箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカイガールズ 13話 感想

攻龍出港

ついに出港した攻龍。
エリーゼのバッハが増えたので、格納庫では慌しく整備(?)が行なわれていた。
しかし、僚平はどこか様子がおかしい。
いつものように音羽がゼロを見にきた時、僚平は倒れてしまう。
ただの船酔いだったが、そのことで零神の整備をおろされてしまう。
さて、ワームが現れ、瑛花、可憐、と出撃していくが、何故か零神が出撃できない状態になってしまう。
が、復帰してきた僚平の言葉で発進できる状態になり、デルタロックで見事ワームを撃退する。


エリーゼのソニックダイバーが一機増えただけでおおわらわなのに、今までどうやって4人で整備してたんですかね。
画面に出てこないだけで、実は追浜にももうちょっと整備クルーがいたんでしょうか?

エリーゼの趣味はなかなか可愛いじゃないですか。
あれはあれで和んでいいと思いますよw落ち着かないけどww
怒られちゃったけどずっと肩肘張り詰めてると大変です。
冬后さんは早速釣りポイント探してるし!
副長は無駄にストレスがたまると思います。

10話に引き続き、僚平の整備士としての心意気というか、そこにスポットがあたってました。
意味深なかんじでデッキに立ってたりしたから何事かと思えば、ただの船酔いでこけましたが。
大きな船って、そんなに揺れないイメージがあります。
10時間以上乗るような船で酔いそうになったことってないんですよね。。
あー、寝不足だと酔いますね。
おろされることに納得した僚平に音羽は怒りますが、そんなこと言われてもなぁ。
でも音羽の気持ちも分からなくはないです。
それにしても僚平が来たとたん発進OKって、分かりやすすぎですよ。
最後は痴話げんか。
微笑ましいというか、馬鹿というか。(え。

艦長はやけに豪胆な人みたいです。ワームが迫っても取り乱したりしません。
ところで、ほんの少しのミスが取り返しのつかないことになるってのは、冬后さんのパイロット時代のことでしょうか。
そのうち語ってくれないかな・・・。

なんか緋月さんが黒く演出されてましたね。
でもあの人って、そんな悪い人には見えなかったりします。
緋月さんがうろたえたり挙動不審になったりする日はくるのでしょうか。
あのテのキャラって、やたらそういうところが見たくなりますww悪趣味??
スポンサーサイト
[ 2007/09/30 11:56 ] スカイガールズ | TB(6) | CM(0)

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 25話 感想

死神の見る夢は、黒より暗い暗闇か?

4月に始まったダーカーも、ついに最終回。
感想を書いて終わらせてしまうのが惜しい気もします。
(しかしアニマックスで26話目があるっぽいのは一体・・・)
↑シャナの特番にすりかわってましたorz

葛藤の果てに、黒が選んだ答え。
黒の選択の話であり、霧原さんの選択の話でした。

とりあえず霧原さんから。(おいしいものは後にまわす派w)
彼女は契約者と ともにある、という道を選びました。
お互い付き合い方を覚えれば、共存も可能だと思います。
そういえば公安VS契約者が、1話の黒VS契約者(名前忘れちゃった・・・)の逆バージョンみたいで、ちょっとにやっとしましたw

霧原さんのポケットに入っていたレコーダーは、雨霧の卵のようにアンバーが何かしたんでしょうか。部長を逮捕し、少しでも組織に迫ろうとしていくんでしょうね。
最初に仕掛けたのが組織だ、と掴んだのは大事だったのでは、と思います。
ところで、ドールも契約者に含まれるんですね。意外でした。
彼女の戦いはこれから、ということで。

一方、黒は日本も契約者もいなくならない道を選びました。
最終回にて、衝撃(?)の事実が明かされました。
黒は契約者じゃなかったんですね。
ならば対価を払わないのは当然です。
人間と契約者と、どっちつかずな存在、だから両方選べる、と。
茨の道だと、二度と白に会えないと分かっていながら選ぶのは、黒にとって優しい選択だったのでしょうか。
それは分かりませんが、それでも彼が自分で選んだことだから、尊いものではあると思います。
サブタイの答えは、黒が白やアンバーに別れを告げた後、銀の手を取ることで示された気がします。

物語の構図的には、ヒロインは霧原さんだったみたいですね。
黒的には・・・銀?私はアンバーより銀を推しますw
ところで霧原さんはいつBK201の正体を知ったんでしょうか。前々回?
なんか普通に部長が教えてくれてたりもしそうです。

アンバーは最後に能力を使って、いなくなってしまいました。
予想しなかったわけじゃないですが、物悲しいです。
黒が大人アンバーに別れを告げた後、幼児アンバーが微笑んでいるのが印象的でした。
一番黒と別れたくなかったのはアンバー。
なのに黒の選択を見守ってくれるんですね。

白はずっと黒の中にいた、とのこと。これはどういうこと?
ともかく、そのおかげで黒は能力を使えてたんですね。
対価は、猫のようにもはや払う必要がないんでしょうか。
組織の思惑に最初に気づいたのは白。
合理的な考えのもとで生きているけれど、心はあるのだから傷つくこともあります。
そして黒には気づかれないようにしてたってのが、なんかいじらしいです。
黒は普段仮面をつけていますが、その下ではいつも傷ついていたのでしょうか。
そう思うと、黒もいじらしいw
最後に、黒が本名?を呼んでましたね。シン、でしたか?

ダーカーは脇を固めてるキャラたちがよかったと思います。
もちろん主役も魅力的ですしね?
まず、黄と猫。いやもう、黄がしゃべっただけで泣けますよ。
MADLAXの最終回でエリノアがマーガレット呼んだときも それだけで泣けたw
黒の選択を助けてくれたのは黄、猫、銀です。
ノーベンバーたちも素敵だったし、
霧原さんの部下たちも愛すべき野郎どもです。(棒切れで強行突破は自殺行為ですよw)
あとニックさんがでてきたのも いいなぁと思いました。
なんというか、キャラクターが大事にされてるかんじがします。

すごく静かな終わり方をした、染み入るような作品でした。
[ 2007/09/29 23:12 ] DARKER THAN BLACK | TB(1) | CM(0)

School Days 12話 感想

最終話 School Days

見ちゃった・・・(つд`)
あれは・・・地上波で流すべきじゃないよ・・・!
血の色を変えたとか、全然問題解決になってないよ。

放送中止の知らせから色々とアホな予想をたてたりしましたが、そんなのをあっさり凌駕したすんごい結末でした。

もう一悶着希望とか書いたけど、ええ確かにそれを楽しみにしてたんですが、それでもあれはあんまりな気がします。
ショックが大きいので以下は続きからお願いします。



Read More

[ 2007/09/29 17:20 ] School Days | TB(11) | CM(0)

ぽてまよ 12話 感想

ぽて24 花

前半は少年と母の思い出話。

手紙っていいもんです。
身近な人にこそ書くといいものかもしれませんね。
モリオっていい人。張り手はめっさ強いけどw
手紙も心打つ内容。しかしその手紙を読んでいるのは火葬場。
煙突と煙が残酷です。
両親とも大好きだったからこそ間に合わなかった父が許せないのかもしれません。

でも別に少年が許せない、と思うこともないのかなーとか。
「ごめんな」と謝る父に「馬鹿ね」と返す母。
目を覚ました時泣いてる父とか、なんてことない描写がすごいうまいなーと思います。

朝、父にえるぼ。みかんの言葉はどこいった。

後半。

頭上の花が重いぽてまよがこてっとこけたり、
哉純がみかんの制服を着てたり、(あの後脱がされて見られたんだろうか・・・)
むったんが背負ってるのが石だと判明したり、(鬼畜!!)
京の出現に驚いたぐちゅ子が横のヤツを潰してしまったり、(鼻血ww)
怒ったら用事を忘れてしまったり、
みかん視点ではやっぱりぽては へのへのもへじだったり、
混乱して「ごめよう」とか「おはなさい」とか言ってみたり。

ついにぽてまよとぐちゅ子の花が咲き、二人は空へ浮かびます。
微笑み、一礼します。

そして一斉に花が散って。
母さんね、やっぱり日本が一番好きだな。色んな花が咲いて、散って、また咲いて・・・

少年は静かに涙を流します。
母の時に泣けなかったものが、ゆっくりとかされたような。
みかんはそんな少年をそっと抱きしめます。
哉純ってなんだかんだ言っていいやつですよね。

その日の晩、ぽてとぐちゅ子の快気祝い(?)で、森山家でパーティー。
やたらとタラコ(仮)の声が目立ちます。キモww
少年とみかんはなんだか新婚さんみたいです。

夜遅く、ぽての頭に生えていた種に異変。
朝、新たなイキモノが森山家に出現していました。
ぽてまよはこてんぱんにやられました・・・
一方、ぐちゅ子から発生したモノは生まれたての子犬のようなの。
ここにきて新キャラで、2期を期待しちゃっていいんでしょうか!

わざわざ一日置いたくせに何書きたいんだかよく分からないですが・・・;;
3ヶ月間和ませてもらいました。
正直最初はどうかなー、と思ってたんですが、予想を遥かにこえて面白かったです。
可愛い絵柄なのにブラックでバイオレンスなギャグだったりw
是非続きがみたいですv v
[ 2007/09/27 22:42 ] ぽてまよ | TB(2) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に 12話 感想

皆殺し編 其の七 雛見沢症候群

大石に呼び出された梨花は、鷹野が怪しいという話を聞く。
そのことを入江に話すが、入江は未だ混乱していた。
翌日、沙都子を巻き込まないために、学校を休んで一人でお留守番をする。
そこに小此木から、犯人は入江だ、という電話がくる。
ともかく梨花は、大石に協力をあおぐが、その電話の内容を部活メンバーに聞かれてしまい、ついに真実を話すことにした。
突拍子もない話だったが、仲間は信じてくれた。
しかし、大石が雛見沢へ向かう途中、山狗に殺されてしまう。


無事放送されてホッとしました。やったね。
皆殺し編もいよいよきな臭くなってきました。次で終わりですね。

なにはともあれ今回は
○雛見沢症候群
○東京
の存在が明かされました。いきなりぶっ飛んだ話になりました。
よく信じてくれたなぁ、とか言うのは野暮ですけれど。
映像で見ると読むより陳腐に感じるのは何故でしょう。

あとさり気に色々言ってましたね。
暇潰し編の孫誘拐とか鬼隠し編他の後ろの足音とか。

入江は相変わらず頼りなかったです。
小此木にぴったり張り付かれてても危機だと思わないのが抜けてるというかなんというか。
突発事項に弱いタイプですね。
明らかにトミーの死因が雛見沢症候群なんだからもっと現実的に考えなきゃー。
最後まで混乱してそうです。この編ではさようならイリ―・・・
ところで小此木が「鷹野さん」って言うとなんか違和感です。「三佐」だとしっくりくるかな?

大石さんがお亡くなりになってしまいました。あぁ(泣)
この後祟殺し編でもあった車両ごと行方不明状態になるんですね~。
皆殺し編ではかなり頼もしかったのに。

さて、次回 皆殺し編 其の八 終末
クオリティ高いの期待です。
[ 2007/09/26 13:11 ] ひぐらしのなく頃に | TB(1) | CM(0)

スカイガールズ 12話

さよなら追浜

ついに追浜を離れることになり、基地内は俄かにあわただしくなる。
兄様と離れるので、浮かない顔をしている可憐。
来てもらえば、という音羽の提案で、兄様は追浜に来てくれることになった。しかし待ち合わせ当日、可憐とエリーゼに緊急の出撃命令が下る。
兄様に会うのを楽しみにしていたのを知っているエリーゼは、可憐に帰れというが、可憐は任務を全うする。
結局会えなかったが、手紙を受け取ることができた。
さて。いよいよ攻龍が出航。
緋月さんは囮としても考えているよう。どうなることやら。


半月ぶりに書いたので、勘が鈍ってる気がします。
前回はうっかり寝過ごしたので、いつのまにかエリーゼが馴染んでて驚きでした。
いえ、内容は感想読んだりして知ってましたがww
エリーゼのソニックダイバーの名前が分かりません。ドイツ語(?)って舌かみそうです。

とうとう兄様が登場。
後姿だけでしたがすらっとした人でしたね。
ごつかったらどうしよう、とか思ってましたが杞憂に終わりましたw
それにしても愛あふれる兄妹です。
きっと可憐とは一回りくらい違って、ここまで育てたのは兄様なんですよ。
手紙の内容が父親みたいです。
可憐泣いちゃった。立派になったなぁとか思っちゃうのです。

エリーゼはツンデレってよりおこちゃまってかんじがします。
基本的にいいやつですし、意外と素直でなんか可愛いですね。
可憐に帰るようすすめたのは、やっぱり自分も家族と会えたら嬉しいからでしょうね。
お風呂場ではつんつんしてましたが、ワームにやられた模様。
暗いことを呟いていました。
おじいちゃんっていうのは多分大戸さん。
なんとなく大戸さんは独りもんっぽいので、突然エリーゼにおじいちゃん、なんて呼ばれたらこっそり笑み崩れそうです。

攻龍の艦長と副長は退役軍人。つまりおじいちゃん。
艦長は人格者で、副長は(音羽たちから見れば)嫌な人。
でも実はいい人、って展開じゃないかと。
緋月さん、囮にしといて自分は乗らないってひどいっすねww

3人娘もだんだん頼もしくなってきた気がします。
瑛花はすっかりいいお姉さん。ツンデレはエリーゼに奪われたからね。
音羽の弟はこの先本格的にからんでくるんでしょうか。
これまで以上にワームとの戦闘が激しくなるなか、どんな展開を見せるんでしょう。

ところで、人類が江戸時代くらいの生活に戻ればワームは襲ってこないんでしょうね。
まぁ、今更無理ですが。
[ 2007/09/24 23:59 ] スカイガールズ | TB(3) | CM(0)

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 24話 感想

流星雨

サブタイ通りというか、たくさんお亡くなりになりましたね・・・。


9・10話だけのゲストキャラだと思っていたのに。
黒・銀・猫をゲートへと連れて行き、壁の真下まで来た所で黒に戦闘を挑みます。
もちろん黒が勝つわけですが、ものすごい人間くささを見せて逝きました。
負けることが分かっていてもなお黒に挑まなければならない、という非合理的考え。
屈辱、というのが契約者らしくないとうのなら、執着もまた、契約者らしくないです。
何か特定のものに執着するっていうのは、合理的ではないですよね?
思えば黒の部屋って何もないです。

とにかく、最後の力を使って壁を壊し、黒たちをゲートの中に浸入させました。
別に好きではなかったけど、いい味だしてたなーと思います。

霧原さん
前回なにやら吹っ切れたらしい彼女はパンドラへ行き、そこで「真実」を知ります。
・・・えっと、真実ってなんだろ。
あれかな、パンドラと「組織」はつながっていて、なおかつそれは各国の権力者や諜報機関と通じている、ってやつ?
直属の上司もその一員であり、自分も歯車として組み込まれていた。
これは嫌ですね・・・。裏側は知らない方が幸せ、とか。

「大人になれ」と言われたけれど、納得してなさそうなので、次回何かやらかしてくれるんではないでしょうか。
ノーベンバーの言葉がよみがえる。

ゲート
地獄門と天国門は表裏一体。片方を消すともう片方も消滅する。
そしてゲートが消滅すれば契約者は溶けて消える。
ところで何をどう実験して分かったんですかね?
「組織」がゲートをツイショウメツ(って何?)できるのも、黒(+アンバー?)が東京エクスプロージョンを起こせるのも、大黒斑が最大になる30分間だけ。
30分を巡っての攻防、というか、もはやEPRやばくないですか?
サターンリングはスペアがあったし。
そういえば忘れた頃に柏木舞 再登場でしたね。でも不憫な子だ・・・。
えーと、ここまできたら「組織」と黒、どっちが早く行動を起こすか、にかかってくるんでしょうか。

そもそもゲートを消滅させるのは、契約者を消すためです。
何故かっていうと、契約者は危険だから。
でも 今まで他ならぬ「組織」が、普通の人間が、契約者を使ってきたんですよね。
自分のためだけに能力を使った契約者ってそこまで多くないような気もするんですが・・・。



さて。黒、銀、猫はゲート内に浸入します。
EPRがドールをたくさん集めていたのは、黒たちをアンバーの所へ案内するためだったようです。
アンバーは その能力と、二重スパイをやっていたから情報が多かった(?)おかげで、組織の計画を知ってしまい、5年前から色々やっているんでしょうか。
アンバーと当時のBK201・・恐らく白が南米消失を引き起こしたのでしょう。
やっぱり黒は白の能力を受け継いだとみてよさそうです。

今回猫がいなくなってしまいました(つд`)
パンドラの論文漁ってる時に切られたのが原因だと思います。
少しずつ欠けていくのはすごく悲しいです。せめて銀だけは最後まで一緒にいて。
でもなんだか目に浮かぶようです。猫によく似た黒猫が黒と銀のもとを訪れ、2人がその黒猫にカリカリじゃない餌をあげる姿が。
ゲートから無事に出られるかは不明ですが。

博士のせいで観測霊が消えてしまいます。
でも銀が無事黒をアンバーのところまで導きました。
猫が教えてくれた論文・・・、あれって、ドール一人でもゲートに干渉することは可能ってことですよね。既にゲート内にいる銀なら、そんなに苦痛はないのかも、とか思ったりしました。
銀も黒もあんまり表情動かないけど結構気持ちって伝わってきますよね・・・。
関係ないけど、地下鉄に降りる時に銀を抱きとめたり、黒と銀の関係も気になります。

ついにゲートの中心地、アンバーのいる場所に辿り着いた黒と銀。
アンバーが幼児になっていました。
雨霧は結局お亡くなりになりましたが、助けるため(?)にゆで卵に細工をしていました。他の仲間にも同じことをしていたのかもしれません。
これで東京エクスプロージョンを起こしたら、アンバーはどうなってしまうのでしょう。
え、アンバーも能力使わないと起こせないと思ってたんですが、黒だけでもいけるのかな。
赤ちゃんになって黒が育てるとか、色々妄想してるんですがww

ついに次回は最終回です。名残惜しい。
5年前、何があったのか、白はどうなったのかが語られるはずです。
そして、黒は、銀は、アンバーはどうなるのでしょう。
どうか、幸せな未来を迎えられるように。

来春出る予定のDVD最終巻に、新作エピソードが特典でつく、ってメルマガに書いてあった気がするのですが。
半年待てと言うのか・・・。なーまーごーろーしー。



Read More

[ 2007/09/23 19:57 ] DARKER THAN BLACK | TB(2) | CM(0)

シュラバ☆

昨日は母と片付けしてました。
全ては今朝の消防点検のため。
徹夜はキツイっすよ。なのにまだ汚いですよ(つд`)ナンデー

でもこのまま勢いをつけて片付けてしまいたいです。
じゃないとパソコン置くスペース確保できないんですよねっ!
しかし電気製品多くなると電磁波渦巻きそうです。ぐるぐる。

全く関係ないですがゲームショウでしたねー。
行きたかったです。
ところでMSNのニュースにコスプレの記事がありました。
ゲームではFF7や、戦国BASARA、無双のキャラが人気で、アニメだとナルトやブリーチも根強かったそうな。
しかし何故か写真はドラクエ4ww
[ 2007/09/23 17:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

School Days 最終回

放送中止ってマジですか・・・・・!

今期ある意味最も楽しみにしていたアニメなのに・・・!!
しかし中止ってことはやっぱりヤバいシーンがあったんですね。
某ニュースサイトでばっちり書いてました。
女子高生による○人、って。
血の色とか配慮していたらしいのですが、残念です。
ひぐらしも放送見合わせってあったんですが・・・ええぇー。

ここで終わったらつまらんので、せっかくだから予想でもたててみました。

①世界の場合。
クリスマスをラブラブで過ごす誠と言葉。
そのことを知った世界は激しく嫉妬。
誠には「お前、面倒くさいんだよ」言葉には「誠君の彼女は私なんですよ」とか言われて暴走。
言葉の目の前で誠を・・・

とかね。一応これが本命です。

②言葉の場合。
前回正気に戻ったものの、世界の妊娠を知り再び黒言葉様降臨。
多分オカシクなってたから学校の噂なんて耳に入ってなかったと思うのです。
既成事実を盾に誠に近づく世界を・・・

前回のは騙されやすい視聴者(主に私とかw)に仕掛けられた罠だったというパターン。
これは次点なんですが、言葉が暴走する方が画面が派手になりそうなのでこっちも推したいw
ちなみに妊娠を知っても降臨せず、世界に「誠君が本当に選んだのは私です」とかいうことで①に派生することも。

以下は悪ノリの産物。

③何故か誠の場合。
言葉とラブラブしていたせいで世界には愛想を尽かされる。
一方言葉も、世界の妊娠を知り誠に別れを告げる。
そして誠発狂。あるいは廃人でも可。
ともあれ、暴走した誠は手当たり次第女性を毒牙に・・・

見たくねぇ・・・。
誠の場合「暴走」の意味合いが違いそうです。

④③の派生形。おぷしょん百合。
誠に別れを告げた世界と言葉は、(何故か)協力して子どもを育てることに。
世界「私には、もう桂さん、ううん、言葉しかいないのっ!」
言葉「信頼できる人は、西園寺さんだけです・・・!」
ひしっ。

ありえねーww

⑤刹那による回想。
「伊藤は約束を守ってくれてると信じてた。だけど・・・・」
とかいう刹那のナレーションからスタートw
世界と言葉の嫉妬による争いは泥沼展開になり、今では3人とも写真の中の人・・・

怖。最悪のパターンです。

⑥澤永さん、出番ですよ。
なんだかよく分からない活躍しかしなかった澤永。
彼は一度関係をもったにもかかわらず邪険に扱われた過去がトラウマとなり、女性不信に。
誠はことごとく振られて女性に興味を無くしてしまった。
そして始まる二人のイケナイセカイ。

これが一番見たくないww
まぁ、二人とも人気なさそうなので特に需要もないと思われます。

⑦とんびに油揚げをさらわれた。
誠は世界のことがうっとうしくなった。
言葉に乗り換えようとしたが、彼女は奥手そうに見えて初めてじゃなかった。
なんだか二人とも嫌になった誠の前に、見知らぬ女性があらわれる。
誠はその女性におぼれ、見事ゴールイン。あれ?

別に光とか乙女とかでもいいんだけど、前回の展開的にはなさそうなので。
ていうかこれだと丸くおさまりませんか?

本当は10個書きたかったのですが、そろそろネタ切れww
[ 2007/09/21 18:53 ] School Days | TB(0) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に解 11話

皆殺し編 其の六 強い意志

凹んでいるのでさらっといきます。

今回の出来事
○沙都子救出
○綿流し
○黒幕・鷹野

鉄平帰宅という最悪の目を回避した部活メンバー。
よく言ったよ沙都子!(つд`)
とはいえ沙都子の説得はもうちょっと丁寧にやって欲しかった、というのが本音だったりします。
それでも梨花ちゃんと抱き合ったところはほろりときました。
詩音とも なにかあって欲しかったんだけどー。頭なでなで、とかー?

やっぱり綿流しは全員揃ってこそ、ですね。
富竹と鷹野に注意をするけど聞き入れてもらえず。その代わり大石さんが聞いてくれました。
大石さんの捜査理念があまりにさっくり流されててちょっとショックでしたw
大石さんはいい人ですよー!ねっ!(何アピってんだ・・・

さて、ついに黒幕が誰か明かされました。
鷹野妖しさ大爆発。
・・・顔を赤らめてる場合じゃないだろうよ、富竹。
哀れ富竹は時報を鳴らして去っていきました。
入江は死因が分かるので混乱していました。
イリ―頼りねぇw
[ 2007/09/19 22:22 ] ひぐらしのなく頃に | TB(2) | CM(0)

ぽてまよ 11話 感想

ぽて22 つぼみの気持ち

とまりの祖父の家に遊びに来たとまり&ぽてまよ。
一緒にとうもろこしを収穫するのだが、そこにぐちゅ子があらわれて・・。


ぽてまよの頭上の植物(?)がつぼみになてました。
ぐちゅ子もまだつぼみのまま・・・と思ったら、やっぱりぐちゅ子の方が大きいんですね。
さて、ぐちゅ子はとうもろこし泥棒をしてました。
京の言葉を思い出せ、と盗みをやめさせようとするとまり。
・・・何を思い出してるんだ?ww
京そっくりです。

一応説得に成功したようで、とうもろこしを返します。
えっと、全部で9個、だったかな。
一体どこにおさまっていたのやら、他にも青大将や蟹まで。
そのうち京の母とか出てきそうです。

意外とぐちゅ子はいい奴であった、のか?
頭上の植物は嬉しいと大きくなるんでしょうか。
ぐちゅ子は京に礼を言われてでした。ぽてまよは・・・なんだっけ?(オイ

つぼみといえば、ある意味 とまり もつぼみと言えますよね。
とうもろこしを哉純にプレゼントしますが、・・・売る気デスカー!
ちゃんと食べてあげて、照れ隠し(?)で誰にもらったか言わないところがなんか可愛いなーと思いました。
って。やっぱ売ってんじゃねーかww

ぽて23 かあさんのこと

亡くなった母の誕生日にも帰ってこなかった父に対して、森山少年はすねています。


あれは単にすねているだけかと。
父が帰ってこなかったのは誕生日プレゼントを探していたからなのですが。
でも、女性に対するプレゼントなのに何故にアレなんですか・・・。どうやって使えと。

理由も聞かずに父を無視している少年にみかんが一喝します。
父に甘えているからこそ取れる態度ですが、確かにあまりよろしくないです。
そして父との関係がちょっと好転?
きちっと叱ってくれるみかんは良い子ですねぇ。
謝った少年の肩に父がそっと手を乗せるところに、あの親子の絆を見た気がしました。
やっぱり父は父だった。

一方みかんは頭ごなしに少年に怒鳴ってしまったことを悔やんでいるようです。
哉純がたらいとかのっけても華麗にスルー。
むしろ私はナチュラルに風呂場にいる哉純にびっくりでした。

森山家伝統の熱すぎるホットミルクで団欒タイム。
ついに みかん父公認。 お主、やりおるな。(何が
まぁ、ぽては最初から無理ですよね~。ははは。
夜は3人(?)で川の字。
うっかり父を殴ってしまった少年ですが・・・。なんて棒読みwww
父懲りないなぁ。それでこそ父。

次回・最終回。 ぽて24 花
えっ。ぽてまよって1クールだったの?!
[ 2007/09/19 19:37 ] ぽてまよ | TB(3) | CM(0)

ショッカー

20070917180807
イ―ッ!
[ 2007/09/17 18:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

School Days 11話 感想

みんなの誠

刹那の転校でふさぎこんでしまった世界のために誠を連れ出そうとして、誠と関係を持ってしまう光。世界がいないのをいいことに、誠は色々な女の子と遊んでいた模様。
世界は誠の子どもを身ごもっていた。
そして、久しぶりに学校に来た世界は誠にそのことを告げるが、誠は責任をとろうとしない。
あっという間に噂は学校に広まり、誠と遊んでいた女子は距離をとろうとする。
乙女もまた、誠から離れていった。
そんな自業自得な誠の前に、偶然言葉があらわれる。
誠は言葉の様子がおかしいことに気づき、そんな誠のせいで言葉は正気に戻った。


もう私はどうすればいいのか。(どうもしなくていいから。)
アバンからとばしてきました。

誠→いい気味ww
世界がいなくなったとたん遊びまくりて。
世界が好きだから付き合ってたのか、させてくれるから付き合ってたのか。
後者であることが露呈しました。今まではギリギリグレーだったのに(そうか?
最後は、感動とは程遠い心境でみてましたが、本当に奴は改心したのでしょうか。
人間 窮地に追い込まれると本性を表すといいますか、つまり誠は無責任でどうしようもない奴だ、と。責任とれないようなことするなよ。
ま、今更ですが。
昔はそうじゃなかった、というのは、前はうまいこと隠せてただけなんじゃないかと。
そんな簡単に変われるもんじゃないですが、どうでしょうね。

世界→祝・ご懐妊
いや、避妊しようよ。
学祭あたりからクリスマス近くまでだから、多分2、3か月こもってたんですね。
すごいです。何がって、それが許される環境が。
子どものことを受け入れたら一転、ポジティブになりました。
すごく時間はかかったけど、一人で立ち直ったので、彼女にしては頑張ったと思います。
やっぱり世界は明るくしてる方が好きです。

光→ありえないだろ・・・
世界を気遣う立場なのに、なんで誠とそんなことに。
ところで、はだけた胸元よりおろした髪の毛に色気を感じました。
普段きっちり結ってる子が髪おろしてると、妙にドキドキしませんか?w

乙女→英断。
打ち上げの日からイラついてるってのは、世界に知られたからでしょうね。
誠がはぶられた後なのに家に行ったのは、直接世界とのことを聞きたかったからですよね。
ほとんどが噂だけで離れていったのにそうじゃなかったってのが、彼女の愛情の証。
誠の返答次第では、関係が続いたかもしれないです。誠アホ丸出し。

その他→七海とバスケ部の女子3人
乙女とか他の女の子のことは噂になってないっぽかったので、あの打ち上げのターゲットは七海だったのでしょう。あぁ陰湿。
「負けてられない」ということで誠と関係を持つ3人は、正直意味不明。

言葉→大トリ(ラスボス)
つながってない電話と会話したり、電源入ってないのに喋ってたりする描写は本当に怖かったです。
が、正気に戻りました。黒言葉様不発。 ちっ つまらん。 ←ひどい。
誠のおかげとは思いたくないので誠のせいてことでー。
いや、言葉には幸せになってほしいのだけども。
正気に戻った言葉と、世界が面倒くさくなった誠はクリスマスを一緒に過ごす可能性が高いです。
こうなったら、言葉に無邪気さと残酷さは紙一重のキツーイ一言で世界を挑発して欲しいです。
だってこのまま終わったら面白くないもーん。
もう一悶着希望ですww

次回、最終話「School Days」
普通~の学生生活とは縁遠くなった主人公達。
どんな結末が待っているのでしょう。納得できる展開だといいんだけど。
一回この記事吹っ飛んで泣きそうになりましたよ。
[ 2007/09/15 18:30 ] School Days | TB(2) | CM(0)

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 23話 感想

神は天にいまし・・・

星の思い出調査
自由研究は自分でやりましょう。
みんな血反吐はきながら頑張ってるんだヨ!(そうか?

普段語らないけれど、人それぞれにあるようで。
今が不安だから過去の思い出にすがってるって言ったの誰だっけ。
偽りの星を全て消せば本当の星空を取り戻せるって、実はちょっと納得してしまったんですけど暴論ですね。

霧原さんとデート
誰がなんと言おうとアレはデートw
オバサン扱いでしたが、キコも外見の割に年くってるから人のことは言えないと思うよ☆
とにかく、迷っていた霧原さんの背中を押すことになったみたいです。
これで最終的な局面にも参加してくれるでしょう。
李瞬生=BK201だと知る時がくるのでしょうか。
その時黒を支える一人になってくれるといいです。


ずっと謎でしたが彼女も契約者だったんですね。
状況から察するに、白の能力も黒と同じく電気をあやつる、というものみたいです。
黒と能力が同じ、というより黒に能力が移った、とか?
メシエコードが分かれば生死だけでも確かめられるのに。
なんとなく、黒は白に会えない気がします。ま、会えたら良かったねってことで。
対価は眠ることらしいので、5年前からずっと眠っているのかもしれません。


アンバーは黒のことが好きだからEPRに引き入れようとしていたわけではなく(それもあるかなーとは思いますが)、物理的に必要だったんですね。
前回の光が、南米ゲート消失の時と同じ光だった、と。
なんていうか、共鳴みたいでした。
東京のゲート消失(?)のために、アンバーはもう一度、多分最後じゃないかと思うのですが、能力を使うんじゃないかと。
アルマのように、最後の対価を払って死んでしまい(アンバーの場合なんか消えそう)、それが彼女の解放の時だった、っていうのは悲しすぎです。
ここで「黒は対価を払っていない」ということが生きてくるのか、
それとも逆に黒がこれまでの対価を一気に払うはめになる、なんて可能性もアリですか・・・?

正直黒が死んじゃうより黄が死んじゃう方が堪えるんですがww
組織が黒たちを切り捨てるのは早急なんじゃないかとも思いました。
だってあの場には他にも契約者はいたんだし、能力使ってたんだし、前回の光が黒が引き起こしたものだってするには確証が足りないですもの。
でも不安要素は排除すべし、ってのと、これまでのが積もり積もってなんでしょうねぇ・・・。
どうせ契約者は消すのだから問題ないってことかもしれません。
で、車撃たれてたし、もしかして銃弾が黄に当ってたりするんじゃなかろうか、と。
「怪我してるの?見せて!」みたいなww

人々は本当の星空を求めて空を見ます。
もう朝までに決着はつくでしょう。
ここは、人々の見てる前で本当の星空が戻ってきた、っていうかんじになるかなーと思うのですが・・・。
ゲート消失にともなって東京も消滅、星空を夢見る人たちを丸ごと飲み込んだっていう結末にはさすがにならんと思うのですよ。暗すぎる。
・・・でもタイトルはDARKER THAN BLACK。

こうやって書いてると先が気になってしょうがないです。
かえって前後編の方がストレスたまらなかったかもしれませんね。
次の週で話が一段落しますから。
あと2話、ですかね。できるなら幸福な結末を。
[ 2007/09/15 17:01 ] DARKER THAN BLACK | TB(2) | CM(0)

ぽてまよ 10話 感想

ぽて20 水無月に雨ふるふる

梅雨。しとしとと雨が降ります。
ぽてまよは雨にはしゃぎますが・・・。


森山少年「もうすぐ、夏が来るんだな・・・」
気持ちいいくらい季節感無視です。ありがとう!(何が

雨に濡れるのは結構気持ちいいですよね。
たまに雨にあたりたい気分になりますよ。子どもでもおっさんでもなくても。
制服が雨に透けるのはなかなかせくしーですが、・・・。
まぁ、たらこ(仮)がどちらかといえば変態寄り、というのは今更です。
どちらかって、変態>もーほーってことです・・・・。

さて、そんなたらこ(仮)に熱烈に思われている無道に異変?
ねねのことを可愛いと思ったりしちゃいます。
強烈にえむなんですねぇ。

前回京の父が作ったおうちは一応活用されました。
ま、使ってくれてよかったんでないですかねー。

ぽて21 若葉のころ

ある日目が覚めたら、ぽてまよの頭に双葉が生えていました。


ぐちゅ子は三つ葉でした。頭の脇についてる奴に笑われた!
対抗意識を燃やしたぽてまよは、立派に育てようとして特訓?します。
結局京の3つめのポイントって一体。
とりあえず、鵜呑みにしてはいけないww

少年とぽてまよとトリの関係ってなんだか不思議です。
後 頼まれちゃってるし。
しかし少年を放ってぽてと帰ってるしな。

にしてもウツボカズラをチョイスするとは。なかなか渋いですね・・・!(そうか?
みかんも美しいウツボカズラになれるといいですね~w

特訓?の成果か、翌朝ぽてまよの双葉は三つ葉に。
が、ぐちゅ子は既につぼみになっていました。勝ち誇った顔されたよ!
脇の奴(ツノ??)の謎は深まるばかりです。
ぽてがつぼみになる頃には、ぐちゅ子のは咲いてそうです。
きっといつまでも追いつけないw
[ 2007/09/12 18:30 ] ぽてまよ | TB(2) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に 10話 感想

皆殺し編 其の伍 対決

綿流しのお祭の打ち合わせにきていた圭一は、校長と知恵先生に呼び出され、陳情を取りやめにするように言われる。
それは雛見沢町会お役所と癒着して、圧力をかけているからだった。
圭一は町会の老人達を説得し、お魎の了解が取れれば味方になってくれることになった。
そして迎えるお魎との直接対決。
お魎の迫力にも負けず、部活メンバーは沙都子を助けて欲しいと頼み、協力を取り付ける。
翌日の陳情には、雛見沢だけでなく興宮の人も駆けつけてくれ、大人数で児童相談所に詰め掛けた。
その頃沙都子は、鉄平に暴力を受けながらも悟史の部屋を守ろうとしていた。
大石が登場し解散を促すが、園崎家の強力なバックアップによって所長との面会にこぎつけ、北条家に電話をかけるのだった。


えっと・・・展開早くない?
老人説得&お魎と対決の流れがあっという間で、なにがなんだかなことになっていた気がします。
私が原作プレイヤーだから物足りなく感じただけなのかもしれませんが・・
アニメだけ視聴の人はどうだったんでしょ。

今回も圭ちゃんは頑張ってます。口先の魔術師の真骨頂ですよね。
レナってやっぱり敵に回すと怖い人です。
お魎の機嫌もあっさり見抜くし、けじめを逆手にとって園崎家にもとらせようとするし。
ぷちカタルシスです。レナ好きv v

大石さんが何しに来たか微妙でした。
にしても園崎家の力ってすごいですねぇ。
本気で鬼隠しとかできるんじゃないですかね・・・。

沙都子は一人で健気に戦っています。
しかしレナ曰く、もう危ないとのこと。これは過去の記憶のせい、ですね。
もう痣とか見えるところにあるんだから沙都子が助けを求めなくてもいけるんじゃなかろうか。
だけど沙都子が変わらなければ、手を伸ばさなければ結局は変わらないんでしょうね。
来週が待ち遠しくてうずうずしますw

30分で途切れてしまうのがちょっともったいなかったです。
沙都子を見事助け出すまで見たかった。
[ 2007/09/12 17:57 ] ひぐらしのなく頃に | TB(1) | CM(0)

月追いの都市

tsukioi.jpg
うーん 分かりづらい。

ここ最近私の頭の中をいっぱいにしていたものです。
霜月はるかさんのサークル、t i e L e a f のコミック+CDのコラボ作品、月追いの都市、ですv
ずっと欲しかったんですよー。

なんてーか、いつもより妄想3割増、というかw
奥行きと色がついた感じ?
なんのこっちゃ。

ネタバレ?になるかもなので、以下は続きで。



Read More

[ 2007/09/11 22:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

School Days 10話 感想

心と体

前回のポカ―(・Д・)―ンを軽く凌駕した内容に驚きです。

誠はもうやりたい放題です。文字通りw
誰か誠に制裁をww
最後、何しに空港まで行ったのでしょう。
そして言葉ふるのにもうちょっとセリフ選べ。
でも誠に対して色々考えるのは無意味だと思います。

というわけで今回1番殴られて欲しかったのは澤永。
あの勘違いっぷりは寒いです。
というか正直キモいです。悪いけど。

ついに刹那は旅立ってしまいました。
あのキスはいなくなるからこその強気なのかな。愕然(笑)
世界が心配なのは分かるけど、本当に誠でいいのか!
やっぱり刹那は世界を甘やかしすぎだと思います。
あの場面で「好きにしていい」って言われて本当に好きにしちゃったら誠は相当鬼畜ですね。
でもやったんだろうなぁ。

女バスの打ち上げにて休憩室のビデオが暴露されました。
犯罪じゃない?
乙女との浮気も暴露。
でもこれはこれで乙女に有利にコトが進んだりしないんでしょうか。

世界は浮気(?)に怒ってますが、自分だって同じことしてるんですから同情とかはないですね。
馬鹿ップルぶりを見せつけたりしたからもういいんじゃない、とか。
特に世界に対して思うことがないです…。

とうとう噂の言葉が降臨しました。
次回からがとっても楽しみですw
世界も遅かれ早かれターゲットになるでしょうが、とりあえず今回は刹那だった模様。
肩透かしくらう羽目になりますが、次回からどう動くんでしょう。

これだけたくさん手を出しまくって、一体どういう結末にするのでしょうか。
ここまで来たら思う存分暴れて欲しかったりするんですがね~。
[ 2007/09/09 00:01 ] School Days | TB(1) | CM(0)

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 22話 感想

粛清の街は涙に濡れて・・・後編

前回の意味深な予告。そして囚われの猫の運命は!?(笑)

ノーベンバー11
・・・前回の予告からなんとなくそうかなって思ってたので、そこまでショックは受けませんでした。
しかし考えてみるとこの人好きだったなぁ・・・。
前回の行動は霧原さんを誘ってるようにしか見えませんでしたがさて。
今回の彼の行動は、合理的な行動、といえるのでしょうか。
自分が死ぬと分かっていてもなお、とる必要のある行動だったのか。
煙草の火が血で消えるのは、かなりグッときました。

ディケイドは、顔を覚えたところだったのに即退場でしたよww

EPRの目的
契約者が消されないようにするため、だそうです?
MI6も黒たちの組織も契約者を消そうとしていたみたい?
黄は下っ端なので知らなかったんですね。
う・・今回ビデオとってなかったから色々うろ覚えですorz 最近やたら眠いんです・・。


吹いたww
今更本物の猫のふりもどーよ。
OPでは銀に抱かれ、今回はアンバーの膝の上。羨ましい奴。


黄の話の時もそうでしたが「黒」であるにもかかわらず柔らかく微笑んでいたのに驚きです。
そしてアンバーがからむと感情的になり、冷静に、客観的に物事を見れなくなってしまいます。
銀がアンバーの肩を持とうが知ったこっちゃなさそうです。にやにや。


ついに今回で前後編の構成は終わり。
いよいよラストに向けて話が進んでいくようです。
4月から見てたアニメってダーカーだけなので名残おしいです。
それにしても気になることはてんこもりなので、ちゃんと消化して欲しいですね。
天国門は干渉できないけど存在しているって、かなり重要そう?
[ 2007/09/07 22:13 ] DARKER THAN BLACK | TB(1) | CM(0)

たまってたビデオ消化その2~ひぐらし8話&9話

ひぐらしはカテゴリを分けてたので。

皆殺し編 其の参 揺らぎ 其の四 交渉

最悪!てっぺい☆が帰ってきちゃった!!
山狗に助けを求めるも、断られて梨花ちゃまご乱心。
入江と鷹野にすごいこと言っちゃいます。
またしても諦めモード突入で、沙都子を心配するみんなにも冷めた態度をとります。
詩音が鉄平を排除しようとするが、圭一がそれを止める。
さて、圭一発案の沙都子を助ける方法とは、児童相談所に訴えるという正攻法。
手ごたえがなかったが、梨花の願いによって部活メンバーはやる気を取り戻す。

翌日、クラスを総動員して陳情に行く。
やはり手ごたえはなく、その後大石からの警告を受けるも、さらに翌日 亀田君やエンジェルモートの面々、診療所の3人組などを巻き込んで陳情に向かう。
久しぶりに学校へやってきた沙都子はもう危険な状態だった。
そしてついに梨花が、傍観者の立場から舞台へ上がる決意をする。


3行目のテンションは何?

詩音を圭ちゃんが止めるあたり、レナが素で彼女に見えましたw
いや、私は強いて言えば圭レナ派なのでいいんですけどね。
なんかこう、見せつけんじゃねーよ、みたいな・・・。(心が狭いよ)
彼女もちと旅行に行くもんじゃないです。

3日目、つきあってくれた入江たち。
富竹・・さも梨花ちゃまご乱心の現場に居合わせたような態度でしたが あなたいませんでしたよ。
亀田君よ・・・あの説得で納得しちゃうんですかい。

今まで梨花ちゃんがぐらぐらしてて こっちもハラハラでしたが、ようやく安心して見れそうです。
幸運に後押しされての決意ではないから、覚悟の深さが違いますよね。
覚悟決めた表情も美しいけど、やっぱ泣き顔はかわいいなぁ。

あんまし話は進んでないです。次回は動くことを期待です。
それにしても赤坂ってば使えない奴。
[ 2007/09/07 20:55 ] ひぐらしのなく頃に | TB(0) | CM(0)

たまってたビデオ消化

合宿中取りだめしてたビデオの感想です。
しかし他のことで頭がいっぱいなため、手短に済まそうかと・・(オイ

スカイガールズ 8話
温泉にやってきた追浜基地若手マイナス七恵さんプラスおっさん一人。
いくら招待されたからって、土砂崩れの現場を横目にのんきに温泉~♪ってのはいかがなものか、とか思っちゃうんですが・・・。

さて、とうとう3人にワームと戦わなければならないことが告げられます。
その時の音羽の反応が、弟のこととか絡んでそうでちょっと期待。

オチはいつものノリでした。
あーゆーのは、見ちゃう原因を作った人じゃなくて、見ちゃった人が全面的に悪いと決まっているのですww
・・・・七恵さんにフラグがたったような気がするのは気のせいですか?気のせいであってくれ。

ぽてまよ 8話
―・・・・野球中継延長のため 1時間30分繰り下げて放送しています・・・・―
バカヤロー!!
野球は好きなんですが。

School Days 9話
なんか・・あいた口が塞がりません・・・。

ケーキ作ってるときの誠は完璧中年親父でした。
言葉からのメールを見て走り出した時はちょこっと期待したんですが、乙女につかまって挙句・・・。
全く。ちょっとでも誠に期待した私が馬鹿でした。悔しい。

世界はすっかり誠の彼女気取り。
刹那の想いや乙女との出来事を知らないって幸せです。
あえて知ろうとしてないって気もしますが。

乙女ってすごい名前ですよね。30過ぎくらいから辛くなりそう。
押し倒しちゃう方もどうかと思いますが、受け入れちゃうのもひどいです。

さあ言葉。
頑なに、誠の彼女は自分、と言い続ける姿は健気というより恐ろしいです。ついでに愚かしい。
鬼気迫る様子になってきて、いじめっ子達もたじたじです。このまま突っ走ってしまえ!
あれ、最後、澤永に押し倒され・・た・・?

ますます混沌としていきそうな展開に目が離せませんねww

スカイガールズ 9話
シミュレーションでワームとの戦闘を練習していき、ついにワームと実際に戦う日がやってきました。

可憐は覚悟を決めたら強いタイプですね。
ワームの攻撃を撃ち落とした時はしびれました。
デルタロックを発動する際、ソニックダイバーの形が変わりますが、ロボットアニメに夢中になる少年の気持ちが分かった気がします。
いや、燃えるね!!

可憐が、たくみの言葉によってもう一度立ち上がるところは清々しくてよかったです。
ところで、兄様への手紙は軍事機密とか大丈夫なんでしょうか。
[ 2007/09/06 17:25 ] スカイガールズ | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。