箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々
月別アーカイブ  [ 2008年05月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隠の王 4話

任務言渡

風魔小太郎や他の風魔忍が里に戻ってきたため、宵風は撤退した。
小太郎によると、壬晴から森羅万象をはがすには、いずれかの流派の里に伝わる禁術書の忍術を応用したものが必要らしい。
そのため、壬晴たちは禁術書を手に入れるべく動くことになる。
灰狼衆もまた、禁術書を狙っている。


つまり激突必至らしいです。

雲平先生は生きてました。重傷だけど。
どうやら小太郎が戻ったのはギリギリのタイミングだったみたいです。
そんな先生にも、壬晴は容赦なく小悪魔でしたw
距離は取ろうとするくせに遊んじゃうのかよ!

「一緒に良かったと言えないと救われた人は救われない」
とは壬晴がもらした言葉。
自分のために誰かが犠牲になるって、残された人はとても辛いです。
また前回みたいな状況になったら、今度はどんな展開になるか分かりませんね。

元々 壬晴の祖母が言った言葉らしいです。
祖父は祖母をかばって亡くなった、とか。
おばあちゃんも忍に関わる人なのかもしれません。
でも1話で雲平先生に対して特に反応がなかった気がする。

小太郎はタヌキ臭がぷんぷんするお方でした。
あんなおちゃらけてるのに、非情なところは やはり忍の世界に住む者、といったところ。
猫になったりしてたのは、風魔の禁術を宿してるからでしょうか。

灰狼衆はとってもハイテクでした。
パソコンで首領の言葉(演説?)を配信とは、なんとまあ。
小太郎も政治に関わってるっぽいけど、こっちも色々な分野に進出している模様。
禁術書の受け渡しは配達屋さんでした。
この人、とんだ災難でしたね(苦笑)
宵風の抱えてる事情も気になります。

森羅万象は禁術中の禁術のようなので、もしかしたら全ての里の禁術書を複合・応用した忍術が必要かもしれません。
行方が分からなかったり里がない流派の禁術書はどうやって集めるんでしょうか。
萬天、里がないらしいですが・・・雲平先生は所在を知ってるのかしら。

隠の王 3 (3) (Gファンタジーコミックス) 味方で小悪魔にひっかかりそうなのって先生くらいですねw
スポンサーサイト
[ 2008/05/01 23:32 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。