箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に解 18話 感想

祭囃し編 其の伍 最後の駒

A・Bパートは昭和57年の話。
悟史関連の話がメインでした。

○部活結成
部活ができたのは1年前、ってのは前からでていたけど、悟史の頼みによってできたんですね。
一年前の沙都子は本当に笑わない子でした。
よく一年であんな元気になったなーと思うと、頑張ったんだというかんじがしてほろりときます。
あと、魅音の良さが一番出てるのはこのあたりな気がします。

○バイト斡旋
沙都子にプレゼントを買うために、です。
4年目の祟りへの一歩目です。
ああー。部活の話は清涼剤なのにその後にこれがくるとやりきれません・・・。

○野球休部
入江のところに言いにきました。
4年目の祟りへの二歩目。
どんどん悟史が袋小路へ追い込まれていくかんじです。
しかも本当の目的はバットを持ち帰る許可が欲しかったことみたいですし。

○足音
言わずと知れた羽入の足音。
これさえなければ鬼隠しの圭一も綿流し・目明しの詩音も罪滅しのレナもあんなに追い込まれなかったかもしれないのに。
みんなに謝れなのですww
レナとの会話は悟史に恐怖心を植え付けただけですよね・・・。

○失踪当日
ずーっと悟史の生死は不明でしたが、・・・ん、まだ不明かw
とりあえず明確に殺されたわけではないです。
叔母を殺したのはやっぱり悟史だったようです。
これまでのストレスが積もり積もって、L5を発症してしまいました。
でもちゃんとぬいぐるみは買ってましたよ(ノд`)
入江がもうすぐ診療所だ、って言ってたときの背景が興宮っぽかったのが気になりましたw

○前原父の下見
梨花ちゃんと羽入が父の前で遊んで前原家の引越しを誘います。
なんか・・・羽入が妙にエロかったww
魅音と婆っちゃの話によると、父の下見には悟史失踪が不可欠らしいですね。
切ない・・・。
お魎はお魎なりに村のことを考えていたのに自分で変えられないのはもどかしいでしょうね。


あとはレナのお引越しとか名前のこととか。
レナの名前って、罪滅し編でもやってませんでしたっけ?
情報量がすごかったです。展開がめっちゃ早かったような。
これまで謎だった部分がかちかちと分かってくるのは面白いです。
みんなが、特に今まであんまりスポットの当っていなかった大人達がどうなふうに昭和58年を迎えたのか分かってくると見るほうも気合が入ります。
ところで、ひぐらし解にでてくる成人男性って、皆やけにごつくないですか?

Cパートは昭和58年です。
ついに!ギリギリ出てきました。待ってたよ圭ちゃん!
最後の駒は、羽入。
今まで傍観者を決め込んできた羽入がついにゲーム盤に上る時がやってきました。
鷹野が大災害を引き起こしていることも分かってますし、これからどうやってみんなで昭和58年の夏を迎えるのかが楽しみです。
ここからが本当の祭囃し編、といったところですかね。

最後の駒って、次回予告に出てきてたあの人かと思ってました。
出てきたら拒否反応起こしそうです。どうしよう。
スポンサーサイト
[ 2007/11/06 19:10 ] ひぐらしのなく頃に | TB(16) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。