箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

true tears 9話

なかなか飛べないね・・・

比呂美と兄ちゃんを乗せたバイクは案の定 事故った。
心配した眞一郎と乃絵が駆けつけ、眞一郎は比呂美を抱きしめた。
比呂美はこの事故がもとで停学になる。
眞一郎の両親は呼び出されるが、母は比呂美は自分達の子だ、と言い切った。
乃絵は眞一郎の気持ちに気づき、「あなたが飛ぶのはここじゃない」と言って去ってしまった。


ようやく眞一郎と比呂美の兄妹疑惑に答えが出ました。
やっぱりというか当然というか、兄妹ではなかったです。
母は比呂美にずっと辛くあたっていました。
それは自覚があったみたいだし、比呂美も頑なでした。
でも居場所がないというほど比呂美を追い詰めているとは思わなかったんでしょう。
学校での言葉は比呂美との関係を築きなおす決意、ですね。

事故現場で比呂美は眞一郎に抱きしめられました。
そこでの涙は比呂美の中でコチコチに固まっていたものが溶けて流れたようで綺麗でした。
バイクを無茶に走らせて事故ったこと、眞一郎に抱きしめられて愛情(恋愛かどうかはともかく)を感じたこと、母に仲上家にいてもいいと言われたこと、何より兄妹疑惑が解決したこと。
母も比呂美も事故をきっかけにすっきりしたみたいでした。
憑き物がおちたみたいに。
兄ちゃんはお気の毒ですが。
そうそう、容姿云々じゃなくて 初めて兄ちゃんを格好いいと思いました。
バイクより先に比呂美の心配してたので。男前ー。

乃絵は事故現場で眞一郎の気持ちを悟ったみたいでした。
「のえがすきだ」をかいた地面はもう雪に埋もれてしまっています。
そこを掘り返したところで どうにかなるわけでもないんですが。
乃絵切ないよ・・・。

とりあえず雷轟丸の絵本の続きができたので、眞一郎は乃絵に発表。
その中で、雷轟丸は本当は飛べないことを知っているけど、気づかないふりをしているニワトリになっていました。
でもこれは眞一郎のこと。
何もできないことを恐れて、踊りも絵本も挑戦できなくなりそうな眞一郎。
乃絵が去った、これは身を引いたってことですよね?
眞一郎の気持ち、比呂美の停学の原因、今の状況を「真心の想像力」で考えたら、そうするのが眞一郎にとってベストと判断したのかな。
でも眞一郎には まっすぐに信じてくれる乃絵が必要だと思いたいです。
今回は乃絵が心から笑ってくれなくて寂しかったのです。

ところで眞一郎は、今回なにに悩んでたんだろう?
女の子の気持ちメインで見てたし、思春期の男の子はよく分からんです。あれれ。
とりあえず比呂美へのハグはやって正解だと思いました。
喧嘩でこさえた傷、それは比呂美に対する好意の象徴だけど、それを乃絵におとなしく触らせるのは乃絵への好意の証明ではなかろうか。
なにやら悩んでるのに三代吉に相談してませんでしたが、不服そうでした。
三代吉も眞一郎に愛ちゃんのこと相談しないけど(できないよね)、悩んでる素振りは見せないもんね。

さて次回、色々眞一郎が向き合うのでしょうか。
向き合うためには自覚が必要、それには苦しみも伴うかもしれないので強い気持ちで臨めたらいいかな。
でも予告の声、どーも余裕がなさそうなんですよねぇ。

true tears vol.2
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : true tears

[ 2008/03/05 16:32 ] true tears | TB(4) | CM(0)

シゴフミ 9話

サイカイ

フミカはチアキたちと南の島にやってきた。
そこで祖父の墓参りに来たという少女に出会う。
彼女の祖父とはチアキが生きていた頃の恋人だった。
今回のフミカのシゴフミの差出人はその祖父で、届けるものはチアキの名も共に彫られた墓だった。


シゴフミ配達人に届けてもらえるのは、手紙だけではなく 切手の貼られたものなら何でもOKらしいです。
今回のは、墓そのものというより、チアキの名前・・・かな。
どちらにせよフミカはどうやって持ってきたんでしょう。

あと届ける相手がいなくてもいいんですね。
本来 想いを受け取るはずのチアキは既に死んでいるし。
誰に届かなくても残したかった想い、それは深くて優しいものだと思います。
チアキの生まれ育った町は姿を変えてしまったけれど、その墓はチアキが生きた証です。
チアキが来たのは偶然、ですよね。
50年ごしのプロポーズ。
想いが伝わったのは素直によかったです。うるっときた。

チアキとカナカ、夏香の3人(?)が揃うと途端に面白くなる気がします、シゴフミ。
前回の話を夏香からきいたらしいチアキ。
一部青春っぽく伝えられたようです。
とりあえず要は夕日に向かって走ればいいよ。
祖父の名前、才蔵というのを聞いた夏香は武士と思ったようで。
君の祖父母は武士の時代の人なのか?w
でも名前メモしてなくて思い出そうとしたとき、又八しか出てこなかった私って一体・・・。
又八って誰さ・・・

カナカは温泉に入ったり人間っぽい行動をしてましたが、マトマも負けてませんでした。
やっぱりカナカのお仲間ですね!
男部屋ってことで要と2人(?)きり、というのはシュールでしたw
ちゃっかり布団しいて寝てるし。
そして2人(?)して泳ぐ杖・・・。
楽しいの?ねえ、それ楽しいの!?

シゴフミ 2―Stories of Last Letter (2) (電撃文庫 あ 17-6)

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : シゴフミ

[ 2008/03/05 12:04 ] シゴフミ | TB(5) | CM(0)

レンタルマギカ 21話

白と黒のドレス

アディリシアはゲーティアの首領としては若いという理由で、結婚をすすめられる。
ならばと相手に選んだのは、穂波だった。
魔術的な意味合いのみの結婚とはいえ、二人が辛そうだったため いつきはやめさせた。
そしてアディリシアにらしくない、と言った。
その言葉を聞いたアディリシアは、協会には結婚ではなく実績で認めさせる、と晴れやかに笑った。


アディが結婚を申し込んだ時、穂波が照れたら面白いなー、と思って見てたんですが、まさか本当に穂波に申し込みにきたとは。びっくりです。
だったら別に頬を赤らめる必要ないじゃないですか!
いつきは地味にダメージを受けてましたw
でもって無意味に発動されかける妖精眼・・・もとい社長命令。
みんな戦闘準備してて笑いました。 敵いないだろw

ドレスや装飾品を見て喜ぶのは さすが女の子、といったところ。
アディが白で穂波が黒のドレス。
いつきに選ばせたので ちょっとひやっとしたんですが、なかなか上手い選び方でしたね。
髪の色に似合う、瞳の色に映える、ってなんか口説き文句みたい、とも思いましたが。

儀式当日になっても、いつきは疑問をもっていました。
穂波もアディも、いつきの前での結婚がひっかかっていたらしく、アディは涙を流しました。
というわけで花嫁二人の手を引っ張って教会を脱出する いつきw
いやー、結婚式当日に堂々と二股宣言する花婿に見えちゃいました。
だから歌が合わない合わない。

いつきの言葉でアディは吹っ切れました。
それは いつきが魔法に疎いからこそ辿り着けた結論でした。
でももっと早くその言葉を言ってたら良かったんじゃないか・・・?
穂波とアディが仲良く指輪を放り投げる場面は気持ちよかったかな。
この二人は本当に良き友ですね。

で。
やめさせた責任(?)で いつきは指輪さがしw
見つからなくても弁償費はゲーティアもちだと思うよ。

レンタルマギカ アストラルグリモア第II巻(限定版) レンタルマギカ アストラルグリモア第III巻(限定版) まあ、せっかくなので並べてみた。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : レンタルマギカ

[ 2008/03/05 11:20 ] レンタルマギカ | TB(1) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。