箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

efのEDでつらつらと。

11話のラストが衝撃的で、見た後はどうしよー!な状態だったわけですが(汗)
(どうもしなくていいし)
今はそんなに12話のことを心配してなかったりします。

11話のEDは千尋でした。「空の夢」。
アレンジヴァージョンでしたね。
詞が違ってました。2番かな?
4話と11話のしか聞き比べてないんでこれ以外は分からないのですが。
でも多分詞が変わったのは11話だけ・・・ですよね?
この歌の作詞は原作ゲームの脚本書かれてる方なので、そのままずばり千尋の物語だと思います。
(どのEDも そのままずばり物語な気がしますが)
で。
これまでの千尋の歌は蓮治少年とのお別れを歌ってるようにとれますが、11話EDはハッピーエンドを期待させるものになってました。
最後に「ふたりで」って歌われてたので。

この歌儚げで好きです。買おうか迷ってますが・・・ED集とか出ないかなー。

みやこの歌は「I'm here」。10話のサブタイでもありました。
みやこのはみやこヴァージョンとヒロイン3人が出てくるのがあるので、これがメインEDなのでしょうか。
ヒロイン3人、それぞれをフィーチャーした(?)花がかかれてますね。
あんまり花詳しくないですが調べてみました。

みやこ―マーガレット
「恋を占う」「心に秘めた愛」
景―カラー
「素敵な美しさ」「乙女のしとやかさ」
千尋―椿
「謙遜」「申し分のない愛らしさ」「理想的な愛情」
うっかり強調w
合ってるようなそうでないような。

各CD、それぞれ音楽用語がついてました。2番目の意味は音楽用語じゃないです。
千尋は andante。「歩く速さで」。「今の」って意味もあったり。
みやこは adagio。「緩やかに」。「慎重に」ってのもあり。
景は vivace。 「速く」。「快活な」ってのも。

何が書きたいのかよく分かんないものになりましたが、発見だったんでw
AHA体験?ww
スポンサーサイト
[ 2007/12/20 19:20 ] ef-a fairy tale of the two | TB(0) | CM(0)

ef-a tale of memories 11話

ever forever

千尋は小説を書き上げ、蓮治と一日だけの恋人、としてデートをする。
楽しく一日を過ごした後、千尋は蓮治に小説を読ませる。
その結末は悲しいものだった。
そして千尋はその結末通り、「蓮治と過ごした自分」の日記を屋上から投げ捨てた。


どうなっちゃうんだよー!(つд`)

デートは楽しそうだったのに。
でも危ない部分をはらみつつの楽しさではありました。
まず映画。
どんなラストだったか激しく気になるんですがw
「ティッシュ・・・いる?」「意地悪です」のやり取りが最初の頃みたいで微笑ましかったですよー。
しかし貸すならハンカチだろう。

火村さんに学校の屋上の鍵を譲り受けたので、二人で学校に向かいます。
千尋から、手をつないでもいいか、と聞きました。
「前の」千尋の記憶はもうないけれど、やっぱり千尋は千尋です。
手をつなぐ、のことは日記にも書いてませんしね。

屋上の景色は素晴らしいものでした。
はしゃぐ千尋を蓮治少年は心配しますが、あなた父親ですかw
ここで少年が千尋に告白します。
ちゃんと言ったのは初めてだよね?
「歯が当りました」w そして日記には書けないことも。
え、屋上で?!まだ寒い季節なんじゃ・・・・風邪引くよー?

この日千尋と会ってから13時間が経過して、デートの記憶は少しずつ消えていきます。
そして一日が終わった後、千尋は少年に小説を読むように言います。
関係ないけど無断外泊(?)が気になってしょうがなかった・・・
寂しさを知ってしまった女の子は、全てを焼き尽くし、自分をも消す。
そんな結末でした。
なんて悲しいんだろう。残酷ですらあります。
でも女の子にとって幸せというのも否定できないです。・・・私は。

小説はそのまま千尋と少年の話でした。
本当に飛び降りちゃうのかと思いましたが(汗)日記でした。
自分自身を「がけから捨てた」わけではないけれど、そうともいえる行為。
EDはこの場面を示唆してたんですね・・・。
少年への想いゆえ、と思うとやりきれないです。
舞っていく日記がきれいに見えて、よけい悲しかったです。

相手が自分の心から消えないうちにお別れ、ってのはちょうど みやこと逆ですね。
どこにも行けない千尋。廃線になった駅にいたことも象徴だったんだ・・・。
確か3話の時も書いたけれど、千尋にとって大きなことだと思う少年との出会いをなかったことにしてほしくないです。
少年にとってもとても大切な出会いだと思うので、千尋の方でなかったことにしてほしくないです。
一回全ての記憶が消えた状態の千尋を見て、それでも少年は好きだと言いました。
それが少年の出した答えだったわけですよね。
次回、どうなるのかな・・・。
[ 2007/12/20 18:21 ] ef-a fairy tale of the two | TB(0) | CM(0)

バンブーブレード 11話

アニメーションとドリーム

まだ見ぬ5人目の名前を思い出せない紀梨乃。
メンチカツとコロッケで買収。それは完璧なのか?ていうか買収?
2年生コンビは仲いいですね。

みやみやの憂鬱は礼美を見たことで再発。
うっかりダンが格好よく見えてしまってやばいですww
ダンの目の奥(中?)には何が潜んでいるのでしょうか。意外と深い男・段十郎。

礼美はユージをみやみやの彼氏と思い込んで不良にカツアゲさせようとします。
一体礼美は何を見てたんですか。
前回「あーん」をやってた相手はダンだし、ユージとは一言も喋ってないですよ?
なんか・・・多分ダンは視界に入ってなかったんだろうw
カツアゲの危機にさらされたユージですが うまいこと回避しました。
竹刀ならともかく孫の手ってどうなの。
逃げ帰った不良は光速ビンタの憂き目にw
いっそ礼美が直接カツアゲしに行けばいい。

紀梨乃とサヤは5人目の名前を教えてもらって、図書室に探しにきました。
発見できたのは珠姫のみで、うるさかったため追い出されました。
筋骨隆々の女子かどうかも疑わしい東さん(偽)の声がめちゃ可愛くて吹きました。
クロちゃんの比じゃない。

珠姫の読んでいた本はタニグチゴロウ氏の著書。
来年のを製作中って。え、ちょ・・ギアス?
キャスト欄に(新人)ってついてたんですがw

幼少期のリボンをつけた珠ちゃんがかわいい回でした。

レンタルマギカ 11話

死者に咲く花

冬虫夏草の採取を依頼されたアストラル。
いつき・まなみ・穂波の3人で墓場へ採取に向かう。
しかし冬虫夏草は自分のものだと主張する男があらわれて―。


突然地中から出現する まなみさんw
どうして彼女は土の中にいたんでしょうか。

今回の依頼人はディアナさん。見た目怪しい人です。
そういえばアストラルって魔法使い派遣会社でしたね。
冬虫夏草は人の骸に咲く花で、記憶を糧とするらしいです。
なんでキノコと同じ名前なんでしょ。違う名前にすればややこしくなくていいのに。
記憶で咲く花かぁ・・・。人によって色とか大きさとか変わるんでしょうか。

正当な持ち主だと主張する男は、死体を使っていつきたちに襲い掛かります。
火葬だから使えない、みたいなこと言ってた気がしますが骨だと具合悪いんですかね。
死体を使うという冒涜にいつきは怒りを覚えます。勝手に使われるの、自分だったらすごい嫌です。
というわけで渋々だった仕事にもやる気を出しました。

でも いつきって甘いです。
そこが彼の良いところであり命とりなところでもあります。
穂波の言葉から、魔法使いの業界は結構シビアであることが伺えます。
いつき父だってキレイな仕事ばかりやってたわけじゃないでしょうし。
今回はディアナさんも いつき父も真っ当な理由で(?)冬虫夏草を扱っていましたが、そうじゃなかったら いつきはどうしたんでしょう。
もし男(名前なんだっけ・・・)にいつきが納得するような目的があったら渡しちゃったんじゃ・・とか思いました。
まー甘さのなくなった いつきは主人公にはなれないでしょうけどね~。

戦闘は、グラムサイト発動→穂波、まなみの援護→いつき正拳突き、でした。
なんでとどめ(?)がいつきの拳なのか不思議です。
だって非力そうだしw
まなみの能力も発動してました。この回で会得したっぽいですね。
まなみスポット回かなーと思うのですが、妙にかすんでしまったかんじ。

原因はこの人、ディアナさん。
怪しさ大爆発で怪しい理由があってアストラルに来たと思ってました。
喪服のあたりで この人そんな悪い人じゃないかも?と思い出し、
「おかあさん」で胸打たれました。若干誇張。(え
最後は大人の魅力で若人を惑わします。当らずとも遠からずかな、とw
アディがいないのが惜しまれますね。
大変だね いつき。

ぼんやりしてるうちにユーダイクスの話は終わってしまいました。ははは。
夜の0時からって見づらい時間帯なんですよねぇ。
[ 2007/12/20 08:28 ] レンタルマギカ | TB(3) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。