箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11eyes 12話

闇夜の暁~a sötét hajnal

最悪な未来をアイオンの眼の力で見た駆は、最善の選択肢として自ら死を選ぼうとする。
ゆかの能力によって未遂に終わったが、気を失っている間に見た走馬灯(?)で、ゆかが自分にとってどんなに大事な存在か認識した。
ゆかと、ゆかとの未来を守るためにリーゼロッテと戦うことを決意した。
栞の欠片とアイオンの眼の力を合わせることでリーゼロッテを封印することに成功する。
そして、悪夢の果てに未来を見つけた。


(・д・) ・ ・ ・ ?
正直見終わった後はこんなかんじでしたw

とりあえず前回のは丸々なかったことにされました。
アイオンの眼で未来を見た、というより最悪の未来をなかったことにした、の方がいいなーと勝手に思っています。
アイオンの眼って望む未来を引き寄せる力があるとかwikiに書いてあった気がします。
だって未来視で気持ちをばらされたら美鈴がかわいそうじゃないの。
ずるいとかあざといとか書きましたが、好意を持ってること自体は悪くないですから。

で、リーゼロッテがゆかに害をなそうとしたその時に戻りました。
全てを守るには自分が死ねばいい、と駆は自害しようとします。
ゆかといい駆といい、なんでこんなに破滅的なのかね。
ついでに姉の菊理も同じ発想だったという。

最終回にして明かされた色々が、頭の中でこんがらがっています。
栞は時空を越える力があって、それで菊理に欠片のことを告げ、世界が滅ばないよう自ら命を絶ったそうです。
並行世界である、というのはこの間明かされましたが、いろんな世界の菊理の中で、欠片を持つのは一人きり。
アイオンの眼を持つ、ゆかの世界の菊理は欠片を持っていないのに栞の話を聞いて自殺してしまったのだとか。
欠片を持ってた菊理は駆と二人で死を選ぶも、その駆は何の力もない駆でした。
1話冒頭のアレは菊理の世界の話だったんですね。
自分で書いててよく分からない。というか腑に落ちない。

今までものすごーく影の薄かったアワリティア。
なんと最終回にしてようやく活躍の場が与えられました。
腕を切り落とされて、それがスペルビアに当たって欠片がリゼットに渡ってしまうというとんでもないうっかりをかました人ですが、意外や意外、リーゼロッテの攻撃からゆかを守ったのはその腕でした。
魔術師ってロケットパンチとかもできるってこと?すごいや!w
最後に、駆がリーゼロッテを時空の狭間に送るとき抵抗できないよう抑えたのも彼でした。
いやー、リーゼロッテと二人して校舎の裏側に落っこちて、その後リーゼロッテが復活したときは「影薄いまま死んじゃったー!」なんて思ったのですが。
これまでとのギャップで、アワリティアが一番印象に残ってますw
いいのか最終回にこれでw

駆は一度は自ら死のうとしましたが、ゆかの大切さを再認識し、生きなくてはならないと思いなおします。
そして、ゆかのためにリーゼロッテを封印しました。
「友と明日のために」っつーか「ゆかの明日のために」だよね。

封印が終わると、リーゼロッテが作り出した世界が主を失い崩壊を始めました。
スペルビアが、みんなを現実世界に送り返してくれるところでED。
Cパートは後日談でした。
その世界では賢久も雪子も生きていますが、駆たちと面識はありません。
誰の世界か分からない世界。その世界にも、黒い月が存在しているのでした。

いやほんと、ここで終わられるとどうしていいのか分からなくなります。
でも世界が並行しているとしても、赤い夜は一つのはずなので滅亡の危機は去ったのかな。
どことも知れぬ世界に放り込まれたけども平和な明日が待ってるんだよ、というような?

多分今回いちばんの見せ場は駆の決意なのだろうけど、あんまり覚えてません^^;
アワリティアに全て持ってかれたw
ゆかの大切さはよく分かりましたが、友との絆についてはどうにも感じられません。
全てはゆかの為でしたし。美鈴完全に蚊帳の外。
駆の言葉にちっとも心を揺さぶられない。
中盤ゆかがおかしくなってからちゃんと見ずにネタアニメとして見ていたからでしょうか。
美鈴に操が力を貸すのは熱くて好きな展開だったのですが、全体的に見ると、うーーーん。

どう考えても尺が短かったです。
もっと仲間との絆をじっくり描いて、ゆかに関しても納得できる描写があればきっと面白かったのになーと思います。
けっこう面白く見てましたけどね。つっこみどころ満載で。
しかし正直なところ、原作をやりたい気持ちがちょっと萎えました;
1クールでおさめないといけないのは予算の都合でしょうか・・・世知辛いね。
限られた条件の中で、スタッフ、キャストのみなさま、おつかれさまでした。

PCゲーム「11eyes-罪と罰と贖いの少女-」キャラクターソング3 / 広原雪子(cv.みる)
PCゲーム「11eyes-罪と罰と贖いの少女-」キャラクターソング3 / 広原雪子(cv.みる) ヒロインの中では雪子が一番好きでした・・・ 
スポンサーサイト
[ 2009/12/24 16:30 ] 11eyes | TB(0) | CM(0)

11eyes 11話

滅亡という選択~válogatott -hoz kialvás

目覚めたリーゼロッテは、ゆかの欠片をも手に入れてしまった。
駆と美鈴は彼女に対抗する力を得るべく体を重ねる。
一方アワリティアたちがリーゼロッテと戦っていたが、あえなく全滅。
アイオンの眼も奪われてしまい、世界は闇に沈んだ。


あっけないくらい全滅エンドでびっくりしました。

ゆかがリーゼロッテを目覚めさせたのは何故でしょう。
リーゼロッテ、今回のスペルビアと同じように、駆がそばにいない世界なら滅んでしまえと、そういうことでしょうか。
ヤンデレは世界をも滅ぼすってか。
それとも駆がそばにいてくれない自分なんて消えてしまえということ?
どっちにしても破滅的すぎる^^;

これ以上リーゼロッテに力を与えないよう、駆と美鈴は現実に戻されました。
そんな便利なことができるなら、赤い夜になるたびそうしてれば欠片が集まることもなかったのでは。
リーゼロッテの持つ欠片は3つと、完全とはいえませんが、黒騎士も二人になってしまっています。
栞と、何故か菊理も加わって応戦しますが、いつの間にやらやられてしまいました。
そのシーンすらないとか、アワリティア本当に影が薄いw
そういえば菊理が初めてしゃべったと思いますが、感想を読むまで全く気づきませんでした。
あまりにもナチュラルでスルーしてしまったw

さて、草壁の血をもつもの同士が交わると、その力が強くなるそうです。
ゆかが生きている以上、何としてもリーゼロッテを倒したい駆は、美鈴に強くなる方法をたずね、その答えが「交わること」でした。
なんだこの展開。笑うしかないよ!
ゆかも美鈴の血を飲んだんだから、ゆかとやってれば万々歳だったじゃないか。

美鈴は想いを伝えながらも、ゆかが一番でいいと、自分は強くなるための手段として使うだけでいいと言いました。
いじらしいと思えなくもないですが、やっぱりずるいと思っちゃう。
にしても駆はもっとしっかりしなさいな。
気持ちは分からんでもないけど、手っ取り早く強くなることばかり求めるね、この子。
ゆかを裏切るわけじゃないと言いつつ美鈴とするのも、欺瞞にみちててやな感じ。

行為のあと、駆たちの前にスペルビアが現れて他の面子が全滅したことを伝えます。
栞が欠片を渡さないため自ら命を絶った、というのは地味にダメージを食らいました。
アワリティアを失ったスペルビア自身も、狂ったように笑って消えていきました。
そして現れたのはゆか。
ぎくっとしてシャツの前を直す美鈴。なんかあざとく見えてしまってなぁ。

終わったよ、と微笑むゆかに駆が近づいていったところ、刀で貫かれました。
いやこれ、ゆかの「こんなことさせないで」ってなかった方が良かったんじゃなかろうか。
よく分からんけどヤンデレひゃっほー、な展開になったのに(ならんでよろしい)
正体は、ゆかの欠片を取り込んだリーゼロッテなのでした。
ゆかの顔にリーゼロッテの目は果てしなく似合わない。
ゆかが欠片となってもリーゼロッテの中に息づいてるってことは、雪子も生きている(?)という可能性はあるのでしょうか。

そのままアイオンの眼を奪われ、世界滅亡といったかんじで終了。
闇に沈むというよか、闇に侵食されて消えていくと言う方がしっくりくるかな。
ここからどう巻き返すのでしょうか・・・

PCゲーム「11eyes-罪と罰と贖いの少女-」キャラクターソング2 / 草壁美鈴(cv.はるか)
PCゲーム「11eyes-罪と罰と贖いの少女-」キャラクターソング2 / 草壁美鈴(cv.はるか) 
[ 2009/12/24 16:10 ] 11eyes | TB(0) | CM(0)

11eyes 10話

魔女覚醒~bukott angyal

駆たちは栞から、赤い夜のこと、リゼットのこと、自分たちが黒騎士に狙われる理由を聞く。
リゼットの望みは、ゆかや美鈴たちの体内にある虚無の魔石の欠片を集めて世界を滅ぼすことだった。
また、駆のアイオンの眼は虚無の欠片の代わりとなりうるので危険視されていた。
しかし栞はその力に、魔女を永遠に葬り去る可能性を見出していた。
再び赤い夜が訪れ、ついにリーゼロッテが目覚めてしまう。
悪夢の果てに、答えなんてなかったんだ!


色々と種明かしがされました。
やっぱりリーゼロッテはリゼットで、力を封印され記憶を失っているそうです。
リーゼロッテはヴェラードの望みを叶えるため、「奈落落とし」を起こそうとしていました。
奈落落としを起こすと、世界は滅びてしまうよう。
それを防ぐために禁書目録聖省から派遣された魔術師たちは、リーゼロッテの封印に成功しますが、その代償として異形の黒騎士の姿にされてしまったのだそうです。
彼らはそのまま、時の止まった赤い夜でリゼットの封印が解けぬよう守り続けていたとか。

で、奈落落としには「虚無の魔石の欠片」を全部集めることが必要でした。
欠片はゆか、美鈴、雪子、菊理、賢久、栞、そしてリゼットが持っています。
欠片を集めさせないために、黒騎士は襲ってきていたのでした。
賢久の死によって一つ欠片は失われましたが、アイオンの眼は欠片の代用となるマルチアイテムなのだとか。
いつかヴェラードが駆の心と体を乗っ取って利用するかもしれない、と特に駆は殺す必要があるとされていました。

っていうかさー、もっと穏便な方法はなかったんですか^^;
事情を話して集まらないようにする、とかでも全く構わなかった気がするんですけど。
何も知らされずにいきなり襲われ、お前らは悪だ、こっちは正義なんだ、とか言われたって、えええぇぇぇ、としか言いようがありません。
別に駆たちだって世界を滅ぼしたいわけじゃないんだしさ。

黒騎士たちは駆を危険視していますが、栞は、その力にこそ希望を見出しました。
栞は滅ぶなら滅んだっていいや、くらいの気持ちだったそうですが、匡を見てるうちにその考えを改めたそうです。
きっかけは匡かよ・・・!
いっそイライラするくらいのキャラなのに、とんだ重要人物になってしまったw
三馬鹿トリオになりそうだ、と以前危惧しましたが、ちゃんと意味があったんですね・・・。複雑。

弱っているときには頼りたくなるのが人情。
それは分かるのですが、なぜに美鈴は再び血を飲ませたのでしょうか。
なんか微妙に美鈴から駆への執着を感じてしまいました。
そうすることで自分に繋ぎ止めたい、というような。

でもってゆかはそれを敏感に察知。
もうこの子センサーついてますって絶対w
駆に対しガンガン迫っていきます。
美鈴のことを草壁先輩と呼ぶよう押し付けたり、美鈴のお茶にかみそり入れてみたり、果ては真っ昼間から下着で誘惑してみたり。
すごいや!もはや笑うしかないぜ!

ゆかはいよいよヤバイし、美鈴もちょっと雲行きが怪しくなってきました。
駆の煮え切らない態度のせいで、別の意味で悪夢が加速しています。
こっちの悪夢は駆しだいでちゃーんと答えが出るんですがねw

さて、欠片はもともと平行世界に散らばっていたそうです。
しかし、初めて赤い夜が起きたあと、同じ世界に集まってしまっていました。
今の世界は、ゆかの世界。
欠片の力を使って、ゆかが世界に干渉することもできるのだそうです。
菊理はゆかが生み出した幻影でした。ゆかが不要と判断したことで消えてしまいます。えええ。
なんだか、ゆかの世界に集められたってことも作為的な気がしてなりません。
ラスボスゆか。

再び始まった赤い夜で、雪子は単身黒騎士たちに戦いを挑みました。
賢久の存在が自分にとってどんなものだったか認識し、どうしても許せなかったようです。
なんでこう、まっとうに恋を育んでたほうは壊れちゃったのさー。
スペルビアは強くて、雪子のスピードでもあっさり返り討ちにされました。
でもまあ、死なない体だから大丈夫かな、と思っていたら、そんな甘くなかったです。
驚異的な再生能力は、欠片の力によるものだったらしく、無理やり欠片を取り出されました。
ということは・・・死んでしまった?賢久に続き雪子まで!?
残ったのが魔のトライアングルって、もうそれ絆がどうこうの問題じゃないです。

雪子の欠片を取り出したのはスペルビア。
しかし、飛んできたアワリティアの腕(だっけ?)を喰らって、うっかり落としてしまいます。
それくらい避けろww
落ちた欠片を拾ったのはゆか。そしてリゼットに与えてしまいます。
封印がとけ、目覚めたリーゼロッテはやはり世界を滅ぼそうとするのでしょうか。

とりあえず一度叩き落されました。
さあどうなるのかな。まずはゆかをどうにかしようね。
ふと思ったんですが、虚無の欠片って、ようはドラ○ンボールみたいなもんですかね。
その力を使って賢久たちを復活させてみたり、なーんて、精霊会議もびっくりな展開になってしまうなw

11eyes 1 初回限定特装版(Blu-ray Disc)
11eyes 1 初回限定特装版(Blu-ray Disc) 冒頭に忘却の剣が流れてちょっとほろりときました。
[ 2009/12/10 23:39 ] 11eyes | TB(0) | CM(0)

11eyes 9話

壊れた絆~törött kötés

駆の前に栞があらわれたのは、駆の能力を見極めるためだった。
彩子先生を失い、賢久は怒りと悲しみで暴走した。
それを止めるために、雪子は賢久をその手にかける。
美鈴も、スペルビアの圧倒的な実力の前に自信を砕かれた。
駆は順調に成長を続けるが、仲間の絆はぼろぼろになってしまう。


彩子先生は逆さづりにされ、体を貫かれて殺されていました。
解放され賢久が駆け寄ったときは、もう事切れたあと。
言葉を交わすことさえ叶いませんでした。これは辛い。
まさか無関係の一般人である彩子先生が犠牲になるとは思ってなかったので驚きでした。
そして賢久は我を忘れ、全身に炎をまとってスペルビアを殺そうとします。

しかしそのスペルビアは幻なのでした。
そうだと分かっていても、雪子の言葉に答えられても、もう暴走を止めることはできません。
ていうか炎の悪魔って・・・
シリアスな場面なのに吹いたじゃないか。

その後の描写はなく、最後に血まみれの雪子が賢久を殺したことをみんなに告げるのですが。
賢久と雪子のシーンはカット?
あれ、原作には存在するんですよね。そこだと思われるスチルを見たことある。
一応これまで雪子の過去や賢久との関係とか描いてきてるのだから、悲しい到達点であっても最後は見せてほしいです。
駆とゆかが中心なのでしょうけど、あまりにかっ飛ばしすぎると全体的に中途半端。
ただ賢久が死んだってことになっても、ちっとも悲しめません。

栞は言います。
悪魔を目覚めさせたのは駆だと。そして悪魔を倒すことができるのも駆なのだと。
悪魔はリーゼロッテでいいだろうけど、それはリゼットなのかそれとも。
菊理に、なぜ存在しているのか問うていたので、もしかしたら菊理という可能性も?
それとも1話では透けてたはずなのに実体を持っていたからそんなこと言ったのかしら。
いつから菊理は記憶があるのかが気になります。
関係ないけど栞の攻撃をよける駆に笑ってしまいました。
あれ、攻撃が見えたからってかわせるものじゃないだろうw どんだけ超人になったのw

操は美鈴と、駆はこれまで倒したグラ、イラ、アケディア、インウィディアと戦うことになります。
もっとも、今まで倒した黒騎士は傀儡です。
復活できたのかと思ってびっくりしましたが、さすがにそんなことはなかったようで。
強さは本物と同程度なのでしょうか。
それでも駆は1対4なのに全て倒しました。
だいぶ眼も使いこなせてきたようです。主人公って素晴らしい。

スペルビア=草壁操は圧倒的に強かったです。
おかしいな、これまでの黒騎士と全然違うよw
にらみ合っている間は全く動けず、隙をついて攻撃をしかけても防がれました。
それどころか宝剣を砕かれてしまいました。
同時に美鈴の自信も砕かれた様子。
これまでリーダー格として皆を引っ張ってきましたが、ここにきてその役目が駆に奪われてしまうのでしょうか。
主人公ってずるいw

さて、黒騎士が元は人間だったというのは前にも出てきました。
その正体は、禁書目録聖省が悪魔を倒すために遣わした魔術師だったそうです。
栞もそこの人間なので魔術師なのだと。
世界を滅ぼそうとする悪魔を倒す人たちってことらしいので、正義の味方といえなくはないです。
が、正義の味方は敵の絆を壊すためだけに無関係の一般人を殺したりしない・・・。
命をけずれば現実世界に来れるんなら、もっと追い詰められる前にやってきたら良かったのに。

黒騎士も残り少なくなったとはいえ、賢久は死に、美鈴は自信喪失、絆はぼろぼろ。
ここからどう這い上がるかが見所かな。

というわけで今週のゆかさん。
駆が黒騎士と交戦中と聞くや助けに行こうとしますが、大丈夫だと分かると部屋にとどまります。
他の人の身の安全はどうでもいいと言っちゃいました。
そして栞に駆との過去を話し、のんきにお茶会。なんで栞はつきあってるのw
しかし栞は目だけで言っていました。こいつヤベェ、と。うぜぇ、かもしれん。
美鈴が気弱になっても賢久が死んだと聞かされてもどこ吹く風。
もとに戻る日は来るのでしょうか。

イレブンアイズ クロスオーバー(限定版)
イレブンアイズ クロスオーバー(限定版) 次回、魔女覚醒。というかゆか覚醒?
[ 2009/12/04 02:23 ] 11eyes | TB(0) | CM(0)

11eyes 8話

逢魔が時 ~félhomály öv

倒れたゆかをはじめ、みんなの体が万全でないため、学校を休み同じ家にいることにする。
だが賢久と雪子が学校へ行き、美鈴と菊理は探しに行く。
残された駆の前に、栞があらわれた。
そして保健室では彩子先生が黒騎士に殺されていた。


ゆかは倒れてから昏々と眠り続け、気がついたときにはもう朝でした。
すぐそばには駆がいて・・・と、多分すごい気分いい目覚めだったでしょうね。
そのせいか、ゆかが目覚めたことに気づいた駆に、「守ってあげる」と超上から目線。
心なしか勝ち誇ったような顔してるし。

謎と言えば謎なのが、美鈴の気持ち。
この前のことといい、今回といい。今回は、駆に自らの血を与えました。
それによって駆にも草壁の血が取り込まれ、強くなれるらしいです。
実際血を飲んだ駆は美鈴の動きを追えるようになりました。なんというパワーアップアイテム。
駆の、ゆかを守りたいというその思いを叶える手助けをしてあげてるのか、それとも実は駆の目を自分に向けさせる作戦だったり。
後者だとすると美鈴がやけに策士なので、前者が妥当かしら。でもしっくりこない。

でもってゆかは、今回もタイミング良くというかなんというか、駆が美鈴の血を舐め取るところを見てしまいました。
そしてゆかも同様に、美鈴の血をなめます。
浮気ばれた!みたいな顔してんじゃねえよ駆w

赤い夜が終われば何もかも、ゆかも元通りになると駆は思っています。
しかし駆は、ゆかをどう思ってるんでしょう。
家族のように大切に感じていて、守りたいというのは分かりますが、女の子としても見ているんでしょうか。
ゆかの態度を見てれば恋愛の意味で駆を好きなのだと分かるのだし、駆も同様であればその気持ちをはっきり言えばいいじゃないの。
そうすれば多分ゆかは元通りよ。違ってたら・・・どうなるかなw

前回駆の負傷に対し思わずつっこんでしまいましたが、雪子はちゃんと気にしていました。
こっちがネタっぽく捉えてたのに、画面の向こうの雪子はものすごーく真剣に悩んでてちょっと申し訳なくなりましたw
賢久がフォローを試みましたが、あなた私から見ても無神経よ?
でも賢久は雪子の過去を知らないからそういう言葉が出てきたのかもしれません。
そして雪子はいい子だったので、励まそうとしてくれた気持ちを汲み取ってお礼を言います。

大切な人ほど身近にいすぎて気がつず、いなくなってから気づくと。
彩子先生は昨晩帰ってこなかった賢久を心配して、一晩中起きててくれました。
賢久は雪子に言われて彩子先生の大切さに気づきました。
雪子は賢久に大切な人はまたできてると受け入れてもらいした。
なんかこの二人は普通に青春してて(?)駆とゆかより和みます。

二人が抱き合ってるのをばっちり彩子先生が目撃してて吹きましたw
が、去っていく後ろ姿がどうにも不吉で、校舎の影から出たとたんグサッと来るんじゃないかと思いながら見てました。
今か今かとドキドキしつつ、結局何事もなかったので、あら杞憂だったかしらと思ったらやっぱりそんなことはありませんでした(涙)
賢久の言葉があからさまにフラグだものね・・・。
ラストになんて衝撃的な。
何故彩子先生が殺されなくてはいけなかったのでしょう。
というか黒騎士って赤い夜から出てこれんですね。ならみんなの寝込みを襲うとかの方が効率がいいと思うのですけど。

いよいよ栞が行動開始。
本当の名前はウルスラというそうで、どこぞの機関から派遣されたそうな。
駆を悪魔を目覚めさせたものだと言います。
悪魔=リーゼロッテ、かしら。
アイオンの眼の持ち主だから、リーゼロッテともつながりがあるんでしょうね。
で、リーゼロッテは世界を滅ぼそうとしているようです。
リーゼロッテ=リゼットなら、彼女が水晶から解放されたら世界は滅びてしまうのでしょうか。

Sequentia
Sequentia 予告が不吉だよー
[ 2009/11/27 23:31 ] 11eyes | TB(0) | CM(0)

11eyes 7話

歪んだ覚醒 ~kanyargós ébredés

ゆかが能力ヤンデレに覚醒したというお話。
歪んでなんかないよ、むしろ正当なる覚醒だよとか思ってしまう今日この頃。

一向にまとまる気配がないので今回は簡潔に。

・なんとなく打ち解けた駆と賢久
今までの喧嘩腰は何やってん、と言いたいほどあっさり名前を呼び合うようになった二人。
どうやら賢久は、駆の好きな相手への気持ちを素直に言えるところを、表面上は小馬鹿にしつつも内心羨ましいと思っていたようです。
そして雪子に告白(?)してたようで。
この二人に進展はあるのでしょうか。

・ペンギン・・・
哀れゆかによって引き裂かれました。
一人になっていたゆかを見つけたのは雪子でした。
もし美鈴だったらどうなってたんでしょう。
ともあれもう覚醒済みでした。雪子の言葉は届かなかったようで、顔怖いよ!
あそこでAパート終わったけどもあの後一体どうなったのか・・・。
正直雪子やられる!と思ったw

・そして黒騎士は減っていく
名前が難しいのでハナから覚える気はないのですが、今回は二人お亡くなりになりました。
だから何でエンドカードに死んじゃった黒騎士もってくるのw
前回逃げた黒騎士を始末したのは栞、ですかね。
そこしか出てくる隙がなかったかと。ED見たとき「え、いたっけ?」と思ったし。
羽っぽいのをつけたデザイン的にお気に入りだった黒騎士は結界を張り自爆して駆たちを道連れにしようとしました。
なんとか結界を破ろうとしますが、どれもこれも無効です。
で、雪子の投げたナイフが弾かれて駆の背中を切り裂く!
不覚にも吹いたw しかもみんな無反応だったよw
駆は黒騎士に顔をつかまれもがき、それを見たゆかは能力発動。
なぜ屋上にいたのかはこの際つっこんではいけませんね。
敵も味方も関係なしに、すべての能力を無効化してしまう能力でした。
もうゆかさえいれば問題ないぜ、な勢いです。しかし目がいっていた。やばい。
黒騎士は結界が消えた隙をつかれてお亡くなりになりました。
そういえば「終わりが近い」とか言ってましたが、それは黒い月が地上に近づいていることと関係があるのかしら。

・ゆかさん
今の精神状態じゃ、とてもじゃないけど「友と明日のために」みんなと協力して赤い夜を生き延びる、なんてできそうもないです。
自分の能力で駆が守れるとなったら、もっと病みが進みそうな予感。
気絶したときの満足そうな笑みったらないね!
しかし駆とゆかって似てる気がします。
もしゆかの心が離れたりしてたら、駆の方がヤンデレ化したんじゃないかと。
ゆかがどこまで突っ走ってくれるのかを楽しみにしてます。

・草壁操?
美鈴が対峙してた黒騎士は、草壁操なのではないかと。
よく見たら髪形が同じですし。

・リゼット=リーゼロッテ?
名前が似てます。
ヴェラードの国を滅ぼしたとされてる魔女がリーゼロッテですが、なんだか伝わっている話と違うようです。
ところでリゼットは黒騎士さえいなければ、水晶の中から逃げ出せるみたい。
彼女が水晶から解放されれば赤い夜が終わるんですかね。
栞にしろ草壁操にしろリーゼロッテにしろ、色々設定が深そうだけど消化しきれるでしょうか。

11eyes 1 初回限定特装版(DVD)
11eyes 1 初回限定特装版(DVD) スケッチブック、今更気づいたの?
[ 2009/11/20 03:25 ] 11eyes | TB(0) | CM(0)

11eyes 6話

心乱れて ~szíbte'p fa'jdalom

駆を助けるために、美鈴は陰陽道の力で自己治癒能力を高める。
その現場を見たゆかは、二人が裸だったことに衝撃を受け、駆を信じられなくなってしまう。
そのまま赤い夜を迎え黒騎士と交戦するが、ゆかと賢久以外の結束は強まってきた。
だが、ゆかのペンギンのバッグがぼろぼろの状態で見つかる。


駆と美鈴マッパから、ゆか目撃→嫉妬、の流れが予想どおりすぎて笑うしかなかったというか。
今後のゆかの変貌(?)に期待してます。それはもうものすごくw
ただ守られるだけのヒロインキャラには正直好感を持ちにくいので、いっそ鬱陶しいくらいの泥臭さを見せてくれないかしら、なんて。
負の面もあることはすごく魅力的だと思うんですよね。
やーまあ、ゆかの負の面が私好みかは分からないですけど。

駆の能力はアイオンの眼というものだそうな。
アイオンの意味は「時代」よりも「永劫」のほうがぽいかな。
使いこなすのが難しいらしく、前回の使用で全身の神経がやられてしまいました。
怖。なんという能力でしょ。
夢に出てきたおじさんは中世のドラスヴェニアの王様だそうで、彼は魔女のせいで国を滅ぼされたとかなんとか。
美鈴は魔女と聞いてリゼットを思い浮かべてました。悪魔なのか魔女なのかはたまた全く別の存在なのか。謎です。

赤い夜にいる間は、現実世界での時間はどうなってるんでしょうか。
赤い夜で過ごした時間だけ現実の時間も進んでると考えるのが妥当なのかな。
今回、賢久が彩子先生に連行中に飛ばされてしまったので、それがキッカケでばれちゃいそうです。
でも赤い夜に関わりがないから、特別重要なポジションでもないのかしら。
そして半分すぎたはずなのに、関係者のはずなのに全く本筋に絡む気配を見せない栞が心配です。
このままではただの三馬鹿トリオの一員にされてしまうYO!

黒騎士は強そうに見せといて案外弱いのかもしれないと思う今日この頃。
なんだか菊理の攻撃でさくっとやっつけられました。
どうやら死んではいないようですけど。何か飛んでいったし。あれは何だ。
ずっと気になってたのですが、1話冒頭の駆の過去(?)で姉の菊理も同じようにチェーン出してましたよね。
姉も同じ能力を持っているのか、仲間の菊理は何か特別な存在なのか、そもそもあの過去は本物なのか。気になります。

菊理活躍の裏側で賢久も戦ってたらしいですが、尺の都合なのかカットされましたw
逃げられた、と言ってやってきて、ゆかのペンギンバッグを持ってきました。
保健室にあったとのことだけど、保健室はひどい状態だったと。
でもゆかは無事でしょう。
保健室がひどい状態だったと聞いて真っ先に思ったのは「ゆか、何をやった!?」だったのが我ながらひどいw
私のゆかの印象ってどんなんよ。

ペンギンずたぼろは、可愛いゆかはもうおしまいってことなのかな。
駆は夢で、喪失と絶望を味わう、みたいなこと言われてましたが、それはイコールゆかの死、ではない気がします。
何かもっとこう、震え上がるようなかんじ?俺のせいでゆかがこんなことを・・・!的な。
次回が楽しみです。

「11eyes-罪と罰と贖いの少女-」 キャラクターソング1 水奈瀬ゆか(cv.安玖深音)
PCゲーム「11eyes-罪と罰と贖いの少女-」 キャラクターソング1 / 水奈瀬ゆか(cv.安玖深音) 自己治癒能力が自己中能力に聞こえて吹いたw 
[ 2009/11/12 23:28 ] 11eyes | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。