箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なかない君と嘆きの世界

こないだちらっと名前を出したので、折角だから紹介というか感想というか、書いてみようかなってことで。でもなんか・・・ネタバレ??

COSMIC COMIC・RIFF*RAFF・ALTERNAITの3サイト合同の作品です。
歌と絵と映像によるひぐらしの世界は素敵でした。
なかない君と嘆きの世界
↑リンク覚えたw

ひぐらし解見た後引っ張り出して見ていました。最早先週のことですがww
私が持っているのは「全集 なかない君と嘆きの世界」です。
とらのあなにて購入いたしました。コミケには行ったことないです。興味はあるけれど。
ところでもう手に入らんのですかねー??まぁ、ムービーだけならとある所で見たことあります。
思いっきりネタバレしてるので、ひぐらしを知らない人には厳しいかと思いますが、知ってると見ていて楽しいです。
ていうか、興奮しました。はは。


なかない君と嘆きの世界

第一作目。鬼隠し編がテーマ。
演武踊ってる梨花ちゃんが可愛い。
レナが実に魅力的に描かれてます。
「ごめんなさい」とひぐらしモード発動、のが好き。
発動!は映像ならではです。
これの曲は「bewailing」。嘆くって意味です。
圭ちゃんの気持ちを歌ったものだと思います。
サブリミナル?みたいに入る鬼隠し編オープニングの圭ちゃんの独白がなんとも切ないです。
その後入るのがレナと魅音の×された絵なので。あれ、顔の色本物みたいでちょっとびびりました。

なかない君と嘆きの世界 ソウシュンフ

二作目。目明し編がテーマ。
初めて見たのはこれでした。見事ノックアウトされました。
悲劇的な歌詞も好きだし、なによりサトシオン好きなものでww
でも魅音めっちゃ可愛かったです。背中あわせってなんかいいですね。
あと沙都子が頑張るところや、「じゃあね、さよなら拷問狂」なところの絵もあったり。
曲は「月ハ昇ル、私ハ詠ウ」。しまった狂フだと思ってた!←ひどい。
魅音と詩音の気持ち、ですね。
魅音と詩音の交差が好きです。

なかない君と嘆きの世界 宴

三作目。祟殺し編がテーマ。暇潰し編の梨花ちゃんのセリフも入ってる気がします。
ここからリアル雛見沢の写真が使用されてます。
ともかく沙都子が可愛いムービーでした v
悟史と、また梨花ちゃんとスパーンと別たれちゃうのが泣けます。
梨花ちゃん諦めモード全開w
圭ちゃんも見所かもしれません。
鉄平排除に至るまでの思考の表現方法がうまいです。なるほどなぁ。
曲は「狂宴-dance when cried‐」。これも圭ちゃん。最後のフレーズがとても悲しい。

なかない君と嘆きの世界 輪廻の刻は暮れゆけど

四作目。皆殺し編がテーマ。
「私は魂に刻みつける」ってところから始まります。先週アニメの感想の方で反応してたのはこのせいです。イントロからどきどきです。
「私を助けて!」とか罪滅しの泣いてるレナとか。女の子の泣き顔っていいですよね(何)
部活メンバーに悟史と羽入が加わっていくって、ちょっと嬉しいような。
でも詩音さん悟史がかぶってますよ!
曲は「リンネの夢と・・・」。この曲が一番好きかもしれないです。

なかない君と嘆きの世界 requiem for themselves and tragedies

五作目にしてラスト。祭囃し編がテーマ。
ピンでの紹介は二人。鷹野は当然としてももう一人はwwシルエットの時点で吹きました・・・
羽入かっこいいよ羽入!
あ、あと富竹も反則的に。でも○○車!でも○○車!! I like him all the better for that. (笑)
前半カケラが入ってるのが熱いです。
後半部活メンバー紹介が2人組みで出ますが、非常にいいかんじ。
そして上の吹いちゃった人と梨花ちゃんのツーショットは悩殺?
最後にハタをもってくるのがツボを押さえてるなーと。
曲は「嘆きの世界」。うーん、羽入、かな。
そういえばジャケットのレナの絵は、原作祭囃し編へのオマージュなのでしょうか。


前述のとおり私が持ってるのは全集なので、ムービー全てとムービーで使われてた曲、各ムービー発表時のカップリング曲(?)プラス新曲2曲が楽しみ放題です。
ムービーの曲と新曲を歌われているのは新良エツ子さん。けっこう力強い声の方ですね。。「宴」の時は別人かと思ってしまいました。
カップリングを歌われてるのはicoさん。絵も描いてらっしゃいます。
ていうか本業(?)は絵描きさんですよね?可愛らしい声の方です。
「ふわり」と「うつつがたり」が好きです。
ふわり は本当に可愛い曲で、うつつがたり はどことなく空虚なかんじがしてそこに惹かれます。
「requiem」の後にあるのは新曲「泣かないキミ」。これと「嘆きの世界」は最後に使おう!と思っていたのでしょうか。
最後のフレーズ、日本語にすると「もうこれ以上あなたが嘆かないことを祈ります」ってかんじ?
う、英語弱いんですが・・・。この作品とおしての「解」はこれだったのかな、と思いました。


自分の語彙力の無さにちょっと凹みますが投下しときますw
私の言葉じゃ魅力を伝えきれないので是非実際見て欲しいです。
しかし手に入らんのかね。

追記:2/19 最近とらのあなで売ってるの見ました。再販?
スポンサーサイト
[ 2007/10/09 13:53 ] ひぐらしのなく頃に | TB(1) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に解 14話 感想

祭囃し編 其の壱 三四

たかのん過去話。
時系列がばらばらになっていてややこしいので今回あらすじもどきはカットです。

今回も最後高笑いでしめてましたが、鷹野がこんなふうになった理由が語られたわけです。
最初の「おじいちゃん」との会話の中に、自分の死後でも、研究が認められたらそれは神になることっていうくだりがありました。
だもんで鷹野は「神になること」にこだわってたんですねー。

昔の鷹野はえらく可愛らしい女の子でしたね。
両親が事故で亡くなり、そのため孤児院に入れられますがそこはひどい所でした。
虐待に耐えかねて、少女だった鷹野、美代子、としときます、彼女はルームメイトとともに脱走を試みます。
よいことも悪いことも長くは続かない。もう不幸は終わりだ、それすら叶わないならその雷で自分の命を奪え、と叫ぶ。
まぁ、現在(昭和だけど・・・)生きているので雷には当らないです。
あのままじゃおじいちゃんは助けに来てくれないですが、そこのあたりは来週やるんですかね。

鷹野が雛見沢へ来る前の話。
研究所の所長として、傀儡の入江があてがわれたり、富竹と運命の出会いを果たしたり(表現に誤りが見受けられます)、小此木が標準語喋ってたり。・・・あれ?
ともあれ、入江研究所の主要メンバーはこうして揃えられた、と。

鷹野の過去を見ていかないと動機がつかめないのでしょうがないのですが、部活メンバーが出てないと辛いです。
なんか1話の時も似たようなこと書きましたね。。
個人的に小泉先生は1話の大石さんくらいの年齢だと思ってましたが。

OPがちょこっと変わってました。
制服羽入初お目見えです。あとオヤシロモード(?)も。なかなか恐いです。
最後のところで梨花ちゃんが手招きしてるのは羽入だろう、とフツーに思ってましたが実際に映像として見せてくれるのが嬉しいです。
でも後々「いきなりそれかよ!」っていう驚きは薄れるかも。

全っ然関係ないけど 藍より青しのOPも2クール目で変わりましたよね。懐かしい。
薫くんが葵ちゃんの手を掴む、っていうふうに変わったのはかなり好きだったのですよ。
[ 2007/10/09 12:07 ] ひぐらしのなく頃に | TB(12) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。