってこそのライバルです。
ライバルは日本語で好敵手。相手のことを好きでないとなりえません。
というのはマリみての受け売りですがw

新入生が二人、見学に来ました。
お兄ちゃんたちが使わなくなった、で もしやと思いましたが、岩佐と外山の弟と妹でした。
二人は名前で呼び合う仲。とすると岩佐と外山は幼馴染なんでしょうか。

現在の部長は なんとダン。
不思議な気もしますが器が大きそうなので もってこいかもしれません。
吉川先生はいつのまにか先輩と いい仲になっていました(!!)
そして産休の代理で先生を呼び戻しました。
吉川先生は意外と重要なキャラでしたね。

先生はなんとお面をかぶっての参上。
しばらく会ってなくて恥ずかしかったのかもしれませんが微妙に気まずいですよw
そもそも偽名が武礼葉ってバレバレじゃないですか。
でも紀梨乃のおかげで気まずさは吹っ飛びました。
この場面の紀梨乃は可愛すぎです!
前回裸足のままペタペタ先生を探してたのも かわいらしかったですが。
あれは恋なのっ?

先生が姿をくらましていた間、毎日素振りをしていたというのは なんだかしみじみしてしまいました。
最初の頃はあんなにやる気がなかったのに。
一生懸命に頑張る姿は人を変えるんですね。
発端は紀梨乃なので、抱きつきが恋愛感情からだとしても、2人はうまくいくかもしれません。
微笑ましそうで良さげ。

剣道って面白いし格好いいかもしれない、と思わせてくれたバンブレも最終回。
体育会系も悪いもんじゃないね、といいつつ体育会の飲み会には一度も参加したことがありませんw
珠姫やみやみやの成長は全体の流れにおされてサラリと過ぎてしまった感もありますが、剣道という未知の舞台なのに楽しかったです。
剣道に限らず勝負事は、人間の成長に必要不可欠なのかもしれないです。
「これから」の充実した剣道部を感じさせて、なかなか良い最終回でした。
まだ続くよ、みたいな終わり方をしましたが、あそこで止めておくのも悪くないと思います。

BAMBOO BLADE 7 (ヤングガンガンコミックス) 最後に珠姫がすれ違ったのはこの子ですね?
スポンサーサイト
[ 2008/04/04 23:30 ] その他感想 08年1-3月 | TB(1) | CM(0)

ARIA The ORIGINATION 13話

その 新しいはじまりに・・・

灯里がプリマになり、アリシアさんはゴンドラ協会への栄転、結婚でウンディーネを引退することになった。
引継ぎ作業などで忙しい日々をおくる灯里だが、ふと一人の寂しさを感じる。
けれど、みんなの素敵な未来のために、アリシアさんを笑顔で見送った。
そして灯里の新しいアリアカンパニーが始まる。


あぁもう すっごく良かったよ!

灯里にはちょっと前からプリマの実力があったけど、アリシアさんが灯里と離れたくないので先延ばしにしていたそう。
灯里の方も、アリシアさんがいなくて寂しくて泣いてしまいました。
二人が抱き合うシーンは、本当にこっちまで泣けてきました。

笑顔で送りたい、の理由が「みんなの素敵な未来に会いたいから」なのが、もうね。
寂しさにとらわれて立ち止まりたくない、歩いていたい、ってことかしら。
なんて灯里らしい、というか なんだこの素敵な理由は。
アリシアさんが離れたがらなかったのも頷けます。

引退セレモニーの日、たくさんのウンディーネが集まっていました。
アリシアさんが いかに愛されてたかが分かります。
灯里やアリア社長、たくさんのウンディーネたちに向かって頭を下げるシーンは感慨深かったです。

一人になったアリアカンパニーで(アリア社長いるけど)、灯里は、そこにたくさんの思い出がつまっていることを知りました。
でもその愛おしい思い出の中で留まったりせず、新しい、灯里なりの生活をはじめました。
新たな愛おしい思い出たちを作っていこう、というポジティブな姿勢でもあります。
灯里の素敵な未来への第一歩です。笑顔がかわいいね。

数年後・・・。
アリアカンパニーに新しい新入社員がやってきました。
誰あろうアイちゃんでした。わぁ。
「ちょっと、嬉しいだけだよ」
最後で冒頭のシーンを再現するなんて、これは きました。
それぞれ形を変えながら、アリアカンパニーはこれからも続くんでしょう。
灯里がプリマになってから、アイちゃんが来るまでの時間に思いを馳せられて良かったです。

原作をちらちら読みつつ、アニメもちらちら見つつ、でしたが、全部見とけば良かったかなーと今ちょっと後悔していますw
今回の話は、時期的にもぴったりでした。
今年は頑張らねばならない私の背中を優しく押してくれたような、そんなかんじw

ARIAは癒し、だと言われています。
単純に癒される回もありますが、私にとっては優しい気持ちにしてくれる作品でした。
ありふれた日常の中にもキラキラしたものはひそんでいるよ、って、少し世界に優しい目を向けられるような。
ARIAで感想を書こうとすると恥ずかしいセリフが出てきて困りますねw
素敵な物語を見せてくれて、こちらこそ ありがとう、です。

EDにウンディーネが流れたのは不意打ちでした。
ARIA(12) (BLADE COMICS) 買ってない分を買ってこよう。
[ 2008/04/03 20:15 ] その他感想 08年1-3月 | TB(1) | CM(0)

書いてなかったアニメたち

三月も終わり、いろんなアニメが最終回を迎えました。
毎回 感想を書いてなくても、最終回は書きたいなーと思ってたのですが。

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO-

最終回の放送は先週の水曜だったんですが、なんかすごく困りました;
実は今期で唯一頑張って見たアニメw
多分ストーリーは良かったんだと思います。
原作ではどうだったのか読みたいです。
この間9巻を立ち読みしたら泣きそうになった。。

二期がはじまってから一期を見てみたんですが、後悔しました。
どうしても一期が良くって比べてしまうので。

最終話は「そしてピノッキオは人間に」でした。
クリスティアーノとの会話で人間に、ということだと思いますが、そしてピーノが何を思い、どう変わったか、とかが見てとれなかったのが若干不満です。
あと規制がはいったのか、決着のシーンは何が起こったのか分からなかったです。

トリエラが「褒めてください」と言いつつも、あまり嬉しくない、というのはしんみりしました。
ピノッキオとトリエラは同じように人形でしたが、ピノッキオだけ人間になれることができました。
トリエラの心情を想像すると痛いんですが、その後のエッタでぶち壊された気分ですww
いや、あれはいらないですよ。唐突すぎるし。
一番声に違和感あるのがエッタなもんで。

私は演出にこだわらないのかなーとefで思ったんですが、ストーリーの良し悪しは演出にかかってる、ということを学びました・・・

BUS GAMER

もしかして丸投げ??
どうするのが良かったのか分かりませんが、やっぱ3話というのは無理があったのかもしれません。
いっそアニメオリジナルで短編3つ、とかの方がおさまりが良かったかも。

どうやら命がけのゲームらしいのに緊迫感が全くなかったのは どうなんでしょ。
刑事さんの存在意義が微妙だったかな。
必要なんでしょうが、出しちゃったら明らかに3話では収集がつかないです。
2話の格ゲーが最遊記だったのは笑いました。

CLANNAD

アフター製作決定おめでとうございます!
うちでは番外編の放送がまだだったりしますが。

風子、ことみは丁寧にやってましたが、後は駆け足気味だった気がしました。
でも家族をテーマに色々な切り口で描いてて面白かったです。
22話で、岡崎が父親に一言かけたのは良かった。
一足飛びには解決しないけど、少しでも歩み寄れたのが岡崎の成長?
人生斜~に構えてた岡崎でしたが、少しずつ変わっていってたのね。

番外編も、お遊び要素を入れつつ ちゃんと本編の続きでした。
芽衣の後押しもあって、渚と手をつなげて良かったねv
岡崎の妄想はおいしくいただきました(え?)

原作もしたいと思ってます。PS2の廉価版 出ないかなww


ARIA、バンブレ、獣神はまだ最終回が終わってませんが、こっちは単独記事であげたいと思ってます。
シゴフミもまだ書いてなかったな。。。そのうちこっそりねじ込んどきます。
[ 2008/04/02 23:59 ] その他感想 08年1-3月 | TB(0) | CM(0)

キミキスpure rouge 24話

・・・and meet again

公式のキャストインタビューに非常にうけましたw

もう主人公は一輝でいいじゃないか。
一輝を巡る三角関係はすごく幸せになれました。
恋をして知る不安とか、思うことの強さとか、恋愛をピュアに描けてたと思います。
咲野さんは振られてしまったけど、次の恋に進んでいけそうです。
二見さんの背中を押したのも良かったです。

光一は、さぁ。
自分の気持ちに嘘をつき続けたまま付き合うことはできません。
なので「約束を守れない」とちゃんと言ったのは良し、といったところなんですが。
これまでのウジウジにイッライラしてしまったのですよ。
なーんか萎えてしまってしょうがなかったです。
星乃さんが可哀想ですよ!
咲野さんみたいなフォローが一切ないですし。

光一みたいな恋も、現実にはもちろんあるでしょう。
自分の気持ちが分からなくなったり、傷ついたり、そういうこともあります。
でもこのアニメ的に一番気になったのは、光一の恋がピュアに見えなかったことです。
なんだかなぁ、というかんじ。
途中までは確かに星乃さんのことが好きだったでしょう?
それを最初から摩央姉ちゃんしか好きじゃなかったみたいに言われるときついです。

とはいえど、全体的に見ればやっぱりピュアで、時々恥ずかしくなりながらも楽しかったです。
どのキャラも等身大で頑張ってたかんじがしました。
かわいくって、いじらしくって。
恋って素敵よね、と素直に思わせてくれました。

余談。
柊にまで恋愛フラグがたったのはびっくりでした。
しかも栗生さんとは!
先週は何故か中原さんが濃ゆい90分でした。
(MBSではCLANNAD→ペルソナ→キミキスとぶっ続けです)

甲斐くんが最後に光一を後押ししたのも意外でした。
私・・甲斐くんが頬を染めてると直視できなくなります。
摩央姉ちゃんと早めに友達に戻ったのは私の目には優しかったw
いや、嫌いなわけじゃないんですよ?

キミキス pure rouge オリジナルサウンドトラック
[ 2008/03/25 00:15 ] その他感想 08年1-3月 | TB(1) | CM(0)

BUS GAMER 1話

AAA(ノーネーム)

巨額の賞金が手に入るというビズゲームに参加しないか、というダイレクトメールを受け取った3人の青年。
彼らはチームを組み、一人一億目指してビズゲームに参加することになる。

・・・といったお話?

破天荒遊戯の後番です。
3話で終わっちゃうなんて、OVAみたいですね。
とりあえず見てみましたけど、まあ悪くなさそうでした。

3人の会話は、この先面白くなりそうですが今はまだ微妙でした。
もっと遠慮なくガンガン突っ込んでくれると楽しいのに。
だもんでメガネ君がちょっと空回り気味で辛かったかな。
ラーメン屋でばったり、は笑った。

ビズゲームとは大企業同士がチームを選出して戦わせる、危ない娯楽・・・ですかね。
命の保障はなさそうだから、勝ち続けると賞金ががっつり手に入るみたいです。
でも そんなに緊迫したかんじは受けませんでした。
もっと危険な・・・クリムゾンの迷宮(貴志祐介の小説)みたいなイメージだったんですけど。

メインキャラは 赤毛の愛想の悪い兄ちゃん、目が髪で隠れてるので大人向けなゲームの主人公みたい(黙れ)と思った なんだかんだで人がよくって苦労しそうな人、金髪お気楽メガネ少年、ってとこでした。
女性向けですねー。
あんまし女の子が出てきそうにないのがちょっと残念でしたが、多分来週も見るでしょう。

BUS GAMER 1 (1) (IDコミックス REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
OP・EDはメインの声優さんが歌ってました。EDはソロで、1話は鈴村さん。次は諏訪部さん?
[ 2008/03/19 02:09 ] その他感想 08年1-3月 | TB(0) | CM(0)

2008冬の新作アニメ感想③

俗・さよなら絶望先生

最初からカオスw
冷静に見ると何が何だかなんですが、思い出すだけで笑えるから不思議。
相変わらずなテンションで大好きです。
というわけで相変わらず見たり見なかったりなんだろう・・・。
EDがww

みなみけ~おかわり~

製作会社が変わってどきどきの第一話。
うーん・・・キレが鈍ったのかテンポが変わったのかツボから外れたのか・・・。
正直前の方が好きでした。OP・EDも普通の歌っぽくなっちゃったし。
うちの地域では無印最終話と連続で放送でした。テレビ大阪は鬼畜だと思ったw
絵は慣れの問題。
キャラクターの動きや千秋の髪のうにょうにょさは好きだったり。

ARIA The ORIGINATION

あれ、みなさん声忘れちゃったんじゃ・・・。ていうか私が忘れたのか?
ARIAらしく、まったり始まりました。
向上心を持ち続けること、これって何事にもあてはまります。
まったりなんだけど、すごく基本的ででもとても大事なことを含んでますね。
嫌味なく入ってくるのが魅力かなー。
OP・EDもよかった。スピラーレって(そよ風が)吹くって意味でいいのかな。

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO-

おや?設定は重いけど結構明るい話でした。
闇は見え隠れしてるけど、花とんでました、みたいな。
しかしイタリアに黒いイメージを持ちそうですよw
一期は見てなかったので楽しく見れました。
ヘンリエッタはどんなストーリーを上演するのか。
[ 2008/01/11 22:39 ] その他感想 08年1-3月 | TB(0) | CM(0)

2008冬の新作アニメ感想②

PERSONA-trinity soul-

アトラスのゲームが下地になってるんでしょうか。やったことないので分かりません。
分からないことが多いですが、続きが楽しみです。
弟が一人二役やってましたが、元々一人なのか二人なのか気になります。
最近子安さんよく聞きます。第一声で吹いてしまいましたw
なんでだろー好きなのに~
これは面白そうなので見ます。土曜日は眠れない。

AYAKASHI

なんか・・・グロかったです。
そんなにグロ苦手だと思ってなかったのに。苦手なのかなぁ。
まだまだ分からないことだらけです。うーんどうしよう。
髪の色が見ていて辛かったです。
そーゆーところで切るのはもったいない気もするんですが。

全力ウサギ

何事も全力で―。それがウサギの生き様。
全力でやればビルも一日で建てられるぜww
キャラクターも分かりやすくて○。
ソウチョウは総長でしたか。営業、負けるなw
ミクロさんにつられて次も見ようかと思ってしまいました。 ・・・多分見ないけどね。

シゴフミ

なんという衝撃の展開。
変わりっぷりがすさまじかったです。
生きてる人間は嘘もつくけど、死んだ人間は正直かもしれないけど。
シゴフミがなかった方がよかったんじゃないかって思ってしまいます。
人のドロドロした面も描写するものって好きなんですよね・・・。
フミカとカナカはいいコンビでした。

君が主で執事が俺で

なんですかこのネタアニメw
ハヤテを見ていないことが悔やまれますねw
関さんはネタが多そうなので今後も期待してます。
俺の右手が真っ赤に燃える。
軽く見るには最適なかんじ。
[ 2008/01/11 21:00 ] その他感想 08年1-3月 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。