箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スケッチブック full color's 7話 感想

9月の日に・・・

猫と触れ合うのは空の日課です。
眼前には見たことのないペルシャ猫が・・・!

A:3歩下がる B:英語で話し掛ける C:ペルシャ語で挨拶する D:噛み付く
→B:「ワンタッチ、OK?」ww
面白みのない選択肢で申し訳ない。ペルシャ語でおはようってなんて言うんでしょうね。
ペルシャ猫はペルシャ生まれなんだからペルシャ語だろ!と思ったんですが実際ペルシャ語話されても分かんないですしね。クラブにペルシャ語の先輩がいましたよw

さて、ケイト襲来。
国際派として夏海がケイト係に任命されました。
理由は人形の名前・・・。
金髪だから葉月ってのもアリかと思ったんですがw
空がスケッチブックに名前を書いているのは美術部入部の時の教訓でしょうか。
先輩達によって誤った日本の知識が植え付けられていきます。
どこまで本気なのか、どこまでも本気なのかw
博多駅が明太子なら食べに行きます。
誤解したままでも特に問題なさそうなので、無視してもいいんじゃないかと思うのですが。
よりによってケイトに、夏海の日本語は変だと言われました。
それはね、方言っていってね、九州なんだからごく普通のことなんだよ(つд`)
むしろみんな標準語喋ってることの方がおかしいですよw

朝のペルシャ猫とミケ、はーさんが遭遇します。
なんで英語やね―――――ん。や、日本生まれのロシアンブルーもいますよね。
あ、英ねこ語か。
夏海と違ってはーさんは本当に国際派。どんな猫生を送ってきたのか気になりますw

ケイトの言葉で燃え尽きちゃった夏海ですが、空がこっそり夏海作・正しい日本語知識ノートを差し出しました。半分押し付け
ケイトはそれを腹から出して夏海と仲直り(喧嘩してたわけじゃないけど)しました。
空は郵便屋さんというか、月下氷人というか。縁の下の力持ちタイプ。

件の猫はケイトの飼い猫だったようです。
名前はぶち。・・・。
ところで、鏡餅ケーキって意外とうまいかもしれませんね。
洋風おはぎ、みたいな。デコレーションしたところで食べるためには焼かないといけませんが。
おなかいっぱい食べたのになんでまだ食べたいんだろう。。。
スポンサーサイト

バンブーブレード 6話 感想

川添珠姫と遅刻の武礼葉

前回に引き続き町戸高との練習試合です。

先鋒→珠姫
二本目もあっさりとりました。圧勝。

次鋒→みやみや
まだ始めたばっかだし、やはり勝てないですね。
ダンが途中でトイレに行ったのはみやみやがブラックになれるようにするため。
ダンは気づいてますよね。意外と深いな。
みやみや自身は気づかれてるかもしれないと分かっているのでしょうか。

中堅→サヤ
惜しくも(?)引き分け・・・。
しかし前回の珠姫の足さばきの話はちゃんと身になっていたらしいです。
ただときめいていただけじゃなかったようで。一応サヤは聞いてたよ、良かったね?

副将→紀梨乃
イヤ~なかんじの相手でしたが、勝てました。
紀梨乃には裏がないってことですかね。
サヤと違って紀梨乃は前回の珠姫にただときめいてただけっぽいですw

大将→武礼葉ww
こっそり抜け出して遅刻したふりして入ってきた珠姫。
抜け駆けして腹ごしらえ後、教頭の眼鏡を借りて変装してきました。
教頭曰く命の恩人、とのことですが首のギプスは珠姫が理由ですよねw
顔は見られてなかったのにあっさりバレバレでした。・・・当然だろ。
マニアな報酬で買収されるのは正義の味方としてアリなのか。
そしてそんなことを持ちかける先生を悪と認識しないでいいのかw
「ぶ、ぶれいば?」ってなかんじでしたが無事大将戦をやらせてもらえました。
大遅刻とどっちもどっちってことでしょうか。
こっちも圧勝でした。なんかもう剣道ヒロインとして戦隊デビューしちゃえよ、みたいな。

先生→顧問・・・?
半ばずるっぽいですが無事に勝ったとして頭の中は寿司でいっぱい。
本当にこの人は剣道に情熱があるんですかね。
足さばきという基本を教えるのはあんたの役目でしょうが!
今先輩とやったら確実に負けると思います。
いつだったかやる気を取り戻したようだったのはなんだったのー?
そしてユージは先生につっこむことでしか存在意義を示せないんでしょうか。
「真面目」って、ときに没個性的で悲しいネ・・・。

次週、先輩に勝負を挑まれたので対戦と相なるのでしょうね。
「室江高校1年、川添珠姫です」ってきりっと言われると関係ないところでときめいてしまう。あはは。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。