箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナイトウィザード The ANIMATION

高校生たちが外世界からの侵略者を相手に、魔法を駆使して戦うアクションコメディ――。
あらすじを読んだ時は、全く見る気がしなかったんですが、スケッチブックの後にやっていたので流れで見始めました。
TRPGが原作らしく、興味ないしどうかなーと思ってたのですが。
そしたら意外や意外。はまってしまいました。面白かったよ。

王道路線ですが王道を貫きとおしてくれたかんじで、見ていて爽快でした。
主人公は柊、ヒロインはエリス。
でも柊の相手はくれは。そんな不思議な構図。
味方だった人たちが ぐるっと反転するように敵にまわってしまい、でも最終的にはまた協力して、っていう展開はすごく私好みでした。
13話できれいにまとめてきました。
ナイトウィザードシリーズを知ってたらもっと楽しめたんでしょうが、知らなくても十分楽しめました。
キャラクタ―もそれぞれ個性的で、すでに何作かあるせいか行動原理が揺らいでないと感じました。
みんな総じていいキャラしてました。
ゲストさんは毎回豪華でしたね。
全キャラ中 一番吹いたのはナイトメアでした。出てくるだけで吹くほどに・・・。ドリ――ムww
以下キャラ語り。

○柊
とにかく熱い男でした。
多少大人気ないところもありましたが。
「ひねくれ者の天才よりは 朗らかなバカの方がマシだ」ってことで。
最近熱い男に弱いのかもしれないです。上の台詞の人物も熱かったですねー。大好きだー!あ、圭ちゃんも熱いかな。
うん、ひねくれ者の天才も好きですが(ヲイ
現実にいたら多分暑苦しいでしょうが(なんてことを!)見てる分には気持ちよかったです。
ヒロインのピンチに助けに来たり、世界を敵にまわしても守ってくれたり、危険をかえりみずヒロインを救いにいったり、ある意味女子の理想っぽいですかね。
とりあえず卒業おめでとうw 下がる男の汚名返上。
上がる男ってのも微妙だと思うが。

○くれは
エリスがシャイマールと判明して後、柊は迷うことなく世界よりエリスを選びますが(そこが柊のいいとこ)、くれははエリスと柊を天秤にかけた結果、柊を選びました。
エリスを裏切った形になりますが、ここのくれはの気持ちは結構分かりやすかったです。
柊とくれははお互い言わないけど淡く想いあっていると信じているのでw
12話冒頭の幼少期のエピソードがいい味出してました。
そもそも視聴継続させたのは柊とくれはの関係でしたし。
いや、・・・EDのあの絵にめっちゃ萌えたのですよ(笑)
ところであんまし「はわはわ」言ってる印象がなかったのですが。

○あかりん
中の人がアンゼと二役なので、アンゼがいる時はあんまし喋らないのが悲しいところw
11話の行動や気持ちがいまいち伝わりづらかったのは、私がシリーズを知らないからでしょうね。
くれはとあかりんはエリスか世界の誰かを天秤にかけて、エリスの敵にまわってましたが、くれはが誰と天秤にかけたか分からなかったので。
多分病院で寝てた子でしょうが、あかりんとの関係とか分かんないし。
赤髪・赤目って、ビジュアル的に好みでしたw

○キリヒト
うーん、悪い人(・・・人?)でしたね。まあOPでバレバレですw
でも憎めないキャラでした。中の人好きだし。
なんとなく、世界か自分か、終わるのはどっちでもよかったんじゃないかなって思ったりしました。

○ベル・リオン
まとめちゃってごめん。
魔王の名にふさわしいキャラでした。引き際も鮮やかだったし。
アンゼとは対立してるけど、憎みあってるわけじゃないってのが好きです。
利害が一致するなら手も組めちゃう柔軟さがよいです。

○アンゼロット
ええと、あれは名言かとww
時に冷徹な命令を下しつつも みんなに好意をもってて板ばさみになって苦しんだり(中間管理職w)、一方でなかなかお茶目で愛嬌があったり。
ずーっと後にキリヒトみたいになったら悲しいです。ぜひ貴女はそのままでw

○エリス
書くのが難しいですね・・・。というのも私はエリスに同調して見てたので。マドレーヌ焼けないけど。
みんなが輝明学園の制服着てるのに、エリスだけずっと白い制服で、そういうところでも「異質」なかんじを出していたのでしょうか。
最後、ちゃんと輝明学園の制服を着られて良かったです。
個人的には前の方が似合ってたと思うけどw 帽子かわいいじゃないですか。
シャイマールは世界を滅ぼし尽くす存在なのだし、もっと禍々しい姿の方が似つかわしいんじゃないかと思ってました。
でもあれは さなぎみたいなかんじなんですね。
羽化するようにエリスが出てくるシーンはなかなかに美しかったです。


感想書いてなかったので、書きたいことがたまってたんでしょうか。
ちょっと小説にも手を出したくなってしまいました。
TRPGは・・・・ひとりじゃできないからなぁ。
あ、CMも楽しかったです。テンション低すぎw
スポンサーサイト

Myself;Yourself 13話

きずな

菜々香は失った記憶を全て思い出した。
それはあまりに重過ぎる記憶で、その日から菜々香はひきこもってしまう。
佐菜は毎日のように家を訪ねるが、いっこうに会えずにいた。
そんなある日、菜々香が自殺を図ろうとしているのを見つける。
目覚めた菜々香はまだ心を閉ざしているが、佐菜は自分の過去を話し、再び菜々香と心を通わせた。


いや、本当に重い過去でした。
実は菜々香がヴァイオリンの先生の子どもで、それがきっかけで菜々香の家庭は崩壊。
しかもその現場を見てしまった、なんて。それは封印したくもなります。
出火場所って洗面所じゃなかったっけ?記憶違いかな?

菜々香母の行動は
桜庭さんと別れて神主さんの弟と結婚→既に菜々香を身ごもっていたことを知るが、弟に打ち明けず出産→
桜庭さんに菜々香のヴァイオリンの先生を頼む(この辺で桜庭さんに打ち明けた?)
こんなんかな。どうにも納得できなかったので考えてしまいました。
どうして弟が菜々香が自分の子じゃないって気づかなかったのか疑問です。
いや、出産時期とかで、ねぇ?
出産前に両方と関係があったらどっちの子どもか分かんないじゃん。
ていうか設定ありきで作られたエピソードってかんじがしてしまって、どうにも素直にのみこめなかったです。
これは後の菜々香リスカもそうだけど。
もうちょっとその「作られた」感を隠してほしかったです。

神主さんはやっぱりというか、犯人じゃなかったですね。
ミステリーのように、怪しすぎる人物は犯人じゃない、と。
マイユアだったら本当に犯人が神主さんな鬱展開もあるかも、と心配してましたがw
そういえば以前出てきた刑事さんが言ってた「神主兄弟が言い争ってるのを見た」ってのは、今回出てきた飲みのシーンを指してたんでしょうか。これも伏線回収?

桜庭さんはハタ迷惑な人でした。正直そう思いました。
穿った見方になりますが、罪の意識に耐えられなかったってよりは弟に一矢報いてやれってかんじがします。私ってひねくれもの。

さて、我らが主人公の佐菜は雨の日も風の日も(?)菜々香に会いにやってきます。
菜々香の知らないところで すっかり公認の彼氏です。
菜々香のリスカ現場に居合わせ、見事彼女を助けたのはGJでした。
彼女は素直に助けを求めるのが難しいんだろうなぁ・・・。
というわけで佐菜が過去を語ります。
この辺りは絡め方含め予想通りでした。
佐菜が「死ななくてよかった」としている理由に微妙な違和感を感じつつ、菜々香は真摯な気持ちを分かってくれたようで良かったです。

CM。ハートフルラブストーリーって、自分で言ってて寒かったんじゃないだろうか、小清水さん。

10年後・・・・
・・・え?これにはぶっ飛びました。
菜々香のヴァイオリンのコンサートの日の話。

雛子変わらないです。リアルに10年後の雛子くらいな年齢な私から見れば、ツインテールはきついです。
あれはツインテールじゃないんだけど。
どうやら あさみの親戚の陽太とつきあっている様子。年下にも大人として扱ってもらえない雛子w
最初陽太が誰か分からなくて、真剣に悩みました。まさか佐菜の子ども?とかw

あさみと麻緒衣はそろって登場。
ここは好きでした。登場人物のその後は気になるので、こんな形での補完も悪くないです。
あさみが頑張ったのは朱里への罪滅ぼしですかね。
前回全く出番がなかったのが役割的に不満だったので、彼女のその後に思いを馳せられて良かったです。
一緒に出るのが麻緒衣だってのも、幼馴染の中ではあさみを受け入れる度量があるのは彼女だと思うので納得です。
ここしか出番がなかったけど・・・それはしょうがないかなw

修と朱里も来てました。
え、あれじゃ本当に禁断の関係になってしまったように見えるんですが・・・・

佐菜はとうとう菜々香にプロポーズしました。
もちろん返事はOKです。柚希先生からキャラメルもらえました。先生も頑張ってね。
菜々香が演奏した曲は、いつか佐菜に送った曲。
ヴァイオリンの音色にのせて、物語は終了。


ヴァイオリンがEDの方が良かった気がしますが。
なんだかんだで楽しく見ていました。
個人的には佐菜と菜々香の話をもっとつっこんで描いてほしかったんですが。
さらに欲を言えば、OPみたいにみんなが仲良く楽しくいられたのが理想。
テーマは「変わるもの、変わらないもの」だと思うので、過去にかかわりのない雛子やあさみが出張りすぎたかんじもします。
アニメではメインヒロインが菜々香で固定なのだし、その辺深く掘り下げてほしかったなーって。
とは言えあさみの動向は見ごたえがありました。
双子の話も菜々香が空気でしたがぐっときました。
なんだかんだ言っても最後まで見てしまったし、純粋に応援したくなったし、ハッピーエンドで安心しました。
感想かいてて、やっぱりこのアニメ好きだと思いました。
しかし私は佐菜に一言いいたい。
10年も菜々香を待たせるなよ!
多分菜々香はずっと待ってたよ。そして叔父さん夫婦はじれったくてやきもきしてたよww

最後の提供が、いつか麻緒衣が佐菜に作ったケーキでした。
スタッフさんの愛を垣間見れた気がして◎でした。
[ 2007/12/29 18:33 ] Myself;Yourself | TB(1) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。