箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マクロスFRONTIER 1話

クロース・エンカウンター

マクロスを見るのはこれが初めてなので、舞台設定などは一切分からないのですが面白かったです。
後半は戦闘シーンにどきどきして、息をするのを忘れていたようなw
今期の期待作その1です。
先行放送は見事に見忘れましたが これは視聴決定。

主人公はアルト、ヒロインはランカとシェリルの二人でいいのでしょうか。
キャラクターが多くってほとんど忘れましたが、おいおい覚えていきましょう。
とりあえずメイン3人の印象をば。

アルト
とっても美人さん。でも抱いていたイメージとは違いました。
けっこう子どもなかんじ?
シェリルには馬鹿な子、なんて言われてましたが、まあ・・・青いよね。
シェリルがコンサート会場から逃げるのに反発してました。
あのままシェリルが残ったところで役に立つわけでもないし、邪魔なだけなのでとっとといなくなってくれた方がいいですよ。
アルトの言いたいことも分からないではないですが、あの状況で感情論を出されても困らない?
好きになれるかはこれからの彼次第です。
ところで最初に飛んでたのって、、、紙ひこうき・・・っぽくなかったですか?

ランカ
んーーー・・・犬?(え
中の人は声優 初挑戦だそうです。
そのせいかジブリのアニメを見てる気分になっちゃったりしました;
屈託がないので見てると和むかもしれません。
携帯(?)が非常によろしかったです。
あと兄ちゃんが格好よかった。

シェリル
妖精、と呼ばれているらしい歌姫。
しかしあの口調と露出の多い衣装で妖精はなかろうよ。
かといって子悪魔も似合わないと思っています。
積極的に好きなタイプではないけれど、プロのプライドを持ってて好感はもてます。
ハプニングも演出に変えてしまうのは さすが。

30分の中でとても密度が濃かった気がします。
戦闘シーンはなんだかよく分からなかったけど(汗)凄かったです。
あの赤いのは どんだけ速くて強いんでしょう。
ラストでアルトが戦闘機に乗り込みましたが、どうやって状況を打破するのでしょうか?
次回も期待してます。
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : マクロスFRONTIER

バンブーブレード 26話

”それから”と”これから”

大会から数ヶ月。
春、珠姫たち剣道部は新入生を迎えていた。
そこに現 顧問の吉川先生がやってきて、産休に入ることを告げる。
代わりに顧問として現れたのは、虎侍だった。


お久しぶりなバンブレの感想。
今年に入ってからすっかりご無沙汰でしたがちゃんと毎週見てました。
初めて先生のことを虎侍、と名前で書いた気がする・・・。

珠姫は凛とブレイバーの映画を見に行ってました。
ああ・・・棒読みの「たーすーけーてー」は吹き替えされてしまったのねw
別れ際、凛はブレイバーを認める発言をしました。珠ちゃんも同じように返します。
お互い認め合ってこそのライバルです。
ライバルは日本語で好敵手。相手のことを好きでないとなりえません。
というのはマリみての受け売りですがw

新入生が二人、見学に来ました。
お兄ちゃんたちが使わなくなった、で もしやと思いましたが、岩佐と外山の弟と妹でした。
二人は名前で呼び合う仲。とすると岩佐と外山は幼馴染なんでしょうか。

現在の部長は なんとダン。
不思議な気もしますが器が大きそうなので もってこいかもしれません。
吉川先生はいつのまにか先輩と いい仲になっていました(!!)
そして産休の代理で先生を呼び戻しました。
吉川先生は意外と重要なキャラでしたね。

先生はなんとお面をかぶっての参上。
しばらく会ってなくて恥ずかしかったのかもしれませんが微妙に気まずいですよw
そもそも偽名が武礼葉ってバレバレじゃないですか。
でも紀梨乃のおかげで気まずさは吹っ飛びました。
この場面の紀梨乃は可愛すぎです!
前回裸足のままペタペタ先生を探してたのも かわいらしかったですが。
あれは恋なのっ?

先生が姿をくらましていた間、毎日素振りをしていたというのは なんだかしみじみしてしまいました。
最初の頃はあんなにやる気がなかったのに。
一生懸命に頑張る姿は人を変えるんですね。
発端は紀梨乃なので、抱きつきが恋愛感情からだとしても、2人はうまくいくかもしれません。
微笑ましそうで良さげ。

剣道って面白いし格好いいかもしれない、と思わせてくれたバンブレも最終回。
体育会系も悪いもんじゃないね、といいつつ体育会の飲み会には一度も参加したことがありませんw
珠姫やみやみやの成長は全体の流れにおされてサラリと過ぎてしまった感もありますが、剣道という未知の舞台なのに楽しかったです。
剣道に限らず勝負事は、人間の成長に必要不可欠なのかもしれないです。
「これから」の充実した剣道部を感じさせて、なかなか良い最終回でした。
まだ続くよ、みたいな終わり方をしましたが、あそこで止めておくのも悪くないと思います。

BAMBOO BLADE 7 (ヤングガンガンコミックス) 最後に珠姫がすれ違ったのはこの子ですね?
[ 2008/04/04 23:30 ] その他感想 08年1-3月 | TB(1) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。