箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RD 潜脳調査室 6話

ラブ・レター

そうだ、手紙を書こう。
私の心を綴った、心をこめた文章を書きとめよう。

思いのすべてを、一枚の便箋にのせて。


今回は、ミナモの特別さを示す回だったかな?

読書感想文のため、図書館で電子化されてない本を借りることになりました。
この時代、書籍はほとんど電子化されてしまってるらしいです。
電脳化してないミナモは紙媒体の本しか読めないので、ちょっと不便そう。

紙媒体の本が少ないって、なんとも寂しい時代な気がします。
装丁や紙の質感、厚み etc・・・、と紙媒体であることの価値は大きいと思います。
特に文学作品の場合。
昔 蒲生邸事件を読んだとき、最後の方で「ああ、もうすぐ終わってしまう」と主人公とシンクロできた場面がありましたが、それは紙媒体ならではのものでした。

ミナモが言ってた、本ってあたたかい、というのは すごく分かります。
食べ物のシミとかはノーサンキューですがw
あたたかさと便利さって、必ずしも相反するものではないと思うんですけどね。
(電子辞書は良いです。大活躍です。すっごく ありがたいです。

さて、おばあちゃんに すすめられた「ラブ・レター」という本は、最後に自分が大切な人に手紙を出すことで完結する本でした。
冒頭の斜体のが最後の一節。
思い返せば、その本には封筒が挟まっていました。
そして、元の持ち主の思いを感じて それを読みたくなりました。
ミナモは「感じること」にとても長けてるんですね。
行動力も半端ないです。

封筒の中身は、持ち主の手紙に対する返事で、なんと波留さんが書いたものでした。
「ラブ・レター」の内容に詳しかったのは、本についてた便箋で手紙をもらったからでしょうか。
「この仕事が終わったら会いに行きます」、文面はそれだけでしたが、二人の気持ちが通じ合っていたことが分かります。
なのに波留さんは事故で50年間 眠り続け、その間に持ち主は亡くなっていました。

「私は ほんの少し眠っていただけ、なんですがね・・・」
これほど切ないセリフは そう無い気がします。
持ち主の女性が託体ベッドの会社を興していたのは、なにか波留さんに関わる仕事を、と思ってのことだったのかな、と思ったり。
彼女の波留さんに対する想いは、本にひっそりと閉じ込められたままになりそうでしたが、ミナモによって見つけ出されました。

本来 伝わらなかったかもしれない気持ちを感じ取って、見つけられるのがミナモの特別さ なのかと思いました。
波留さんがミナモを選んだのは、そういう性質を感じ取ったからでしょうか。
波留さんもまた、感じることに長けているのかもしれません。

最後 久島が振り返ると、鳥(カモメ?)が飛び去っていきました。
彼女の想いが伝わったのを見届けて去っていったみたいで しんみりしました。

お話自体は しっとりした話で涙でましたが、前回からソウタが面白いですw
非常勤で波留さんの事務所に出入りすることになりました。

「ただいまーっ!」「おかえり」のやり取りにムッとしてたのが おかしかったです。
ソウタさん、頭の中だだ漏れじゃないですか?
波留さんとホロンに本を見せようとしたとき 見せてほしそうにしてるし、ついには横から割り込んでくるしw 兄の心 妹知らず、ですね。
「なんでいるの?」なんて言われちゃいましたよ。
次回もソウタの動向が楽しみです。
スポンサーサイト
[ 2008/05/17 02:38 ] RD 潜脳調査室 | TB(4) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。