箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FFⅢ プレイ日記①

前置き・・・スルーしても一向に差し支えないですww

年明けに従兄弟と遊ぶことになりました。
彼は既にプレイしているようですが、なにやら通信しないと行けないダンジョンがあるらしく、「じゃあ買っといて」と言われました。
ええ買いますよ。DS買ってもらったからね!(太っ腹ですねー)
私の感覚では、DSで発売されたのは「ついこの間」だったんですけど、もう一年以上経ってるんですねぇ・・・・。地味に凹むw

FFは私にとって魔のゲームだったりします。
ゲームを触るようになってはや15年・・・一度もクリアしたことがありません。
ラストダンジョンが面倒で放置してる間に話忘れちゃったり・・・。
果たして今回は無事クリアすることができるのか!!?

Read More

スポンサーサイト
[ 2007/11/20 23:22 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に解 20話 感想

祭囃し編 其の七 トラップ

梨花は入江と富竹を神社に呼び出し、再度鷹野が緊急マニュアルを使うことはないか、と尋ねる。
今度は魅音の導き出した情報を加え、二人を唸らせる。
まだ信じられない富竹だが、大石があらわれ信じたほうが良い、と言う。
赤坂も一緒に来ており、梨花は赤坂に抱きつき嗚咽する。
赤坂はアルファベットプロジェクトのことを話し、富竹は鷹野を調査することにする。
そして、大石にはこの件からおりることをすすめた。

富竹が鷹野を調査するということで第一段階クリアーです。
ついに梨花ちゃんと赤坂が再会しますが、・・・あのようなゴツイ赤坂には抱きつきたくないです。
が、梨花ちゃんがめっちゃ可愛かったですね。。。悦。
原作知ってる人は泣きそうなくらい端折られています。
前回の入れ知恵といい、羽入のいいとこ奪われまくりです。
あと梨花ちゃん好きにはあの後の慌てるあたりも外せないところなのでは。

翌日、部活メンバーにも打ち明ける。
みんなが信じてくれたことに梨花は喜びを禁じえない。
みんな過去のことを心のどこかで覚えている、と羽入は優しく言った。

ここのまとめ方は美しかったです。
今までの悲劇は無駄じゃなかったのですね。
今回梨花ちゃんの表情が可愛いです。
しかし「梨花ちゃんを殺しちゃえばいいんだ♪」でAパート終わられるとww
CMあけたら地下祭具殿で目の前に詩音、とかだったらめっちゃ吹いたのにw ありえねーよ。

入江は鷹野に、診療所がたたまれたらどうするか、と聞いた。
鷹野はもう研究はできない、できたとしても誰の目にも触れることはない、と自虐的に笑う。

ちょっと監督。突然そんなこと聞いて怪しまれたらどうするんですか。
でも鷹野は特に気にしないで、高野先生と自分の関係も教えてくれました。
絶望して、全てが投げやりになっている風にも見受けられます。

しばらく梨花と沙都子は園崎家に隠れておく。
赤坂は梨花・沙都子ハウスに人がいるように見せかけるためそこに潜伏。
富竹は引き続き鷹野を調査。もし鷹野がクロなら番犬部隊を呼び、山狗を鎮圧してくれる。
さらに入江が赤坂のもとに行き、緊急時の連絡方法を決めた。

山狗よりも強い組織、番犬。字面だけ見ると山狗の方が強そうですがw
赤坂は梨花・沙都子ハウスが見張られているようだと感じたそうです。
そのわりに扉を堂々と開けてしまうのはいかがなものか・・・。
そしてただの研究者なのに電話を使っての連絡方法を何故か思いつく入江w
首さえ映らなければ赤坂に拒否反応を示すことはないんだと思いました。

部活メンバーは大石を呼び出して作戦を説明する。
つまり、梨花の死後48時間が経過しても村に異変が起きなければ緊急マニュアルを執行する意味もなくなる、ということ。
また富竹は、鷹野と小泉先生の関係を知り、鷹野が山狗を買収した可能性があることを知る。

Aパートの台詞はこんな意味だったのでした。この解決策は論理的です。
しかし大石さんの協力がなければ成立しません。
10億って、想像もつかない金額です。小泉先生太っ腹すぎる・・・。
山狗がいくらで買収されたのかちょっと気になります。
10億全部だったら、いくらなんでもぼりすぎですw

梨花も沙都子も風邪で寝込んでいることになっており、村の老人は二人のことを心配していた。
お魎も沙都子のことを心配し、ダム戦争はもう終わったのだ、と言った。
大石は現場監督の墓参りに行き、園崎茜と詩音に会う。
園崎家も毎年墓参りに来ており、茜もお魎と同じことを言った。

ルールZが打ち破られました。ダム戦争終結宣言です。
部活メンバーだけじゃなく、村の人々もなにかしら覚えているのかもしれませんね。
お魎は祭囃しで大分印象が変わったんじゃないでしょうか。
久々登場の茜さん。毎年紫陽花とおはぎを供えていたそうです。
もしかして鬼隠しで出てきたおはぎは墓参り用に作られたものだった?

大石は梨花たちに協力することを決意し、監察医のじいさまと熊ちゃんにもそのことを告げた。
すると、二人も快く協力してくれることになった。

ずっと祟りの黒幕だと思っていた園崎家は犯人ではなかった、というのはなかなか複雑でしょうが、大石さんは心を決めてくれました。
頼もしいおじさんたちです。熊ちゃんは赤坂効果らしいです。なかったことにされる巨悪ですよ。

最初の場面がそれはもう端折られて、次の打ち明けるところはわりかし丁寧に作ってあったので、大人たちよりも部活メンバーに焦点をあわせているのかな、と思いました。
でもラストは大石さんがしめましたね。アップで。おや。
今回のサブタイのトラップってのは48時間作戦のことですよね。
一番大事だったのは対抗策を見つけることだったようです。
でも他にも大事なことがあったような。
すっごい詰め込んできたかんじです。
おかげで画面が赤くなりましたw 私の中の要約脳は今くたばっているようです。
[ 2007/11/20 14:13 ] ひぐらしのなく頃に | TB(16) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。