箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドルアーガの塔 12話

ジルは、ドルアーガを倒すため、地形を利用した作戦を提案する。
ジルが囮になり、みんなの力を合わせた結果、見事 勝つことができた。
しかし、現れたブルークリスタルロッドは 幻の塔への鍵でしかなく、最上階は到達点のひとつでしかなかった。
ニーバとカーヤは幻の塔へ渡り、ジルや他の仲間はメスキアまで戻されてしまう。
そして、ジルはもう一度 塔へ登る決心をするのだった。


夜中に一人で叫びそうになりました。
たくさんの謎が残っていて、ちゃんと終わるのか、と危惧してたんですが、本当に終わらなかったとは・・・。
第二期が来年 放送だそうです。

最後に全て吹っ飛んだ気がしましたが(汗)、とりあえず思い返していきます。
決戦前のひと時、交錯する様々な思い。
まさかの怖い話のウトゥと、天然なのかなんなのかのケルブが最高でしたw

秘密を抱えたまま、ジルと唇を重ねるカーヤ。
呼び捨てになるのは やや唐突に感じました。
ドキドキしたけどねw
嫌いだから黙ってるわけじゃない、と示されて一安心です。

ついにドルアーガと対決、しかも前回みたいになし崩し的じゃない戦闘は見ごたえがありました。
最後の一撃がアーメイの遺した武器で、だったのは本当にグッときました。
親衛隊、ファティナやウトゥとも協力し、
さらに絶体絶命の時には、ニーバが助けてくれて。
今までのジルの行動の積み重ね、総決算を見れました。
ファティナがジルに惹かれつつあるっぽいのも、これまでの裏の無い行動ゆえ、ですね。

さて、三度の裏切り。
ニーバ、カーヤ、もう一つはブルークリスタルロッドが偽物だったこと(?)らしいです。
人じゃなかったのは盲点でした。
うーん、個人的には「続きは二期で☆」な結末に裏切られた気分ですがw

幻の塔の出現、まだまだ旅はこれからだ、の展開には驚きました。
でもニーバとカーヤには あんまり裏切られた気がしませんでした。
分かりきってたし、それに こう言っちゃーなんですが、ジルとの間にそこまでの絆を感じなかったんですよね・・・。
ジルの強さも突然だと思いましたが、ジル対個人、の描写も薄かった気がして。

メスキアに戻され、呆然とするジルは塔を見上げ、流れるED・・・
♪僕らは ただ見上げてるだけじゃない♪
ギャグかと思いました。
「みんなを守りたい」という意志を貫いたジルの物語はひとまず終わり。
それは分かるのですが、モヤモヤが残ります。

とりあえず残った謎は、
・ニーバとカーヤの目的
・ギルガメスの行動
・幻の塔の果て
・パズズの棺とそれを囲む人。 こんなとこでしょうか。

続くことが決まってるなら、最初から2クールなり3クールなりで放送してほしかったです。
まあ3クールは難しいでしょうが。
でも無理やりまとめて終わらせなかったのは好感がもてます。
Aegis<盾> → Sword<剣> へと、ジルの意識も変わるようだし、二期って別扱いになるのも理解できます。
裏切られた気分とか書いたけどさ。そこはそれ、結構 納得してます。

ストーリーは面白かったので、今度は面白くてスッキリするもの(汗)を期待しています!
これまで読んでくれた方、トラバ送ってくれた方、ありがとうございました。
二期もよろしくお願いします(笑)

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮 ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第2の宮 ジルにはカーヤ派、ニーバにはファティナ派。

いっそ追記がメインな勢いw

Read More

スポンサーサイト
[ 2008/06/22 23:25 ] ドルアーガの塔 | TB(9) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。