箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が家のお稲荷さま。 8話

お稲荷さま。探し物する

お隣の土地神、ムビョウが登場。
えーーっと、、、パペットマペット?なんで手を組めるんだろうw
真夏なのにコートにマフラーと怪しさ大爆発です。
君は今幸せかい、という質問は意味深ですが、この先に関係するんでしょうか。

彼女は盗まれた逆さ円を探していました。
逆さ円とはアンチ五行アイテムで、木火土金水を逆さにできるらしいです。
ということは状況に応じて弱点を入れ替えられるってことかな?

逆さ円は貝の相棒のタヌキがどこかに隠してしまったそうです。
学校からの帰り、昇がタヌキの面をかぶった人に声をかけられた、ということで学校に向かいます。
や、あれはどう見てもタヌキではないぞ?
さらっとスルーした昇に吹いたw

実はムビョウは逆さ円の隠し場所を知っていた、と言います。
なんと隠し場所は透の頭の中。
透が死んでしまおうが探し出そうとします。
たまたま用務員として働いてた拝一刀に助けられますが、透のピンチはまだ続く。
それはタヌキが化けた偽者で襲われてしまいました。
まあ、クーが来て無事に救出です。

今回の戦闘はひねってました。
そっくりな幻影を用意して、気をそらさせて見事 勝利。
偽者が本物、本物が偽者。
タヌキとも絡めてて(?)面白かったです。
土地のアドバンテージがない分、頭でカバーですね。

結局 逆さ円は大五郎の首にはまってました。
ムビョウに返して事件(?)は解決。
これで褒めてもらえる・・・って、誰に?
次回はタヌキ改めフクロウさんが出てくるみたいです。

KI-ZU-NA~遥かなる者へ~ 次回はようやく男版天狐も登場ですよ(つд`)
スポンサーサイト

隠の王 8話

伝わる心

よく喋るおばさんだ・・・おばさん・・・おばさん・・・
壬晴ひどい(笑)

順調に任務をすすめる雲平先生。
でも壬晴が雪見たちに捕まり、ターゲットには逃げられてしまいました。
アサヒ、はやっぱり壬晴のお母さんのようです。
その人に対して「自分で殺すことを決めたんです」とか思ってましたが、そんなこと考えてる時点でもはや言い訳でしかないです。
主義を曲げたのは秘密を知られたくないから。
だから大事な時に甘ちゃんになっちゃうんでしょう。

戦闘は地下駐車場に場所換え。
戸隠首領さんが今回の仕事を受けたのは、野分への復讐のためでした。
娘を実験台にされて殺されてしまったそうで、恨む気持ちは当然かもしれません。
でもそのために人の秘密を握って利用して、野分には暗殺の濡れ衣を着せて雲隠れ、はちょっとひどいよなぁ。
幻術をかけられた野分を見て笑う姿は、その野分にも劣らないくらい腐って見えました。

宵風は心を読まれたことで暴走してしまいました。
・・・そんなに知られたくなかったんだ?
壬晴が宵風を助けようとしてますが それはスルーですか。
暴走を好機とみて雲平先生がターゲットをやりに行きますが、命乞いされて断念。
ええ、そうなると思ってましたよ!

でも虹一が現れて淡々と仕事をこなします。
虹一こわーーー!爽やかに黒くてなお怖い。
フロスティがやられちゃったので雪見は捨て台詞を残して撤退。
だめだ、雪見の言動が小物にしか見えないw

なんと戸隠の下っ端忍者は風魔の人でした。
全ては小太郎の計画通りなのでした。
いいかんじに黒かったです。
皆いいように踊らされてたので、ちょっとムカつきますがw
隠の王占いをやってみたら小太郎でした。なんか嫌だ・・・

下っ端君は精神をコントロールして心を読まれないようにしていたとか。
人の心を読んで利用してたことがこんな風にはね返ってくるとはね。
でも彼女は反省もできるし、帰りを待っててくれる人たちもいるし、下っ端君と分かち合うことはできなかったけど、なかなか良い終わり方でした。

隠の王 3 (3) (Gファンタジーコミックス) 今更だけど、これって寝癖なの? 
[ 2008/05/29 20:32 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。