箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ef-a tale of memories 9話+10話

forget me not + I'm here

久しぶりに紘とみやこは再会し、体を重ねる。
しかしそれを見た景を、紘はみやこを置いて追いかけてしまう。
そんな紘に京介は「中途半端だ」と言った。
みやこから別れを告げられ、ミズキには最近マンガが面白くないと言われる。
雨宮優子にも背を押され、紘は景に自分の決意を告げた。
景も紘に、とうとう自分の想いを告げることができた。
みやこは電話ボックスから最後の別れを言おうとするが、そこで紘に正直な気持ちを伝えた。
電話は肝心なところできれてしまったが、続きは紘の口から直接伝えられた。

一方千尋は、記憶を失う前の自分に戻ろうとしていた。
蓮治は記憶が消えても前の千尋は死んでなんかいない、と言うがそれは自分に言い聞かせる言葉だった。


○みやこ
みやこと紘の物語はこれで決着がつきましたね。
10話後半の紘との会話で正直な気持ちを吐露しました。
みやこにとっては、自分の言葉に返事が返ってくること、それだけでもかけがえのないことなのかな、と思ったり。
自分の居場所を得るために紘と景の気持ちを知りながらもおしていった、と。
でもみやこの行動をひどいとは思わないです。
ただ紘が景と既につきあっていたなら、この展開は個人的にアウトでしたw
一番大事なところで切れてしまった電話。だんごのバカー!
でも一番大事な言葉だからこそ紘の口から直接届けられる、って展開は好きです。
やっぱり私はハッピーエンドが好きです。

○紘
紘にとってマンガは、夢をかなえた責任がある以上、最も中途半端にしたくないことだと思います。
だからミズキの言葉は相当こたえたでしょうね。
10話の最後でようやく みやこに「好きだ」と言いました。
そういえば9話で言ってなかったのは中途半端だったから、なんですかね。
自分からキスしたことで好意はあらわされたかな、と思ったんですが言葉にする、ってのは重みのあることなんですね。

○景
京介に、クリスマスの時のように輝いてない(?)と言われます。
それは多分、みやこへの後ろめたい気持ちや、結局気持ちを言えずにいることとかが原因ですかね。
それでも元気にサンドウィッチを作ります。
つーかサンドウィッチに作り方もないだろうよ。
そしてついに失恋。あぁ。
景の告白にはすごい揺さぶられました。
でも気持ちをきちんと伝えられたことで、歩き出せます。引きずらずにすみます。
恋にはならなかったけれど、紘だって景のことを真剣に思っていたことも分かりましたし。
想いは叶わなかったけれど、素直に良かったと思いますよ。

○京介
最初は客観的に紘や景をみていたはずなのに、今回紘に口出ししてました。殴りました。
それまで客観的にみていた京介ならではの言葉でしたね。
そして、もう客観的になれなくなったみたいです。
つまり景に恋しちゃった、ってことでいいんですよね?
これからが楽しみ。
今日や来週で急に景とくっついてたらびっくりしますが。それはやめて。

○千尋&蓮治
すっごく痛かったです。
記憶がなくなっても千尋は変わらず千尋なのに、どうして喪失感があるんでしょうね。
千尋が「前の自分」に固執してしまっているのが悲しいです。
少年も同様で、いろいろ葛藤があるみたいです。
例えば少年が千尋を全面的に受け入れる、という方法。
もしかしたら うまくいくかもしれません。
でも片方だけが頑張る関係って長続きしないと思います。この前の千尋のように。
解決(?)の糸口は千尋の書く物語にあるそうです。
記憶障害が治れば、それはそれでハッピーエンドかもしれませんが、私としては今のままの状態の二人が一緒に未来を作っていく物語が見たいです。

○雨宮優子
いつになく積極的でした。
紘の背中もみやこの背中も押してくれました。
特にみやこの方は、優子がいなければ物語が終わってしまいましたし。
「自分に似た人」ってどういう意味なんでしょう。
紘に言った言葉は深いですね・・・。

えっと、なんとか(うちの地域では)11話放映前に書きました。
でもなんか書き直したい・・・う・・・。難しいなぁ。
スポンサーサイト
[ 2007/12/18 23:30 ] ef-a fairy tale of the two | TB(0) | CM(0)

ひぐらしのなく頃に解 24話

祭囃し編 其の拾壱 オシマイ

葛西の狙撃のおかげで、富竹は無事雛見沢を抜け出し番犬の出動要請をした。
裏山では、小此木が負けを認めつつも最後の抵抗をしようとしていた。
そこに番犬部隊があらわれ、鷹野たちの敗北は決定的になる。
小此木は野村の指示により、鷹野に死ぬことを求めた。
鷹野は逃げ出した先で羽入と部活メンバーに会うが、自らをババ抜きのババに例えて銃を撃つ。
銃弾はそれ、番犬が鷹野を包囲するが、富竹があらわれ鷹野を保護する。
すべて解決して綿流しの祭りを終え、梨花と羽入はそろって昭和58年の7月を迎えるのだった。


葛西すごいですね~。
あと園崎家御用達の防弾リムジンも素晴らしい。
前回の引きのわりにはあっけなく突破しました。
富竹が入っている電話ボックスの前でまわりを警戒してる赤坂がなんか面白かったです。
そんな警戒してるのに番犬は戦闘に特化した部隊、とか街中で言わんでw

小此木は部活メンバーに敬意を表して魅音に名前をたずねます。
このメンバーがいれば世界のどこだって退屈しない、と言い切る魅音は格好いいですね。好きです。
「かぁいいモードの竜宮レナ」って小此木には意味わからなかったでしょうねw
番犬とともに赤坂もあらわれました。
梨花ちゃん飛んでったよ。わぁ。可愛かったからいーや。

研究の内容なんてどうでもよかった、っていうのはひどいですね・・・。
まあ野村はハナっから利用する気しかなさそうでしたしねぇ。
非常にどうでもいいですが小此木が色々な表情を見せてくれたので、小此木表情集、なんてのがあれば見てみたいかもww

羽入に会った鷹野は「生きていていい」と認めて欲しかっただけ、と打ち明けます。
それって人が生きていくうえですごく基本的な願いですよね。
それを切実に願わざるをえなかった鷹野は悲しいです。
「どうせ私は許されない」につながるのもそのせいな気がします。
羽入が魅音をかばって前に立ち、銃弾が放たれますが、なんとそれちゃいました。
あっれー?
でも銃ってそんな簡単にあたるもんなんですかね?鷹野はただの研究者なんですし。
雨に降られて、は たかのん幼少期の再現っぽいし、髪の毛とか濡れてるのはどきどきしました(えー?)

部活ではババ抜きはやらず、ジジ抜きをやるらしいです。
本来イレギュラーな存在な羽入が加わったから鷹野もババをひかなくていい、ということですね。
「この世界に敗者なんかいらない」はすごく好きな台詞です。
番犬が鷹野を連行しようとしたその時、富竹があらわれます。
実は活躍シーンは減ってますが、それでも十分格好いい役回りです。
思わず心の中で「キターー!」とかw
個人的には鷹野は発症してないけど、富竹が機転をきかせたのかなと思っていましたが。
鷹野の悲しい願いを受け止めてほしいです。

綿流しの夜も何事もなく過ぎて、やってきたのは昭和58年の7月。
梨花ちゃんと羽入が二人そろってカレンダーをめくって微笑みあいます。
この描写が最高でした。見続けてきて良かった、と思いましたよ。

Cパートはお子様ランチの旗、ですか。
辛い思いをたくさんした鷹野にも救いを、ということで、IFの世界っていう位置付けでいいと思うんですが。
3期決定とのことですが、これは絡んでくるんですかね?
ていうか3期は何をやるんでしょうか?賽殺し?
梨花ちゃんは成長したら美人ですねー。もっともあれは梨花ちゃんというより、・・・ですかね。
2期は大人レナもでてきたし、大人沙都子も見てみたいですねw

なにはともあれ最終回です。
放送中止になりそうになったり文句を言ったり色々ありましたが、最後までやってくれたことに感謝です。
前回の文句は、なんというか・・・思い入れがありすぎると危険です^^;
端折られたシーンに思い入れがあると なお危険です。
それに自分の状態が悪いとだめですね。
以後気をつけたいと思います。失礼しました。
[ 2007/12/18 18:50 ] ひぐらしのなく頃に | TB(22) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。