箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スケッチブック full color's 13話

ひとりぼっちの美術部

前半はお花見。
OPをバックに、いつものまったりした雰囲気のなかおこなわれてます。
ここにきて新キャラ(?)が登場です。
画面外から声だけ聞こえてきて んん?と思ってたら。
なんか今までも密かに出てたらしいですが。分かんねえよw

一つだけ三分咲きの桜を見て、先生はみんなで暖めようと言います。
それでも咲かなかったので(そりゃそうだ)、根岸先輩に応援させます。
頑張れww

お花見の後、空はみなもから以前とったみんなの集合写真をもらいました。
根岸先輩に渡したら、卒業まで忘れていそうです。なんか鞄の底でグシャッ・・・とか。
そういえば部長は3年生ではなかったんですかね?

後半、空は美術室に一人で部活動です。
みんな訪れては立ち去り、というかんじ。
空閑先輩の言葉がそっくりそのまま「スケッチブック」というアニメのことみたいで、最終回だし ちょっとしんみりしました。
みなもからもらった写真を見ながら、みんなのことに思いを馳せて絵を描きます。
いつもスケッチだったのに、今回は色をのせました。
やっぱり色がつくと素敵です。

帰り道、夏海と葉月を見かけます。
空に気づかずに行ってしまいそうで、空はもじもじと逡巡します。
自分から声をかけたのには驚きました。
さらに喫茶店でも、声に出して自己紹介しました。
マイペースでも、ちゃんと花は咲く。
ほんのちょっとの、だけど大きな空の変化は本当に微笑ましかったです。

ほんわかまったり時々ギャグ。
今期の癒しアニメが終了してしまいました。
後番ARIAって。
見た後には、自然と笑顔になれるアニメでした。ちょっと心がほぐれるような。
二期があったらまた見たいです。

涼風コンビもひとまず見納めです。寂しーい。
なんでカンパン流してんのww
スポンサーサイト

ef-a tale of memories 12話

love

デートが終わってからとっくに13時間経ち、蓮治は千尋を想って悲しみにくれる。
蓮治は千尋のことを忘れられないのに、千尋は忘れてしまったようだった。
ショックを受けるが、千尋の日記の紙飛行機を見て散らばった日記を集めに走る。

アバン。千尋のモノローグで最終回は始まります。
千尋は少年との全てを「書き間違い」といいます。
それが正しいとか間違ってるとかじゃなく、そうせざるをえない状況が悲しいです。

OPからやってくれました。
日本語、カップル成立(なんか違うかんじが・・・)、鎖から解放。
OP見ててドキドキするのも珍しいです。

火村さんに「終わったんだよ」って言われました。
火村さんに言われると重みが違う気がします。
おまえに「も」って言ってたのが気になりました。
やっぱり優子は故人なの?そうなると思い出すのが音羽は震災から復興した街だってこと。
この世にあるのは、偶然と必然、それと自分が何をするか、だそうです。

久々登場の久瀬さんに励まされました。
想いがなければ何も叶わない、と。

それでも踏み出せない少年ですが、千尋の日記の紙飛行機を見て行動を開始しました。
千尋の記憶は消えてしまったけれど、日記そのものは消失したわけじゃないです。
日記があれば、またやり直せます。
もう一度最初から出会いなおすのかなーとか思ってたのでちょっと意外でした。
まだ全然足りないけど、もう一度千尋に会いに行って決意を伝えます。
少年ぼろぼろでした。うん・・・あんまし運動神経よさそうじゃないしね。
千尋の台詞を思い出すだけで鳥肌たちそうなんですが!
曲もeuphoric field→悠久の翼になってテンションが上がりました。

日記がなくても千尋はちゃんと覚えていました。
翼が生えて鎖から解き放たれる演出もすごかったです。
OPで解放の絵がないのは千尋だけですが、その辺も最初から全て込みの演出だったのかな。
13時間一度も思い出さないなんてできなくて。
記憶障害に負けない、忘れられないものができたことが解放ってこと。
千尋の「euphoric field」は少年のそばってことかなー。
この二人本当に好きです。なんか見てるだけで笑み崩れそうな。

coda dream

euphoric fieldにならないなーと思ってたんですが、こういう形で完成しました。
後日談でした。
みやこと紘はすっかりラブラブ・・・というか新婚さんのようですね。
紘のことを名前で呼んでたのが妙に照れました。なんで私がw
景と京介は・・・どんなだろう。別につきあってるわけでは・・・ない?
「ついてきてよね」は告白っぽかったですが。
千尋は少年のとってくれたぬいぐるみを見て微笑み、少年は千尋とのことを小説にしようとします。
進路希望調査書には、小説家、の文字が。
「それは、45秒未満の邂逅だった―」
この時の音楽はヒロインそれぞれのEDでした。のっちゃう。
ラストはちょっとくどかった気がしないでもないですが。

EDは悠久の翼。
しかも優子ver。おおぅ。
Cパートで出会う優子と火村さん。
この二人の関係も気になるところですが、アニメは千尋の話がメインだったと思うので。
関係を匂わせる、このくらいでよかったです。
[ 2007/12/27 20:20 ] ef-a fairy tale of the two | TB(0) | CM(0)

レンタルマギカ 12話

聖夜に捧げるレクイエム

いつきが誰かにクリスマスプレゼントをあげようとしていることを聞いた穂波とアディリシアは、いつきを尾行する。
二人とも自分かもしれないとドキドキしていたが、プレゼントの相手は幽霊の少女だった。
穂波を探しに来たまなみも加わり、三人でいつきの後をついていくと、いつきは教会の中へ入っていく。
呪波汚染が発生しており、いつきが誘い込まれたと思った三人はアディの魔法で教会に乗り込むが・・・。


穂波とアディは勘違いでした。
なんていうか、二人が期待してる時点でプレゼントの相手ではないのは確定ですからね。
尾行っていうかストーカーっぽいです。
いつきは いつぞやの神社でバイトをしていたらしいです。
社長なのに・・・。
裏口から出て行ったので、実は尾行に気づいてるんじゃないかと思いました。

幽霊の少女とともに教会へ入ったいつきを助けようと乗り込んだ三人。
ものすごい場違い感がなんともいえませんでしたw
子ども達の過去が挿入されました。
あれって、まなみの能力で、彼女が見せたのでしょうか?
神父さんがいないのはちゃんと召されたんでしょう。
キリスト教なので断じて成仏ではないですねw

いつきが提案したプレゼントは、歌。
あれ、じゃあもしかしてバイト代は未使用でいつきの手元に・・・?
恥ずかしがっていた穂波とアディですが、まなみが歌いだしたのでみんなで歌います。
あと魔法でイルミネーションっぽいこともやってました。
やっぱり手品師の認識は変わらない・・・!
それに指揮はいらんやろ。
いつきたちのプレゼントのおかげで子どもたちも召されていきました。
呪波汚染の核はクリスマスプレゼントの人形でした。
なんか悲しいなぁ。無害な呪波汚染もあるんですね。

アストラルに戻ると、クリスマスパーティーが開催されました。
今まで関わった人が招待されていて、最終回みたいでした。
おまけにEDはアストラルのみなさんverだし。
[ 2007/12/27 19:37 ] レンタルマギカ | TB(1) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。