箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカイガールズ 26話

それぞれの・・・

スカイガールズが解散され、それぞれもとの生活に戻ったり新しい生活を始めたりしていた。
そんなある日、冬后から手紙が届く。
それは、新設のソニックダイバーレスキュー隊の記念式典の招待状だった。


瑛花はまたパイロットに戻っていたようです。
飛崎さんの部下とのやり取りが、1話のツンケンしてた時とは全然違いました。
父親のことも、父親が提督であることも受け入れられたみたいです。

可憐は復学してました。
おお、なんと久しぶり弥生さん。男性とも話せるようになったのね。
もう性別とか気にならなくなったのかな。たくみ頑張れ!!

エリーゼは決戦前の言葉どおり、源さんのもとで暮らしています。
やべ、制服がマジで可愛かったです。
なんかいいよ、幸せだよ。でも源さんはずっと「源さん」って呼ばれてるんですね。

音羽は再び海女さんに。そこに双子がやってきて、冬后さんからの手紙を渡してくれました。
双子の演説(?)が楽しいw
また追浜に行くことを、おじいちゃんがすぐに認めてくれました。

夕子先生は診療所を開いてるみたいで、七恵さんはまだ軍人だけどヒロ君と進展があった模様。
ごちそうさま。

たくみは退役してお母さんのお店を手伝っているみたいです。
相変わらずカメラ小僧で、兄様建築の建物も写真にとっていました。
そこへ兄様登場!でも最後まで顔は分からずじまいです。
なんてニアミス!と思ったけどすぐに可憐と会えましたね。

瑛花は新生ソニックダイバー隊の教官として辞令がおりました。
新しいソニックダイバーは遺伝子関係ないみたいですね。
音羽以外が集まって挨拶を交わしてたところ、僚平のバイクで音羽登場。
急に暴れたから事故ったww え、怪我しなかったのー?
音羽は忘れてましたが、視聴者は覚えてたよね?僚平との約束。

そして恒例のお風呂。
ついに七恵さんとも一緒にお風呂に!初めてですよね。
ここまで序盤と比べると楽しいです。
みんな変わって、その変化が心地いい。

相変わらず副長の話は長かったw
この式典が終わったら、ソニックダイバーは記念館に送られ、もう乗ることはないそうです。
形が残るのは嬉しいですが、乗れないメカってもの悲しいです。
そして最後のフライト。
戦闘とか関係なく飛ぶのは冬后さんの夢。
整備士とのやり取りも好き。

零神が飛んだとき、今まで眠ったままだったアイーシャが目覚めました。
ゼロは特殊でしたしね。
ベタだとか思いつつ、この辺が「らしさ」だし、安心して見れるとこなんですよねぇ。
半年間のブランクなどものともせず、見事な飛びっぷりです。
ハートも懐かしいな・・・。

EDはいつものでした。
マイユアの時は通常EDじゃない方が良かったけど、スカイガールズはこれで良かったです。
なんか・・・不思議な中毒性がないですか??
いやまあ、名曲だとは思ってないんですがw (失礼)
OPは名曲。

一話まるまる使ってのエピローグです。
余裕のあるスケジュール進行っていいよねw
いつも安定していて、見ていて本当に安心でした。
ワーム決戦はさらっと終わっちゃったけど、あれは音羽が優希と戦う決意を固めた時点で勝ちなので。
今までの描写の積み重ねが今回のエピローグにきれいにつながってました。
いや、いい作品でしたよ。
正直突出して面白いってアニメではないですが、私はすごく好きでした。
みんながちょっとずつ成長していくのが丁寧に描かれていて。
めずらしくフィギュアが欲しくなりましたw もちろん、ソニックダイバー付きで!
スポンサーサイト
[ 2007/12/30 22:29 ] スカイガールズ | TB(0) | CM(0)

スカイガールズ 24話

決戦

優希とは戦えない、ということで飛べなくなってしまった音羽。
最終作戦は音羽抜きですすめられていく。
しかしエリーゼは、仲間なのだから音羽抜きでは戦えない、と言う。
瑛花と可憐も同じ気持ちだった。
3人やアイーシャに励まされ、音羽は再び飛ぶことを決意する。
そしてついに作戦決行の時間がやってきた。
スカイガールズは5人そろってネストへと飛び立つ。


いや、すんごく熱かったですよ。燃え燃えです!
Virgin's highがかかったりとか、起動確認とか、発進のかけ声とか。
起動確認とかけ声は地味に好きなんですよ。

○音羽
すっかり自信をなくして、僚平になぐさめられても効果はイマイチです。
簡単に諦めんなよ、って13話で僚平が整備を外されそうになった時の逆パターンみたいでした。
多分、僚平の言葉も立ち直るきっかけになってるよね?
みんなの励ましのおかげで立ち直った音羽は、僚平のもとに行きます。
ここにきて急接近?でも音羽は僚平のこと男として意識してないと思うよ。。。

○可憐
一番成長したのは彼女じゃないでしょうか。
兄様に弱気な手紙を書こうとしますが、たくみとの約束によって必ず帰る決意をします。
たくみとは 今までほとんど絡みがなかったですが。
デフォだから気にはならないですが結構唐突かも?
でもこの二人が一番自然で一番うまくいきそうです。

○瑛花
「飛びなさい」って命令は、互いに信頼がないと言えない台詞だと思います。
瑛花らしくて好きです。
冬后さんの粋なはからいで、久々に父親と対面。
似たもの親子は困ったものです。
でも父親の言葉を聞いて、ちゃんと親として瑛花のことを心配しているのが分かったんじゃないかな?これから親子関係は改善されそうです。
冬后さんとはどうだろうね~。

○エリーゼ
エリーゼの相手は源さんでしたか。
大戸さんはバッハの整備があるからこれからも近くにいられるしね。
源さんは孫にそっくりだったので親切だったのでした。
源さんってそんな年だったの?ともあれエリーゼに帰る場所ができたのでした。
仲間っていう思いを誰よりも持っているのはエリーゼかもしれませんね。

○アイーシャ
アイーシャだけこれといった相手がいない気がしますが・・・。
それだけにアイーシャには無事帰ってきて欲しい気持ちが強いです。
んー・・ペアの相手をあげるとしたら周王さんかな?
アイーシャから「一緒に飛ぼう」って言ったのが素敵でした。
次回か最終回で笑顔が見られたらいいなー。

○副長
なんですか、スカイガールズと同列ですか。
格好良かったよ副長!!
若干の唐突感は否めませんが・・・でも少しずつ変化してるのは感じてましたよ。
スカイガールズにおける最高のツンデレは副長だったのでは!

日付詐称でおいときますww
[ 2007/12/17 19:04 ] スカイガールズ | TB(0) | CM(0)

スカイガールズ 23話

失われた翼

行方不明になった時そのままの優希との再会に、音羽は激しく動揺する。
優希はワームのメッセンジャーとしてネストの場所を伝えに来た。
そのことを受け周王博士は、音羽搭乗のシューニア・カスタムでワームのプログラムそのものを書き換える作戦を立案する。
ビッグバイパー隊との共同戦線で、新たな訓練を必要とするのだが音羽は飛べなくなってしまっていた。
音羽が飛べないまま、ビッグバイパー隊を乗せた空母がやってくる・・・。


エリーゼが一人で突っ込んでいきましたがあっさり返り討ちにされました。
ナノスキンの装着限界になってしまう攻撃?ほとんど反則に近い気がします。
おじさんキラー・エリーゼ。
医務室に運ばれたエリーゼを大戸さんや源さんが心配して見守ってます・・・が
胸はだけてるんだから直視しないでくれww エリーゼ確か15歳ですもの。ダメですよ。

今回の音羽はすごく弱々しかったです。
前回陰の部分をチラッと出してきましたが、音羽がこんなに参ってしまうのは驚きです。
あるいはこっちの方が素に近いのかも、なんて思ってみたり。
優希のことを思い出すと飛べなくなってしまうようです。
というか精神的にやばそうです。

シューニア・カスタムにはアイーシャが乗ることになるらしいですが、音羽が復活してくれることを願います。
アイーシャの励ましは不器用ながらも微笑ましかったです・・・?なんか違うな。
アイーシャが攻龍に来てまだ間もないですが、二人の間にそれだけの交流があったのは確かで・・・。
スカイガールズはこういうところが好きです。
瑛花と可憐も、心配しつつも信頼してるのが分かるのがいいです。

冬后さんは全員で帰って来い、との命令を出しました。
冬后さんの思いもいいですねぇ。
あの台詞は瑛花フラグというよりは茶化しただけってかんじでしたが・・・。どうでしょ。
でも赤くなっちゃう瑛花が可愛かったですよ!にやにや。

今回のサブタイ、「失われた翼」
羽って、イコール翼でいいですよね。
普段音羽は「音羽」で呼ばれてますが優希は「音姉」と呼びます。
優希の存在に囚われてしまっている今の音羽は「音姉」だから飛べない、とか。
なんてことを考えてみたりもしました。分かりにくいですね^^;

今週の副長~
初登場時に比べてずいぶん角が取れたんじゃないでしょうか。
今回アイーシャのこと心配してましたよ。
いや、別に私は副長のことを血も涙もない人だ、とか思ってたわけじゃないですけどw
なんか副長見ると和む・・・ww なにか間違ってる気がしなくもないですが。
[ 2007/12/10 23:07 ] スカイガールズ | TB(1) | CM(0)

スカイガールズ 22話

サザンクロス・ホーリーナイト

クリスマスの経験がないアイーシャのために、攻龍内でクリスマスパーティーをしようとするスカイガールズ。
みんなを説得し、無事パーティーは行なわれる。
パーティーが和やかにすすむなか、冬后は周王からテスト機(の改良型?)のパイロットは音羽にしようとしていることを聞く。
音羽は、戦後最後にワームと接触した人間であり、その時弟・優希が行方不明になった。
突然ワームがあらわれ出動するスカイガールズだが、そのワームは優希だった。


名目上はアイーシャのためですが、まぁどう見てもエリーゼがやりたいだけですw
いつものように冬后さんは「直訴」を許可してくれ、艦長も了承してくれました。
副長さえクリアできれば大方のことはできると思います。
源さんはすでに骨抜きですし 大戸さんは花火まで仕込んでいましたw

お手製のツリーが作られ、さらにスカイガールズ+夕子先生がサンタコス。
夕子先生子持ちなのに見えませんね。
ただ自分の母親があんな格好してるのを見たらかなり居たたまれないですw夕子先生くらい顔もスタイルも良しだと大丈夫なのかな・・・。

パーティーのノリなのか、ツーショットが3人分ありました。
音羽はちょっとシリアス気味です。この辺は伏線、でしょうか。
可憐は自分から行くなんて成長(?)しましたね!
関係ないけどシュトーレンってうまいですよ。今年もおかん作ってくんないかな~(他力本願)
瑛花と冬后さんは、正直関係が発展することはないだろうと思ってます^^;
でも前回に続き冬后さんに対する感情が変化してきたのは楽しいです。
あ、あとコート着ちゃうなんてもったいないですよね。

可憐は七恵さんのところに料理を持っていってあげました。気の利く子です。
七恵さんは見てるだけでいい、というようなことを言ってましたが大抵仕事してて見ていないのでは・・・。

周王さんが音羽をテスト機のパイロットにしようとしているのは、やっぱり優希行方不明事件に絡んで、ですよね。
ラストで優希が出てきてしまったし、読みは外していないんだろうと思いました。
零神にはアイーシャが乗るんですかね。
どんどんソニックダイバーが増えます。もう一機あればデルタロック×2、とかできるのに。

そろそろ大詰め、最初から引っ張ってきた音羽と優希についても語られようとしています。
音羽はかなりショックを受けていて、次回がちょっと心配です。
とはいえスカイガールズはそんなドロドロした展開にはならないと思って、けっこう楽観視してます。
ワームとの戦闘もありますが、本質はそこじゃないですから。

今週の副長。。
今週はいっぱい出てきてくれて嬉しい限りです。あぁお腹いっぱい。
クリスマスパーティーに反対するのはお約束。
そうじゃなきゃ副長らしくないです。
でも段々感化されてきたかんじがするのは気のせいですか?
詰めよる音羽たちにちょっとたじろいでました。
あっさり艦長によって許可がおりますが。
そうですね。いつもピリピリしてたら いつか胃に穴あきますよ。
ていうかストレスで体を壊して退役してたんじゃないかと思うくらいです。
あとは話が長かったり悩殺夕子サンタに頬を赤らめてたりしてました。
そんな!ww
[ 2007/12/03 23:48 ] スカイガールズ | TB(1) | CM(0)

スカイガールズ 21話

共闘

前回アイーシャがワームの動きを止めていましたが、あれはワームに同調していたそうです。
(というかワームを同調させた?)
アイーシャのポテンシャルはすごいです。

ビッグバイパーが3機やってきました。
一条提督が推進したそうです。
瑛花の危険が少しでも減るように?と思いましたがソニックダイバー隊を南米に行かせたのも提督でしたね。。。
でっかいワームを倒そうとしましたが、やはりでかすぎたようで やむなく撤退しました。
ビッグバイパー使えねぇ。

一人攻龍に拾われ、甲板でたそがれるマッチョマン飛崎さん。
そこに冬后さんがやってきて、おもむろに昔話をはじめます。
冬后さんが飛べなくなったのは飛崎さんをかばったからなんですね。
小説版と違うんだね。
その時戦っていたワームが、今回のワームだったらしいです。因縁のワーム。

冬后さんはスカイガールズたちに純粋に空を飛ぶってこと、その夢を託したいと言います。
ちゃっかり瑛花が立ち聞きしてて、冬后さんへの認識をあらためたようです。
ていうか冬后さんは最初からこういう人でしたが。。。

今回のワームは自切して数を増やせるタイプ(?)のもので、既に二つにわかれています。
片方をソニックダイバーが、もう片方をビックバイパーがたたくことになりました。
しかし三つに分かれてしまいました。
そこにやって来たのは飛崎さんの部下二人でした。
みんなで協力して見事ワームを倒しました。

いや、熱かった!かなり好きでした。
でもよく考えたらなんでみんなワームが三つ以上に分かれる可能性を考えていないんだ。
うっかり自分も考えませんでしたがww ←のりやすい人・・・
みんなで協力するってのも良かったし、夕子先生がなんかしようとしたアイーシャに「信じなさい」ってのも良かったです。
あとは、おっさんをうまく描写してるかなーと。
(冬后さんって、・・・まだ20代でしたっけ?それでおっさん呼ばわりは辛いぜ・・・!)
主人公だけじゃなくまわりの大人のことも描いてくれるのが好きです。
しみじみと。

今週の副長。
影が薄いですよ副長。
副長にフィーチャーする回ないかなぁ。ないだろうなぁ。
DVDの特典でついてきたらそれだけのために買うかもw
とりあえず射撃のかけ声(?)は副長のお役目でした。
[ 2007/11/27 14:48 ] スカイガールズ | TB(1) | CM(0)

スカイガールズ 20話 感想

そのファインダーに映るもの

備品を取りにきたたくみは、倉庫で偶然カメラのフィルムを見つけました。
備品っつーか食料です。どうやら補給は済んだ模様。
一応たくみはオペレーターとして配属されたはずなんですがね。
人使いが荒いですませていいものか(今更)
(今更ですが副長つっこんでくれないかなぁ)
最初たくみが登場した時カメラ構えてたな、ってことすっかり忘れてましたw
そうそう、可憐と一緒でした。
久しぶりにツーショット見れて満足です。
あ。攻龍は野菜とフィルムが同じダンボールに入ってるんですか?

前回音羽に興味を示した周王さん。
音羽は最後のワームと接触した人間とのことです。意味深。
今回もワーム出てたので、前回ので消滅したわけではなく、そういう意味の最後じゃなかったみたいです。ますます意味深。

さて、たくみはせっせと写真を撮ります。
備品なのにいいのでしょうか。
副長があくびしてるところもバッチリ撮りました。
チャレンジャーですね!
艦長も撮って欲しかったようですw
先週の腹の虫といい、路線変更でもしたんですか?

たくみに負けじと、音羽もデジカメでアイーシャと写真を撮ります。
しかしアイーシャは写真の何がいいのか分からない。
たくみが写真を撮る意味を教えてくれました。
ちびたくみ可愛い。
写真とは、ただの記録ではなくその時の想いが残る大切なもの。
写真っていいですよね。撮られるのは苦手ですが。。
みんなで記念撮影をしようとしたところ、ワームがやってきました。空気読めよ!w

今回のワームは鳥さん。
音がリアルに気持ち悪かったです。
動きが速すぎて音羽たちは苦戦します。
そんなソニックダイバー隊を、音羽との写真を見てアイーシャの胸に去来したのはどんな思いか。
アイーシャは何か力を使ってワームを停止させました。
かなり消耗するらしく、強いけれど多用はできなさそうです。
ともかく、なんとかワームを倒すことができました。
そしてアイーシャは気を失ってしまいました。
後ろに写ってた艦長の方が気になってたのは内緒ですww

アイーシャが助けてくれたことを知り、整備士トリオが気味悪がっていたことを謝りにきました。
基本的にいい子達ですね。
そして改めてみんなで記念撮影しました。
雨降って地固まった話でした。
アイーシャの笑顔が見れるのはもうちょっと先ですかね。
この時のみんなの想いは残るけど、エリーゼのゴスロリ姿は残ることはなかった…w

七恵さんの時もでしたが、ワームは人間関係を取り持つのが趣味なんでしょうかww
ある意味とっても空気を読んでいますw
瑛花と冬后さんにも何か進展があるのかちょっぴり期待して以下次回。

今回の副長。
写真撮ってたたくみを一喝です。
あくびしてるとこ撮られたのが恥ずかしいんですね!
やだもう素直じゃないんだから!とか思ってしまいました。うわぁ。
あとワームと戦闘中にもしゃべってた気がするんですが…なんだったっけ?
副長への愛はどうした!
[ 2007/11/19 23:59 ] スカイガールズ | TB(1) | CM(0)

スカイガールズ 19話 感想

アイーシャ・クロニクル

前回のワーム騒動によって破損した攻龍を補修中のクルー。
緋月少尉が、アイーシャはワームのもととなった存在だ、と言ったため攻龍のなかでアイーシャに対する疑念や不安が募っていた。
エリーゼも例外ではなく、アイーシャにつっかかる。
そこで音羽たち4人は、周王博士に直接聞きに行く。
そしてアイーシャ、ワーム、ソニックダイバーに関する話を聞く。


緋月さん、失言です。うっかりしすぎですよ。
わざと、・・・なんてことはないですよねぇ?
緋月さんは任務には冷静に対処しますがそれ以外は天然だと思ってますww
あ、緋月さんは周王博士とアイーシャを送りにだけ来たんでしょうか?
暇なのか忙しいのかいまいち分からない人だ・・。

食料に甚大な被害がでて、食材の確保が急務になった攻龍。
元・海女さんの音羽によって食糧確保作戦 withソニックダイバーが発案されました。
例のごとく副長が反対しますが艦長が賛成してくれました。
響く腹の虫・・・やっべときめいた!(なんで?)
さて魚群に網をはって大量捕獲します。
捕りすぎです乱獲ですー!!
いつになく感謝されるスカイガールズww

周王博士が機密扱いのワーム関連の話をしてくれました。
・・・・よく分かんなかったorz
えぇと、アイーシャがソニックダイバーのもととなったのは分かりました。
そしてワームは地球の「治療」を行なうべく人類に攻撃を仕掛けていた、と。
さて、ワームはどこからでてきたのか・・・・そこらへんが理解できなかったですw

アイーシャは軍で色々実験台にされていたようで、エリーゼは似て非なる境遇にショックを受け、謝ることにします。
おでこツーンは可愛かったですね。
そういえばエリーゼの張り手を止めたのは音羽でした。
ちょっと意外です。瑛花かと思ったのに。
アイーシャにも謎?が残ります。
記録はあるが記憶がない、とは。実験のせいだったりするんでしょうか?
アイキャッチのアイーシャがいいかんじでした。
だからED歌ってたんですねー。

冬后さんが懸念している深みに嵌る、とは。
周王博士は何故音羽のことを訊くのか。
アイーシャと弟がかぶって見えたのは一体どういうことか。
個人的に一番気になるのは冬后さんと瑛花なんですがw
顔を赤らめてましたよ瑛花さん!まあ・・・ないでしょうけど。

色々と謎(?)を残しつつ、次回「そのファインダーに映るもの」
あっれー。再びほんわか。

忘れかけてた今回の副長。
今回はソニックダイバーを漁に使用するのに反対するとこにしか出てこなかったのでショボーン。寂しいですよ副長!
そいで臨機応変は大事ですよ。
でもそこで反対しなきゃ副長じゃないよねww
[ 2007/11/12 21:44 ] スカイガールズ | TB(3) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。