箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカイガールズ 26話

それぞれの・・・

スカイガールズが解散され、それぞれもとの生活に戻ったり新しい生活を始めたりしていた。
そんなある日、冬后から手紙が届く。
それは、新設のソニックダイバーレスキュー隊の記念式典の招待状だった。


瑛花はまたパイロットに戻っていたようです。
飛崎さんの部下とのやり取りが、1話のツンケンしてた時とは全然違いました。
父親のことも、父親が提督であることも受け入れられたみたいです。

可憐は復学してました。
おお、なんと久しぶり弥生さん。男性とも話せるようになったのね。
もう性別とか気にならなくなったのかな。たくみ頑張れ!!

エリーゼは決戦前の言葉どおり、源さんのもとで暮らしています。
やべ、制服がマジで可愛かったです。
なんかいいよ、幸せだよ。でも源さんはずっと「源さん」って呼ばれてるんですね。

音羽は再び海女さんに。そこに双子がやってきて、冬后さんからの手紙を渡してくれました。
双子の演説(?)が楽しいw
また追浜に行くことを、おじいちゃんがすぐに認めてくれました。

夕子先生は診療所を開いてるみたいで、七恵さんはまだ軍人だけどヒロ君と進展があった模様。
ごちそうさま。

たくみは退役してお母さんのお店を手伝っているみたいです。
相変わらずカメラ小僧で、兄様建築の建物も写真にとっていました。
そこへ兄様登場!でも最後まで顔は分からずじまいです。
なんてニアミス!と思ったけどすぐに可憐と会えましたね。

瑛花は新生ソニックダイバー隊の教官として辞令がおりました。
新しいソニックダイバーは遺伝子関係ないみたいですね。
音羽以外が集まって挨拶を交わしてたところ、僚平のバイクで音羽登場。
急に暴れたから事故ったww え、怪我しなかったのー?
音羽は忘れてましたが、視聴者は覚えてたよね?僚平との約束。

そして恒例のお風呂。
ついに七恵さんとも一緒にお風呂に!初めてですよね。
ここまで序盤と比べると楽しいです。
みんな変わって、その変化が心地いい。

相変わらず副長の話は長かったw
この式典が終わったら、ソニックダイバーは記念館に送られ、もう乗ることはないそうです。
形が残るのは嬉しいですが、乗れないメカってもの悲しいです。
そして最後のフライト。
戦闘とか関係なく飛ぶのは冬后さんの夢。
整備士とのやり取りも好き。

零神が飛んだとき、今まで眠ったままだったアイーシャが目覚めました。
ゼロは特殊でしたしね。
ベタだとか思いつつ、この辺が「らしさ」だし、安心して見れるとこなんですよねぇ。
半年間のブランクなどものともせず、見事な飛びっぷりです。
ハートも懐かしいな・・・。

EDはいつものでした。
マイユアの時は通常EDじゃない方が良かったけど、スカイガールズはこれで良かったです。
なんか・・・不思議な中毒性がないですか??
いやまあ、名曲だとは思ってないんですがw (失礼)
OPは名曲。

一話まるまる使ってのエピローグです。
余裕のあるスケジュール進行っていいよねw
いつも安定していて、見ていて本当に安心でした。
ワーム決戦はさらっと終わっちゃったけど、あれは音羽が優希と戦う決意を固めた時点で勝ちなので。
今までの描写の積み重ねが今回のエピローグにきれいにつながってました。
いや、いい作品でしたよ。
正直突出して面白いってアニメではないですが、私はすごく好きでした。
みんながちょっとずつ成長していくのが丁寧に描かれていて。
めずらしくフィギュアが欲しくなりましたw もちろん、ソニックダイバー付きで!
スポンサーサイト
[ 2007/12/30 22:29 ] スカイガールズ | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。