箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が家のお稲荷さま。 12話

お稲荷さま。旅行する

くじ引きで温泉旅行が当たり、一家総出で旅行に行くことになった。
そこには大婆さまやおじさんも来ていて、最初から波乱の予感^^;
みんなが温泉街に遊びに行っている間、一人残った透は妖怪に襲われてしまう。
その正体は座敷童で、遊びたいという彼女のために みんなで遊ぶのだった。


一等を当てたら好きな景品が選べたらいいのになぁと思うくじ引き(笑)
それってあんまりくじ引きの意味ないですか?
それにしても、一等を当てちゃうなんて さすがはお稲荷さま。
ただペアチケットだったので、3人分は自腹なのね;
クーを狐のまま持って行って、旅代を浮かすとかするかと思ってしまいました。

大婆さまが来ていたのは、クーの監視とコウへの注意のため。
そもそもコウが高上家にやってきたのは、クーの手助けと監視のためだったそうです。
なるほど、クーだけじゃ駄目だったんだ。
大婆さま、騒動を起こしているのはクーとコウの二人ですw
この機会に一般常識を教え込んでくれたりは・・・しなかったですね。

透は小さな女の子に遭遇。
旅館に住んでいて、遊んでほしいと涙ぐむ幼い少女。
きっとみんな忙しくて遊んでもらえないんだ、と考えた透は遊んであげると約束します。
そのやりとりの中で名前を教えちゃうのですが、流れが自然で、これは疑うのは難しいと思いました。
まあ、視聴者的には怪しさいっぱいな女の子でしたが。

透の生気を吸って、おもちゃと遊ぼうとしたようでした。
魚や饅頭はおもちゃに入ってるんだろうか?
というか、何故ふつうに透と遊ぼうとしないのかしらね。
どうせなら遊んだ後に生気をいただけば良かったのに(黒

ただ遊びたかっただけ、というわけで、クーがお願いして透に気を返してもらいます。
「天狐さま、顔が怖いです」と 見てもいないのにツッコむコウに笑いましたw
みんなで羽子板をして一件落着。
・・・とはいかず、例によってクーとコウが部屋を破壊・・・。
哀れ昇くんは結局 心が休まることはなかったのでした(涙)

温泉といえば忘れちゃいけない入浴シーン。
コウは水の使い手なのでジャグジーだって思いのまま♪
便利だわ!しかし絵的には残念だw

さて、お稲荷さま。は2クール作品らしいので、7月以降もアニメは続きますが、
感想はこれにて終了とさせていただきたいと思います。
(視聴は続ける予定)
書けそうだったらまた書くかもだけど(節操なし?
というわけで、また会う日まで~これまでありがとうございました。

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻 夕日に向かって走ろう!みたい(ぇ 
スポンサーサイト

我が家のお稲荷さま。 11話

お稲荷さま。奉公に出る

赤字とぼやく昇を尻目に、コウは窓ガラスを割ってしまう。
弁償するためにバイトをしようと意気込むのだが、どこも失敗続き。
出て行こうとするが、昇に引き止められて留まることになった。


コウちゃん、バイトするの巻き。
それにくっついてクーもバイトを初体験。

その一、和風喫茶。
コウ:笑顔で挨拶できず、器を割る、客の服にこぼす・・・。
クー:優柔不断な客にきれる、商品を食べまくる・・・。
そんなわけで一日でクビ。

そのニ、ハンバーガーショップ。
コウ:ハンバーガーからアイスまで、全てごちゃ混ぜで油であげる・・・。
クー:男姿で客を魅了。サジェストしまくり。
そんなわけで一日でクビ。何故クーも?

その三、恵比寿のコンビニのピザ配達。
コウ:道に迷って届けられず・・・。
クー:狐姿で走っていって玄関の前にポイッで代金を受け取らず・・・。
そんなわけで一日でクビ。

バイト先の損失は高上家が弁償することになりました。あちゃー。
もはやドジっ子の領域を越えてる気がするんですが。
なんですかね、男性諸氏はこういう子が可愛いんでしょうか。
私は正直イライラしますw
リアルに身につまされる、家計がどうこうの描写がなければ笑って見れるのに。

コウの仕事は守り女なので そっちに専念してくださいな。
すごく今更だけど、クーとコウ、二人とも来なければいけなかったのかな。
で、コウが出て行こうとしてたのは、庭の木の上。
そこは出て行くうちに入るんですか?敷地内じゃん。
最後までボケボケなコウ。。。ということですね。

それにしても、クーとコウを雇おうとする恵比寿はすごいと思いました。
最後は疫病神!と追い出してましたが、あれは貴方の見る目がなかったとしか・・・;

クーのファンという猫の女の子も出てきました。
もしかして窓を割る原因になった あの猫?
クーの配ったピザを全て食っちまった彼女ですが、ファンの存在に気をよくして無罪放免してしまいました。
高上兄弟の身の安全は守ってくれるけど 家計は守ってくれない浮気な狐。

ほのぼの日常コメディを交えつつ、時々 真面目なお話を挟む、こういう構成なんですよね。
なのに日常パートが笑えないのは致命的。
ひたすら迷惑をかけられ続けてるようにしか見えなくて。
シチュエーションは変わっても、なんだかんだで毎回同じパターンだから飽きたのかもしれません。

我が家のお稲荷さま。 1 (1) (電撃コミックス) とりあえず、次回は温泉。

我が家のお稲荷さま。 10話

お稲荷さま。裏切る!?

フクロウこそが本物のムビョウでした。
彼女(?)は複数の土地を統べる土地神で、自分が不在の間は人形に管理をさせていたらしいです。
その人形の一つが現在お隣さんのムビョウってわけですね。
なんでわざわざ同じ顔で作ったんだろうw
ややこしいので今までどおりお隣さんがムビョウ、本物をフクロウと呼びます。

ムビョウはフクロウに認めてもらうため、クーを使ってフクロウを殺させようとします。
認められてもフクロウが死んじゃったら意味がないんじゃないの?とも思いますが。
好きなのに嫌い。好きだから嫌い。
これはなんとなく分かる気がします。

透に接触したのは、クーに言うことを聞かせる人質にするため。
言うとおりにしないと透を燃やすと脅されました。
でも「好きにしろ」とあっさり言っちゃいます。
素直に言うことを聞くとは思ってなかったけど、裏切るってこれか!

ムビョウは本気だし、クーもハッタリじゃなさそうだし、で 燃やされる透。
・・・とはならずに、ムビョウが燃えてしまいました。
前回 渡しておいた腕輪に術をかけていたそうです。
なるほど、だから余裕だったんですね。
むしろ燃えて欲しかったからの言動?

ムビョウが不自然に厚着をしていたのは人形の体を隠すためでした。
パペットもそのためだったんですね。趣味かと思ってた。
フクロウが来て、本当の気持ちを教えてくれました。
心配でたまらなくて、管理すべき土地を放り出して様子を見に来てしまった、と。
ちゃんと通じ合ってたことが分かって、一件落着。
ところで、綺麗な顔って。同じ顔ですが。

巻き込まれた方は大変でしたが、終わりよければ全て良し、かな。
お詫びに逆さ円を貰い受けることができたし。
って、逆さ円って大事なものじゃなかったの?簡単に渡しちゃっていいの?

前回から酔っ払ってるコウ・・・。
もう、何も言いません・・・・(涙)

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻 パペットも好きだったよ。

我が家のお稲荷さま。 9話

お稲荷さま。大立ち回る

ムビョウが持つ逆さ円を、フクロウは自分の物だと言った。
取り返すため、クーたちにムビョウを探すのを手伝ってくれと頼む。
しかしクーのフクロウへの協力はあっさり終了、戦闘に発展する。
怒った恵比寿も巻き込んでの大騒ぎとなってしまった。
その間に、ムビョウが透に接触してきた。


北海道の土地神、フクロウが高上家にやってきました。
いや、あれは本当にタヌキに見えないと思うんですけど、ねえ。
そして新巻鮭クッキーはおいしそうじゃないです。あ、でも塩ちんすこうはうまいな。
食うだけ食って協力しないのはいけない、とムビョウを探すことになりました。
7話の狛犬の時と同じです。因果応報・・・?

短気なクーと偉そうなフクロウ、どっちもどっちではあります。
でもフクロウの態度はカチンとくるなw
クーは土地神相手でも互角に戦えるほど強いんですね。それともフクロウが強くない?
まあ、昔クーを封印したミズチの人はすごく強かったんでしょうね。

自分の土地を荒らされることに腹を立てた恵比寿も乱入してきました。
頼むから電線は切るな!のところでコンビニのアイスやらが映ったのは笑ってしまいました。
確かに冷凍ものには大打撃ですね(笑)
クーとフクロウは後で弁償を要求されること請け合い。
電線が切れた時、PCの画面がスクリーンセーバーに切り替わりました。なんてタイミングだw

一方、昇はクラブの面々と花火大会。
相変わらず佐倉は下着で服を選んでました。
今回はカーテンを閉めててよかったですw
花火大会といえば、浴衣です。いつもと違う魅力で勝負です。
昇はドキッとしてましたよ!これは進展があるかも?
正直ここが一番テンションあがりました。

一人残された透の側にムビョウがやってきて、多分連れて行かれちゃいました。
恐らくフクロウはムビョウが来たことが分かったんでしょう。
戦闘を中断しようとしますが、コンクリ片が顔面 直撃w
仮面の下には、なんとムビョウと同じ顔がありました。
冒頭のムビョウとの会話で人形がどうとか言ってた気もしますが、はて。
次回、決着がつくんでしょうか?

風がなにかを言おうとしている 予告で大変なことになってたけど、なんかどーでもいいや・・・

我が家のお稲荷さま。 8話

お稲荷さま。探し物する

お隣の土地神、ムビョウが登場。
えーーっと、、、パペットマペット?なんで手を組めるんだろうw
真夏なのにコートにマフラーと怪しさ大爆発です。
君は今幸せかい、という質問は意味深ですが、この先に関係するんでしょうか。

彼女は盗まれた逆さ円を探していました。
逆さ円とはアンチ五行アイテムで、木火土金水を逆さにできるらしいです。
ということは状況に応じて弱点を入れ替えられるってことかな?

逆さ円は貝の相棒のタヌキがどこかに隠してしまったそうです。
学校からの帰り、昇がタヌキの面をかぶった人に声をかけられた、ということで学校に向かいます。
や、あれはどう見てもタヌキではないぞ?
さらっとスルーした昇に吹いたw

実はムビョウは逆さ円の隠し場所を知っていた、と言います。
なんと隠し場所は透の頭の中。
透が死んでしまおうが探し出そうとします。
たまたま用務員として働いてた拝一刀に助けられますが、透のピンチはまだ続く。
それはタヌキが化けた偽者で襲われてしまいました。
まあ、クーが来て無事に救出です。

今回の戦闘はひねってました。
そっくりな幻影を用意して、気をそらさせて見事 勝利。
偽者が本物、本物が偽者。
タヌキとも絡めてて(?)面白かったです。
土地のアドバンテージがない分、頭でカバーですね。

結局 逆さ円は大五郎の首にはまってました。
ムビョウに返して事件(?)は解決。
これで褒めてもらえる・・・って、誰に?
次回はタヌキ改めフクロウさんが出てくるみたいです。

KI-ZU-NA~遥かなる者へ~ 次回はようやく男版天狐も登場ですよ(つд`)

我が家のお稲荷さま。 7話

お稲荷さま。子狐を抱く

居場所をなくした狐の親子がクーを頼ってやってきた。
そんな折、透を狙う妖怪にコウが襲われる。
見事コウはその妖怪を倒したが、そいつはお隣の土地神の宝を盗み、探されていた。
そいつを突き出すことでご褒美として土地をもらって めでたしめでたし。


開発で住む場所を失った狐の親子が登場。
恵比寿が意味ありげな顔でクーのところへ行くといい、なんて言ってましたが、あの顔になんか意味はあったんでしょうか。
しゃべる貝はまだ関係ないのに。
御魂送りで奪われた毛はばっちりストラップになってましたw
三槌の空幻狐、って有名なの?
でも恵比寿のことだから胡散臭い商売トークで買わせそうw

ともあれ高上家に来た狐の親子。
子連れなので子どもは大五郎、親は拝一刀、と名づけられました。
クーに透、なんで知ってる?
大五郎の可愛さで春樹パパも攻略し、しばらく一緒に住むことに。
大五郎はまだ人化もできない赤ちゃんなんだねv

今回の戦闘は珍しく(え?)面白かったです。
水属性の妖怪と水使いのコウ、属性が同じで有効なダメージを与えられません。
しかし、何事も過ぎれば毒となる、ってことで水気を送り続けて勝利しました。
力押しだけじゃなく、こういう戦闘もないと詰まらないですから。

しゃべる貝を捕まえたことを聞きつけて、狛犬×2 がやってきました。
貝を突き出さないと恵比寿がとばっちりを受けるらしいです。
たまには痛い目見ろよ、とか思っちゃいましたがw
狛犬は相変わらずのお茶目さん。
コウの太ももにドギマギしたり、昇の手料理を食べちゃって貝を譲らざるをえなくなったり。
利害が絡む大事な用件の時は、恵比寿が直接来たほうがいいと思います。
当てにならんw
昇はああ見えて策士でしたね。

コウは(報われない)ボケ担当からお色気担当にシフトしたんでしょうか。
お隣の土地神は女の子で驚きです。
ヒロインの座を若干 意識してたり、はしないでしょうが。
来週お隣さんがメインみたいです。
前回の女の子もそのうち ちゃんと出てくるの?

我が家のお稲荷さま。 通常版 第壱巻 

我が家のお稲荷さま。 6話

お稲荷さま。食い倒れる

昇のことが好きな佐倉は、なんとか自分の気持ちを伝えようとする。
高上家に行くことに成功し、父にも会って一歩前進。
さらにクーとコウに味方になってもらおうとするが・・・・・
クーのことを好きになってしまった??


妄想乙w
佐倉が再登場です。
本当に忙しい子ですねー妄想で。 見てて飽きませんわ。

ケーキが食べたいとのたまうクーを見て、「作りに行く!」と宣言。
どうやらコウと違って本当に料理ができるようです。
やっぱり料理は大事なステータスだw

休日だったため、いきなり父に遭遇。
テンパってるのでとっても不審人物でした。透がでてきて良かったね。
でも父だとすんなり流しそうです。

クーは興奮すると耳が出てきてしまいます。
見られてはまずいので、昇は佐倉に目隠しをします。
これって結構ドキドキなシチュエーションですねw
出すとはしたないが立派なもの、と聞いて速攻で胸だ!と思ってしまった私は一体・・・。
ここは佐倉にも妄想してほしかったです。
「高上も見ちゃダメーー!」とか。

ココアまみれで入浴など サービスシーンを交えつつ、女子三人はケーキバイキングへ。
昇を好きなことをさりげなく匂わせて、協力してもらう魂胆ですが、クーとコウ相手では通用しないのは明白。作戦をたてた時点で失敗必至。
巻き込むなら透の方がいいでしょう。
「お母さんだよ」と嬉しそうに言ってたのはこっちまで ほんわかしました。
クーとコウをもう友達だ、と言った佐倉に対し、友達は初めてだと頬を染めるコウが可愛かったです。
初めてコウにときめいたかも。

帰り、兄弟を狙って雑魚妖怪と戦闘になり、それを見てしまった佐倉は またしても暗示をかけられてしまいました。
倒れたところを抱きとめられてるって、またしてもドッキドキ☆なシチュですが、昇はまるで無頓着でした。 これ、確実に恋愛という意味では好きじゃないよね。
しかも暗示効果でクーをケーキバイキングに誘いたくなり、クーを好きだと勘違い!
あまりに被害者でかわいそうになってきますよ(笑)
この恋が実る日は来るんでしょうかw

風がなにかを言おうとしている 6話まで見て、これはゆる~く見るのがいいんだと判断しました。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。