箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々
月別アーカイブ  [ 2008年02月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

true tears 8話

雪が降っていない街

眞一郎と乃絵はつきあいはじめた。
乃絵は眞一郎が雷轟丸の絵本をかいていると知り、続きをせがむ。
少しずつ紡がれていく、雷轟丸が空を飛ぶ物語。
一方、比呂美は現在の状況に耐えられなくなり家を飛び出した。
兄ちゃんに 雪が降っていない街に行きたいと言い、二人はバイクで走り出す。


○眞一郎と乃絵
とっても可愛らしいです。
「いつでも空を見ていてほしい」の言葉に、今までと違う空の見方を発見した眞一郎。
絵本をかいていることを笑ったりせず、純粋に感激して喜ぶ乃絵。
寝癖のとさかは幸せの形w
絵本を聞きながら祈るようにしていた乃絵が印象的でした。
少しずつ心が近くなっていくのかな、と思って笑み崩れそうですw

でも不安材料がないわけでもなく。
乃絵の眞一郎に対する期待が大きい、もしかすると大きすぎること。
眞一郎が比呂美と兄ちゃんに対して複雑な感情を抱いていること。
早くも来週危機がおとずれそうな気がするんですが;

○比呂美と兄ちゃん
意外とこの二人お似合いかも、と思うのは私だけでしょうか。
似てるというか近いというか、そんな印象なのでよく理解し合えるんじゃないかなーって。
兄ちゃんがゲームをもちかけたところ、惨敗しました。
ていうか勝負にならないw
乃絵のこと語ってたら、比呂美に「シスコン」と言われて動揺してました。
あんな顔もするんですねーww
どこか捻れた関係(?)の二人ですが、ここのやりとりは素のままのようでした。
いつでも自然にああいう会話ができればいいのに。
兄ちゃんはゲームをもちかけてまで何を聞きたかったんでしょう。

「どこ行きたい?」「雪が降っていない街・・・」
繰り返される会話、二回目の比呂美の台詞はゾクッとしました。
しかし比呂美って結構 破滅的です。
予告にパトカー映ってましたけど・・・え・・・。

○眞一郎の両親
母、相変わらずです。
なんと比呂美にも感染(?)してしまいました。
母親同士、近い性格の人たちだったのかな?
思うように感情をコントロールできなくて、本心からでない言葉を言ってしまったようです。
比呂美と兄ちゃんの会話でしたが、そっくりそのまま母に当てはまると思います。
難儀な人ですね。
とすると、兄妹疑惑は否定されたといってもいいんじゃないでしょうか。
次回あたり そろそろ本音を語ってくれそうなので期待です。

久々に父が出てきてフォローしてました。
けど ぬる~と思ってしまいます。
いじめに気づきませんでしたっていう教師みたいな。たとえ悪すぎかな。
でも母の性格知ってるだろうし、比呂美の父が誰かってのはよく分かってるはずなので、もうちょっとうまく家庭内の状況を良くできないのか、と歯がゆさを感じます。
当事者なのに積極的に関わってこないからですかね。
理解のあるいいお父さんなのだし、もうちょっと動いてほしいです。


冬の終わり、と終着点が示されました。
なんかちょっと不安を掻き立てられるのですけど・・・・。
みんなが穏やかに春を迎えられたらいいです。
true tears vol.3次回のサブタイの台詞、愛ちゃん?ものすごく自信がない・・・
スポンサーサイト
[ 2008/02/26 23:56 ] true tears | TB(5) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。