箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々
月別アーカイブ  [ 2008年07月 ] 

≪ prev |  2008年07月  | next ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 4話

悪夢の真味

千影が新しくアンティークの店員に加わることになった。
その日、千影は小野と飲みに行くが、キス寸前で帰ってしまう。
翌日、小野と関係のある男がアンティークに乗り込んできて、思わず小野は、千影とは何もなかったと言ってしまう。


千影さん可愛い。
もう何してるの見ても可愛い。

どうやらすっかり小野さんにお熱になってしまった千影さん。
車の中で体育座りしながら思い出すのは雨の中くるくるしたこと。
そんな彼に、新たな仕事が与えられました。
それは、アンティークでの、パシリとかパシリとかパシリとかw
・・・正直、それもこなすのは危ういでしょ、と思ってしまいました。

お店が終わったら、小野さんとの秘密のデートです。
橘さんにばれたらクビかもしれないし、千影さんに手は出さないでおこう、と思ってたはずなのに。
思いっきり魔性 全開です。
じっと見つめてみたり、サングラス取ってみたり、ガンガン揺さぶりかけてます。
それでも橘さんのところに帰ろうとする千影さんにビックリ。
やっぱり千影さんは若 一筋!だったのね!と小躍りしそうになったんですが。

小野さんは酔ったフリして千影さんをホテルに連れ込みました。
なんだかイケナイ展開になってしまうのかしら、とすごいドキドキしちゃいますよ。
顔が、顔が近いです・・・このままイってしまうんですか!
サングラスを外すのに超エロさを感じてしまいましたw
と思ったら急に千影さんが謝りだしました。
酔っている人に無理やりキスしようとするなんて・・・とかなんとか。

あら?
千影さんって、小野さんの魔性にはしっかり引っかかってるのに、魔性で誘われてるのには全く気づいていなかったの?
奇特な人ですねぇ。

翌日、小野さんと千影さんのデートのことが恋人(?)にばれて修羅場になりました。
小野さん的には何もありませんでしたが、千影さんはその言葉にショックを受けて、お店を出て行ってしまいました。
なんていじらしいんだ千影さん・・・!
でも泣いたところは「来るぞ来るぞ・・・」と思ってやっぱり来たので笑いました。すまん。

そして橘さんが格好よかったです。
過去のことをきっちり謝って、その上で謝りに行け、というのが もう。
あと、千影さんのためとはいえ、自分の家に小野さんを入れさせるってのは、二人の距離も縮まってるんじゃないでしょうか。

体育座りで凹んでいる千影さん。
飲みに行ったこと、雨の中くるくるしたこと、キス寸前まで行ったこと、あったことを一つ一つ確認して、何もなくはなかった、と二人。
千影さんって40近いんじゃないかしら・・・それなのに なんでしょ、この純情さは。
小野さんが抱きしめたくなっちゃうのも分かります。
とりあえず二人は、ただのお店の仲間として付き合うことになりました。

千影さんはギャルソン姿で働くようです。
紐が結べてないのに喜ぶのが可愛すぎる。
でも橘さんと並んでるとめちゃ格好よく見えました。これは何のマジック?

さて、ついに橘さんがケーキ屋を始めた本当の理由が明かされました。
昔 誘拐された時、毎日犯人が買ってきてたケーキを食べていたのだと・・・。
この誘拐事件は今後どう絡んでくるんでしょう?

・・・申し訳程度に今回のサブタイのことも書いてみましたが、私がどこに、というか誰に重点を置いて見てるのか丸分かりですね。
千影さんが画面に出てれば、面白いくらいにテンションがあがります。

西洋骨董洋菓子店 (4) (Wings comics) 「カシス」食べてみたい。おいしそう・・・。
スポンサーサイト

マクロスFRONTIER 16話

ランカ・アタック

ランカの歌がバジュラに有効か、その実験がなされました。
歌う曲は、新曲、アイモのアレンジヴァージョン。
結果、バジュラは統制を乱され大人しくなり、ランカの歌が有効であると証明されました。
感情によって効力は左右されるみたいですけど、黒いグレイスの手にかかれば調整もたやすいのではなかろうか・・・怖。
しかし、バジュラを抑える歌があるということは、戦わせる歌もあるんでしょうか。
今後グレイスがそういう歌を歌わせないか心配です。

ブレラが本格参戦してきました。
ランカのボディーガードなので、四六時中いっしょにいることになります。
というわけで、もう一つの三角関係の形成です。

アルトとブレラの仲は全くよろしくありません。
生身でも勝てないし、バルキリーでも勝てないアルト。
極めつけに、「あの子は俺が守る」とまで言われちゃいました。
こないだはランカのことを「あの娘」呼ばわりだったのに、これは呼び捨ても遠くないですね。

また、ブレラはアイモを歌うのにためらうランカをはげましたり(?)しました。
包みこむ宇宙のようだ、とランカの歌を評するブレラ。
例えがうまくなくて・・・とか言ってましたが、十分詩人だと思います。

前回ビルラーに呼び出されたアルトは、彼の夢を聞かされます。
それは、バジュラを使って、断層で隔てられた宇宙を一つにすることだそうです。
バジュラって一体何?
多分グレイス(たち)と目的は違うと思うんですけど・・・
それに、もしかしたらレオンはビルラー側の人間なのかもしれないなーなんて思ったり。

そんな話を聞いたアルトは考え込んでしまいます。
ルカが、ブルーデイかな?とか言ってたけど、ちょ、ルカ君?姫も一応男だから!

シェリルは病院から脱走しているところをアルトに発見され、SMSに運ばれました。
目を覚ましたとき、状況が分からなかったのか殴られるアルト・・・ちょっと哀れw
銀河の妖精としてのプライドがすごく傷つけられているだろうに、気丈に振舞って 強くあらんとしている姿が素敵です。
閉じ込められるのは嫌、っていうのは何故だろう。
それと、シェリルのイヤリングがビルラーの指輪の石と同じというのはどういうこと??
アルトとの距離が近くなってドキドキしてるシェリルが可愛かったよ。

「ランカ・アタック」のことを、偶然シェリルも聞いてしまいました。
そして、ブリッジへ乗り込み一部始終を見届けようとします。
「意地です」と凛と言うのが好きだ。
認めてあげる艦長、度量が大きい人だわ。
とりあえず色仕掛けにやられたガードはクビにした方がいいと思います。

「ランカ・アタック」は成功したものの、当のランカは浮かない顔です。
「アルト君、お兄ちゃん、これで・・・これでいいんだよね?」
とにかくバジュラに絡む問題は、ランカがしっかりしないといけないようなので、これからの精神的な成長を期待します。

が、次回「グッバイ・シスター」
とうとう恐れていた事態になってしまうのでしょうか;;
そういえばオズマとランカの約束って、まだ明かされてませんよね?

EDはシェリルでした!
また妖精の復活っていう展開もあるのかしら?
あってほしいです。・・・切に。

MACROSS CHRONICLE (マクロス・クロニクル) vol.1 [雑誌] 全部出るのにどれくらいかかるんだろう・・・。 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : マクロスF(フロンティア)

マクロスFRONTIER 15話

ロスト・ピース

とりあえず、ミハエル生きてました。
クランのお見舞いに戸惑ってるのが可愛いわ。
これで心おきなく三角関係に注目できます。

その前に、グレイスによってこれまでの出来事の裏が明かされました。
グレイスはとある計画のための駒、というか直接実行する係のようでした。
そしてシェリルはやはり、「作り上げられた歌姫」だったようです。
シェリルのフロンティアへのコンサートも計画の一環で、バジュラはグレイスが連れてきたとのこと。

そして、ランカという「リトル・クイーン」が発見されたことから、シェリル=フェアリー9は廃棄されてしまうそうな。
血をすり替えていたのはシェリルの入院を長引かせるためなのか、それとも血を調べられると不都合なことがあるからか。
たとえば、シェリルは生身の人間じゃない、とか。
それは本当勘弁してほしいんですけどー;

さて、ついに三角関係が表面化しました。
「アルトとの絆」を見せ付けあうランカとシェリル。
最後は歌姫らしく歌でアルトを魅了しようとします。
交互に迫られてタジタジのアルトが一番可愛く見えました。あら?

私はシェリル派なんだなーと思った今回。
検査着で恥ずかしがるランカより、アルトが来たと聞いて髪を整えるシェリルの方が恋する乙女に見えました。
そうやって気合入れてるのに何食わぬ顔で迎えるのがいいねっ!
しかし、vsランカの歌合戦は、シェリルが咳き込むことで終了してしまいました。
咳き込んだり発熱したりするのは、生身だから・・・と信じたいです。

ランカは本格的にグレイスの計画に取り込まれていきます。
政府から呼び出され、ランカの歌がバジュラに有効であると告げられました。
マネージャーはグレイス、ボディーガードはブレラです。
黒いよグレイス。

アルトもSMSオーナーのビルラーに呼び出されました。
オズマ兄ちゃんは何やら警戒してましたが、一体どんな人物なんでしょう。
ゼントラーディでした。
とりあえず あの部屋で遊びたい(ん?

グレイスは何人かの思念体によって動かされているようでした。
その思念体に別に本体があるのか分かりませんが・・・。
彼らの目的、理想とは、肉体と精神の乖離なのかもしれません。
肉体が取替えのきくパーツにすぎないなら、老いも死もなくなります。
不老不死、は人類の夢といってもよいかなーと思うんですが・・・どうだろう。
バジュラがどう関係するのか分かんないしダメかな。

DX超合金 マクロスF(フロンティア) VF-25Fメサイア(アルト機) ←こういうのって たまに欲しくなります。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : マクロスF(フロンティア)

RD 潜脳調査室 16話

透明な力

なんだかピグマリオンを思い出しました。

毎朝 手合わせをしているらしいソウタとホロン。
しかし、ソウタは一度もホロンに勝てません。
ミナモは料理や掃除なら勝ってる、とフォローしますがフォローになってません(笑)
というわけで蒼井家の朝食は高カロリーに・・・ミナモは太っちゃうと抗議します。
大丈夫、ミナモちゃん!そう変わらないって(ぇ

今回の事件はホロンと同型のアンドロイドの不正使用について。
要するに大人向けのお店でいかがわしいことを させられてるのか調査せよってことでした。
軽い兄ちゃんを演じるソウタがなんか可笑しかったです。
調査のためなら演技も辞さない男、蒼井ソウタ。

そもそもホロンは「ある女性」をモデルに作られた、という話は前にも出てきましたが、それは書記長でした。
で、次の書記長選で不利なイメージを持たれたくないため、電理研に調査を依頼したとのこと。
そこでの愛についての会話が興味深かったです。
アンドロイドに向ける愛情は幻想、愛を交し合えるのは人間だけ、と。
んー、だからといってソウタと書記長の間に愛があるとも思えませんけどね。
そもそも何故 書記長とそんな関係になったのさ。

ミナモには見せられない調査内容だったので、ソウタはメタルで報告会をします。
その際、ホロンは淡々とアンドロイドの役割を語りますが、ソウタはショックを受けてました。
「無垢な言葉に傷つくものもまた無垢」でしたっけ、波留さんのセリフ。
なんだか深いな・・・と思いました。
そして、その無垢な気持ちが時としてメタルに渦をもたらす、というのはこの先の重要な手がかりな気もします。

ソウタはホロンを一人の女性として見ている、と波留さんに指摘されました。
一方その頃、事務所に いつぞやの鉄仮面(名前忘れちゃった)のAIを搭載したホロン(偽)が送り込まれてきます。
戦闘型ではないホロンは負けてしまい、腕を折られてしまいました。
うう、オイルの染みが痛々しい・・・。

戻ってきたソウタが戦いますが、戦況は不利・・・どころかソウタ フルボッコ;;
そんなソウタを見て、ホロンの目から涙がこぼれた?
そして、「ソウタさん!」というホロンの声によって覚醒したソウタは、見事ホロン(偽)を倒しました。
倒れたままのホロンに手を差し伸べ、「頼みがある・・・俺と・・・」
この流れだと、ミナモじゃなくても盛り上がっちゃいますよね;
ちょっとがっかりしつつ、ソウタってこんな奴だよな、とちょっと納得しちゃったり。

再び手合わせをするソウタとホロン。
またしても後一歩のところで躊躇して、負けてしまいました。
ホロンには勝てないことを悟ったみたいです。
仮に男性の体を用意しても、中身がホロンだと思ってたらソウタは勝てないんでしょうね。

格闘大好きのソウタには、「俺と勝負してくれ」も告白のようなものだったのかも?
むしろ勝てないと悟ったこれからに期待です!
恋は芽生えるのか、単なる幻想なのか。
「強い情動は不可能を可能にする」という言葉のように、なにかあったらいいな、と思ってしまいます。

やっぱり戦うソウタは格好よくて、5話以来ひさびさにソウタに萌えましたw
それでもユージン君が喋ってくれたことの方が嬉しかった私・・・。
今すごいユージン君の中の人ブームが来てるんです。。。
[ 2008/07/25 02:56 ] RD 潜脳調査室 | TB(1) | CM(0)

スレイヤーズREVOLUTION 4話

Drifter どっちが追うか追われるか!

ポコタを探すため、リナ達はあちこちの山を荒らしまわる。
またゼルガディスも、ポコタがキメラの情報を持っているかもしれない可能性を無視できず、独自に探し出した。
ゼルの罠にかかったポコタだが、魔道戦車の破壊の理由を聞いたアメリアは、それを正義と思い込む。
リナ達は偽の魔道戦車を作ってポコタをおびき出すことに成功するが、逆にやっつけられてしまった。

リナとガウリィは、ポコタを探そうと気配のあるところを手当たり次第に攻撃しまくります。
ものすごい自然破壊に動物虐待です。
環境保護団体や動物愛護団体に訴えられそうな勢いですよ(汗)

ゼルにも探させようと、キメラのことを持ち出すリナ。
汚いw
ゼルは冷静に見えて頭がぶっとんでるところもあるキャラでしたっけ?
リナに負けず劣らずの自然破壊をやろうとしてました。
アメリアに止められて事なきを得ましたけど。(代わりにゼルの命が・・・w

ゼルはポコタが食に意地汚いと推理して、ごく簡単なトラップを仕掛けます。
こんなんに引っかかるお馬鹿がいるのか、というものでしたが引っかかりました。
あぁ、絶対来ると思ったけど悲しいね!(笑)

なんかアメリアとポコタの間に奇妙な連携が生まれました。
不正と戦うものが必ずしも正義とは限らないけど。
でもポコタは悪い奴には見えません。馬鹿だけどww

一方リナとガウリィは、偽の魔道戦車を作り出して町を荒らしていました(違
動力はガウリィの足、攻撃方法はリナの魔法で、ちょっと見れば偽者と分かりそうです。
しかし まんまとおびき寄せられるポコタ(+正義オタク・アメリア)。

なぜか仲間同士が魔法でバトルという展開になってしまったスレイヤーズ。
ポコタとアメリアにぷっつんきたリナは今までの恨みを晴らすべく、強力な魔法を繰り出します。
ポコタがアメリアを光の剣(レプリカ)でかばって、この二人(?)はもう仲間っぽいです。
リナとガウリィは連携がうまくいかず、そのせいで負けてしまいました。
最後にポコタを追っかけるのも 捨て台詞のようで、今回のリナは本当に悪役でした。
それにしてもリナにつき合わされ、忘れ去られたガウリィが哀れですw

しかし何故ポコタは魔道戦車が偽者だと分からなかったんでしょう。
部外者のゼルは気がついたのに。
自分が作ったものなら簡単に分かりそうなものですけど、魔道戦車を作ったのは本当にポコタなのかしら。
見た目どおりの小動物ではないですし、まだ裏があるかもしれません。

スレイヤーズ 1 (富士見ファンタジア文庫 20-81) 次回はゼロスが登場です。楽しみだ~♪ 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : スレイヤーズ REVOLUTION

夏目友人帳 3話

八ツ原の怪人

学校で、同級生の田沼という男子が夏目を見に来た。
彼も妖怪が見える体質らしい。
そんな折、八ツ原に住む妖怪が人間退治を頼みに夏目の元へやってきた。
とりあえず話を聞くことにした夏目は、退治人が田沼ではないかと考える。


中級妖怪の二人がいいかんじに うざったくて笑えました。
送り迎えのテンションが高すぎです。
授業に集中できない夏目は顔面でボールを受けるハメに・・・。
そしてなんかを呪ってる中級。「祝い」って聞こえましたが呪ってるに違いないw

「見えているものが存在していないかもしれない、そんな不安定な世界」
ちらちら入る夏目の過去が、なんとも切なかったです。
きっとあの妖怪は、寂しさから夏目に声をかけたんでしょうね。
人間、妖怪 関係なく、同じ気持ちを共有できる存在・・・だったんだろうなぁ。

さて、夏目は中級に耐えかねて(笑)、話だけでも聞くことにしました。
そんなわけで八ツ原にやったきたら、人間ってことで襲われちゃいます。
セクハラって・・・どこを触られたの?夏目・・・。
セクハラって何?と尋ねる中級に、ニャンコ先生は「セクシーな腹踊り」と実演して見せてくれました。
う、うはぁ!
そそそその もちもちポンポンを触らせてもらえませんか!!(大興奮)
動くニャンコ先生にここまで自分が夢中になるとは思いませんでした。

しかしよく考えたら、「セクシーな腹踊り」をしながら襲ってくる妖怪、って。
かなり笑える図のような。

ニャンコ先生を一発殴って和んだ(?)ところで、突然強い霊力が飛んできて、辺りが祓われてしまいます。
ずいぶん一方的な攻撃に、夏目ちょっと憤慨。
田沼が退治人かも、と疑い、見えているならどうして無遠慮に攻撃できるんだ、と感じます。

そこに三篠が現れ、中級のせいで退治人をやっつけに行ってしまいます。
止めようと必死に走る夏目は愛しいなぁ。
「夏目、命令しろ!」「奴の名を!」演じわけが素敵です井上さんv

退治人は田沼ではありませんでした。
や、田沼さんですが、同級生の田沼ではなくて、彼の父親の和尚さんでした。
強力な霊力を持っているのに妖怪が見えないお父さん。
あの清めの一波も、気休め程度だと考えていたそうな。
「気休め!?」と驚く中級がなんか可愛かったです。
あんまり悪さはしないから、お清めは程ほどにしてあげてください、と夏目は頼みます。
人間も妖怪も見えるから、真ん中で橋渡しができるんですね。

最後、ようやく田沼と会話しました。
田沼の言葉の後押しもあって、自分から秘密を打ち明けられた夏目。
同じ世界、同じ気持ちを共有できるお友達ができました。
良かったね。

中級に和み、夏目の過去にしんみりし、ラストの田沼との会話でほっこり。
それでいて笑える要素もあって、いい作品だなぁと思います。
相変わらず先生にはトキメキっぱなし。
ふすまの隙間をにょ~んと顔を伸ばして入ってきたり、蛙をくわえてたり、「チンピラ好きなのか!」とジタバタしてたりと癒されまくりでした。

一斉の声(初回生産限定盤)(DVD付) 次回は時雨さまのお話。あれ、燕は!?

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 夏目友人帳

[ 2008/07/23 21:09 ] 夏目友人帳 | TB(4) | CM(0)

薬師寺涼子の怪奇事件簿 3話

桜田門事変

始まったらいきなり18世紀で、ええぇ、と思ったら夢でしたw
泉田くんが休暇でご不満なお涼さん。
だからそんな夢見ちゃったのね。

前回の事件は、ガス爆発ということで処理されたそうです。
まあ、無理があるといえばありますが、公式発表でそうなった以上、もう調べられませんしね。
もう会見が終わろうとする中、一人の青年記者が、JACESのヘリが目撃されたことについて尋ねてきました。
はぐらかされて終わったみたいですが、別の新聞社の記者から注意を受けます。

曰く、薬師寺涼子に関わるな。
というわけで、警察内で絶大な権力を誇るお涼さんのことを説明します。
それを聞いた青年記者は憤慨し、お涼さんのスキャンダル記事を書いて追放しようとしました。
うーん、正義感が強いのも結構だけど、たった一人の話を鵜呑みにして突っ走るのはどうかと思います。
実際、お涼さんは傍若無人なわけですがw

さて、早速取材を開始する青年記者とその部下の女の子。
しかしお涼さんはお見通し。
休暇だった泉田くんを呼び出して、強行デートを敢行します。
記者を利用して泉田くんといちゃつこうってことだったみたいです。
でも泉田くんはサラっとスルーなんですね。
鈍いだろお前、と思いつつ、そこが良いです。

突然JACESのヘリがやってきて、記者二人を拘束します。
泉田くんとのデートで二人のことをすっかり忘れちゃってたお涼さん。
あ、なんか可愛い・・・vと思ってしまった私は末期(何の?)な気がします。

結局、記者二人が撮った写真には何やら変なものが写っていて、しかもエラーで全部データが消えてしまいました。
新しいニックネームが「ドラよせお涼」ってのはどーなんだよ、と思ったけど、それでいいのかも。
お涼さんには何かが憑いてるに違いない・・・。

今回の教訓。
やはり、薬師寺涼子には関わるな。

次回はまた、何やら事件が起こるのかしら?
早くメイドさんが出てきてほしいです。

SP薬師寺涼子の怪奇事件簿短編集 (マガジンZコミックス) 

従兄とカラオケ

・・・に行ってきました。
色々たまってる感想を書こうと思ってましたが疲れたのでまた明日。

シモツキン+Revo氏の曲とか射手座とかをもの凄く頑張って歌ってみました。
射手座が意外とキーが高くて苦戦でした。
霧の向こうに繋がる世界は半端なく高かったです。限界に挑戦・・・。
他にもユーフォとか前期アニメの曲とか、歌いたかったものが歌えて満足でしたv

ま○だらけに行ったらうっかり花帰葬を買ってしまいましたよ。。。
でCS版のEDを歌ってみたよ・・・。
全部イタリア語です。
だいたいの意味は分かります。
突っ込みどころが分からないと言われたよ。そうかしら?

また来月会う予定。
夏の祭典に連れて行ってもらえます。
今まで行ったことないので行ってみたかったんですよね~。
[ 2008/07/19 22:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

スレイヤーズREVOLUTION 3話

Chase 終わりなき追走!

ペット連続誘拐事件の犯人として、リナが逮捕された。
逮捕したのはワイザーで、またしても理由は「リナ=インバースだから」。
ペットの飼い主が金持ち揃いと知ったリナは、自ら犯人を捕まえるべく行動を開始する。
犯人は公爵の子飼いの科学者で、誘拐したペットでキメラを作っていた。
そしてワイザーは、彼を逮捕するためリナを利用したのだった。


狐に化かされた気分です。
まさか、まさかワイザーが無能じゃなかったなんて!
何を見てもリナが悪い奴と決め付ける反応がとてもうざったいと思っていましたが、
それが演技だと分かってしまうと、更にうざったさ倍増です(笑)

ワイザーがばらまいた噂はひどいもんでした。
流す方もあれですが、信じる方もどうなのかと・・・。
「額から触角を出してハエを捕食する」って・・・。
リナの認識が、「何でもアリな人外の生物」であることがよーく分かりましたww

リナが捜査を始めても、街の人たちの口は重く。
ワイザーが何も捜査してないことが丸分かりでした。
てっきり無能だからだと思ってたのに、本当にもう犯人が分かってたからだなんて。
怪しい足跡をたどって、湖の孤島へとたどり着きました。

途中ガウリィをくらげの餌にしようとしたり、アメリアとゼルに雑魚を任せたりして、リナとワイザーは犯人のもとへ行きます。
キメラの名前がいちいち可愛いのは・・・一応そこに愛があるからなんですかね;
元が罪のないペットなのに、飼い主が金持ちってことだけで容赦なく攻撃されました。
ああ、それでこそリナだよ(泣)

きちんと犯人を逮捕したワイザーを、一瞬でも格好いいと思ってしまった自分がすごく悔しいです。
今回の事件は、とりあえずルヴィナガルドがきな臭いことをやってると思っとけばいいんでしょうか。
ガウリィはちゃっかりくらげと意気投合してました。
むしろ人外はガウリィなんじゃないかと思うんですが・・・いや、二人ともかな?

魔道戦車の話は一切出ませんでしたが、あっちの容疑は晴れたんでしょうか?

スレイヤーズ / the BEST of SLAYERS〔from TV&RADIO〕
[ 2008/07/19 09:20 ] スレイヤーズREVOLUTION | TB(7) | CM(0)

夏目友人帳 2話

露神の祠

祖母・レイコの遺品、「友人帳」を受け継いでから、妖怪に名前を返すことを続けていた夏目。
そんな彼の元に、露神という妖怪が名の返還を求めてやってきた。
しかし、友人帳の露神のページが、米粒により次のページとひっついてしまっていた。
仕方がないので、次のページの妖怪もろとも、一緒に名を返すことにする。


友人帳の名前を書かれた紙って、妖怪そのものといっても言いくらい重要なものなのに。
なのにご飯を食べながらぼんやり友人帳をめくってる姿が目に浮かびました。
レイコさん・・・。なんか、鬼畜(ぇ

冒頭の「旧校舎で肝試し」は次の次の次・・・かな?
ちょっとフリが早い気もしますが、毎回少しずつ振っていくのかしら?

さて、今回は露神さまのお話です。
次のページの妖怪の手がかりは、露神さまの描いた絵だけ。
気にするところは髪の毛だけなのか!服とかは?
で、全く似ていませんでした。合ってたのは字の部分のみ。
それでも似てると言い張る露神さまがステキw

レイコさんの登場の仕方というかタイミングが、なんというか降ってくるみたいで良かったです。
前回の出番の時は、少し声が高いかな?と思ったんですが、あれでいいのかもしれません。
もう一つ、声といえば、ススギの声が思ってたより美声で驚きました。
あんな声で「まいりました」って言われたら食べ物あげちゃう。

露神さまとススギに名を返すシーン、
ニャンコ先生が夏目を助けて、ふっと名が返っていくシーンが本当に美しかったです。
映像で見られるのが嬉しいです。

ハナさんは、露神さまをお参りしている最後の一人でした。
そのハナさんが亡くなったため、露神さまも消えてしまいます。
消えてしまうことが分かっていたのに、露神さまは祠にとどまり続けました。
「一度 愛されてしまえば、愛してしまえば もう忘れることなどできないんだ」
「昔も今も、人とは可愛いものだね」
このセリフが泣かせますよ;;

「今日は暖かいなぁ」という露神さまの言葉に、今度こそ「そうですね」と返せたハナさん。
そして二人が会話できたらいいなぁと思います。
会話の内容も気になるけど・・・それを知るのは無粋ですね。

今回もニャンコ先生が可愛かったです。
夏目を食おうとして殴られたあと、尻尾ふりふりしてるのなんか、もうすっごいラブリー!
どんな手触りしてるんでしょう。
招き猫が依り代なのに、毛って生えてるんでしょうか。
最後もコミカルに締めていました。「ニャンッ」って・・・!(身悶え)

夏目友人帳 1 【完全生産限定盤】 
それでも見終わった後ほっこりした気分になるのは、EDの効果ですね。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 夏目友人帳

[ 2008/07/18 18:48 ] 夏目友人帳 | TB(5) | CM(2)

薬師寺涼子の怪奇事件簿 2話

銀座クライムタワー(後編)

「泉田くん、受け止めて」
「私は、あなたを死なせません!」
「よろしい!」

ここ一連の流れが素敵でした。
ただの上司と部下にとどまらない関係、でも名前はつけられない、あやふやだけど確かな関係。
お涼さんと泉田くんに対する印象はそんなかんじです。
いいなぁv
そしてちゃっかり(?)お涼さんの腰を抱いている泉田くん(笑)

前回のイヤミ~なおっさんがツクヨミ会の幹部だと言うことが分かり、お涼さんと泉田くんはおっさんのビルに乗り込みました。
コートを脱ぎ捨ててジャンプし、艶然と微笑むお涼さん・・・
そのまま回し蹴り。
いや、格好よすぎます。

ツクヨミ会の目的は、変若水(おちみず)=不老不死になれる薬?を作ることでした。
ミイラ化する薬は、超成長促進剤、ってことだったらしいです。
それと逆の研究を進めれば変若水が作れるのかしら??

辰巳先生がソッチ側の人だったとは驚きですが、別段思い入れもないのでスルー。
てっきり白髪の和服のお姉さんが何かしたかと思ったんですが、彼女は一体何者なんでしょう。
しかし辰巳先生の最後は皮肉でした。
自分で作って巨大化させた蛇に食われちゃったんだもの・・・。

辰巳先生とともに大量の薬をも飲み込んでしまって、蛇は際限なく大きくなっていきました。
ビルが破壊されるほど大きくなって、ツクヨミ会の野望も潰えたのでした。
まあ、バベルの塔だったんなら崩れる運命にあるわけです。

後処理を任される室町さんが哀れです。
どうやって辻褄を合わせたかの説明も知りたい気がします。
ところで、室町さんの部下くん、やけに使えないと思ってたので、ツクヨミ会側の人間じゃないかと疑ってたんですが、そんなことありませんでした。
ということは、本気で無能・・・・ってこと、ですか?
ますます室町さんが哀れですw

最後に、泉田くんが「ドラよけお涼」の説明をしてくれました。
ドラキュラも避けて通る薬師寺涼子、だそうです。
で、お涼さんの実家の会社の人が、「お嬢さまにピッタリだ」って言いましたが、
そこは同意するところなんですか・・・?ぴったりって、そんな・・・。

お涼さんが自社株のおかげで、年間3億円の配当をもらってる、との説明をした時の泉田くんが笑えました。
「うらやましいを通り越して、すごく うらやましい
泉田くん、天然?(笑)

薬師寺涼子の怪奇事件簿 (1) 魔天楼 お涼さんの美脚はしかと目に焼き付けましたよ!

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 2話

決意の辛味

小野の希望で男性従業員を募集することになる。
そこで、小野の好みではないエイジが雇われることになった。
橘は販売員を雇うつもりだったが、パティシエ見習いとして働くことになった。


そんなわけでエイジ君がやってきました。

その前に、パティシエの準備をする小野さんがイチイチ格好よすぎるんですけど・・・!
服に袖を通したりメガネかけたりするだけなのに。
魔性の魅力は全身を写さずとも伝わってしまうのね!
恐ろしいわ魔性!!

エイジ君と橘さんの口げんか(?)がかなりツボです。
なぜか和みます。
とりあえずオッサンと呼ばれるのは、無精ひげのせいもあると思います。
半端にひげを生やしてるとオッサンに見える気がします。
いやぁ、それもまたツボなんですけどねw

伝説のパティシエの無言の圧力が笑えました。
なんだかんだで小野さんに逆らえない橘さんが良いわ!

出てくるケーキがいちいち美味しそうで、食べたくなったり作りたくなったりしました。
私は混ぜて焼くだけのパウンドしか作れませんけどね;
それにしてもケーキを食べた時のエイジ君のテンションの高いこと。
「今まで食べてきたものをケーキと呼ぶなら、これはもうおケーキさまさまと呼ぶしかねぇ!」
なにソレーw ちっとも有り難そうなかんじじゃないw

さて、今回は勝てないボクサーのサンダーとその恋人・波子さんのお話でした。
サンダーのおかげで、エイジ君が伝説のボクサーで、リングのアイドルだったことが判明しました。
そんなエイジ君がケーキ屋をやっていることにサンダーは失望し、腹をたてました。
事情も知らずに勝手に腹を立てられてもねぇ。

ケーキ大好きでパティシエ見習いとして新しい人生を歩み始めたエイジ君ですが、今でもボクサーに戻れるなら何でもする、とのこと。
サンダーも、負け続きだけどボクサーはやめられない、と言います。
けれど、波子さんが働いている間は子どもの面倒を見る、とも言いました。

波子さんは、エイジ君にしろサンダーにしろ、ボクシングがそんなに簡単に捨てられたり諦めたりできるものじゃないって悟ったのでしょうか。
そうやって一途にボクシングを続けるサンダーを好きだったのかなぁ、とか。
惚れた弱みってやつなのかしら。
でも絶対、波子さんはサンダーにはもったいないほどイイ女の人だと思います。

サンダーと波子さんは、エイジ君がいつか作るウェディングケーキを楽しみしてる、と言って去っていきました。
そこに差し出される、残っていた一つのケーキ。
おぉ、粋なはからいをするじゃないですか。
と思ったらエイジ君・・・君って子は・・・。
20個も食べたのに、どんだけ食えば気が済むんだ。胸焼けしない?

あ、そういえば小野さんがパティシエになった理由が、らしくて笑えました。
好きになった人を追いかけていたらいつの間にか・・・だそうです。
なんだろう~好きになった人が無類のケーキ好きだったのかしら。
その人に喜んでもらおうと腕を磨いているうちにパティシエに?
その人とどうなったのか気になりますが・・・魔性だから恋仲だったのかな。

西洋骨董洋菓子店 (2) (Wings comics) お店の内装が素敵だなーと思いました。

コードギアス反逆のルルーシュR2 14話

ギアス 狩り

シャーリーの死の原因をギアスに求め、ルルーシュはギアス嚮団を潰すことを決意する。
しかし極秘作戦としたこの行動は、黒の騎士団内に波紋を呼びそうだ。
ただの虐殺となってしまい、疑問を覚える隊員もいた。
ただ、ギアス嚮団は壊滅状態となった。
さらにV.V.を追い詰めようとするルルーシュだが、アーカーシャの剣へと転送され、ついに父、ブリタニア皇帝と対峙する。


あーあー。
もう、地すべりを起こしてなだれ落ちていくルルとスザクが見えるようですよ。
やっちまったなー、というかんじ。
選びうる道の中で最悪のものを選んでしまった二人でした。

ロロはシャーリーを殺したとあっさり告白しました。
そこに驚くより、タイミングよく出てきたことにビックリでした。
ルルとシャーリーのやり取りを隠れ見ていたのか?
その上で 褒めて、と言わんばかりに殺したと報告するのかい?
しかしルルは「よくやった」と言い、この瞬間ボロ雑巾計画は再発動しました。あちゃー。

ジェレミアの定時連絡を利用して、V.V.と初対面なルル。
アッシュフォード学園からの通信と見せかけて、実は嚮団の目の前でした。
張りぼてに吹いてしまったよ。

そしてルルの復讐が始まります。
全てを知ってなお、ルルを「許す」という選択をしたシャーリーの仇討ち、という名目になっているのがすごく残念です。
嚮団はいずれ何とかしなければならなかったはずですが、それにしたって もっと別のやり様があったでしょうに。
「想いの力」を掲げ、弱者の味方を名乗る黒の騎士団としては、一番とってはならない行動です。

とりあえずゼロ番隊(親衛隊だったっけ)だけを引き連れての作戦でしたが、どうせすーぐーに他の団員にばれると思います。
それでなくても騎士団の瓦解フラグが立っているのに、リーダーがこれでは本当に空中分解しかねません。
自力で無理なら、誰かがルルの軌道修正をしなくちゃいけませんが、誰だったら可能かなぁ?
C.C.は今回 止めなかったし、カレンはいないし、じゃあ神楽耶?

扇さんは前回ヴィレッタと通信をしてから様子がおかしいようです。
ヴィレッタは意外にも、まだブリタニアに戻る気でいました。
そのために扇さんをどうにかする気です。
咲世子さんが見張ることになりましたが、さてどうなることやら。

嚮団のデータはC.C.によって破壊され、V.V.の乗ったジークフリートも倒しました。
コーネリアとのシンクロは熱かった、と言うところなんでしょうか。
皇子・皇女の中で、もっともブリタニア的なのはコーネリアだと思います。
そんな彼女とシンクロしたのは良かったのか悪かったのか。

そして、とうとう皇帝と再会しました。
皇帝のフィールドでルルが勝てると思えないんですが・・・。
「贖いの時」というのは、ルルにとって?それとも皇帝にとって?

一方、株が大暴落と思われるスザク。
なんてこったいカレンにリフレインを使う気ですよ!
証拠はルルがシロだと言っている、でも自分はクロだと思う。
そんな理由で友達を廃人にする気ですか貴方は。
カレンにリフレインを使うと、どっちかっていうと兄が生きてた頃に戻りそうです。

ルル=ゼロ、それは確かに間違ってません。
でも、ルル=ゼロ=悪、はちょっと極端です。
つーか前回 命がけでシャーリーを助けようとしていたルルの何を見てたんだ。
そろそろキチンと自分で考えださないと、視聴者に見捨てられるよ?

皇帝とV.V.の関係は崩れるのかもしれません。
「また嘘をつきましたね」とか、決裂の言葉に聞こえなくもないです。
シャルルーV.V.ーマリアンヌ、ルルーシューロローシャーリー、の図は似てます。
シャーリーをナナリーに置き換えても可。
V.V.いわく、兄弟関係がもっとも美しいらしいので、そこに割って現れた妻=マリアンヌはさぞ憎かったことでしょう。
V.V.の感情はロロにもかぶります。
とりあえずロロ爆破計画は失敗しましたが、ボロ雑巾は続行なんですかね。

ルルと皇帝は似てる、と言ってました。
意外と身内を大事に思ってるところ、でしょうか。
もう一つ、偽悪ぶってるところもだと思います。
ルルが皇帝を憎むようになったキッカケと、スザクがルルを憎むようになったキッカケって似てる気がします。
親子で同じことやってるんでしょうか。
だからこそ、ルルには何か違う道を選んで欲しいと思うのですが。

話に全然関係ないけど、現在の皇帝ってなんで髪の毛ロールしてるんでしょう。
昔の美壮年ぶりに吹きました。
モーツァルトとかもあーんな髪してますよね。
で、あれってカツラですよね。
サイドだけロールカツラつけてたらすげぇ!とか思ってしまいました。本気でどうでもいいな。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode1 
なんか纏める努力を放棄してしまったけど、これはこれでいいかな・・・? 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ 2話

東京

一人東京にやってきたソラは、東京の広さ、大きさに驚きます。
「何階あるんだお前たちはー!」
っていうビルに対するツッコミ(?)が可愛かったですw

さて、この世界における「魔法」の定義が、少し説明されました。
それによると、
・魔法が使えるかは遺伝で決まる
・16歳になると研修を受け、終了後 魔法士として登録される
・研修期間は一ヶ月
ということが分かりました。

魔法の力には人によって違いがあるっぽいので、一ヶ月は短いような気もしますが。
今回の話は、一緒に研修を受ける少年少女たちとの出会いの話でした。
特に重要なのは、下宿先も同じ 豪太という少年との出会い。
恐らくソラは彼に恋することになるのでしょうが、出会い方は最悪といっていいほど。

魔法を使って事故を防いだソラが地下鉄までの道を尋ねると、「じゃあ歩けば?」と切り返しました。
特にめげずに普通~に歩いて魔法局に向かうソラに乾杯;

豪太は事故にあいそうになったお婆ちゃんを助けたりと、別に悪い人ではなさそうなんですが、魔法にはコンプレックスがあるようです。
同じ研修生のソラとの違いを見せつけられて、つい つっけんどんな態度になってしまったんでしょう。
また、彼は家庭にも何かあるみたいです。
多分 魔法が使えるのは母親なんだろうなぁ。

ソラは水を氷に変える試験で、つらら天国(笑)を作りました。
制御が難しいみたいだけど、素質はものすごい、といったところでしょうか。
同じ研修生との関係も持ち前のホワホワした性格で切り抜けてました。
ひより可愛いな。

ソラが下宿することになるのは、下北沢に事務所を構える魔法士さんの所。
なんだか下北沢を実際に散歩してるような気分になりました。
どこにあるのか知らないけどw

魔法士がどんな仕事をしているのかは、次回から語られるんでしょう。
どういう風に人と魔法が共存しているのか気になります。

魔法遣いに大切なこと DVD-BOX 

マクロスFRONTIER 14話

マザーズ・ララバイ

様々な思いが絡んだ大規模な戦闘になりました。

アルトはランカを助けようと、バジュラの母艦を追いかけます。
一生懸命だけど、別に恋ってわけじゃあなさそうです。。。
もちろん、助けたいって気持ちに嘘はないですが、どうもヒロイズムに酔ってるように見えなくもなかったり。
矢三郎の言葉がよみがえります。
シェリルとの会話のかみあわなさっぷりも、ねぇ。
もしかしてわざと?とか。向けられる気持ちに気づかないフリをしてるだけだったり・・・なんて。
主人公だから描写が多いのに、アルトってよく分かりません。

シェリルはパイロットコースに通ってる経験を生かして、ミハエルの代わりにバルキリーを飛ばそうとしますが・・・・
想像以上にへっぽこな腕でした;
それでも、何かできるなら、という心構えで向かっていくのは好きです。
しかしあの腕で戦闘区域につっこむのは無謀すぎます。

案の定(?)撃墜され、更にかばおうとしたルカもピンチな時に、アルトがやってきました!
遅れてやってくるのはヒーローの定石、だけどとっても格好よかったです。
もう、姫じゃなくてアルトに惚れそうになりました(別扱いなの?

バジュラの母艦を総攻撃しようとするマクロス・クォーター。
アルトは艦長に、中にいるランカを助ける許可を得ます。

その頃ランカは、目の前で繰り広げられる戦闘に心を痛めていました。
母(の幻?)が現れ、「伝えたいの。私たちは、あなたたちに・・・」
という言葉とともに、アイモを歌いだします。
ランカも重ねて歌いだし・・・このシーンは熱かった。
アイモがバジュラにどういう効果を与えたのかは、ちょっと分かりづらかったのですが。
しかしアイモをバックにアルトがバジュラを蹴散らしていくのは、なんとも物悲しかったです。

結局ランカを助けたのはブレラでした。
なんだよ姫!肝心な時はいつもブレラに先を越されちゃってるじゃないか!
しかもブレラはギャラクシーの生き残りであり、フロンティアを援護すると言いました。
ギャラクシーの軍人だった、というのは、本当なのかグレイスに仕込まれた記憶なのか、は分かりません。
ただ、ランカのことは「何か特別な存在」と意識したでしょう。

ルカは、ナナセに「帰ってきたら伝えたいことがあります」と言って出撃しました。
ちょっとこれはヤバイんじゃないか、と思いましたが、無事で良かったです。
被弾はしてたみたいだけど。
前回ルカがLAI絡みで微妙な立場に立たされてることが判明したので、今後LAIの問題で活躍するのかもしれません。

冒頭で、久しぶりに格好いいオズマ兄ちゃんを堪能しましたv
ボビーとの会話が素敵です。
「お前に言われてもなぁ・・・」とか、なんだか不思議な関係の二人だけど、良いなぁ。

さてさて、黒い大人二人組み。
グレイスは、やっぱりというか、生きてました。
というか、調整されてるみたいだったから、そもそも人じゃないのかしら?
もっと上の立場に操ってる人とかいるのかなぁ??
ランカのことを「リトル・クィーン」と言ってましたが、どういうことだろう。

レオンの当面の目的は、反応弾を撃たせることにあったみたいです。
実験、ってとこでしょうか。
これもLAI製だったりするのかも?
奴はルカの実家と黒い関係にあるのかもしれません。
それにしても耳打ちがイヤラシイです。

とりあえず次回は日常に戻るようです。
つかの間の平和は何をもたらすのか・・・。
とか色々書きましたが、正直
ミシェルの安否が気になって他はどうでもいいくらいな勢いです。

マクロスF(フロンティア) 2 も、ほんと皆ミシェルのこと無視しすぎだよ;

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : マクロスF(フロンティア)

RD 潜脳調査室 13話 14話

もうひとつの海

波留さんの過去と、決断。

お昼寝中のミナモは、何やらオカシナ夢を見ています。
「ユキノちゃん、我慢しよう、太る、太っちゃうよ~・・・」
一体どんな夢だったんだろうw

そんなミナモに忍び寄るピンチ!
蜂がミナモの鼻に止まります。
その場にいるのは波留さんだけ。
しかし波留さんの足は動かず、ミナモがいる場所までたどり着くことができませんでした。

その後、二人でお散歩します。
もう絶滅してしまった海の生き物を見る二人。
もう見ることができない生き物、もう海に潜ることができない体、
手の届かない場所に去ってしまったモノ。

そして波留さんは海との出会いを回想します。
バブル崩壊で東京から唐津へ移った波留さんは、そこで初めて海に潜ります。
イルカと一緒に何度も潜るうちに、「海と一つになる感覚」を知りました。
ミナモはそこで、努力したら泳げるようになる、って勘違いをしてたけど、そこはご愛嬌。
彼女も海に潜ることになりますからね。

イルカとミナモが似ているのは、海を教えてくれた存在だから、かな。
それにミナモはその溢れるエネルギーで、波留さんを元気にしていると思います。
気力を取り戻させ、メタルの海へと導いてくれたミナモは、だから波留さんにとって特別な人なんでしょうね。

いつか唐津に行きたい、というミナモに、なんだか複雑な表情を見せていた波留さん。
眠っている間に50年も過ぎてしまい、人生で残された時間は多くありません。
約束できなさそうなのが ちょっと切ないなぁ、と思ってたんですが、
最後には、波留さんから「またデートしてもらえますか?」とのお誘いがありました。

「僕はまだ海で生きられる」と波留さんからの約束、が印象的でした。
波留少年が見た海も美しかったですね。

波と風

ミナモの回想と海への挑戦。

電脳化してないミナモは、介護実習のレポートを手書きで書かなければいけません。
うまくまとまらないと悩んでいると、祖母から電話がかかってきました。
そして、これまでのことを祖母に話して聞かせます。
その中で、ミナモは「波留さんの見てきた世界を知りたい」と思うのでした。

そんなわけで、50年前の方法で海にダイブします。
ミナモは泳げないので、きっと体全体で海を感じたのは これが初めてじゃないかと思います。

実写と挿入歌のコンボは、正直いってちょっとキツイ・・・と思ったわけですが(苦笑)
いや、絵でも十分綺麗だったし、メタルと本物の海との違いってのも十分表現できてたと思うし、何故いきなり実写・・・?と。

海の中で、ミナモは若い頃の波留さんの幻を見ます。
ダイバー兄弟(兄)は、窒素酔いじゃないかと言いましたが、
私はなんとなーく、海の記憶じゃないか、とか・・・。

RDでは、地球という星そのものに、意志があるような感覚をうけます。地球律とかね。
それは私達の思う「意志」と定義が異なっているかもしれませんが。
でも、海と深くつながったミナモが、海が記憶していた かつての波留さんの姿をかいま見たんじゃないかしら、と思った方がロマンチックだし(笑)

これからもミナモは海に潜り続けるんでしょうね。
次回はおばあちゃんがやってくるみたいです。
これは、波留さんや久島さんの若い頃の話に期待できるんでしょうか!
・・・それにしても、今回はユージン君(ダイバー兄弟の弟)がしゃべってくれると信じてたのにー。
[ 2008/07/11 23:43 ] RD 潜脳調査室 | TB(2) | CM(0)

スレイヤーズREVOLUTION 2話

Because それはリナ=インバースだから!

このところ連続して起こっている魔道戦車 爆破事件。
それを破壊するにはドラグスレイブ級の魔法が必要であり、なおかつ そういうことをしそうという理由でリナが疑われたのだった。
疑いを晴らすため、リナたちは魔道戦車の前で犯人を待つことにする。
そこに現れたポコタと戦闘になるも、魔道戦車は彼(?)が作ったものだと判明した。


逮捕されかけたことについて、リナはアメリアに詰問します。
なんでも、国を通して正式に依頼があったらしく、リナと親交のあるアメリアが案内役になったとのこと。
セイルーンの人たちはリナが危険人物だって知っているからね~
でもリナを敵に回す方が恐ろしいのではなかろうか・・・とか。
本気で滅ぼしかねないよw

前回の「いきなり何?」としか言いようがないリナの逮捕にも、それなりの理由がありました。
強大な魔力を持ち、それを周りの迷惑をかえりみずに ぶっ放す凶悪な魔道士はリナしかいない、とのこと。
やっぱり状況証拠だけ・・・というかソレ証拠?というかんじですが、妙に納得してしまう不思議。
なんでしょうね、こじつけだろうが何だろうが、相手がリナなら説得力を感じますww

しかし一緒にいたガウリィだけはリナの潔白を分かってるはずなのに・・・。
あれか、クラゲだから覚えていないのか!
今回はクラゲというよりカメでしたね。すごいよ。
で、黄色いハンカチを下げて待ってるって、地味にプロポーズのようなもんでは?

さて、戦車を見張っていたら現れましたよ小動物が。
ただの小動物・・・というか、ただの小動物以外の何者でもないと思うのだが。
でもリナ並に魔法が使えたり、腹から光の剣(レプリカ)を出したり、色々読めない小動物でした。

戦闘は魔法中心です。
魔法は剣にはない派手さがあっていいですね。
そして最後はリナによるドラグスレイブ・ブースト版でした。
いやぁ、すっきりした。やっぱこうでなくっちゃw

そして衝撃(?)の事実が発覚。
魔道戦車はポコタが作ったもので、何者かに盗まれてしまったのだという。
だから使われる前に壊してまわってるのだと。
ポコタが作ってたってことがまず信じられませんが。
なんだか国家規模の争いに巻き込まれたようなリナご一行。
ワイザーはまだリナのことを疑ってますが、まあ あれはどうにでもなるし。

個人的にはあの半魚人がまた出てくるかが気になりますw

Plenty of grit/Revolution 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : スレイヤーズ REVOLUTION

薬師寺涼子の怪奇事件簿 1話

銀座クライムタワー(前編)

私、泉田準一郎は、勤務中にも関わらず買い物に行きたいという薬師寺警視に連れられて銀座に向かっていた。
そんな我々の目の前で、人間が瞬時にミイラ化するという怪奇事件が発生。
現場で不審な動きを見せた人影を追跡するも、銀座プライムタウン内で見失ってしまう。
元・厚生労働省のエリート官僚で、プライムタウンのオーナーである曽我篤彦が捜査に非協力的なためそれ以上の捜査はできなかったが、私は現場で満月を象った小さなバッジを拾った。
どうやらそれは“月読会”なるカルト集団のもののようだ。(スタチャのHPより)


原作は未読です。
どんな話かすら知りませんでした。
あ、でも「ドラよけお涼」は知ってたw(何故そこだけ

主人公は薬師寺涼子という警視さん。
部下の泉田くんを従えて、今日も傍若無人に捜査をします。
・・・そんな話だと思って良いのかしら??
あらすじは泉田くんの語りだけど、主人公はお涼さんだよね?

お涼さんは傍若無人だけど経験に裏打ちされたカンが武器、
泉田くんはお涼さんに流されてるように見えて結構マイペースで優秀。
といった印象を抱きました。
お涼さん、ハイヒールで全力疾走、しかも捕まえるなんてすごい・・・。

ライバルの女警視さんも登場しました。
同じく部下がいるみたいだけど、こっちの部下はなんか裏がありそうです。

事件については来週を待ちます。
でも怪奇ってことは、普通のカラクリが存在する事件じゃないってことなのかな。
人が突然老化してミイラになるなんて様を目の前で見たらトラウマになります・・・;
タクシーの運転手さん、ちょっと可哀相。
ところで月読尊って男じゃなかったっけ?

思ってたより面白そうなので来週も見ます。
何より泉田くんがいいなぁv
「製作・女王陛下執務室」に吹きましたw

薬師寺涼子の怪奇事件簿 Le recueil des faits improbables de Ryoko Yakushiji angelaのKATSUさんが関わっててびっくり。

夏目友人帳 1話

猫と友人帳

夏目貴志は、妖怪の姿が見える少年。
両親を早くに亡くし、親戚の間をたらい回しにされていたが、最近 藤原夫妻のもとに引き取られた。
祖母・レイコの遺品「友人帳」を受け継いだことで、妖怪に狙われることになる。


そんなわけで、初っ端から妖怪に追っかけられてる夏目。
神社に逃げ込みますが、そこで結界を破ってしまいます。
おどろおどろしい空気が立ちこめ、不穏な声が祠(小)から響きました。
そして現れたのは――
招き猫。

分かってても笑っちゃいました。
あの変な顔、ぽってりした体、お尻のあたりの素敵なボディライン、ニャンコ先生の魅力はまだまだ尽きませんが、話が脱線するのでこの辺で。
あぁ、でも動くニャンコが見れたなんて感激だわ!!

ニャンコ先生も一応 友人帳狙いの妖怪ですが、夏目の死後 友人帳を譲り受けるという取引きに応じ、用心棒になってくれました。
そして始まる猫とのドキドキな同棲生活。←間違ってはいないと思うけど;

友人帳、とは祖母レイコが負かした(ボコったとも言う)妖怪たちの名前が書かれた紙の束。
その紙を燃やされると、妖怪も同じ目にあってしまうという危険な代物。
だから妖怪たちはこぞって奪い返しに来るのでした。
名前って重要ですね。

今回 夏目を追っかけていたのは ひしがきという妖怪。
遠い日にレイコと出会い、以来ずっと名を呼んでくれるのを待っていました。
春も、夏も、秋も、冬も。しかし呼ばれることはありませんでした。
寂しさゆえにレイコを憎むようになり、レイコそっくりの夏目に襲い掛かりました。
愚かしくて愛おしいなぁ、と思います。
ただ一途に待ち続けた君が、私はとても好きです。
ところでレイコさん、バットで殴ってたけど、絶対手加減してないよね!

原作大ファンなのでどうなってるだろう・・・と思いつつ見ました。
なんだか雰囲気が出てて良かったです。
ニャンコ先生の声がドラマCDに比べてコミカル度アップしてましたが、合ってるかも?
その分 斑になった時のギャップで萌え萌えw

が、原作既読組の方、大事なシーンがないと思わなかったですか?
どうしてレイコさんが友人帳を作ったのか、その理由。
あとレイコさんの妖怪に対するスタンスというか、友人帳を作ったきっかけ?
この辺りは意図的に外されてるんでしょうか。
ならば今後どう絡めてきてくれるか楽しみです。

期待が大きかったけど、十分答えてくれた気がします。
次回は露神さまの話。

夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842)) かりかげ無視だったな・・・

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 夏目友人帳

[ 2008/07/10 01:04 ] 夏目友人帳 | TB(11) | CM(2)

今日から二年目。



というわけで一周年でございます。
これも見に来てくださるみなさまのおかげです。
ありがとうございます&自分におめでとう(笑)

本当なら七夕らしい絵を描こうと思ってたんですが・・・
スキャナがとても欲しいです。
パソコンで下描きからやると面倒どうしても下絵と変わっちゃいますから。

上の彼(?)はなんとなくこのブログのマスコットな気がしてきました。
名前はレグニグ・・・ジンジャーブレッドボーイなのでジンジャーを逆読み。そのまんまw

さて、今年の目標は「勇気を出してコメントをつけてみよう」です。
私はチキンハートなのでコメントをつけるのもドキドキですw
初めて書いたのはトラバ誤爆のお詫びで、もう何の試練かと思いました。
既にお邪魔させていただいたブログさんもありますが、温かなコメ返しありがとうございます。

今年もマイペースにのほほんと続けていけたらいいです。
それでは、おやすみなさい。
[ 2008/07/07 23:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コードギアス反逆のルルーシュR2 13話

過去 から の 刺客

無理、今回は無理!あらすじ不可!!
シャーリーには幸せになって欲しかったんですよー!
それがルルと結ばれることでなくてもね?

シャーリーは記憶を取り戻しました。
でもそのせいで何が信じられるのか分からなくなり、混乱してしまいます。
で、スザクに相談。
なのにルルも同じ場所にやってきました。
予告で見たときはスザクがお邪魔虫かと思いましたが、逆でしたね。

シャーリーは疑心暗鬼な状態で、ルルとスザクすら信用できなくなってます。
危うく落ちるところでしたが、ルルの必死の訴えで答えを見つけたようです。
「ルルーシュはルルーシュであること」「自分はルルーシュが好きなこと」
この2点だけは揺らがない、と分かったんじゃないでしょうか。
そして、心の底からルルを助けたい、支えたいと決意しました。
なのに・・・(つД`)

ルルとスザクの微妙な距離感に気づけたのは、記憶が戻っているから、でしょう。
だからシャーリーだけにできたアドバイス。
許せないんじゃなくて、許したくない。
スザクの心には、届くのでしょうか。
ユフィの死を悼むことは、ルルを許さないこととイコールで結ばれるものではないです。
ルルを許すことを、スザク自身が許せたらいいのに。

ギアスキャラで一番心が強いのはナナリーだと思ってますが、シャーリーもナナリーに匹敵するくらい強いんじゃないかと思いました。
なのに・・・(つД`)
書いてて気づきましたが、私は思ってた以上にシャーリーを重要視してたみたいです。
好きとか嫌いとかじゃなくてね。多分、普通の子で、普通にルルが好きだから。

一方、ジェレミアがルルを探しに学園へとやってきました。
今まで散々オレンジと書いてきて、ぶっちゃけ本名も忘れてましたが、これからはちゃんとジェレミアと呼ぼうと思います。
奴はもうオレンジじゃなかった!それはそれで残念だけど!(ぇ

機情の人たちなんて目じゃないほど強かった咲世子さんでしたが、ジェレミアには及ばず。
ギアスキャンセラーでロロのギアスを無効化してしまいました。
機械の部分にギアスは効きませんものねぇ。
重傷を負い、それでもルルの所へ行こうとする咲世子さんは忠義の人です。

そしてもう一人 忠義の人が。
なんとジェレミアが忠誠を誓う相手はマリアンヌだと言うではないですか。
今度はルルに忠誠を誓った・・・のかな?
本当に信用していいのか分かりませんが、当面は味方でいそうです。
今回のことでギアスキャンセラーの部分が壊れてないか心配ですが・・・

ロロたちと合流しようとするルル。
そんな彼が見たものとは・・・。ああ(涙)
遡ること少し前。
シャーリーはロロと話していました。
ルルの味方になりたいと言い、ルルの幸せのためにナナリーのことも・・・
あぁ!ナナリーのことはロロには禁句!
ロロはギアスを使い・・・

シャーリーは血だまりの中で倒れていました。
ルルが見つけた時にはもう彼女は虫の息。
その中で、記憶が戻ったこと、ルルの孤独を知ったことを告げます。
「何度生まれ変わっても、きっとまたルルを好きになる・・・」
一期でルルがシャーリーの記憶を消す時の「もし生まれ変わることができたら、君に」
の答え、なんでしょうか。
シャーリーといる時は、国も身分も関係ない「ただのルルーシュ」としていられました。
効果のないギアスをかけ続けるルルが悲しい。

王の力の代償って、なんて残酷なんだろう。


気を取り直して気になったところをいくつか。

・玉城
数値低っ(笑) まあ・・・0じゃないだけマシってことですねw

しかしゼロからの緊急通信を、空気読めてないように装って扇さんに伝えたのは見事でした。
ちょっと玉城の評価が変わりそうです。
もしかしたら、ゼロの懐刀になれる可能性を秘めているのでは・・・。
実際なれるかどうかは かなり怪しいですがw

・ギアス嚮団、というかV.V.
人々を争わせる神を殺す、ことが目的だそうです。
「神」が何を指すのか不明ですが・・・ギアスそのもの、かな?
つーかジョイ君「叔父」って。本当に兄なの?

・ロロ
何してくれたんだよチクショーウ!!いかん、落ち着いたら怒りがフツフツと・・・
シャーリー殺害犯の容疑者 筆頭候補。
直接手を下していなくても、シャーリーの死因にロロが関係しているのは確かだと思います。
ギアスをかけて時間を止めている間に何か起きた、とかね。
仮にそれが事故であっても、ルルが「憎む対象」はいなくてはならんと思うのです。
話の構造的に。

ルルもスザクも自分の大事な人を失い、かつその人を奪った人間を許せるか、
これが結構大きなテーマなんじゃないかと。
そしてそれはルルとスザクの和解につながります・・・よね?

・その他
OP・EDが変わりました。
まずOP。モルドレッドが黒の騎士団側にいる気がします。
でもって紅蓮は帝国側・・・カレーン!帰ってきてーー!
ジノはああ見えて重要人物なんでしょうか。

EDは・・・シャーリーが反則です。
見るたびに泣きそうになりそうです。
シュナイゼルの石の翼やミレイ先輩の着てる服(ウェディングドレス?)が気になります。
最後のルルとスザクは目の保養。

扇さんとヴィレッタの再会が近そうで楽しみです。
星刻、まだ神虎乗ってるんですね。もっとお体いたわってください。
あとギアスキャンセラーしたらもう一回ギアスをかけ直せるみたいですね。

予告でのルルの目がなんとも切なかったです。
深い悲しみの後 訪れたものは虚無感だった、ってことかな・・・
また、ナナリーは誰と会ってたんでしょう。
もしかして、マリアンヌだったりする??
(↑今回 昼寝から起きたらジャスト五時半で涙目でした。
なのでBIGLOBEで見たんですけど、地上波でもこの映像あったのかしら?)

コードギアス 1/35 メカニックコレクション ヴィンセント あえてロロ機。今後 兄弟関係はどうなるんでしょう。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 1話

再会の酸味

橘圭一郎は突然 会社をやめ、ケーキ屋を開くことにする。
父親のコネ(?)で優秀なパティシエ・小野がやってきた。
しかし彼は魔性のゲイで、気に入った男性は必ず彼を好きになるそう。
しかも橘が高校時代に振った相手だった。


原作は未読。
ドラマはおぼろげな記憶がありますが、内容はちっとも覚えていません。
連載当時、掲載誌の別の漫画(某平安の)は読んでたんですが、アンティークはBL風味ということで つい避けていました。

そして1話、ドキドキしながら視聴。
今期の新番組4本目で、まだ一番の期待株(夏目)は残ってますが、
とっても面白かったですw

淡い色合いなのは原作に近くしようとしたスタッフさんの頑張りなんでしょうか。
ちょっとクセはありますが、これはこれで味があって良いかも。

魔性のゲイにはびっくりしましたが、その後は爆笑。
いや、小野さん着替えるんですけど、黒い羽根が舞いました。もう撃沈ww
変身前後のギャップとか、ストレートでも落としてしまう魅力とか、私も落ちそうではあるのですが・・・!

橘さんが好みだから、やっぱりアンティークでは働けないと言う小野さん。
いずれ恋愛になるなら早いうちに、とキスを迫ってきました。
橘さんの焦りっぷりと小野さんの暴走っぷりがおかしくておかしくて思わず三回見ました。
もうもう、こんなに面白いと思いませんでしたよー。

ピンチを悟った橘さんは、昔振ったから魔性には落ちない、とキッパリ。
橘さんに告白したことをショックで忘れていた小野さんも、ようやく思い出しました。
ならば安心してアンティークで働ける、とあっくんと夜の街に消えていきましたとさ・・・
えと、、、食べちゃ・・・なんでもありません。

それにしても、相当ひどい振り方でした。
気持ち悪いだの死ねだの、さすがに言いすぎだと思うんだ。
しかも去ろうとする小野さんを呼び止めて、「おれのこと好きなんだろ・・・?」
とかって焦らした(?)あげくにですよ。どんだけSなのかと。

さて、次回は「アンティーク」開店ですね。
エイジ君はいつやってくるのでしょうか。
そして小早川さんはいつから本格参戦してくれるんでしょう!

若干ずれた楽しみ方してるような気もするので、本当に好きな方からは怒られちゃうでしょうか・・・びくびく。
でも本気で次回以降が楽しみです。
みなさま いい声ですし、提供まで言ってくれるのが素敵です。

・・・前述の別の漫画、一番好きだったキャラが中務卿宮様だったのだから、避ける必要なかったんじゃね?と今更ながら思いました。
本当だわ・・・。(宮様は男色家でした)

西洋骨董洋菓子店 (1) (Wings comics) ロマンチカ見とけばよかった。

ストライクウィッチーズ 1話

魔法少女

人類が「ネウロイ」という異形の敵に侵略されている世界。
唯一の希望は、魔法を操る少女たちに託された。
芳佳は高い魔力の持ち主として、軍からスカウトされるが、戦争は嫌だと拒否する。
しかし、戦死したと伝えられていた父から手紙が届き、入隊はしないものの軍艦に乗り込み旅立った。


まずびっくりしたのが服装。
セーラー服+水着って、どこの木村先生・・・!?
でもあの世界の女性はあれが普通の格好なので誰も気にしないそうです。すごいや。
芳佳の母と祖母はああいう格好ではなかったので、一体何歳までの服装なのか非常に気になります。

どうしてもスカイガールズの影がちらつきました。
軍からスカウト→旅立ちって、流れだけ見たら同じ・・・?
でも扱うのは魔法。飛ぶのは魔力のおかげ。
個人的にはソニックダイバーのゴツイかんじも好きだったなぁ。

どうやら魔法少女と猫ミミ&尻尾は切っても切れない関係な模様。
魔法を使う時に生えてしまいます。
なんで生えるのか理由は分かりませんが、耳が四つになるね。

この世界の少女たちは「ストライカーユニット」という機械(?)を用いて空を飛びます。
例えるなら・・・アトムの足についてるようなやつ??(あれってブーツ?)
上半身に特に何もないのは普通の重火器でネウロイを倒すからのようでした。
だから女の子の人数も多いんでしょうか。
フォーメーションで魅せてくれそう。

とりあえずまだ1話なので特に書くことが無いです。
でも少佐が芳佳に飛行訓練を見せるシーンは良かったと思います。
動きが軽くて、これはこれで良いかんじ。

基地で待機中の女の子の会話はなんというか、・・・(^^;)でした。
待機中とはいえあんなにリラックスするのを許可してくれる中佐はどんな人物なんでしょう。
おじさんだといいのになー。
そして傍らにはそんな中佐に苦言を呈する堅物のおじさんがいるといいのになーv
あぁ、妄想が止まらない!夜中のテンションは危険だ!!

女の子いっぱいのアニメでおじさんを期待するとか間違ってる気がしますが、
とにかく2話が早く見たいです。
あ、お父さんが実は生きてて渋いおじさんになっててもいいな!(もうやめて・・・

ストライクウィッチーズ 限定版 第1巻

マクロスFRONTIER 13話

メモリー・オブ・グローバル

今回は三角関係そっちのけで、グレイスの陰謀を食い入るように見てました。
というかアルトとランカのやり取りは可愛かったけど特にモえなかった・・・。
・・・もしかして私、シェリル派??(気づくの遅いだろ)

アルト機が故障したので、森の中で二人っきりのアルトとランカ。
泉で水浴びするのは・・・姫の方ですか!
んー、期待が外されたような むしろおいしかったような複雑な気分ですw
というかランカさん、半裸の男を目の前にして恥じらいが少ないんじゃない?

アルトの髪を梳きながら、ランカはお礼を言います。
ここまで来れたのは、アルトが背中を押してくれたからだと。
やっぱりランカの魅力って素直なことだと思います。
自分の気持ちを素直に言えるってのは、シェリルには難しいようですし。
なんか抱き寄せちゃったりして、いーい雰囲気ですねぇ。

ところでアルトって、いつも自分で髪を結ってるんでしょうか。
あれだけ長いとポニテにするのは大変なんですが。
つーか風にあおられると頭かっくーん、ってなると思います。重くて。

一方のシェリルは、アルトたちがガリア4から出ていないことを知り、探しに行きます。
できることがあるならやる、というシェリルは格好いいね。
後半の、ランカのことはなんとかする、と言い切るのも素敵です、お姉さま。
シェリルは強そうに見えるから、恋愛においては損するかもしれません。

さて。
グレイスがガリア4に来たのは、前回アルトたちが見つけた昔のマクロス、
マクロス・グローバルの起動が第一目的だったみたいです。
マクロス・グローバルは第117調査船団・・・11年前(だっけ?)に遭難した、ランカが乗っていた船でした。
現在はバジュラの母艦になっています。
そもそも、バジュラを研究していたようでしたね。

ランカはその船に囚われてしまいます。
そして、でっかいバジュラ(女王バジュラ?)と痛みを共有しているようでした。
前にもランカのお腹が光る演出はありましたが、何か埋め込まれてるんでしょうか?
恐らく、ランカはなんらかの研究対象だったみたいですし。
グレイスも、まだ可能性の段階としてでしたが 気づいています。
愛しのあの子はエイリアン?

また、グレイスは戦争の火種を作っていきました。
「銀河の妖精の死と先遣隊の壊滅。憎しみは、燃え上がる」
恐ろしいこと言いますね。
シェリルの病気も作為的なものでした。
ミハエルが見つけた薬が何の薬か分かりませんが、何かの特効薬かな?
それにしてもミハエルっていい表情するよなー惚れるわー。

そして、ディメンション・イーター、ルカの実家が作った兵器でガリア4を消滅させました。
それに伴って「グレイス」も消滅しましたが、あれは自由に動かせるパーツの一つにすぎないんでしょう。
フロンティア政府(というかレオンだけ?)とLAI、グレイスはとりあえず何らかの利害が一致して協力してるんでしょうけど、最終目的が同じとは限りません。
なーんかレオンって、そのうち裏切られそう。

アルトもミシェルもランカを助けようとしましたが、結局ランカは囚われのまま。
追い討ちをかけるようにガリア4が消滅してしまい、非常に緊迫感のある引きで見事でした。
状況的にそんな場合ではないですが、ランカ、コンサート間に合わないの確定だね・・・。
それより ちゃんと用を足せてたのかが気になって仕方ないとかどうなんだろう。。。いや、だってあの卵っぽい場所明らかにトイレないし。

次回は大規模な戦闘になりそうです。
どなたかお亡くなりにならないか非常に心配です。
ミハエルとかミハエルとかミハエルとか・・・!!
だってシェリル一人でも操縦して帰ってこれるんだもん。

そういえば幼いランカが映っていたクリスタル(?)、あれってシェリルのイヤリングの素材と同じに見えました。
実はシェリルの出身はグローバルだったりしてーとか ちらっと思いました。ちらっとね。
次回の戦闘ですが、シェリルの死で憎しみが燃え上がるのなら、死んでいないことを証明すれば終わるでしょうか。
復活コンサート(&新EDお披露目)で、銀河の妖精の面目躍如、とか。
すっごい見てみたいです。そうだといいのに。

マクロスF(フロンティア) 2(blu-ray Disc) ルカの立場って微妙だったんだなぁ。

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ 1話

美瑛より

魔法が普通に存在する日本のお話。
鈴木ソラは、魔法士になるための研修先が決まり、東京に行くことになった。
その前日、親友のみちるから恋愛の相談を受ける。
彼女のために魔法で背中を押して、みちるは想い人とカップルになることができた。
そしてついに、ソラは東京へ旅立つ。


すごくほんわかした作品。
この夏一番の癒し、そんなかんじ。

お母さんが本当に素敵なお母さんでした。
娘への愛情や母としての強さとか優しさとか、なんだか理想のお母さん。
「泣き虫ソラ」と愛おしそうに言うシーンは、こっちまで泣きそうになってしまって・・・
私 涙腺ゆるんでる?

「魔法は必要な時、必要なことに使うんだぞ」という父の言葉。
それを実践して、みちると彼女の想い人のために、雪を降らせました。
なんでも、夏休みの間に転校してしまう男の子と一緒に雪を見たかった、ということらしく。
雰囲気バッチリの中、無事 告白は成功したようです。良かったね♪
トライ&キャッチだべさ、っていうのが可愛かったです。

しかしソラ自身は、恋に向いてないと思っていました。
その辺のソラの変化や成長を見守る物語なんでしょう。
まったり進行で期待大です。

ところで、背景が独特・・・というか、実写でしたよね?
キャラが背景にさっぱり浮いてるよ、とか思いましたが、段々気にならなくなりました。
しかし都会になると違和感復活かもしれません。
どうだろうな。

そうそう、北海道の方言がいいかんじでした。
地元の方が見ると微妙なのかもしれませんが・・・関西弁もそういうこと多いし;
でも温かみがあって良いですよね、方言。
とりあえず2話が楽しみです。

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ (1) (角川コミックス・エース 209-1) トライ&エラーだ、けっぱれ、ソラ!

セキレイ 1話

第壱羽 セキレイ

春、皆人の桜は再び散った。
二浪決定に落ち込む皆人だが、帰り道に空から降ってきた美少女に遭遇する。
彼女はセキレイと呼ばれる存在で、皆人を運命の人=葦牙と定める。
突然 巻き込まれてしまった皆人は一体どうなるのか!?


ってな1話でした。
アパートが独身者専用だったため追い出されちゃいましたし。
ええ、全く、絵に描いたような巻き込まれキャラでした。
予告でまで言われちゃうなんてひどいよ(笑)

皆人はセキレイ計画、というものに巻き込まれました。
概要は、
108羽のセキレイが最後の一羽となるまで戦い続け、最後に残った一羽は葦牙と永遠に結ばれる・・・というものだったかな。
ていうか108羽ってどこの水滸伝・・・と思ったけどどっちかっていうと煩悩かな?
ちなみに他言無用らしく、誰かに話したらずーっとイジワルされるそうですw


ヒロインの結がなんとな~く可愛い子でした。
羽化すると飛べるようになるみたいです。
羽、綺麗でした。
とにかく素直で、少々恥じらいに欠けますが、なかなか好きです。
なんだか結も(も?)ドジっ子なんじゃないかと疑ってしまいますが。

皆人は世間的に見ればホントどうしようもないヘタレなんでしょうね。
あぁ、佐菜、立派なヘタレになって・・・(違うアニメだから)
それでも結をかばって走ったのは漢を見た気がしましたよ?若干大げさ。

設定的には面白そうな要素を含んでるようなので、単なるお色気&キャラ萌えアニメにならないでほしいなーと思います。どうかな。

ついスルーして書きましたけど、すっごい胸アニメでしたね!!
あー、うーん、・・・すごかった。
別に普段はそんなに思わないんですけど、ああも強調されると、
貧乳はステータスだ!
がすごい速度で頭の中を駆け巡りました。なんなんだ私。

セキレイ 1 (1) (ヤングガンガンコミックス) とりあえず絵は好み。

隠の王 13話

眠らない学び舎

甲賀は「隠の世の未来を考えるための意見交換会」を主催するため、
萬天や灰狼衆に招待状を出した。
現在の甲賀の首領は不治の病で、そのためか反首領勢力が存在していた。
そんななか行われた意見交換会だが、夜中、壬晴たちは反首領勢力に寝込みを襲われる。
しかし傍目には壬晴たちが襲っているように見えたため、首領側のメンバーと戦闘になってしまう。


雲平先生と英さんはラブラブでした。ごちそうさまです。
あぁでも和むわー。
ラブ要素はないと思ってた隠に、こんなところであったとは思わなんだ。
虹一たちに気づかなくて照れてたのも良かです。
思いっきり視界に入ってたはずなのに。。。英さんしか見えてなかったんだね!
あー先生っていじるの楽しいー。

甲賀の禁術書は、ダヤという万能薬のようなものの調合法を記してあるらしいです。
調合の仕方によっては、毒薬にも生物兵器にもなる代物らしいですが、
森羅万象を剥がしたり、キラで消耗した宵風を助けられたりする可能性もあるそうです。
そして雷光は俄雨のために。
ちゃんと大事な人を失いたくない、と言えるようになった雷光も変わったなと思います。

でももう運転はしないでくださいw
みんな(何故か)無事でしたが、車は壊れてしまったようです。
あれは雪見の私物では・・・うわぁ可哀相。
(私 愛するチャリをぶっ壊されたら泣くわ・・・。去年の夏轢かれたけどw)
そんな灰狼衆ご一行を、しじまという少女が迎えにきました。

甲賀の表の顔は、アルヤ学園という学校。
学院長が首領なのですが、首領側の人間は しじま他2名の生徒会メンバーだけのようです。
他の教師は反・首領勢力らしく、副学院長の閂という男の配下っぽかったです。
生徒もその閂の言いなりに動いていました。

とりあえず行われた意見交換会ですが、目だった収穫はなかった模様。
というより、萬天も灰狼衆も禁術書が欲しくて来ているので、収穫を期待する方が間違ってるんでしょうか。
壬晴がふつう~に灰狼衆側に座っていたことに、先生はショックを受けていました。
風魔の忍なのに一緒に来ていた十字はショート(?)しちゃうし、虹一は話ができないならヤる気でいます。
ちょ、虹一 怖いって;「友達」って言った舌の根も乾かないうちに!

夜、電気もつけずに一人で窓際に佇んでいた宵風に、壬晴は英さん作のマフラーをかけます。
宵風は闇に消えてしまいたいと言う。
寂しいなぁ、そんなこと言わないで。
強引にマフラーをかけ直す壬晴が良かったです。
宵風って帽子とると本当に美少年ですね。(美青年、かな?)

さて、甲賀の生徒に寝込みを襲われました。
なんでも、閂の指示で萬天、灰狼衆を捕まえることになったとか。
なんでしょうね、人質として首領を交代させたかったんでしょうか。
なんとか逃げていた壬晴と宵風は雷鳴・十字に遭遇しました。
屈託のない雷鳴の反応が可愛くて好きです。

しかし、生徒会メンバーに甲賀の生徒をとっちめてる現場を見られたため、勘違いされてしまいました。
閂という いけ好かない教師の思惑は、この状況も想定内だったのかしら?
壬晴が一人、地下に連れ込まれて(?)しまったところで続く。

しじまという少女が気になります。
やる気が失せたって寝転がる行動も笑えますけど、そっちじゃなくて。
壬晴に関係ありそうなところが。どういう繋がりなんでしょうか。
彼女はなんとなく可愛らしい気もするんですけど、あとの二人は微妙。。。というか正直あんまり可愛くなかったので ちょっとげんなり;
ここだけの話、予告ですばるを見たとき女装した小太郎かと思いました。

次回、一人になってしまった壬晴はどうなるのでしょう。
萬天との関係もこじれたままじゃないといいのに。そして禁術書の行方は。
確実に壬晴が無関心キャラから変わってきているので、見ていて面白くなってきました。
次回は先生とちゃんと会話できればいいなぁと思いつつ、小悪魔を期待してしまう私。

TVアニメーション「隠の王」 オリジナルサウンドトラック 1
[ 2008/07/03 23:57 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)

隠の王 12話

意志

壬晴は宵風のところへ行こうとする。
雷鳴には事情を話し、萬天禁術書について調べてもらうよう頼む。
風魔の図書館で戸隠の禁術書を手に入れ、それを手土産に灰狼衆に入ることになった。
そして、甲賀の里に招かれることになる。


これはびっくり。
壬晴は灰狼衆に入ってしまいました。
あぁ、倦怠期はそのまま破局につながってしまった・・・(違
冗談はともかく、何か隠してる雲平先生より、宵風のためにこそ何かをしたいという
壬晴の意志の表れで、これまでより面白い展開になったと思いました。

雷鳴は前回の一件で 本当に成長したな、と思います。
壬晴の友達として、真剣に壬晴のことを心配してくれてます。
前回までは思い込みのせいでちょっと苦手だったんですけど、殻が破れてぐっと魅力的になったかんじです。
で、興奮したら人を間違える、あのクセってまだ健在だったんですねw
もう前回 雷光に「同じくらい好きだった」って言うときに、俄雨がいなくて良かったです。
俄雨に向かって言ってしまって、雷光をめぐっての争奪戦 勃発を妄想してしまいました。

こっそり隠れて壬晴のことを待っていたらしい宵風・・・
「挟まってるの?」と聞いたり、自分も入ってみたり、宵風といる時の壬晴のテンションはよく分かりません。
淡々と、しかも真面目にやってるところが笑えるw

風魔の図書館では、いつぞや戸隠の首領を騙していた人が働いていました。
人聞きが悪いけど、でもねぇ、女心を弄んだ罪は重いんですよっ!ってことで。
ますます人聞きが悪い。

ロッカーから秘密の階段を下りて、重要な書物が保管されている場所に案内してくれました。
私は忍者屋敷に住みたいです!(力一杯)
あっさり戸隠の禁術書をくれましたが、これは小太郎の指示らしいです。
相変わらず食えない人よのう。それにしても小太郎コレクションが気になりますw

さて、ようやく灰狼衆のところへ行きます。
服部は壬晴の本心を分かっているようですが、とりあえず泳がせるつもりのようです。
あぁ、この人も食えない人。なまじ良い人に見えるだけに胡散臭いです。

灰狼衆に来たのは、単に逃げてきたからだ、と言う壬晴。
対して、本当に逃げてるのは全てを諦めている奴だ、(だったっけ?)と雪見が言います。
宵風にはかなりこたえたようで、分かってて言ったの、雪見?

「これ以上ぼくを惑わすな」、と宵風は壬晴を拒絶しようとします。
ベンチ(?)の両端に座る二人の姿は、EDそのままでしたね。
近くにいるのに違うものを見ている、近いのに遠い二人の今の象徴のようでした。
もうちょっと近くに寄れたらいいのになぁ。

全ての里に、甲賀から招待状が届いたらしいです。
壬晴は宵風、雷光、雪見とともに出掛けます。
もちろん萬天にも招待状は届き、次回は向こうで鉢合わせするみたい。
その時に何が起きるでしょうか。

・・・
雷光の運転で車が川に突っ込んだところで終わって吹きましたww
ちょっと雷光!あなた面白すぎですよ~

隠の王 1 (初回生産版) 
[ 2008/07/03 23:56 ] 隠の王 | TB(0) | CM(0)

スレイヤーズREVOLUTION 1話

AMAZING 驚愕のドラグスレイブ!?

盗賊の数が減ったため、新しく海賊いびりを始めたリナとガウリィ。
そこに、セイルーンの船に乗ってアメリアとゼルガディスが現れた。
そして、ワイザーなる人物を紹介されるが、リナが彼に逮捕されてしまう。
おとなしく捕まるリナではなく、軍隊をものともせずに大暴れ。
しかし、先に謎の小動物(?)にドラグスレイブを唱えられてしまった。


スレイヤーズ帰ってきたーー!
いやー、懐かしかったです。
ドタバタなノリとか変わってないですね。

アバンのリナに、悪魔の耳とか悪魔の口ってあるなかに、
「no bust」ってあって笑いました。無いってことねww

冒頭の海賊いびりは、これまでのが盗賊から変わっただけなのですが。
リナのせいで盗賊が減ったっていうのに、妙に説得力を感じてしまったのがおかしかったです。

海賊達は女性を人質にしようとするも、なんてこったい半魚人。
なんだか反応のしようがなかったんですけど、レギュラーメンバーなんでしょうか。
主に陸で活動してたリナを何故知ってるんだ、とか
ガウリィ、魚河岸に売るって食う気なのか、とか。

とにかく半魚人のおかげでリナの正体が分かって、恐れおののく海賊たち。
天才とか美少女とか言うから分からなかった、ってw
しかも凹乳呼ばわりするから、結局 全滅でした。合掌w

相変わらずスライムなガウリィはアメリアとゼルの名前を思い出せず・・・
ちょっと、10年たって取り返しのつかないところまで進行してるのでは?(笑)
で、インスペクターという名前に拘りがあるらしいワイザーがリナを逮捕しました。

罪名・リナ・インバース。
なんのこっちゃ。弁護団、納得しない!!
しかしまぁ、新しい罪名ができても仕方ない暴れっぷりですものねぇ。

すっかり軍隊に囲まれちゃいますが、そんなことで怯むリナではありません。
陸亀をアメリアがけたぐり倒したところで、ここは一発アレですね、
というところで、謎の生物・ポコタが乱入、先にドラグスレイブを放ちました。
おかげで街は壊滅、リナの一番おいしいところは奪われてしまいました。

見た目はなんだか力の抜けるポコタですが、一体どんな思惑で行動しているのか、次回からどう関わってくるんでしょう。
今回は1話なのでまずはドタバタから入って、そのうち徐々にシリアスになってくるんでしょうね。
いつゼロスが出てくるか今から楽しみですw

これまでのを知ってるので楽しめましたが、全くの新規で見る方はどう感じたんでしょ?
その辺少し気になります。

スレイヤーズ MEGUMIX 
「この世界のどこかで」のめぐさんヴァージョンが聞いてみたい。もとは法子さんでしたよね~

あまつき 13話

高嶺颪の虎落笛

鴇が望むのは、人だけが幸せでも 妖だけが幸せでもない世界。
両者が共存できる世界。

鴇は、妖の大群の中から今様を救い出し、夜行は退散しました。
とりあえず、夜行の実験に使われることにならずに済みました。
多分すごい騒動だったのに、一人も死者がでることもなく、今様も犠牲にならなかったんだから、良い結果といえるんでしょう。
ただの狐に戻っちゃった今様がかわいいv

でも人と妖が急に仲良くできるわけではなかったです。
そう簡単に割り切れるものでもないのでしょうが、朽葉は考え込んで去ってしまうし、黒鳶は人の側に戻ってこなければ狙うと忠告します。
黒鳶、怖いよ!!でも目が好きだよ!(何
鴇の立ち位置って、人か妖か、の白か黒かではなく、グレーなんでしょうね。
にしても今回、鴇と朽葉の会話なかったです(涙)

今様は、主に抱えられて天へと上っていきました。
恨みからも憎しみからも解放されて、これが一番良かったのかな。
きっと幸せにいけたんだよね。

「たった一つでも、か細くつながった縁が誰かの力になるなら。ただの夢物語と笑われても。俺は、そんな夢を選びたいんだ」
鴇の決意表明です。
お話はまだまだ続くけど、鴇の方向性が決まったというところで、妥当な終わりなんでしょう。
が、いまいち響いてこなかったのが痛い痛い。なんでかな。
今様が解放され、人に被害も出ず、一番いい解決をしたはずなのに、あのセリフは私の中であっさり流されました。本当になぜ??

で、ここにきて梵天の目的が分かりました。
鴇を帝天にしたいと考えているようです。
今は道を違えているけど、銀朱と やりたいことは近いのではなかろうか。

そんな銀朱はなにやら儀式を執り行っていました。
見知った未来より、何も知らない未来を望み、帝天に挑みます。
しかし、帝天の力は強大だったのか、貫かれて消滅してしまいました。
ぎ、銀朱ーー!?ええぇえぇ、最終回でこれってひどくないですか!?

銀朱は光る蝶の姿になり、紺に逃げるよう言います。
紺の出番はこれでオシマイ・・・逃げ切れたかどうかも分かりゃしないです。
ラストシーンで、蝶が鴇のいる場所にも来ていたのが印象的でした。
あそこは梵天のテリトリー、最後に梵天に会いに来たのかなぁ、と思うとしんみりしちゃいます。

鴇が帝天になる可能性、
死とはなんぞや、生とはなんぞや・・・
鴇の呟きによって物語の幕は閉じました。

あぁもう!すっごく中途半端だよ!
破天荒も投げだったけど、あまつきもですかい。
一迅社に不信感を抱きそうです。
原作を読めと言いたいのかもしれませんが、こういう構成が鼻について買う気になれません。
そのうち買っちゃいそうですけどねー・・・・あまつき好きだから。

気を取り直して。
主要キャラは、みんなそれぞれ好きでした。
赤・青・黄色の鴇・紺・朽葉トリオに、平八、オジサンズ、露草も寝顔がすごく可愛かったvv
朽葉が大食漢(女の子だけど)なのは、きっと名前が黄色だからだと思ってます。
気は優しくて力持ち、好物はカレー☆な あまつきイエロー、朽葉。
舞台が現代だったら絶対カレー好きだったに違いないと信じて疑いませんw

OPは、さりげなく紺の夜行遭遇の場面を入れてて、芸が細かいと思います。
いにしえの、の和歌や、主の木の上で眠る今様→木彫りの狐、とか
本編をうまく凝縮したかんじのOPでした。
EDは本気で大好きです。
前奏とかサビの最後の痛いような切なさとか、超ツボだよ!と思ってたら梶浦さんだったんですね。納得~。
詞の雰囲気も素敵です。

今回のEDはいろんなキャラの「その時」の状況が描かれてました。
紺が一生懸命走ってるのが泣ける。
で、誰か知らん人がいるんですけど!確か医者と一緒に映ってた人。

あまつき 6 (6) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) ←誰だこいつ!!
[ 2008/07/02 20:37 ] あまつき | TB(0) | CM(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。