箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

School Days 8話 感想

学祭

学祭の準備が進むなか、世界は刹那に、言葉との会話を打ち明ける。
刹那は、自分が誠の気持ちを確かめると言い、実行委員としての仕事中、世界を選ぶのね?と念押し。
しかし誠は後夜祭のダンスの相手を言葉にOKしてしまう。
そして迎えた学祭。客引き中のアクシデントにより着ぐるみなどが壊れてしまう。
修理のための資材調達中、刹那は誠に、学祭が終わればフランスに引っ越す、と告げる。
なんとか修理の目処が立ち、誠と二人っきりになったところで、「私だけの思い出」ということで誠にキスをするが、そこを言葉が目撃してしまう。


ちょwなに刹那フラグもたててんですか、誠ww
うっかりおっきい文字で主張。

刹那メインの話でしたが、正直ちょっと微妙・・・・。

相変わらず誠はダメ人間でした。
根本的に何かが間違ってるとしか思えない。
言葉と世界、どっちのことも好きじゃないように見えるんですが。
刹那との昔のエピソードも、なんか無性にむかついちゃったのでした。

世界って思ってたより子どもだと思いました。
嫌なことがあったら一日中部屋にこもって泣いてるだと?(イラッ)
思いっきり他人に依存しなきゃ生きていけないじゃないですか、あれじゃ。

言葉ってば泥沼体質。
相変わらずいじめられてるみたいです。ボイコットするならいっそ初めから不参加表明すればいい、とか思ったり。(それもどーよ)
休憩室って学校公認なんでしょうか。あんなの認めちゃっていいのか?

誠へのアピール手段は色仕掛け。
なんだかなぁ。
言葉にとって不運なのは、誠というろくでもない男に引っかかったことよりも、親身になってくれる友達がいないことだと思います。

刹那が委員長になったのは、誠の何気ない一言がキッカケだったのですね。
ていうか、高校生にもなって外見で人をからかうって、どこの子どもだ。恥ずかしい奴らめ。
本当に世界のことを心配してるのは分かるけど、現在の世界の子どもっぽさを作った一因は刹那にあるんじゃないでしょうか。
ただ、最近の言葉へのキツイ態度はフランスへ行くという焦りからだったようです。
ちなみに最後ののは、ちょっとズルイと思わなくもないです。


来週は後夜祭のダンスの相手を巡ってひと悶着ありそうで楽しみです。
いじめっこたちのやばい企みとかも活躍しないか期待してます。(鬼)
スポンサーサイト
[ 2007/08/25 20:21 ] School Days | TB(3) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。