箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々
月別アーカイブ  [ 2007年10月 ] 

≪ prev |  2007年10月  | next ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に解 17話 感想

祭囃し編 其の四 謀略

祭囃し編4話目、というか過去話4話目、といったかんじがしてきました。
今回は
○2年目の祟りの真相
○3年目の祟りが起こった経緯
○大災害への道(やな道だ・・・)
という内容でした。

2年目の「悲劇」の真相は悲しいものがあります。
今後どう向き合っていくのでしょうか。できればちゃんと向き合って乗り越えて欲しいです。
鉄平兄って穏やかな顔してれば普通の人に見えますね。

L5発症の沙都子を救おうという梨花ちゃんと入江の掛け合いは良かったです。
医療といっても人間の心は大事ですよね。
入江の過去もちらっと、本当にちらっと出てきました。

3年目の祟りは梨花ちゃんのパパンとママン。
梨花ちゃんは母親似ですね。なんかママの巫女姿を妄想してみたりw
さっくりと祟りが起こされててびっくりしました。
ちょw鷹野超マッドww いや、最初から祟りにしてしまおうとしてたんじゃないよ!

勝ち誇っちゃってる鷹野に告げられる悲報。
小泉先生が亡くなり、それにともない入江機関の研究は3年後に打ち切られることになりました。
梨花ちゃん死亡後48時間以内に村人が急性発症する、というおじいちゃんの資料(きっと手書きだよ)の扱いががらっと変わるのは本当こっちまで切なくなります。

打ちひしがれ、雨の中とぼとぼと歩く鷹野。
そんな彼女に1人の女性が声をかけます。
祭囃し編はCパート入るのが基本みたいですね。
さて、いかにも悪そうなお姉さま、といったかんじの人です。
あからさまに利用しようとしているのが見え見えです。
鷹野もそれを承知の上で手を組みましたが、傷心の鷹野の傷につけこんでうまいこと口車に乗せたかんじ。
悪そうな人が現れなければ大災害も起きなかったので、鷹野もそこまで悪い人じゃなかったのかも、とか思いません?
まぁ、結局破滅を選んだ鷹野に同情の余地はない、とも言えますが。

さぁ、いよいよ昭和58年が近づいてきます。
最近めっきり出番がなかった圭ちゃんやレナもようやく出てきますよー。
長かった・・・!
スポンサーサイト
[ 2007/10/30 22:40 ] ひぐらしのなく頃に | TB(16) | CM(0)

スカイガールズ 17話 感想

南の島のスカイガールズ

初っ端からワームとの戦闘です。
今回のワームは電気ウナギ。
そいつの電気のせいでソニックダイバー隊は無人島に漂着することになってしまいました。

そうして始まるサバイバル生活。
音羽はかなり満喫してます。やけにサバイバルに強いです。
可憐は真面目に頭を使ってくれました。
いや、前は七恵さんの胸のでかさを計算するために使ってたので・・・。
エリーゼはのんきなサバイバル生活に焦りを感じ、瑛花はリーダーであろうと頑張ってました。
んーー。瑛花とエリーゼが絡むとどうしても音羽と可憐が薄くなってしまうのでしょうか。

ソニックダイバーって便利ですね。
ガションガション動く姿はなんだか可愛いです。
ロープはどこから調達したんだろうとか、替えの服をなんで持ってるんだとか、南の島なのに山菜?とか、疑問はありますがそこはつっこんでもどうにもなんないし。
期間が決まってるなら、無人島で暮らしてみたいです。

しびれをきらしたエリーゼはいかだで島を脱出しようとします。
なんて無謀!せめて方向くらいは確かめて。(それでもどうにもならないかな)
ていうかあの島は藍蘭島ですかw
リーダーの命令、で押し通してもうまくいかなかった瑛花は落ち込みますが、音羽がうまく復活させました。
葉っぱの服(?)といい、音羽はちょっとアホの子みたいに思ってしまいますが、意外とやります。
瑛花と音羽祖父はちょっと似てるかもしれない。
だから扱い方を心得ているのかもしれないw

冬后さんと僚平に無事発見されますが、あの演出にナニカを期待した人は多かったんじゃないでしょうか。
もちろん私も期待しましたよ。ちっ。
その和やかさがスカイガールズなのかも。
SOS SG のSGがスカイガールズ、だとはなかなか気づきませんでした。。。

ところで、攻龍のブリッジって無駄に広くないですか?席余ってますよ。
攻龍はソニックダイバー用に作られたんでしょうか?
ならば乗組員の数もそれなりに予測できたんじゃ、と思います。
空いた席のモニターが寂しいです。あのモニターは見なくてもいいモニターなんですか・・・。
(じゃあなんであるんだ)
その辺もうちょっと手を回せなかったんですか、緋月さん?(薮蛇)

今回の副長。。
あんまり出番がなくて寂しかったですよー。
ソニックダイバー隊をさっさと失ったと考えたのは、
ソニックダイバーを失う=日本に帰れる→早くおさらばしたい
ってなかんじで本音がポロリ出た、とか考えると笑えます。
ときに副長、ブリッジでは立ってるのが基本なんですか?
OPでも立ってませんでした?
え、何イジメ?ww
席は空いてるんだからどっか座って下さいよー。
[ 2007/10/30 22:12 ] スカイガールズ | TB(1) | CM(0)

Myself;Yourself 4話 感想

コドモじゃないよ

小学5年生の雛子が初登場です。
男子にいじめられていたところを助けられて好きになっちゃった、ですか。
ベタですねw
生徒手帳を落とすのもお約束ですww
10歳の少女に慕われるってのも悪くはないですが、いささか対応に困るというか。

そんな雛子に佐菜はファミレスで遭遇します。
大人ぶって色々言ってますが、頼んでいたのはお子様ランチ。
むきになればなるほど子供だって言ってるようなもんです。子供のうちは気がつかないんですかね。
しかしファミレスのお子様ランチって、小学生までしか頼めないと思うのですが。
結局はずれちゃいましたし。
佐菜って優しいからなのか、たらしに見えます。

ファミレスでばったり会ったからなのか、修の男友達で他にめぼしい人がいなかったからなのか、雛子は佐菜に相談をもちかけました。
(人がいるのにいきなり服を脱ぎ出したのでビビりましたが、何かあったらPTAじゃすみませんwあと麻緒衣は何を言おうとしたのか気になります。)

というわけで、修の好みをリサーチします。
巨乳で料理ができておしとやかな女の子、で落ち着きました。
要するに朱里と正反対の女の子、ということですが、雛子と正反対ともいえます。
胸の話をしていた時に麻緒衣父が背景だったのが寂しかったです。
相変わらず母が揉むと育つとか父が反応しそうなことを言っていたのに―。

さて、最後の手段は告白すること。
男2人で水族館に行くって、よくそんな約束取り付けましたねw
結果は…まぁ、予想通りフラれます。

とはいえ基本的に修っていい人です。
思ってたよりずっと誠実。
ちなみに気にしてる女の子は麻緒衣かな?

泣くのをこらえている雛子を抱きしめる佐菜。
がぁっ 天然たらしめ!
でも泣きたい時は変に我慢しないで泣いた方がいいです。
なんと言おうが子供であることは変わらないのだし、今のうちに子供であることの幸せをたっぷり享受しておけば良いと思います。

今回菜々香がナチュラルにとけこんでると思ったら、一言も喋りませんでした。
ヒロインなのに!

佐菜の抱えてる問題はまだ引っ張り中。
次回も棚上げされてしまうのでしょうか。
あ、なんか最後凹んでましたが。

予告はどことなくホラー調。なんの番組ですかw
1話で菜々香が巫女さんの格好をしてたのはお家が神社だからだったということが判明しました。
ならば尚更佐菜に気付いて欲しかったね!
[ 2007/10/27 23:09 ] Myself;Yourself | TB(2) | CM(0)

スケッチブック full color's 4話

三人だけのスケッチ大会

スケッチ大会の日だが、生憎の空模様。
結局集まったのは空、栗原先輩、引率の先生のみ。

栗原先輩恐るべし。
女子高生というか、男子小学生というか、そんなかんじ。
ナナフシってなんだろう。

スケッチの場所は山?高原?とりあえず自然がいっぱいのところのようです。
栗原先輩ノリノリ。軟体動物みたい?
セイタカアワダチソウってキリン草のことですよね。
アレルギーの人にはたまらなく辛いアレですよね。。。

今回は、同じ景色でも自分が見てるものと他の人が見てるものは違うって話。
普段は違うものを見てるからこそ、たまに同じ物を見れたとき嬉しいです。
ちょっと幸せを共有できます。

降りそうでなかなか降らない天気も乙なものです。
煙った山はきれいです。そしてどことなく神々しいw
雨の日の山は、緑が濃くて、むせかえるような命のにおいがします。
雨は苦手だけど、雨に濡れた植物は好きです。
・・・・これはなんの記事だ。

雨上がりの空の表現がとても素敵でした。

先生のニワトリは可愛いと思います。
「焼き鳥、食べたいなぁ」
ニワトリは生命の危機を感じ取って悶えた!ピンチ!
次回の冒頭に焼き鳥が出てきたらどうしようww

バンブーブレード 3話 感想

ブラックとブルー

都と段十郎のために防具や竹刀を買いに来た剣道部ご一行。
段十郎の体に、この前の傷がまだ残っているのを苦々しく思っていた都は、そこで木刀も見つける。
一方、剣道部を休んでいるサヤ。
煮詰まってしまい、自転車で爆走する。
部活をサボった都は、先日見つけた木刀を購入し、段十郎の仇(?)をとろうとして、この前の上級生を待ち伏せする。
しかし、サヤ(自転車)にぶつかられ、果たせずに終わる。


みやみやとサヤがクローズアップ。
あー、みやみやって黒かったんですね。似合います。
木刀を買いに行きましたが、ダンの字を間違えたから親父をしばきに行ったのかと思いましたw
結局一度も使うことなく流されちゃいました。
自転車も投げ捨てましたww 持てない重さじゃないんですが。。
とりあえずサヤとぶつかってよかったと思います。
今は歯がたたないでしょうから。
みやみやの何が魅力って、ダンのことが好きってことな気がします。

さて、なんか追い詰められてるサヤ。
紀梨乃へのメールはなんのために。思いっきりスルーでしたねw
自転車で爆走って気分いいですよね~。走りたい!
ライト壊れてるからって人にぶつかったりは普通しませんが・・。
どちらかというと自転車のライトは、周りの人に存在をアピールするためにあると思ってます。
自分が見えてるからってつけずに走ってるやつが多いんだよ!(いきなり何)
結構・・・サヤはトロいのかもしれないです。

今回の珠姫。
レッドに指名されて目を輝かせてました。可愛い。
みやみやとダンと一緒に防具を買っていました。
珠姫が変わるとっかかりを得たようなかんじです。

今回の先生。
ああぁやっぱり駄目な人・・・・!!!
トロフィーぼろっぼろになってしまいました。
先輩がすごくこだわってるトロフィーなのに、先生の頭の中では
トロフィー<G・・・・
学生時代は間違いなく強かったようなのに、前回珠姫に瞬殺されてたのが泣けますw


豆大福がやけに力入れて説明されてると思ったら、みんなして食い尽くしてしまったんですね。
みんな、粉ついてるよ、せめて拭ってww
次回は新キャラ・竹内が登場だよww
誰だよ。剣道部員としてあの間違いは痛いですよ部長。
そしてダンは添え物?

ef-a tale of memories 3話 感想

paradox

Aパートは本命・蓮治少年と千尋の話。
記憶障害のため、他人と関わらないようにしている千尋。
それが実体験から出てきたことなら悲しいです。
「冗談」もたまらなく寂しい。冗談と言いつつ冗談じゃないだろうし。
存在が消えてしまうって、彼女が関係したことも全て消えてしまう気がします。
千尋を繋ぎとめる存在が切実に必要そうです。

少年が千尋と一緒にいたいと望まないなら、覚悟がもてないなら、これ以上会わないほうが親切かもしれません。
でも、夢のこと、記憶のこと、そしてあの冗談すら言ってもいい、と思わせた少年。
「また明日」の約束を果たそうと待ち続けた千尋。
記憶は無慈悲に奪われていくけども、それでも少年との出会いは千尋にとって大きなこと、大切にしたいことだと思うので、なかったことにしてしまうのは寂しいです。
千尋と共にいることが幸せな人がいればいい。
それが少年だったらもっといい、とそんなことを思います。

なんか千尋に惚れてしまったようです。(危ない意味ではなく)
千尋と蓮治少年見てると私の中のポエム心(何ポエム心って・・・・;;)が刺激されますw

ところで、少年って中1だったんですか・・・・?


Bパートは紘とみやこと景の三角関係+京介の話。
最初の紘、顔死んでましたねw
景が通りかかって飲み物を奪いました。間接キス、狙ってただろう。
紘とみやこは学校をさぼってレストランでデート。(?)
後輩のミズキに発見されますが、買出しといっても彼女もサボリなんじゃ・・・。
あっさり景に報告してるあたり、なかなか恐ろしい子ですw
みやこが彼女じゃなくても紘と景を引き離して景とラブラブに、って魂胆でしょうかw

翌日景に呼び出されてしまう紘。
口がすべってクリスマスをみやこと一緒に過ごしたのもばれました。
修羅場の予感~。
景は嫉妬心剥き出しですが、紘のことを「お兄ちゃん」と呼んでる時点で女として見られたい、ってのは無茶だろう。

カメラ小僧こと京介(やっと名前覚えたw)は部活をやめ部長とも別れてしまいます。
なんか別れる時の部長の顔って、別れたくなかったように見えましたが・・・。女の子は難しい。
京介の話はまだこれからです。これから興味湧いてくるんでしょうか。。

3人目の大人、久瀬さん登場。
火村さんは千尋の保護者、ですか。雨宮優子は謎です。生身の人間かも疑わしいww

紘とみやこが街を歩いてた時の表現が好きでした。
[ 2007/10/26 21:10 ] ef-a fairy tale of the two | TB(1) | CM(0)

レンタルマギカ 3話 感想

神々の禊ぎ

アストラルのちびっこ、みかんが大活躍でした。
神社の依頼によって、審神(さにわ)(多分この字で合ってるはず・・・)として派遣されたみかん。
あんまり派遣されたってかんじじゃないですが、アストラルってそういう会社ですよね?

今回一番ショックだったのは鎬さんが男の人だったことww
美人さんだ~とほくほくしながら見てたのにいきなり「俺」って orz
いや、確かに男性の装束でしたけども。男装の麗人ってのもアリかなぁ、とか。
涙。。。←そんなにショックだったの・・・?
え、まさかあんな口調だけど本当は女の人ってこともあるのかな・・・(どきどき)

今回の依頼は危険だからやめた方がいい、と言われるも みかんはやる気です。
なんだか みかんも色々事情がありそうですね。
代用品じゃない、とか自分だってみんなの役にたてる、とか気になることを言ってました。

鎬さんの神社には二柱の神が祀られていたようです。
なんでその神社の人が知らないのに協会の人は知ってるんですか。
初登場の影崎氏。見た目も黒ければ中身も黒そうなお方でした。
危険なことと知っていながら止めず、失敗したら自分の手柄にしてしまおうという汚~い人ですね。
第一印象は。
あと年齢不詳っぽいです。兄弟が前に神降ろしした時もあの容姿・・・

やっぱり来て欲しくない方の神が降りてきてしまいます。
みかんがとっても奮闘しますが、絶体絶命のピンチの時、なんと穂波が助けてくれます。
魔女は関われないし、とノータッチだったはずなのに。
穂波の立ち位置はヒーロー?
穂波やいつきのサポートはありましたが、決着はみかんがつけました。
凛とした雰囲気を漂わせ、すごく格好よかったです。
ただのロリっ子じゃつまらないですし。
後半空気だった鎬さんがちょっぴり悲しかったりもしますw

相変わらず過去から順番にエピソードが並んでいない様子。
影崎氏は初登場のはずなのにみんな知ってるし、黒髪の女の子は前回いませんでした。
無駄に分かりにくいって印象をあたえてしまうと思うんですが・・・。
[ 2007/10/24 14:19 ] レンタルマギカ | TB(4) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に解 16話 感想

祭囃し編 其の参 終わりの始まり

今回も時系列がバラバラでした。
昭和54年の出来事(○)と、多分昭和57年の出来事(●)が交錯しています。

○ダム建設をめぐっての園崎家と北条家の対立
○現場監督の事件の経緯とそれに関わった人の動向
●沙都子のL5再発と悟史の苦悩
●しがらみに縛られない人

園崎家と北条家はこうしてこじれた、と。
面と向かって喧嘩を売られたので、園崎家頭首としては仕方がないことです。
鉄平兄怖い人ですねー。
そして乱闘発生。お役所の人はさぞ怖かったでしょうww

現場監督の事件はオヤシロさまの祟りの最初のものです。
大石さんは息巻いてましたが、経緯を見ると園崎家と関係ないことが分かります。
大石さんが見誤ったのは、現場監督のことをとてもとても慕っていたから。
ただの麻雀仲間ではなく、父とも兄とも慕う人だった。
(でもあの描写じゃそこまで伝わらないんじゃないかと不安・・・。動機が弱くなりません?)
あれ、でも主犯以外は捕まっているのだから、突発的に起きた事件だって分かりそうなのに。

入江機関の暗躍もありました。
入江ってば人体解剖なんてやっちゃってたんですねぇ。
鷹野があっさり解剖しましょうと言うのは別に驚きませんがw
一年目の鬼隠しは山狗によって処理されたので出てこなかった、と。

さて、57年。ようやく部活メンバーが出てきました。
北条兄妹は既に叔父夫婦のもとに引き取られています。
悟史の苦悩は責められないです。
悟史があんなにも優しくなかったら、そこまで悩まなくても良かったのに。
沙都子だって頼りすぎたことを もっと早くに気づけたかもしれないのに。

今回もありました。Cパート。
しがらみに縛られず、村の悪弊を破ってくれる人が来る。
勿論圭ちゃんのこと。早く圭ちゃん出てきて欲しいです。
と思うのですが予告では影も形も出てきてませんでした。
一年早く雛見沢に来ているはずのレナも出てきそうにありませんww

嗚呼、早く昭和58年にならないかなー。
まぁ、祭囃しは58年に至るまでが大事でもあります。
そこを疎かにして欲しくはないのでしょうがないです。
羽入の目を通してこれまでの出来事を整理して、それぞれが58年をどのような気持ちで迎えるのか、それを語っていくのかもしれません。
とりあえず次回は梨花ちゃんのパパンとママンがいっぱい出るっぽいです。

なんというか、既に物語を知ってしまっているので、感想にならなくて困ります;;
原作つきのアニメは原作を知らない方が楽しめると思うのですが、どうでしょう。
[ 2007/10/23 22:09 ] ひぐらしのなく頃に | TB(2) | CM(0)

スカイガールズ 16話 感想

寄港

攻龍が最後に補給に寄った島は、七恵の故郷だった。
七恵は幼馴染と、その彼と交わした約束に思いを馳せる。
島で、偶然その幼馴染と再会を果たすが、彼が攻龍のことを悪く言うのを聞いて、嘘をついてしまう。
出発する日の朝、島にワームがやってくる。
ソニックダイバーで撃退するが、その時七恵の嘘もばれてしまう。
しかし、彼は七恵のことを受け入れ、二人は再会も約束するのだった。


身悶え・・・(照)
中盤の、よろけた七恵さんを抱きとめるところあたりが・・・。
いや、こういうのも好きなんですけど、一人で見てるのに猛烈に恥ずかしくなります。

ともあれ今回は七恵さんの回。
全てが七恵さんのためにお膳立てされたかのような回w
よく考えてみると、ワームは攻龍&ソニックダイバーに引き寄せられてやってきたんですよね。
それを撃退したところで、島の人としては いらん緊張を強いられた形になるのですが、ヒロくん感謝しています。いい人だ。
結果的には、ワームまで七恵さんの恋路に協力してくれたのでした。

七恵さんの家族が登場でした。
母もやっぱり巨乳さん。遺伝か。うらやましい・・
そして大家族。七恵さんがしっかりしていたのは下にいっぱいいたからなんですね。
やっぱり長男あるいは長女ってしっかりするんでしょうか。(自分下なんで分からない・・・)

もうすぐ日本から遠く離れることになる七恵さんは、偶然という名の必然によって幼馴染と再会します。あぁ、なんて甘酸っぱい!
過去話にかこつけて翌日も誘うヒロ君がかわいいw
好きな人に嘘をつくのは嫌われたくないから。
普段仕事人(?)の七恵さんもまだ15歳。恋に恋する時期ですよね~。

スカイガールズ達の恋愛話も楽しかったです。
エリーゼは結構大人な発言をする、というかおマセさんでしたw
それともお国柄の違いですかね。小さい頃から西ヨーロッパ基地の恋愛模様を見てきたかもです。
瑛花は、・・・恋愛経験があるのかないのか非常に気になるところですが、片思いかな、と思います。
プラトニックだったのはそういうわけじゃないかと。
普段ツンツンしてるのに奥手で告白できない、とかどうですか!
音羽と可憐がやっぱり影が薄い気がします・・・。
恋愛の話だと出番ないですしねぇ(失礼)
だって音羽はニブニブだし可憐は兄様一筋だった感があるし。


今週の副長。。。
やっぱり副長好きかもしんないと思う今日この頃。
冒頭の悪だくみ(?)とヒロ君が海に出てた時の一言くらいしか出番なかったです。寂しい。
しかしヒロ君に対する一言で結構満足でしたw
みんなして俺の言うこと無視しやがって!みたいな?
[ 2007/10/22 17:15 ] スカイガールズ | TB(2) | CM(0)

スケッチブック full color's 3話

青の心配

今回は視点を変えて、空の弟・青目線のお話。
空視点だと空の持つ魅力に目がいっていたんですが、青視点だと、空、かなり危うい子ですw
ああいう姉を持ったら心配で気が気じゃないかもしれません。

冒頭から空はとばしてきますw
コントローラーはいじってるだけで、何か作るのかと思えばお茶。
うん、お茶はおいしいよね(泣)
結局青がそうめんを作りますが、空は万能ネギの不思議な想像をしたり、かまぼこを丸くくっつけようとして山盛りにしちゃったり。
あれは、主食・かまぼこ、トッピング・そうめん でいいんですよね?ww

風鈴に扇風機で風をあててみたり、意図が分からない行動をする空w
そんな彼女の友人って一体どんな人なのかと思えば。
夏海と葉月に妙に納得の青。
みんなマイペースですね。

ゆかたといえば、帯ぐるぐるはお約束です。
やっぱりというかなんというか、キャミ着てました。ちぇ。
・・・夏海に色気は期待してないんですけども、どきどきするのは仕方ないのです。

後半は夏祭り。
金魚すくいは金魚救いですか。そうですか。
3人とも悪の手先に屈したということで、哀れ金魚は囚われの身のままww

いつのまにか2人とはぐれて神社に1人佇む空。
と、そこへお面をつけた3人組が現れます。
先生と部長と空閑先輩。必殺仕事人です。(違)

結局美術部員が集結して、みんなで花火を見ます。
空はなんとかして花火をかこうとしますが、なかなかうまくいきません。
先輩のアドバイスもなかなか難しく。
花火が上がったときの音や、迫力や、響き、光、そういったものは絵には写せないけれど美しいから描きたくなります。
描けないけれど、描きたいもの。
実際に描けなくても、何もしないよりずっと鮮明に記憶に残るのかな、と。

高校生も、結構子どもですよね。大学生も大して変わらないですよ・・・。

どこにいても、空は空。いつでも自然体。それが魅力。
(裏テーマ・類は友を呼ぶww)

Myself;Yourself 3話 感想

クッキーと小石

えっと、双子が佐菜と菜々香を気遣って遊びの計画を立てたんでしたっけ?
(既にうろ覚えww いや、だって、夜中に起きて見た後もう一回寝直すんですよ)
なのに あさみも誘ってしまう佐菜。

く・う・き・よ・めww
これが少女マンガならこの言葉はきっと あさみに向けられたんでしょう。
ヒロイン菜々香、相手役佐菜なら あさみは嫌われるキャラかも…。

佐菜は割ってしまった菜々香の鏡を弁償しますが、なんと あさみにも同じ物を買っています。
イライラを通り越して清々しいほどです。

川原で魚釣りとバーベキュー。
全部レンタルしてキャンプするなんて邪道だわ!!(こだわり)
麻緒衣も魚釣りにチャレンジします。
てっきり修に引っ掛けるのかと思いましたが、あぁ、そっちでしたか…。
しかしお色気キャラというよりネタキャラ、ってかんじがしてしまうのは私だけですか…。

あさみがお菓子を作ってきたので菜々香はクッキーを出すことができませんでした。
ま、あさみの気持ちは分からないでもないです。
こうして新たに人間関係が広がるのも決して悪いことではないですしね。
菜々香一匹狼みたいだし。

川原で遊んだ後はスパのプールで遊びます。
水着は高ポイント、のはずですが、菜々香さんスク水です!(つд`)
や、あれはあれで需要がありますよ?

帰り道、麻緒衣が昔川原で遊んだときの話をして、ようやくクッキーに出番がきます。
昔と変わらない、懐かしい味。
料理の腕が上達してないってこと?などとつっこんではいけませんw
クッキーのお礼に、と川原で見つけたきれいな小石をプレゼントする佐菜。
く、こいつナチュラルにたらしだ・・・!!
でも菜々香が嬉しそうなのでよしとします。(何様だ)
菜々香って佐菜のこと呼び捨てなんですね。意外でした。

さて、気になる佐菜の問題。
今回も学校に行ってる?って聞かれてるみたいでした。
あと、血の付いた包丁を見て気分が悪くなってました。
そして手首を隠すようにつけられた腕時計。
・・・・不登校とリスカ?

次回の予告が全く記憶になかったので、もしかして見ずに寝ちゃったのかと思いましたが、午後ティーのCM見て思い出しました。
ルー大柴ww
[ 2007/10/20 23:55 ] Myself;Yourself | TB(2) | CM(0)

バンブーブレード 2話

ブレードブレイバーとお弁当

アバン吹きました。主題歌まで作ったんですねww
しかも歌ってる人有名みたいです。なにこの凝りようw
目を輝かせる珠姫が可愛い。

前回の続き。例の男子部員は珠姫の敵じゃなかったようです。
手段が汚いですが、それですらハンデにならない珠姫の強さって一体。
手を繋いで逃げようとしていた段十郎と都がおかしかったです。
そして悪から正義を守るために入部w

先生は今回も駄目な人でした。
珠姫入部の展開についていけなかったり、授業もダレダレだったり。
そして珠姫に瞬殺されちゃったり。
動機はアレでしたが、これから少しずつ変わっていきそうです。
でもやる気に溢れる先生は先生じゃない、とか・・・・

晴れて剣道部の一員となった珠姫は、他の部員と一緒にお弁当を食べます。
段十郎の顔はさぞ弁当にしやすいことでしょう。
珠姫のおかずは梅干のみ。男らしい、のか?
しかも食べるのが尋常じゃなく速い。というわけでみんな色々食べさせます。
あれを餌付けと呼ばずして何を餌付けと呼ぶのだ。
勇次が赤くなってたのは間接キスになったからー?やー、若いねー。
うちの部の去年の部長さんは手近な所にある飲み物を誰のか、とか気にせずにゴクゴク飲む人でしたよ・・・。その分自分のもくれましたが。

家に帰ったら大好きな梅干が届いていましたが、明日はサンドイッチにします、という珠姫。
ご飯もおかずがつけばみんなでつつけるよ。
友達ができました、がなんともいえず良かったです。
・・・・・・。ん、勇次は?

ef-a tale of memories 2話 感想

upon a time

Aパートは紘がメイン。
紘ってば少女漫画家だったんですね。前回景が慌てていたのはこのためだったのか。
紘は机でうたた寝しているところを景に起こされます。
あの起こし方は危険だ・・・!!
起こすまで、紘を見て微笑んでいる景が可愛かったです。
でもごめん、私はみやこ派ww
多分何か起こらないと景は女の子として見てもらえないんじゃないでしょうか。
今は絶対妹みたいな子、でしかなさそうです。

紘が漫画家として頑張っているのは、夢を見ていた頃の自分への責任だそうです。
この考え方がちょっと興味深いです。
みやこは同じ学校の生徒で、「どこに出しても恥ずかしくない」サボり魔。
彼女にはあっさり自分の職業ばらしてますね。
あそこのやりとりが、何でもないことですが、いいなぁ、と。

紘の友達ってことでカメラ小僧(というかビデオ小僧?)も出てきますが、悲しいことに興味ないんですよね。←ひでぇ・・・・

Bパートは蓮治少年。密かに本命ww(千尋と少年が、ですよ)
やっぱり千尋は記憶障害なのでした。
13時間しか記憶がもたないらしい。
少年に覚悟は必要かもしれないけど、それでも千尋と付き合っていくのは十分に可能なんじゃないかと思います。
とりあえず、朝起きた時に寝る前の記憶は残っているはずですし。
寝る前に写真とか見てたら少年の顔も忘れないかなーとw

千尋の経験は記憶としては残らないけど記録としては残ります。
彼女がつづる限り、それは続きます。
彼女の記憶は事故の時から止まったままでしょうが、毎日の積み重ねは、ほんの少しでも彼女を止まった時から進ませると思うのです。

そして気になるのは大人二人。彼ら何者?

今回も、写真が使われたりとかモノトーンになったりとか、見せ方が面白かったです。
分かりやすいかは別にして。(え?)
全部見終わった後にもう一回見直すと色々分かって面白そうです。

紘、カメラ小僧(ごめん名前分かんない)、蓮治少年に共通するテーマは「夢」なのでしょうか。
既に夢を叶えた人、夢を追っている人(?)、まだ夢がハッキリしない人、とアプローチの仕方も違ってて、どう絡ませるのかが楽しみです。
しっかしEDは字を読ませる気がないのかと思うほど見づらいですね。。。
[ 2007/10/17 14:40 ] ef-a fairy tale of the two | TB(1) | CM(0)

レンタルマギカ 2話 感想

魔女の誓い

いきなり時間軸が戻ってて驚きました。

今回はいつきが社長になったばかりの頃のお話のようです。
アディの顔がうろ覚えだったため一瞬新キャラかと思いましたww
でもベレー帽かぶった人ってそうそういないよね、ということで前回も出ていたと気づきました。
判断材料ベレー帽だけかよ・・・。

サブタイの魔女、とは穂波のこと。
彼女はいつきの幼馴染みたいですね。
そして いつきの目がああなった原因をつくってしまった模様。
何故かいつきは穂波を幼馴染として接しているように思えないし、穂波も同様です。
もしかして忘れちゃったの・・・?
好きな人に忘れられる、ってかなりきついですよね。

穂波はいつきを守るために魔女になったんですね。
いつきは今回も気を失ってましたが、彼の基本ポジションはお姫様なんですかw
過去が少しずつ挿入されてましたが、いささかくどかった気もします。
ていうか何度も悲鳴をあげられると困ります。夜中なんだから。

洋館で一人になってしまった いつきのヘタレっぷりが良かったです。
それでも穂波を守ろうと頑張っているのは微笑ましいですね。
首なし騎士は穂波の敵じゃなかったようですが。
・・・・首、ないのに言葉聞こえてるんや。

今回の一件を通して社長をやる気になったらしい いつき。
アディも転入してきて ますますドタバタしていきそうです。
それにしても、なんでこれが1話じゃ駄目だったんでしょうね。
前回と今回の繋がりがなさすぎて、正直混乱しました。
前回掴みとしては いいかんじだと思ったのですが、かえって分かりにくくなってしまいました。
構成うまくないな、と思ってしまったり。
次回は普通に話が繋がってるといいな・・・。
[ 2007/10/17 14:15 ] レンタルマギカ | TB(2) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に解 15話 感想

祭囃し編 其の弐 蠢き

施設から逃げ出した美代子は、電話ボックスの中で偶然十円玉を見つける。
そのお金で高野先生に電話をかけるが、自分の素性と助けを求めていることしか伝えられなかった。施設からの追っ手が迫り、再び逃げ出すが、すぐに捕まってしまう。
すんでのところで高野先生に助け出された美代子は、以後雛見沢症候群の研究を手伝うことになる。
論文が認められたら援助を受けられる機会を得るが、その場で研究は笑い飛ばされてしまう。
大学を首席で卒業した美代子は、研究に必要な人脈を得ていく。

やがて、雛見沢にやって来た鷹野は、古手神社の賽銭箱に十円玉を放るが、弾き返される。
そこに現れた羽入は、鷹野に負けない、と言い放つ。


残念!今回の締めは鷹野の高笑いじゃなかった!全く何を期待してるんだか。
今回もED後にちょっとありました。
ついに羽入が立ち上がりました。
あぅあぅしか言ってなかったあの羽入が立派になって!(ホロリ)みたいなww
ボク達は負けない、と鷹野と睨み合います。ボク「達」ってのがミソ。
いやー、熱いです。ドキドキです。

さて、前回の「賭け」の続きからスタートです。
当たり前ですが勝ちます。(見てる時はハラハラしてしまいますが)
しかし電話番号を正確に覚えているなんて、記憶力いいですねー。
後々大学を首席で卒業してしまいますしねぇ。いいな・・・。
電話ボックスの中とか、捕まった後とか、閉塞感を感じました。
美代子以外は音だけってのも結構怖いです。
(あれ、全員捕まったって描写あったっけ?)

ともあれ無事高野先生に助け出されます。(他の子はどうなったのかすごく怖いんですが!)
さりげなく「三四」という名前の由来を出してきました。
美代子可愛いです。
正直部活メンバーの誰よりも可愛いくないですか?

あと大事そうなのは「踏まないで」ですかね。
偉い人だか何だか知りませんが、ああいう無用に恨みを買う行為は控えた方がいいと思います。
おじいちゃんの研究は、表に出しても大丈夫なものだったら、ちゃんと援助を受けられたのでしょうか・・・。

大災害を起こすに至るには まだもうちょっと理由が必要ですが、これで鷹野の事情はあらかた語り終えたはず。
ということで、次からは部活メンバーが出てきそうです。
本編に行くのか、カケラに行くのか分かりませんが、カケラだったら圭ちゃん出てこないかもですねw
でもカケラやって欲しいです。
[ 2007/10/16 19:24 ] ひぐらしのなく頃に | TB(19) | CM(0)

スカイガールズ 15話

父と娘と

瑛花メインのお話かと思いきや、見終わった後一番印象に残ってるのはエリーゼに骨抜きにされた源さんでした。(エリーゼじゃないんだ…)
中年以上のオジサマ達のアイドルになりそうです。
そのうち副長も籠絡したりしないだろうか。

何故か副長が最近の気になるキャラです。
本当なんでだろう。
別に好きとかいうわけじゃ全くないんですが。
今回も副長は堅かったです。
最初から軍人の瑛花と比べられてもねぇ。
息抜きも仕事のうちですヨw

一応瑛花はちゃんとツンデレしてました…よね?
エリーゼに喰われましたけれども。
(みんなから見えなくなったら走り出すところや父に電話かけてみるところがデレ?)
むしろツンデレは一条父な気もします。

父に対して意地を張っている、というか反抗期?というか。
いつだったか、父親は瑛花に興味が無い、みたいなセリフがありましたよね。
どこがよ。
まだまだお子様なんですかね―。

そういえば、果物はドライフルーツにしたら日持ちするんじゃないですか?

スポットの当たらないキャラはものすごく影が薄いのはいかがなもんだろう。
次回はそろそろ音羽にもまわってくるのか、それとも弟(?)に奪われるのか。
と思ったけど七恵さんっぽいですね。
[ 2007/10/15 23:51 ] スカイガールズ | TB(4) | CM(0)

Myself;Yourself 2話 感想

大切なメロディー

クラス委員になってしまった佐菜と菜々香。
先日からのぎこちない関係は未だ修復されていなかった。
違うクラスの委員と親しげに喋る佐菜を見てますます頑なな態度を取る菜々香。
しかし、放課後の音楽室で自分の作った曲を弾く佐菜を見る。
翌朝、まだぎこちないながらも菜々香は佐菜に「おはよう」と声をかけた。

みんなして佐菜に押し付けやがった・・・。
ちょっと、これってどーなのよ?いささか強引じゃないですかー。
そして委員会手際悪くないですか・・・。最初から決まった席に座らせようよ。

菜々香は意地っ張り困ったり。
しかし彼女が頑ななのは、どうも先日の出来事のせいだけではない様子。
なんでしょ、ヴァイオリン弾けなくなったとか?OPでは弾いてたけどw

現在のところ専ら麻緒衣とフラグをたてている(?)佐菜。
お弁当を作ってきてもらうばかりか、お箸でつつくなんて!(セクハラですよw)
菜々香がとりつくしまがないからといって、そんなドッキリイベントをやってる場合じゃないです。
しかし、よりによってたこさんウインナーを落としてしまうなんて・・・!(泣)

音楽の授業ではヴァイオリンを聴いていました。てっきり菜々香に絡めて何か起きると思いました。
ところで、生徒は教師のパシリじゃないんですが!
まあおかげで佐菜がピアノ弾く現場に遭遇します。
きっと彼女にとってすごく大事な曲なんですね。
菜々香のことを分からなかったくらいだし、きっと曲も覚えていないと思ってたでしょうから、不意打ちです。やるな、佐菜。
5年前に一度聞いたっきりのメロディーを再現できるなんて、素直にすごい奴です。
菜々香の気持ちもほぐれるってもんです。

さて、新キャラ登場。違うクラスの委員さん。
EDにも出てきますし、彼女は麻緒衣よりも重要な子なんですかねー。
そういえば、佐菜の問題って学校に行ってなかったってことなのかなーと思ったり。
前回も今回も、ちゃんと学校に行った、というセリフがあったもんで。
でも至って普通そうに登校してるっぽいですよね。じゃあなんだろー?

次回。いきなり水着らしいです。
季節、春じゃなかったっけ?
親密度がぐーんと上がるのか、はたまた確執が深まるのかw
予告、子安さん なんか素みたいww
[ 2007/10/13 07:10 ] Myself;Yourself | TB(3) | CM(0)

スケッチブック full color's 2話 感想

いつもの風景

いつもと違うを楽しむ。
そうするだけで、変わらない日常がちょっと輝いて見える。

学校へ行くのに、一つ前のバス停で降りてみる。
普段使わない辞書をひらいてみる。
違う場所でお昼ご飯を食べてみる。

ちょっとしたことでも変化に気づけたら楽しいですよね。
四葉のクローバーを辞書に挟んでいるのが可愛いです。
関係ないけどクローバーを品種改良して、全部四葉にするって話を聞いたことがあります。
なんてこったい。
なかなか四葉がないから探すのが楽しいし、見つけると幸せな気分になれるというのに。
情緒を解さない奴らめ・・・!!(誰に向かって言ってるんですかw)

ザリガニは鯖を与えると青くなるってのは、本当の話なんですか?
他の青魚とかじゃダメなんでしょうか。
部室で飼ってるものでそういったことを試すなら公言しないと駄目ですよね。
色んなものをあげたくなるのが人情ってもんですw

下書き消すのに食パンって実際に使われてるんですよ・・ね?
どうも実感が湧かなかったり。だってパンは食用じゃないか。
私はネリ消し使ってました。←元美術部。油絵の具も持ってますよー。
人にふっといて実は自分がお馬鹿だった、というのはよくある話。
気づいたら壮絶に恥ずかしいですが、なんか彼女は気づかなさそうですw

空は猫に詳しいです。
前回アリア社長に反応してたのも社長が火星猫だからですね!
オリジナルの猫マップが頭の中に入っていそうです。

いつもと違うことから、何かに思いを馳せるのもまた一興。
でも、「違う」を楽しめるのはすぐにいつもに帰れるから。
本当はいつも こそが一番大事。
空はささやかだけど大切なことを知っているんだろうな。

本当にほのぼのしますね。。。
見終わった後は身のまわりの小さな幸せに気づけるような気分になります。
とりあえずにわとりがかわいくて石膏像が哀れでした。(ん?)

バンブーブレード 1話 感想

竹ぼうきと正義の味方

剣道部顧問の石田は、先輩との賭けのため数が少ない女子部員を確保しようとする。
都合よく偶然川添珠姫が凄腕の持ち主だと知った石田と部長の紀梨乃は珠姫を勧誘するが、すげなく断られる。
男子が2名入部し、おまけに彼女も入部した。
しかし、ずっとサボっていた男子部員が、先輩の稽古と称して暴力行為を働く。
正義の味方に憧れていた珠姫は、それを見て「今だけ仮入部」をする。


とりあえずこんな話?
関西放送遅くないですか・・・?

先生は本当にダメな人でした。なんていうか・・・ダメダメだ・・・ww
先輩を酔わせておごらせようとしたり、寿司の為に急にやる気になったり。
竹刀振り上げて蛍光灯割るって、ありえそうなだけに悲しいw
しかしやる気を出したら紀梨乃を圧倒してたので、それなりの実力は持っていそうですね。

珠姫は万事淡々とこなしていきそうな子。
たとえ教頭先生だとしても竹ぼうきで弾き返します。
もうタマちゃんって呼ばないで、って、かなりグサッときませんか?
でも正義の味方に憧れていたって可愛いです。
必要なのは熱心な勧誘ではなく悪い人でしたか。
これからその役は先生にやってもらうといいよw

前情報で石田さんが出てるのは知ってたんですけど、そっちでしたか!
てっきり珠姫の幼馴染の男の子かと。
なんかポジティブにしたクリームぱんみたいでした。
彼女と合わせて100点ならば、5点と95点といったかんじ。
美男美女カップルも妬ましければ、醜男美女カップルは尚更むかつくでしょう。難儀だ。

かなり好きな感触です。継続。
何か武道したいです・・・。実は合気道部に入ろうと思ってたんですが 何故かサイクリング部に。
(剣道部じゃないんだ)
中高で剣道とか柔道とか授業でやったってしばしば聞くんですが、うちの学校はやってなかったんですよねぇ。残念。

ef-a tale of memories 1話 感想

eve

複数の物語が同時進行する、といった作りなのでしょうか?

広野紘・宮村みやこの話、
麻生少年・千尋の話、
カメラ小僧とその彼女の話、
教会で待ち合わせをしてるっぽい2人の大人の話、
がありそうな。
あとは紘の幼馴染の少女とその後輩の少女が絡んできたり、とか。

気になったのは麻生少年と千尋。微笑ましくて。
廃駅で、っていうのもツボなんですよww
千尋は記憶障害なんでしょうか。きっと手帳にはその日の出来事が詳細につづられてるんでしょう。
世界にとって特別な存在じゃなくても誰かにとって特別な存在ならそれだって素敵なことだと思います。
・・・って、麻生少年が悩んでいるのは進路でしたね。とりあえず文系いっとけw

ひろひろ と みやみや もなかなか。
紘の幼馴染の女の子はてっきり兄妹かと思ってしまいました。
パーティーに兄貴呼ぶか~?ってちょっと引き気味だったんですけど勘違いでした。はは。
奔放な女の子は見てるぶんには好きだったり。
しかしどんなこけ方したら自転車のタイヤが外れるんでしょう。
二人ともいなくなったら119番イタ電になっちゃいますねw
時たま白黒になる演出が面白かったです。

カメラ小僧とその彼女さん。
クリスマスに浮気の予感?なんてこったい。

登場人物多いし、演出がこっててややこしいですが続きが見たいです。
OPがなんか・・・えぐられます!(何が)
[ 2007/10/10 22:40 ] ef-a fairy tale of the two | TB(2) | CM(0)

素敵探偵ラビリンス 1話

旧都な名探偵

??
ごめんなさい よく分からなかった。。。

いきなりバトルが始まったので危うくテレビ消すところでした。
その後の旧都の説明は結構雰囲気好きだったのですが。
むしろ私はそこから始めてくれた方がすんなり入れたと思います。

もうちょっと設定とか出した方が分かりやすかったんじゃないでしょうか。
ゲンム事件って何さ?常識的に考えられないような事件ですか?つまりお蔵入り?
電話がかかってきて解決しただけで事件そのものにはノータッチだったので肩透かしくらった気分です。

謎なお姉さんとか人形使いの執事さんとか何故か謎をとけちゃう(?)少年とか出てきました。
先が気になる、というより「分からない」という方が先にきちゃったのでもったいないなぁと思いました。
そして忍び込んでた3人があの外見で小学生なんてありえない・・・。
ついでに人が住んでるのに都合よく窓ガラス割れてるってどういうことですかい。

よく分からなかった、という印象をもったのはジャンルが不明だったからでしょうか。
推理物かと思ったらそうでもなさそうだし、バトル物みたいになってたりするし。
どういう風にもっていきたいのか見えなかった、というか。
ピンとこなかった、というのが正直なところ。
繭樹に後光さしてたりとか効果音とか。。どうも合わない。

多分次からは見ないと思います。
efとめっちゃかぶってるし。

レンタルマギカ 1話 感想

魔法使い、貸します

とりあえず登場人物紹介と設定紹介、といったかんじです。

主人公は眼帯とると人が変わるんですか?ルル・・・!
父親が失踪して7年経ったから死亡認定で会社継いだんですかね。
突然社長になったってなかなかうまいこと経営できませんよね。
でも彼の場合何年経っても自転車操業から抜け出せないんじゃないかと思いますww

今回はクラスメイトの失踪した祖父を見つけ出すのが依頼内容。
結局祖父は5年前に亡くなっていたらしい。
孫を一人にさせたくないがために生き延びていたのに力が暴走してしまった、と。
冒頭のワンコ騒動と事件解決の肝心な部分を見損ねてしまったり・・・。
だっておかんが部屋に入ってきたんだもんさ!(親の前ではなんとなく見づらくて・・)
反魂、と聞いた時、てっきり祖父は孫のために両親を生き返らせようとしてたのかと思いました。
事件の顛末が若干分かりづらかったように思います。
構成って難しいですね。

眼鏡の女の子とライバル会社(?)の女の子はいつきと同じ学校。
2人ともいつきのことが好きみたいです。
おかげで殴られます。もてる男は辛いねw

いつきの他は覚えやすかった猫屋敷さんしか名前が分からない・・・。
非常にどうでもいいこと。何回か髪をかきあげる仕草が出てきましたが、かきあげた髪が元の位置に戻ってたのがすっごく気になってしまいました。だって意味ないじゃん・・・

ともあれ視聴継続です。
キャラデザされてる方好きですし、魔法じゃなく魔術ってのがツボです。
[ 2007/10/10 16:36 ] レンタルマギカ | TB(1) | CM(0)

なかない君と嘆きの世界

こないだちらっと名前を出したので、折角だから紹介というか感想というか、書いてみようかなってことで。でもなんか・・・ネタバレ??

COSMIC COMIC・RIFF*RAFF・ALTERNAITの3サイト合同の作品です。
歌と絵と映像によるひぐらしの世界は素敵でした。
なかない君と嘆きの世界
↑リンク覚えたw

ひぐらし解見た後引っ張り出して見ていました。最早先週のことですがww
私が持っているのは「全集 なかない君と嘆きの世界」です。
とらのあなにて購入いたしました。コミケには行ったことないです。興味はあるけれど。
ところでもう手に入らんのですかねー??まぁ、ムービーだけならとある所で見たことあります。
思いっきりネタバレしてるので、ひぐらしを知らない人には厳しいかと思いますが、知ってると見ていて楽しいです。
ていうか、興奮しました。はは。


なかない君と嘆きの世界

第一作目。鬼隠し編がテーマ。
演武踊ってる梨花ちゃんが可愛い。
レナが実に魅力的に描かれてます。
「ごめんなさい」とひぐらしモード発動、のが好き。
発動!は映像ならではです。
これの曲は「bewailing」。嘆くって意味です。
圭ちゃんの気持ちを歌ったものだと思います。
サブリミナル?みたいに入る鬼隠し編オープニングの圭ちゃんの独白がなんとも切ないです。
その後入るのがレナと魅音の×された絵なので。あれ、顔の色本物みたいでちょっとびびりました。

なかない君と嘆きの世界 ソウシュンフ

二作目。目明し編がテーマ。
初めて見たのはこれでした。見事ノックアウトされました。
悲劇的な歌詞も好きだし、なによりサトシオン好きなものでww
でも魅音めっちゃ可愛かったです。背中あわせってなんかいいですね。
あと沙都子が頑張るところや、「じゃあね、さよなら拷問狂」なところの絵もあったり。
曲は「月ハ昇ル、私ハ詠ウ」。しまった狂フだと思ってた!←ひどい。
魅音と詩音の気持ち、ですね。
魅音と詩音の交差が好きです。

なかない君と嘆きの世界 宴

三作目。祟殺し編がテーマ。暇潰し編の梨花ちゃんのセリフも入ってる気がします。
ここからリアル雛見沢の写真が使用されてます。
ともかく沙都子が可愛いムービーでした v
悟史と、また梨花ちゃんとスパーンと別たれちゃうのが泣けます。
梨花ちゃん諦めモード全開w
圭ちゃんも見所かもしれません。
鉄平排除に至るまでの思考の表現方法がうまいです。なるほどなぁ。
曲は「狂宴-dance when cried‐」。これも圭ちゃん。最後のフレーズがとても悲しい。

なかない君と嘆きの世界 輪廻の刻は暮れゆけど

四作目。皆殺し編がテーマ。
「私は魂に刻みつける」ってところから始まります。先週アニメの感想の方で反応してたのはこのせいです。イントロからどきどきです。
「私を助けて!」とか罪滅しの泣いてるレナとか。女の子の泣き顔っていいですよね(何)
部活メンバーに悟史と羽入が加わっていくって、ちょっと嬉しいような。
でも詩音さん悟史がかぶってますよ!
曲は「リンネの夢と・・・」。この曲が一番好きかもしれないです。

なかない君と嘆きの世界 requiem for themselves and tragedies

五作目にしてラスト。祭囃し編がテーマ。
ピンでの紹介は二人。鷹野は当然としてももう一人はwwシルエットの時点で吹きました・・・
羽入かっこいいよ羽入!
あ、あと富竹も反則的に。でも○○車!でも○○車!! I like him all the better for that. (笑)
前半カケラが入ってるのが熱いです。
後半部活メンバー紹介が2人組みで出ますが、非常にいいかんじ。
そして上の吹いちゃった人と梨花ちゃんのツーショットは悩殺?
最後にハタをもってくるのがツボを押さえてるなーと。
曲は「嘆きの世界」。うーん、羽入、かな。
そういえばジャケットのレナの絵は、原作祭囃し編へのオマージュなのでしょうか。


前述のとおり私が持ってるのは全集なので、ムービー全てとムービーで使われてた曲、各ムービー発表時のカップリング曲(?)プラス新曲2曲が楽しみ放題です。
ムービーの曲と新曲を歌われているのは新良エツ子さん。けっこう力強い声の方ですね。。「宴」の時は別人かと思ってしまいました。
カップリングを歌われてるのはicoさん。絵も描いてらっしゃいます。
ていうか本業(?)は絵描きさんですよね?可愛らしい声の方です。
「ふわり」と「うつつがたり」が好きです。
ふわり は本当に可愛い曲で、うつつがたり はどことなく空虚なかんじがしてそこに惹かれます。
「requiem」の後にあるのは新曲「泣かないキミ」。これと「嘆きの世界」は最後に使おう!と思っていたのでしょうか。
最後のフレーズ、日本語にすると「もうこれ以上あなたが嘆かないことを祈ります」ってかんじ?
う、英語弱いんですが・・・。この作品とおしての「解」はこれだったのかな、と思いました。


自分の語彙力の無さにちょっと凹みますが投下しときますw
私の言葉じゃ魅力を伝えきれないので是非実際見て欲しいです。
しかし手に入らんのかね。

追記:2/19 最近とらのあなで売ってるの見ました。再販?
[ 2007/10/09 13:53 ] ひぐらしのなく頃に | TB(1) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に解 14話 感想

祭囃し編 其の壱 三四

たかのん過去話。
時系列がばらばらになっていてややこしいので今回あらすじもどきはカットです。

今回も最後高笑いでしめてましたが、鷹野がこんなふうになった理由が語られたわけです。
最初の「おじいちゃん」との会話の中に、自分の死後でも、研究が認められたらそれは神になることっていうくだりがありました。
だもんで鷹野は「神になること」にこだわってたんですねー。

昔の鷹野はえらく可愛らしい女の子でしたね。
両親が事故で亡くなり、そのため孤児院に入れられますがそこはひどい所でした。
虐待に耐えかねて、少女だった鷹野、美代子、としときます、彼女はルームメイトとともに脱走を試みます。
よいことも悪いことも長くは続かない。もう不幸は終わりだ、それすら叶わないならその雷で自分の命を奪え、と叫ぶ。
まぁ、現在(昭和だけど・・・)生きているので雷には当らないです。
あのままじゃおじいちゃんは助けに来てくれないですが、そこのあたりは来週やるんですかね。

鷹野が雛見沢へ来る前の話。
研究所の所長として、傀儡の入江があてがわれたり、富竹と運命の出会いを果たしたり(表現に誤りが見受けられます)、小此木が標準語喋ってたり。・・・あれ?
ともあれ、入江研究所の主要メンバーはこうして揃えられた、と。

鷹野の過去を見ていかないと動機がつかめないのでしょうがないのですが、部活メンバーが出てないと辛いです。
なんか1話の時も似たようなこと書きましたね。。
個人的に小泉先生は1話の大石さんくらいの年齢だと思ってましたが。

OPがちょこっと変わってました。
制服羽入初お目見えです。あとオヤシロモード(?)も。なかなか恐いです。
最後のところで梨花ちゃんが手招きしてるのは羽入だろう、とフツーに思ってましたが実際に映像として見せてくれるのが嬉しいです。
でも後々「いきなりそれかよ!」っていう驚きは薄れるかも。

全っ然関係ないけど 藍より青しのOPも2クール目で変わりましたよね。懐かしい。
薫くんが葵ちゃんの手を掴む、っていうふうに変わったのはかなり好きだったのですよ。
[ 2007/10/09 12:07 ] ひぐらしのなく頃に | TB(12) | CM(0)

スカイガールズ 14話 感想 +α

クアドラロック

エリーゼが加わったことにより、新たなフォーメーション、クアドラロックができるようになった。
早速シミュレーションを行なうが、エリーゼのせいで失敗が続く。
そんななか、ワームがあらわれるが、やはりエリーゼが無茶をしうまく戦うことができない。
ビックバイパーのおかげでワームは一時撤退する。
無茶をする理由は、自分を心配する人はいないから。
しかし、夕子先生に諭され、また大戸さんに優しく声をかけられ、思い直す。
再びワームがあらわれるが、今度は4人で協力してクアドラロックを発動させ、無事ワームを撃退する。


えっと、4人になってカバーできる面積が増えたからちょっと大きいワームでも大丈夫だよ、ってことですよね、クアドラロックって。
今まで小さくてよかったね。

エリーゼ空回りの回でした。
ワームへの憎しみが強すぎて、技術は高いのにうまくいかないっていうのはもどかしいものですね。
夕子先生の過去が語られましたが・・・未亡人だったんだ・・・。子どもは今どこに?
なんというか、「いかにも」な説教といえばそうなんですが。
大戸さんはいい味出してるなぁ、と思います。いない間バッハに手を出すなってのも職人気質なかんじで好きです。

戦闘機乗りさん(名前分かんない・・)はうまいとこ かっさらっていきましたね。
相変わらず副長はストレス溜まりそうです。しかも船の中缶詰で息抜きに遊びに行けませんしね。
正直あの人の判断(エリーゼはお留守番ってやつです)は至極常識的なものだと思うのですが、悲しいかなお話の中では常識は通用しません。損な人だ。

エリーゼが黙々とシミュレーションしてる時に瑛花が参戦するって描写もスカイガールズらしくていいですね。
すっかりいいお姉さんです。
やっぱりエリーゼは小生意気ではあるのですが、なんだかんだ言って瑛花のことを認めているのでここは可愛げということにしときます。
そして僚平は馬鹿w

来週は瑛花の親子問題にクローズアップ。久しぶりにツンデレ瑛花さんが帰ってくるのでしょうか。
ふと思ったんですけど、瑛花を負かした例の協力者って、音羽の弟だったり・・・とか、ね。



キミキス pure rouge 1話

スカイガールズと時間がかぶってるので半分しか見れません。
なので端っこにちょこっとだけ書いとくことにします。

ぱっと見たところ一番ツボな女の子は二見瑛理子。
黒髪ストレートロングが好きなんですw
ちなみにこの間までこの子くらい髪の毛あったんですがねー。(そんなことは聞いてない)
元々はゲームらしいのですが、ゲームだとハーレム状態だったんでしょうか?
アニメでやられると気持ち悪くてかなわんのですが、主人公の他にも恋愛しそうな男の子が2人いたのが好印象です。

なんか男の人が脚本書いたんだろうなーと端々で思ったりしたんですが、基本的にこういう甘酸っぱそうなのも好きだったりします。
人は自分にないものを求めるものですww
[ 2007/10/07 20:46 ] スカイガールズ | TB(1) | CM(0)

Myself;Yourself 1話 感想

なつかしい場所

高校生の日高佐菜は5年ぶりに生まれ故郷に戻ってきた。
幼馴染である織部麻緒衣の親がやっているアパートに住むことになる。
初登校した日、同じく幼馴染の若月朱里・修輔と再会し、旧交を温める。
そこへ、先日見た美少女がやってくるが、彼女は佐菜を突然はたいた。
戸惑う佐菜だが、その女の子も幼馴染の八代菜々香だった。


幼馴染が多くて訳がわからなくなっている気がします・・・・。
今これ書くのに調べて気づいたんですけど、下宿先の女の子は「麻緒衣」なんですね。てっきり「あおい」かと;;

やっぱり5年も経つと色々なことが変わってしまうんですかね・・・。
でも幼馴染の顔は5年くらいならちゃんと分かれよ、と。
私は同じ状況にたたされても幼馴染はきっちり見分けますよ?
はたかれても文句は言えないと思います。にーぶちーん。

さて。一番出てきた女の子は麻緒衣でした。
メガネっ子の巨乳ちゃんで本好き。
佐菜に本について語るところがすごかったです。
ネタバレに気を使う微妙な配慮が心憎いww
さらりとお母さんが結婚を匂わせてきましたが、あそこでつっこむべきはむしろ動転して騒いでた親父だと思いますが、どうでしょ。

まだ1話目ということで、舞台・登場人物紹介で終わってしまったので、次回からどうなっていくのか期待です。
主人公の佐菜は何か問題を抱えてるようなので、彼の過去も気になるところ。
変わったのは周りだけじゃないんですね。
このアニメ、結構見たいと思うのですが、いかんせん夜中っつーか早朝にやってるので起きるのがなかなか辛いです。
次回も無事見れるのでしょうか。。。
[ 2007/10/07 20:04 ] Myself;Yourself | TB(3) | CM(0)

マリア様がみてる 薔薇の花かんむり

きっと読者をやきもきさせたに違いない祐巳のスール問題についに決着がつきます。
結果は・・・表紙のとおりです。
ていうかここまできてダメになることはまずありえないですけどね。

以下ネタバレにつき続きからどうぞ。

Read More

[ 2007/10/05 22:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

スケッチブック~full color’s 1話 感想

スケッチブックの少女

なんだかほわほわした雰囲気のアニメです。
日常のささやかな出来事を何気なくつづっただけ、でもそれはとてもきらきらした出来事で、少しだけ幸せを共有できるような、そんなアニメ。
分かりづらいしちょっと恥ずかしい・・・。恥ずかしいセリフ禁止!
だけ、というか、だからこそ、といったかんじです。

「ARIA」のスタッフ再結成のアニメらしいですね。
道理でほんわかほのぼのしてるわけです。
ARIAは灯里の「はひ」がやたら気になって見るのやめちゃいましたが。

主人公は人見知りな女の子・空。
彼女は美術部に所属していて、今度の展覧会のための絵をかかなくてはいけない。
テーマは「興味のあるもの」。
というわけで、空はそれを探しにいきます。


あらすじとしてはこんなかんじでしょうか?
でも重要なのはそこじゃなくって、空が見たもの、心惹かれるもの、書きたいと思ったもの、じゃないかと・・・。
あとは美術部による漫才。

虫の後をついていって見つけた夕焼けが美しい景色。
そこで書くのがなんでARIA社長やねーん!とちょっとツッコミましたが、彼女の興味のあるものは猫なのかな、と思ったり。

ミラーに反射する夕日、それはこの時期だけのもの。
それを知ってるってことが彼女の魅力です。

この世には書けないものもあるって知っていて、でもスケッチブックを持ち歩く空。
何気ないことを素敵だと思って、書きたいと思う。
そんな彼女が素敵だと思います。


ぽてまよといっしょでめっちゃ感想書きづらいです。
ちなみに主人公・空の中の人はぽてまよでしたね。

模様替え。

10月なのでハロウィーンにしてみました。
今まで右にサイドバーがあったので左になるとちょっと雰囲気変わりますね。

それはそうと。
昨日から新番組見る気満々だったのですが、全部来週からで軽くショックでしたww
仕方がないので(?)昨日はおとなしく鋼鉄三国志とモノノ怪の最終回を見てました。
モノノ怪が最終回でダブルでショックでしたwww
てっきりもう1クールやると思ってたんですよねぇ・・・。

一言だけ。
鋼鉄三国志

孔明さんには裏があると思ってたので案の定・・・といったかんじです。
陸遜にどういった気持ちを抱けばいいのか困ってます。
最後かわいかったんですけどそれまでに吹きすぎたw
ツッコミどころが多かった気もしますが、三国志読みたくなりました。

モノノ怪

独特な色使いとか、人間の情の話とか、とても好きです。
(ぽてまよ優先してたけどw)
市川さんが結構黒くて驚きでした。外見はなかなか可憐じゃないですか?
でも最期の時、というか線路に落ちた後のせりふが私にとってすごく魅力的でした。
なんでだろう。
事件に直接関わってそうなのは市長・森谷・刑事の3人しかいないわけですけど、何故か森谷を応援してました。
あ、薬売りさんの変身シーンが格好よかったですv 目が。

ひぐらしのなく頃に 13話 感想

皆殺し編 其の八 終末

約束の時間を過ぎても大石はやってこない。
しかし夜も遅くなり、圭一やレナ、園崎姉妹は家に帰ることにする。
夜中、梨花宅に山狗の襲撃があり、梨花と沙都子は辛くも家を脱出する。
園崎家に逃げることにするが、途中、梨花が転んでしまう。
沙都子が盾となって逃がそうとするが、梨花は沙都子を見捨てられない。
2人のピンチに、帰ったはずの4人が駆けつけ、6人で園崎家を目指す。
しかし、山狗と鷹野の力は強大で、一人、また一人と倒れていく部活メンバー。
最後に残った梨花は記憶を守るため、意識のあるまま自分を殺すように言う。

羽入が運命は打ち破れると信じていなかったから負けてしまった、とレナは言った。
そして、今度はみんなで新しい雛見沢へ行こう、と。


なんか最後↑がおかしい気もしますが。
大災害のカラクリも明かされました。
厄醒し編で沙都子が見た学校の屍々累々はああやってできたわけですね。
・・・・惨いです。

鷹野さんが大活躍でした。
いいところで出てきましたし。
気持ち悪くて嫌なやつで、とってもいいかんじでした。(ん?
ラスボスの風格ですか?
高笑い最高ですww

とはいえ、今回は本当に部活メンバーが格好よかったです(つд`)
最高の仲間達です。
「最高」って言葉が鷹野さんの高笑いと部活メンバーと両方に使われてるのは微妙。
みんなに見せ場がありましたね。
沙都子が手をつないでる相手が詩音だったのが地味に嬉しかったです。
魅音がやけに頑張ってて実はちょっと吹いた。スミマセン・・・だって原作では。
全然笑えるシーンじゃないんですが。うるっともきましたよ。
固く結ばれた仲間達があっけなく倒れていくのは知っていても悲しいですね。

一番格好よかったのはレナです。
圭ちゃんの意を汲んでみんなを引っ張ったり、鷹野さんを挑発するようなことを言えたり。特にあれはレナにしか言えないセリフだから尚更です。
最後、羽入にびしっと告げたり、ヒロインとはかくあらまほし、みたいな。

梨花ちゃんも頑張ってました。
沙都子を置いて逃げなかったところなんか成長したなぁって思います。
罪滅し編では「もうこの世界のレナには興味ない」とか言ってましたもの。
あと、「私は魂に刻みつける」っていうセリフ。すごく好きです。
なかない君と嘆きの世界を引っ張り出して見ちゃいました。
夜中に何やってんだ。

さて、いよいよ次回からは最終章、ですよね?
ほぼ1クール使ってやってくれるので期待してますよー。
[ 2007/10/02 13:18 ] ひぐらしのなく頃に | TB(1) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。