箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドルアーガの塔 11話

ただ一枚の盾として

ジルたちは ついにドルアーガと対峙する。
しかしドルアーガは固く大きく、ちっとも倒せそうにない。
そんな中 アーメイが斃れ、絶望的な空気に包まれる一行。
しかし、カイの言葉でジルは再び気力を取り戻す。
一方、ニーバはたった一人でドルアーガに挑もうとする。


アーメイっっ!!
ううー ショックですよ・・・。
純粋に好きだったのってアーメイとクーパの二人だけだったのに (え
こんなにシリアスになって、まさか泣かされるとは1話の時点では思いもしませんでした。

一番最初にドルアーガを倒した人が、ブルークリスタルロッドの使用権を得るみたいですね。
真っ先に行動したのはニーバ。
目的は財宝なんだよね、とファティナに聞かれても、さくっと嘘をつくお兄さん。
でもサキュバスに怒鳴ってしまうのは、自分がひどいと自覚してるからかな。
なんだか そういう悪人になりきれないところが可愛いなぁと思います。

ニーバは虚無の矢というアイテムを使って、障壁を打ち破りました。
なんというレアアイテム!
でもパズズの邪魔が入って、ピンチに陥ります。
パズズにとって、ニーバだけが厄介な相手のようで。

カーヤに止められるものの、ジルはニーバを助けに行きました。
アーメイだけはジルを信じ、ジルなら何とかしてくれる、と加勢してくれます。
ジルを本当に信じてくれてるのって、アーメイだけじゃないですか?
そんなアーメイが、ドルアーガに貫かれて帰らぬ人となってしまいました。ああぁ(泣)

ロッドで叶えたい願いがあったが、みんなに出会えたからいい、と言うアーメイ。
アーメイの願いがマイナス方向の祈りとすれば、ジルたちとの冒険はプラス方向の光だったのかもしれませんね。
過去の後悔から救い出してくれる光。
彼女の本来の願いは、今わの際に一応叶ったのですが、、、
良かったと思うべきなんでしょうか。悲しい・・・。
死体袋(?)があるところが、生々しくてもう。

自分を責めるジルに、カイがささやきかけます。
諦めるのか、どうしたいのか。
ジルは、「それでも盾になりたい」と言いました。
ただ一枚の盾として、もう誰も死なせないような頑丈な盾になりたい、と。
今までの話の中で、今回がもっともジルが精神的に成長した回だと思います。
初めて素直にジルの言葉を受け入れられました。
よく言った。格好いいよ、ジル。

パズズは棺から何かを蘇らせようとしますが、その前にニーバがやっつけました。
おや、これで退場でしょうか。棺はどうなったのかな。
ニーバも怪我してるみたいだけど、一人でどうなっちゃうんだ。

次回、とうとう最終回です。
裏切り×3やらドルアーガの謎やら、どんな風に決着がつくんでしょう。
ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮 最後まで入浴シーンはやるつもりなんだろうか・・・。
スポンサーサイト
[ 2008/06/15 03:42 ] ドルアーガの塔 | TB(6) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。