箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

School Days 6話 感想

20070811132729
…特に意味はないですww

明かされた関係
言葉に何も言えないまま、ズルズルと関係を持ち続ける誠と世界。
そしてついに、言葉が2人の関係を知ってしまった…


うわ、なんてテキトーなあらすじ。
まぁ、携帯からなので軽~くいきますか。

世界はまだフツーだと感じてほっとしました。何その感想。

最初は、まだ練習とか言ってんのか!と思ってイラっとしましたが、言葉にちゃんと言おうとするあたり、少し好感が持てました。
世界が誠を好きになったこと自体は、悪いことではないですから。
とりあえず最後にちゃんと「好き」って言えて良かったです。

「桂さんと帰ってあげて」っていうセリフは、健気というよりかは嫌味ですがw

しかし最悪の明かされ方でしたね。
誠の口から直接言われた方が、まだ傷は浅かったんじゃないでしょうか。
全く誠は他人をなんだと思ってるんでしょうね。
怒りを感じるとか、もはやそんな次元ではないです。

今回刹那に和みました。
彼女は3人の関係に気付いたみたいです。
今後どうからんでくるか期待。

言葉はとにかくかわいそうでした…。
ちょっと奥手で、ちょっと理想高かったけど(笑)そこまでひどいことされる理由はないですもの。
最後、てんてんと落ちていく毛糸が悲しかったです。
よりによって、付き合ってます宣言した日になんて。
……。…あっ。毛糸赤い!不吉だ!!ww
スポンサーサイト
[ 2007/08/11 13:27 ] School Days | TB(2) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。