箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドルアーガの塔 10話

夏の終わりに

ジルたちはついに頂上付近までたどり着きました。
あっという間でしたね。
正直なんでここまで登ってこれたの、と思ってしまうのですが・・・
強くなってるんでしょうが、期間が短くてイマイチ腑に落ちなくって。
でも2クール作品にすると冗長になるんだろうし。難しい。

「ジルは何をしたいのか」が問いかけられた回でした。
父の汚名をそそぐため英雄になる、や世界に平和を、は動機としては弱いそうです。
まあ、ニーバやカーヤの願いの方が強そうですね。
ニーバは何を願いたいのか分かりませんが、目的のためには手段を選ばず、でした。
要するにファティナにキス。
ちょっともう今週はどこもそんな流れなのか。

パズズに襲われたニーバを、パーティを放置して助けに行きました。
でも、ニーバにはジルは目的がないから仲間にはなれない、と言われ、カーヤには何をしたいか聞かれても答えることができません。
カーヤは失望したようです。使えないと判断したのかな。

ここにきてギクシャクしてしまいましたが、とりあえず天空の宮に到着。
入れる人数が決まっているようで、ジルたち、ニーバたち、パズズ(たち?)、ケルブとエタナが入ったところで周りが崩れてしまいました。
なんかこれ、カイとサキュバスの二人がやったように見えたのですが。
「慈愛の女神」「冥界の王」、イシターとドルアーガかな、目的は違いそうだけど。

カイはどうやらギルガメスを待っているみたいで、ギルガメスは塔が崩れる(?)のを予期していたみたい。
なんだかカイがニーバにおけるサキュバスっぽい立ち位置になってきました。
というわけで、ジルを助けるのも目的遂行のためではないかと思えてしまって。
「三回裏切られる」にはカイ自身も入ってたりして。
んー、まあ「裏切る」という言葉を使うほどの関係ではないですよね。
それに自分がカウントされてるんなら、それ予言じゃなくて予定;

予告でドルアーガとおぼしきモンスターが出てましたが、あれは偽者なんでしょうか。
パズズがニーバを襲ったのは、強い人が厄介だから。
人数が決められてるなら、弱い人だけ残して一掃すればいいです。
ドラゴンの時のニーバ戦法(?)をとらないってことは、今のドルアーガを倒せる自信があるってことですよね・・・。
倒した後には何が待っているのでしょう。

「たったあれだけの人数で」「たったあれだけの志で・・・」
偽の(仮)ドルアーガを倒したところで、待ち受けるのは困難のようです。
今回はジルが目的を持ってない、というのがクローズアップされました。
確かにその場の勢いで行動してるところはあります。
でもその勢いがドラゴンを倒したことがあるのも事実です。
残り二回?どうなるかな。

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮 最初と一番評価が変わったのはケルブ。 
スポンサーサイト
[ 2008/06/08 23:58 ] ドルアーガの塔 | TB(7) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。