箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マクロスFRONTIER 19話

トライアングラー

・ランカと歌

アイモ記念日とはまた安直な・・・。
しかもパレードをすっぽかすランカ。
アイくんがいなくなってしまったので、ブレラと二人で探しに出かけていました。
探してる途中ブレラに、最近歌を歌ってても元気がない、と言われます。

ランカは今まで目をそらしていた(?)、「誰のために歌うのか」という自分の気持ちに向き合いました。
多分、みんなに伝えたい、というのも本当だと思います。
ただ、それ以上に伝えたい、見て欲しい人ができたのではないかと。
それは、アルト。

コンサートの後、それを確かめに、また気持ちを伝えに行ったのですが・・・
アルトはシェリルとお取り込み中でした。
ランカさん、とってもお邪魔虫でしたよw
ともあれ、ランカは答えを出しました。
その答えにアルトがどう応じるか、そしてそれでランカはどう変化するのか。
その辺が楽しみですが、とりあえず次回は落ち込み一直線みたいです。

・シェリルと歌

会いに来たアルトに対して、もう歌わない、と言います。
シェリルは「歌うこと」に関して、かなり強いこだわりとプライドを持っていました。
歌姫の座をあっという間にランカに取って代わられてしまったことは、少なからず自信を失わせてしまったようです。
おまけに死ぬ、とまで言われてしまっては、心を強く保とうというシェリルでも辛いです。

銀河の妖精とまで呼ばれるまでにしたのは、グレイスの手腕かもしれません。
でも、自分で作詞作曲した歌が支持されたのは、他でもないシェリルの実力だと思うんですが・・・。
確かにシェリルの歌には力があるはずです。
ランカを歌手にしたのはシェリルの歌のようなものでしょう?

歌に対する情熱や矢三郎の語った舞台に立つことの快感は、そう簡単に忘れられるものでもないし、諦めたり捨てたりできるものでもなさそうです。
けれど、今のシェリルに必要なのは自分をもう一度確立すること、だと思います。
それに誰か・・・アルトの助けが必要なら甘えればいいです。

これまでシェリルは、いつも強くあろうとしているように見えました。
だから少しくらい甘えればいいです。
それから、また立ち上がればいいんです。
・・・だから生き残って欲しい。

・アルトと色々

どんな理由であれ、家に戻ったというのは大きな一歩だと思います。
矢三郎がお見通しだったのは笑いました。
兄弟子は伊達ではないですね。
父親とどんな確執があったのか まだ分かりませんが、母親が絡んでいるのでしょうか。
ますますおいしんぼのようだわ。

アルトは、家、ランカやシェリル、夢、と色々なものに向き合わなくてはいけません。
もしかして、全部ひとつに集約されるんでしょうか。
例えば父との確執の原因が母にあったとして、男女間の愛情を信頼できない、もしくは理解できない状態になっているとか。
ランカやシェリルと向き合うことで家と向き合え、それによって夢とも向き合える、そんなかんじになるのかなー、とか。

シェリルに対し、ランカのコンサートに来い、と言ってましたが、
いい加減お前こそ真剣に向き合え、と思ってしまいましたよ。
ほんともう、残り話数が少なくなってきてますからね;

・ミハエルとクラン

くっつきそうで やっぱりくっつかなさそうな二人。
クランは関係を進展させたいでしょうが、ミハエルにとっては「今」が一番の距離なんですかね。
軽くしか付き合わないのは恐らく姉の死のせい。
だからこそ、そういうのを乗り越えて幸せになってほしいんですけど・・・。
言えることは言い尽くした、みたいな雰囲気で次回が非常に危ぶまれます。


アイくんはバジュラの幼生でした。
戦いはますます激化しそうなのに、多分次回のランカは歌えません。
歌ったところで感情の問題できかなさそうです。
そして響くのは鎮魂の歌・・・
これは、誰か重要な人がお亡くなりになってしまうんでしょうか・・・;;

ライオン 
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : マクロスF(フロンティア)

フリーゲームで遊んでました。

半月ほど更新をしてませんでしたが、その間にフリーゲームにはまってしまいました。
色々なものがフリーで遊べるんですねぇ。
製作者さん太っ腹だわ。

いくつか印象的だったのを紹介したいと思います。

VISION
のっけからフリーゲームっていうか脱出ゲームですけど。
まあ無料で遊べるので。

温かなトーンの部屋から脱出するゲームです。
きちんと考えれば分かるようになっているので、プレイしていて楽しめます。
理不尽なクリックポイントとかないし、完全攻略は禁止なので、謎が解けた時の感動もひとしおでした。
攻略掲示板とにらめっこしてクリアしましたけど;
ご褒美の画像がきれいで達成感がありました。
その画像にちょっとイコを思い出したり。

奥様は惨殺少女
HP:たぶんおそらくきっと

すごいタイトルです。
そしてタイトルどおり主人公は妻・さゆりに惨殺されまくります。
中学生の妻との一週間を生き抜くゲーム。

主人公はかわいい(?)妻がいながら、浮気をしているようです。
で、選択肢に毎回 浮気相手・みゆきに絡めたものが出てきますw
「おかえりなさい、ご飯にする?お風呂にする?私にする?それとも・・・みゆき?」
みたいなかんじです。
途中からBAD END集めが楽しくなったりもしたんですが、4番目のEDを見てさゆりに申し訳なく思いました。

同HPで公開されている、「アナタが食べさせられる料理は何?」というゲームに関連したシーンがありますが、「料理」はグロいので、苦手な人は要注意。
やっぱりベストEDが好きです。
末永くお幸せに。ごちそうさま。

cubic3
HP:グロビュール

「僕」が「そいつ」と出会った時のことを、「君」に話すという形式のゲーム。
選択肢によって僕もそいつも君も変わってしまうので、その構造が面白いです。
語られる話は全て同じ世界のもので、ある人物を軸に展開しています。
なので、この話とこの話の繋がりは・・・と、パズルみたいに楽しめました。
一部「これは反則では?」と思ったのもありましたが、選択肢だけで話がガラリと変わってしまう、そんな連作のようなものを作れるのは素直にすごいです。

結局のところ、「彼」と「彼女」のラブストーリーなのかしら?
「彼」の絵がないのが非常に残念です。
おかげで止まらない妄想(ぇ
それにしてもあの人は文字通りスケールの大きい人だわ(笑)

一つの話が終わるたび、エンディングリストが埋まっていきます。
これが凝っていて、ストーリーの補完に役立ちます。
最後は人物紹介も見れる親切仕様でした。

月代
HP:綾の国

高校の入学式の日、主人公は男の人とぶつかる。
その彼は・・・。
出てくる男性はその男の子(同級生)、先輩、幼馴染の三人。
さくっと終わる軽めのゲームで、選択肢で誰との話になるか決まります。

・・・という乙女ゲーの皮をかぶったネタゲー。
なんていうか、衝撃的でした(笑)
タイトルから予測がつくかもしれませんが、メインの男の子は月代です。
そいつがインパクトありすぎなのですが、他のキャラも負けじと頑張ってます。
もちろんネタ的に。

作者さんが半端ないこだわりを持って作ったことが分かります。
ED1には大爆笑。
なんでやねん!代わりに私がつっこみたくなりました。
全EDコンプのおまけ絵までネタでしたw素敵ww


これらはちょっと前にプレイしたゲームで、その後も色々プレイしています。
また紹介できたらいいなー、とか。
[ 2008/08/15 01:20 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

スレイヤーズREVOLUTION 7話

Gorgeous 狙われた豪華客船!?

リナたちは、ジョコンダ領に向かうため、豪華客船で移動していた。
そのさなか、次々と命を狙われる。
刺客(?)は全員光の剣目当てだったが、一人だけリナを狙っている暗殺者がいた。
ズーマというその男は強敵だったが、光の剣のおかげで何とか退けた。


のっけから豪華客船で優雅な船旅・・・って、何事かと思いました。
いつもの通りの大食いに加え、贅沢三昧のリナとガウリィ。
ちゃっかりゼルもマッサージ受けてるし。
優雅さの裏にはアメリアの苦労がありました。
全部アメリアのお金です。哀れな・・・w

さて、命を狙われてポコタは逃げ出そうとしますが、他の客を人質にとられてそうもいかなくなりました。
落ち込むポコタを励ますリナ。
意外と優しかったりしますね。
「凹胸・・・」「空気読めよー」は笑いました。

敵をあぶりだすため、一芝居うってポコタを光の剣ごと投げ捨てました。
そうしたら、船員も客もこぞってポコタを追いかけます・・・。
なんとまあ、みんな刺客(?)だったのでした。
自分以外みんな犯人だったミステリを読んでしまった気分ですw

前回ちらっと話しに出ていた暗殺者が登場しました。
その名もズーマ。OPでガウリィと戦ってる人ですね?
リナのピンチを助けたガウリィはなかなか格好よかったです。
クラゲなのが惜しいですが、まあ、シリアスな時は普通ですしね。

ズーマはでかい爪のようなのが武器でした。
なんか忍者みたいです。
おまけに魔法を発動できなくなる黒い霧を発生させることもできました。
それに対抗できるのが光の剣、だからガウリィと戦ってたんですね。
ということはリナの相手じゃないってことね。
依頼は達成できないの確定ねw

そこはかとなくリナとポコタに友情が芽生えたかに見えた最後・・・
やっぱり仲良くはなれないかもしれませんw
せっかくポコタがリナのこと名前で呼んだのにー。

スレイヤーズ・レジェンド 上巻 2008年 09月号 [雑誌]

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : スレイヤーズ REVOLUTION

スレイヤーズREVOLUTION 5話 6話

Eternal 悠久に眠れし森

つ・い・に!ゼロスが登場です!ひゃっほうー♪
待ってましたよー!!
「秘密です」もしてくれたし、黒いところも見せてくれたし、なんだか大サービスw

霧の中でリナたちが辿り着いたのは、ポコタの故郷でした。
治療法が見つからなかった病気のため、住民はみんな魔法で眠りについています。
その魔法をかけたのは、なんとレゾ。
レゾは死んだはずなので魔法も解けるはずなのですが、未だに眠り続ける人たち。
これいかに?

さすがにもうレゾは出てこないと思うんですけど。
コピーコピーレゾとか出てきたら笑うしかないw
でもレゾ@子安さんまで出てきたら、声優陣が更に豪華になりますね。

さて、今回は明確に「敵」だと呼べる人たちが登場しました。
ジョコンダ伯爵と、ポコタの旧知らしい虎さん(仮)。
あの伯爵は、いつぞやのキメラ作ってた人のバックにいたっていう伯爵でしょうか。
魔道戦車やらを使って、何をしようとしてるんでしょう?

ゼロスは敵側についていましたが、別の思惑で動いているみたいです。
なのでそのうち仲間になるのかな~?


Fall on 奇祭!珍祭?あの玉を押し上げろ!

前回ようやく話が動いたと思ったら、またドタバタに逆戻りです。
いやー、あのノリは好きです。が、すっごく下らなかったです。
色々な意味で時間稼ぎだったのでは。

リナが作ったゴーレムはフンコロガシでした。
ということは女性の名がついた赤い玉は・・・(涙)
妙にしっくりきてしまいましたが、自称・美少女魔導師の発想じゃないですよw

結局、村の分裂の原因はおばあさんの取り合いだったようで。
もっと深刻な原因かと思ったのに・・・道理で嫌がらせも下らないわけです。
ゴーレムは全部壊れましたが、ガウリィによって無事に積まれました。
アイキャッチのアメリアの父親とガウリィのムキムキに笑いましたw

オチは玉の山が崩れるというもの。これまでの苦労は一体。
ていうかこのオチは読めてましたけど。
祟りでもなんでもなく、単純に段々玉が大きくなってったせいじゃないかしら。

リナたちはともかく、ポコタはのんきに祭に参加してる場合じゃなかろうに。
国のことも虎さん(仮)のことも放っといて食べ物に釣られるんじゃない!

スレイヤーズREVOLUTION Vol.1

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : スレイヤーズ REVOLUTION

[ 2008/08/14 13:25 ] スレイヤーズREVOLUTION | TB(1) | CM(0)

夏目友人帳 6話

水底の燕

釣りをしに訪れたダムは、水が干上がっていた。
水没していた村に人影を見た夏目は、その場で倒れてしまう。
妖怪の燕が、夏目にひっついたからだった。
彼女の目的は、ある人に会うこと。


もともとは燕の雛だった彼女は、ある日巣から落ちてしまいました。
そこを人間によって巣へと戻してもらったのですが、人の匂いがついたために、親鳥からは捨てられ、鳥としての命は尽き、妖怪になったのでした。
きっと人を恨んで、憎んでいたんでしょうね、この頃の燕は。
けれど、毎日のように燕にエサを持ってくる人間が現れました。
そのおかげで、心静かに眠ることができたそうです。

燕が会いたいのは、そのエサを持ってきてくれた人でした。
しかし村がダムに沈んだのは二十年前。
どう探せばいいのか途方にくれますが、なんと北本の父はその村出身で、燕が探している人の住所も調べてくれました。
ちゃんと友達、ですよね。
夏目が一人でお昼ご飯を食べてたのが気になりましたが・・・。

ようやく谷尾崎さんが見つかりましたが、彼に妖怪は見えません。
したがって、燕の姿も見えることなく、燕が一生懸命話しかけても伝わりません。
それでも毎日 手を振りにいく燕の姿に胸が詰まりました。
相手に自分の存在が伝わらないって、とても寂しいことですね。
それが愛おしい存在であれば尚更。

「理解されない寂しさ」は夏目もずっと感じていたことです。
だから燕の行為が切なく、まぶしく見えて、情が移ったのでしょうか。
そんな時、垂申がお祭の話をしてくれ、その祭で「人間に姿が見えるようになる浴衣」のことを知ります。
ニャンコ先生には止められましたが、友人のため、と浴衣を手に入れました。

「優しいものは好きです。あたたかいものも好きです。だから人が好きです」
このセリフすごく好き。
こんな言葉を紡げる燕も、優しくてあたたかいです。
そして、無事に谷尾崎さんに会えた燕を想って涙する夏目も。

今回も心があったまる素敵な話でしたv
ゲスト妖怪は燕がメインですが、垂申がかなり魅力的じゃなかったですか?
お祭の説明をするときの動きとか、夏目を食おうとしてるのに、「フィーバーフィーバー」とかボケてみたりとか。
元の姿に戻ったニャンコ先生との睨み合いは格好よかったです。
コミカルな状態と元の姿とギャップがある妖怪は一粒で二度おいしいですな。

久しぶりに書いたのでどんな風に書いてたか忘れかけです;
絆(初回生産限定盤)(DVD付) ED収録。

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 夏目友人帳

[ 2008/08/14 13:22 ] 夏目友人帳 | TB(8) | CM(2)

夏目友人帳 4話 5話

時雨と少女

旧校舎で肝試しをすることになった。
ところが、生徒達が次々に消えてしまう。
夏目は笹田、人に化けたニャンコ先生とともに、旧校舎を支配している妖怪を探す。


冒頭の河童がやけに可愛らしいと思ってしまいましたよ。
お前何をしてて干上がってしまったんだ・・・w
意外と声が高かったのも高ポイント。

人間に化けたニャンコ先生はレイコさん似でした。
声のせいかしら?
役名が「女子高生ニャンコ先生」(だったっけ?)になってて笑いました。
それにしてもドッジボール部だの主将だから偉そうだの、すごい無理やりな言い訳です(笑)

今回もしんみりとさせてくれました。
時雨さまの想いがとても切なかったです。
人を恨んでモノノケとなってしまったのに、それでも笹田を助け、笹田を想ってくれていた心が、とても優しくて切ないです。
時雨さまは、最後に笹田の頭に触れて去っていきました。
触れられた感触は分からなくても、時雨さまの心は伝わりましたよね、きっと。

ところで「一人多い」は怪談の定番ですが、実際あると怖いです。


心色の切符

レイコさんの遺品を見ていたら、古びた切符が見つかった。
翌日、そこに書かれた駅に行ってみると、待ちぼうけの妖怪がいた。
夏目は、その妖怪とレイコさんとの約束を果たそうとする。


アニメ初のオリジナル話!
だったのですが、何の話だったのか今ひとつピンときませんでした。

さんとは見てる分には可愛いと思えなくもないですが、多分実際に話したらイラつくと思いますw
心が狭いわ、私(笑)
不器用でも一途で一生懸命なので嫌いではないんですけど。(でも何十年待ってんだよ、と)

みくりが大切で、仲直りしたくても怖くて謝りに行く勇気が持てなかった さんと。
さんとが大切で、だからこそ怒ってそのまま仲たがいしてしまった みくり。
両想い(?)なのに、すれ違ってしまいました。
大切な人との関係は難しいですね。
無事に仲直りできて良かったです。

ついでに、きつねうどんのきつねを食べるタイミングで喧嘩していた北本と西村もアッサリ仲直りしていました。
(ちなみに私は少しずつ食べる派。しかし一瞬それってたぬきうどんじゃ?と思ってしまった。)
「親友だから」と呟く夏目・・・え、なんだか二人と友達じゃないような口ぶりに聞こえたんですが。
田沼とは友達だと感じてるようなのですが・・・。

夏目が勇気を持って周りを見たら、ちゃんと夏目を大切に思ってる人はいるのに。
北本も西村も、あと笹田も。夏目が気づいてなくてもね。

にしてもレイコさん、なんて ずぼらなんだw
約束したのに忘れちゃうなんてひどいよー!

夏目友人帳 (2) (花とゆめCOMICS (2969))

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 夏目友人帳

[ 2008/08/14 13:22 ] 夏目友人帳 | TB(0) | CM(0)

薬師寺涼子の怪奇事件簿 6話

メイド in 霞ヶ関

登場が楽しみだった、お涼さんのメイドさんが来日しました。
その名もマリアンヌとリュシエンヌ。
マリアンヌは黒髪で武器の扱いに長けていて、リュシエンヌは金髪でコンピューターに強いそうです。
外見はマリアンヌの方が好みかなーv(聞いてないよ)

最近 警視庁やらを騒がせている幽霊騒動、その正体は?というお話。
とんでもなく巨大なオオサンショウウオが、地下鉄を結ぶ通路を徘徊していたのでした。
東京の地下には秘密の通路がある、とは有名な話ですね。
探検したい。

オオサンショウウオを巡って、地下で一悶着あるのですが、見所は泉田くんだと思いました。
オオサンショウウオを始末してくれたら昇進を約束しよう、という悪徳官僚に、「薬師寺涼子の部下という立場に不満はない」、と言い切りました。
素敵だわ、泉田くん!

その後お涼さんはそのことを問い詰めて、料亭でおごらせようとしてましたが、嬉しそうな顔してました。
お涼さんは素直じゃないですね~。
見ててニヤニヤしてしまいましたよ。

メイドさんは、さすがお涼さんのメイドさんなだけあって、マルチな強さをもってるようです。
これからの活躍が楽しみです。
彼女達はフランス語しか話せないようで、セリフがひどく少なかったですが・・・ちゃんと日本語は理解してますよね。
泉田くんのことチクったのは(人聞きが悪い)あの二人でしょう?
セリフをはもって言うのがとっても可愛らしかったですvv

薬師寺涼子の怪奇事件簿 第1巻
薬師寺涼子の怪奇事件簿 第1巻 

薬師寺涼子の怪奇事件簿 4話 5話

武蔵野すみれいろどき

「怪奇」事件簿なので、もっと幽霊とか心霊現象とか、科学で説明のつかなさそうな事件を扱うものと思ってました。
でもどうやら、一応説明がついて、ありえそうかもしれない事件なんですね。

今回は、未知の細胞を埋め込まれた赤ん坊が引き起こした事件でした。
人(だけじゃないかもだけど)の内臓を食うという恐ろしい赤ん坊・・・。
実際にいたらかなり嫌ですが、人の都合で勝手に生み出され、また勝手に殺されようとされるのは、ひどいと思います。

赤ん坊を連れて逃げた女性は、そんな境遇を哀れんだのか、それとも異形であっても自分の子どもだと考えたのか、あるいは「父親」となった男性に想いがあったのか。
理由はよく分かりませんが、彼女は赤ん坊を守ろうとしました。
そして赤ん坊も彼女の内臓は食いません。
きちんと敵・味方の区別をしてるってことですよね。
既に自我があったということなので、危険だからと処分するのはあまりに忍びないです。

結局、お涼さんは赤ん坊を見逃す選択をしました。
なんでも細胞が弱いらしく、長くは生きられないそうです。
ならばせめて今ひとときの生を・・・ってなかんじでしょうか。
とにかく やるせなさが強かったです。
なんかの拍子で長生きしちゃったらホラーですけどねw

話に関係ないけど「すみれいろどき」って美しい表現だと思いました。


表参道を這う蟲

お涼さんにライバル出現!?の巻き。
その相手とは、泉田くんの従妹のお子ちゃま。
お涼さんと女の子の駆け引き(?)が楽しかったです。本筋はこっちだよねw

事件は、対テロ対策用のえげつない機械の話でした。
なんでも、お涼さんの実家のライバル会社の機械らしいです。
いわば敵地(?)、そんなわけでお涼さんと泉田くんは捕まってしまいました。
が、いとも簡単に脱出です。
さすがお涼様。脱出の方法はベタでしたが。
ていうかノリノリでしたね。とても楽しそうでした。

情報は間違いなく武器です。
機械の弱点、一般人とテロリストを区別するための目、カメラを壊すと停止しました。
ライバル会社の機械の弱点を知っているとはすごい・・・というより、その場で導き出したのかしら?
確かに、無差別に攻撃し始めたら大変です。
しかし弱点を狙われたらおしまいじゃないですか、この機械?
それとも知っててもピンポイントで狙うのは難しいんでしょうか。

それにしても、お涼さんを捕まえた人たちは 弱点どころか性質もよく分かってなかったようです。
特にリーダー、一番強そうだったのに、武器を持ったまま機械に背を向けるとは・・・
正直、お馬鹿さん?

さてさて、泉田くんの知らないところで、静かに女のバトルは始まったのでした。
とりあえず両方とも泉田くんの恋愛対象外っぽいので、今のところは互角かな?
機械から助けてもらったお礼に、女の子は泉田くんのプライベート写真をくれました。
おおっ可愛い!前髪下ろしてると結構幼く見えますね。

で。お涼さんに写真をプレゼントした女の子ですが、まだまだ写真はいっぱいあるのでした(笑)
確かに、泉田くんが思ってるよりしっかりしてる。ちゃっかり?

Le recueil des faits improbables de Ryoko Yakushiji 2 薬師寺涼子の怪奇事件簿2 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。