箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マクロスFRONTIER 7話

ファースト・アタック

アルト姫、初陣。
戦闘シーンは すごい迫力でした。
オズマとミハエルは さすがに強かったです。
思わずアルトは見惚れてしまった(?)ようですが、それじゃあミシェルに勝てないのは当たり前ですよw
射手座が流れながらの戦闘はテンションが上がりますね!

パイロットの仕事が戦うことなら、シェリルの仕事は歌うこと。
ギャラクシーが襲われてて、そのためにアルトたちが戦っていることを知っていて尚、凛として歌うのは素敵。
意識の高さというか、覚悟の深さというか、相変わらず頭が下がる・・・。
アルトのことを気にしてないように振舞うアマノジャクなところは にやにやしちゃいます。

ランカはオズマからの留守電を聞いて、SNSが戦闘していることに気づきました。
・・・え?
前回ふさいでたのは それを知ってたからじゃなかったんですか。
単にアルトとシェリルの関係が すごーく気になってただけなんだ。。
前回のラストで戦艦を見送ってたので、てっきり知ってるものかと思ってました。

シェリルに比べたら、ランカはまだまだ甘っちょろいみたいです。
まあ、辛い過去があるとはいえ オズマの元でぬくぬく育ってきたランカと、ハングリーに生きてきたシェリルとではモチベーションに差があるのは当然かもしれませんが。
でも、アルトに背中を押され、今回はシェリルに引っ張られ 少しずつ歌手として成長していく様は見ていて気持ちがいいです。
二人で歌う新曲が流れたときにはもう!

敵にパックンされてしまったルカを助けようと、アルトは突っ込んでいきました。
バイバイ・オズマとかバイバイ・ルカを心配してたんですが(汗)
アルトが突っ込まなければ、多分「バイバイ・ルカ」だったってことですよね、前回の予告。
無鉄砲だけど真っ直ぐなところは好感が持てます。
でも、今回はうまくいったからいいものの、いつもうまくいくとは限らないです。
なんかもー アルト無茶する→アルトピンチ→オズマかミハエルがかばう、みたいな図式が見えすぎて困ります;

アルトがルカを助け出すところ、戦艦が変形(?)するところは新曲にのせて。
見入ってしまいました。熱いね!燃えるね!
でもその割りに何が起こったのかイマイチ分からないとか駄目すぎる・・・。
ついでに新曲がどんなだったか さっぱり覚えてないです・・・。
・・・まぁ私はスクイズのEDが変わってるのも気づかなかったスットコドッコイなので こんなもんでしょう。ははは。

シェリルのイヤリングが光ったのはどういうことでしょう。
歌に反応してたのか分かりませんが、イヤリングはアルトに活力を与えたようです。
シェリル(とランカ)の想いが力を与えたってことかな、遠く離れていても想いが通じるのはドキドキします。
で、イヤリングちゃんと回収した?
幸運のお守りがなくなったら ますます前述の図式が・・・(笑)

マクロスの名を冠する戦艦は、変形することができるのでしょうか?
命令を出す艦長も、操縦するボビーもらしかったです。
でもボビー、それは彼(女?)的にはOKなのかなぁw
あと、謎の少年ほっしーは何者だろう。
ハーモニカでアイモ吹いてたからランカに関係があるんでしょうけど。。。
そのままEDとは憎い演出でした。神がかってる気がする。

マクロスF(フロンティア) 1 今回はミハエルとクランの会話がやばかったです。
ものっそい ときめいたという意味でも、フラグ立てると命の危険が・・・という意味でも。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。