箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ARIA The ORIGINATION 13話

その 新しいはじまりに・・・

灯里がプリマになり、アリシアさんはゴンドラ協会への栄転、結婚でウンディーネを引退することになった。
引継ぎ作業などで忙しい日々をおくる灯里だが、ふと一人の寂しさを感じる。
けれど、みんなの素敵な未来のために、アリシアさんを笑顔で見送った。
そして灯里の新しいアリアカンパニーが始まる。


あぁもう すっごく良かったよ!

灯里にはちょっと前からプリマの実力があったけど、アリシアさんが灯里と離れたくないので先延ばしにしていたそう。
灯里の方も、アリシアさんがいなくて寂しくて泣いてしまいました。
二人が抱き合うシーンは、本当にこっちまで泣けてきました。

笑顔で送りたい、の理由が「みんなの素敵な未来に会いたいから」なのが、もうね。
寂しさにとらわれて立ち止まりたくない、歩いていたい、ってことかしら。
なんて灯里らしい、というか なんだこの素敵な理由は。
アリシアさんが離れたがらなかったのも頷けます。

引退セレモニーの日、たくさんのウンディーネが集まっていました。
アリシアさんが いかに愛されてたかが分かります。
灯里やアリア社長、たくさんのウンディーネたちに向かって頭を下げるシーンは感慨深かったです。

一人になったアリアカンパニーで(アリア社長いるけど)、灯里は、そこにたくさんの思い出がつまっていることを知りました。
でもその愛おしい思い出の中で留まったりせず、新しい、灯里なりの生活をはじめました。
新たな愛おしい思い出たちを作っていこう、というポジティブな姿勢でもあります。
灯里の素敵な未来への第一歩です。笑顔がかわいいね。

数年後・・・。
アリアカンパニーに新しい新入社員がやってきました。
誰あろうアイちゃんでした。わぁ。
「ちょっと、嬉しいだけだよ」
最後で冒頭のシーンを再現するなんて、これは きました。
それぞれ形を変えながら、アリアカンパニーはこれからも続くんでしょう。
灯里がプリマになってから、アイちゃんが来るまでの時間に思いを馳せられて良かったです。

原作をちらちら読みつつ、アニメもちらちら見つつ、でしたが、全部見とけば良かったかなーと今ちょっと後悔していますw
今回の話は、時期的にもぴったりでした。
今年は頑張らねばならない私の背中を優しく押してくれたような、そんなかんじw

ARIAは癒し、だと言われています。
単純に癒される回もありますが、私にとっては優しい気持ちにしてくれる作品でした。
ありふれた日常の中にもキラキラしたものはひそんでいるよ、って、少し世界に優しい目を向けられるような。
ARIAで感想を書こうとすると恥ずかしいセリフが出てきて困りますねw
素敵な物語を見せてくれて、こちらこそ ありがとう、です。

EDにウンディーネが流れたのは不意打ちでした。
ARIA(12) (BLADE COMICS) 買ってない分を買ってこよう。
スポンサーサイト
[ 2008/04/03 20:15 ] その他感想 08年1-3月 | TB(1) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。