箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々
月別アーカイブ  [ 2008年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隠の王 1話

原作は気になりつつも読んでませんでした。
むかーし1巻だけ読んだような記憶があるような ないような。はて。

釘宮さんと日野さんで、これは日野さんが守る方ってことにニヤニヤしてしまったり、日野さんの役が「コウイチ」だったので思い出してイラッとしてしまったり、本筋じゃないところに気を取られてしまいましたw

さて、主人公・壬晴はその身に秘術「森羅万象」を宿す少年。
無関心少年みたいですが、原因は生い立ちにあるみたいです。
自分がいたせいで母親(アバンの人はお母さん、ですよね?)はいなくなってしまった、とか思ってるんでしょうか。
他人との距離のとり方が面白かったです。
ただ突き放したり 無視したりじゃなく、小悪魔的なところがあって魅力的でした。

チカラそのものに善悪はない、とはよく聞く言葉ですが、「森羅万象」には意志があるようでした。
なんか破滅的??
雲平先生はなんだか 見た目そのまんまなかんじでした。(何それ
虹一は目つきが変わったのがびっくりでした。
次回出てくるはずの金髪ツインテの女の子に期待して見ようと思います。

隠の王 (1) Gファンタジーコミックス 忍道部があったらヒッソリコッソリ所属したい。
スポンサーサイト
[ 2008/04/10 23:47 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。