箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コードギアス反逆のルルーシュR2 24話 

ダモクレス の 空

シュナイゼルの指示のもと、ナナリーは次々にフレイヤを発射していきます。
本当に撃っちゃうんですね。
こんなにガンガン撃ってしまうと、やはり違和感がぬぐえません。
皆さんそう思ってらっしゃるようで(汗)
物事の本質を見失わない聡明さを持っていると思ってたので、ちょっと残念かもしれないです。

ギアスを使うルルと対立してるからシュナイゼルが正しいとは限りません。
そんな善悪二元論的な考えで判断してはいないでしょうが・・・
ユフィを虐殺皇女に仕立てて殺した、というのが大きいんでしょうか。
ルルが道を踏み外したのは自分のせい、と考えて思いつめていそうです。
そのため、ルルを止めることばかりに気がいっているんだと思います。
ペンドラゴンの人は避難させた、という嘘を見抜けなかったのは痛いですね。

でもフレイヤを撃つ、には至らないんじゃないか・・・と思うんですが。
あるいは、ナナリーは堕ちなければいけないのかもしれません。
ルルにとって聖域のような存在で、汚いことからは遠ざけておきたい人だから。
だからといってこの堕ち方はどーよ。

ダモクレスの守りは堅く、フレイヤの攻撃への対抗手段は捨て身の特攻しかありません。
じわじわとルル陣営は追い込まれていきます。
その状況を打開するのが、ニーナが作っていた対フレイヤの槍(?)でした。
ルルの頭脳+スザクの超人的反射神経でしか使えないので、実用には向きませんが;
成功することが分かりきってても、手に汗を握る熱さがありました。

ニーナはびっくりするくらい成長しましたね。
中盤まではルルと和解する展開は一切みえなかったのに、ここは素直に良かったです。
ゼロを許せない一心で作り上げたフレイヤが争いや悲しみしか生まなかったからでしょう。
あと、やっぱりミレイ先輩やリヴァルが変わらず友達と思ってくれていたことも大きかったと思います。

スザクVS黒の騎士団は、会話がかみ合ってなさすぎで なんとも。
星刻はまだシュナイゼルの魂胆を分かってるようですが、他の人たちは見てて悲しくなるほどです。
カレンは「兄としてのルル」「友達としてのルル」「ゼロ」の三面を知ってて、答え(というかルルの本質)に気づける位置にいるのに、ルルを殺すことしか考えてないっぽいし。
藤堂さんは相変わらず矛盾に気づかないし。

とにもかくにも、シュナイゼルとの決着がつきました。
シュナイゼルの本質とは、何にも執着しないこと。
それが、自分の命であっても。
ギアスをかけられた兵に囲まれ、ルルと議論している(つもりの)時でさえ楽しそうでした。

シュナイゼルは執着するほど情がうつっているものがないんでしょうね。
その辺ルルとは対照的です。
シュナイゼルにとってルルは、自分と同じような力量をもっているのに、自分と正反対のベクトルで動いている人・・・かな。
だから「最も愛し、最も怖れ」ていたのかしら。

人々が想いの力で切り拓く「明日」に執着がないなら、「今日」をとどめて平和を維持するのは合理的かもしれません。
でも、ルルが見てきた人は明日を望んでました。
C.C.は変わらない「今日」を否定してコードを手放そうとしました。
また、ロロは任務だけの毎日という「今日」じゃなく、ルルと過ごす「明日」を欲しがりました。
(たまにはロロも思い出さないとかわいそうな気がしますw)

で、なんとシュナイゼルにギアスをかけちゃいました。
ここにきてギアスは使わないかな~とか思ってたんでちょっと意外。
ただ、「ゼロに仕えよ」という言い回しが気になります。
ゼロとはルル個人のことではなく記号ですからね。

さて、ギアスキャラの中ではナナリーが最愛でしたが、ここ最近 急降下中です;
しかし、ラストシーンでは自らの意志でギアスを打ち破りました!
しかもルルの目を真っ直ぐに見るということまでやってくれて。
ギアスを知ってから、こうやって真っ直ぐにルルと向き合ってくれる人は少なかったです。
神楽耶しかり、カレンしかり。
やっぱりルルの真実に迫ろうと思ったら、そうしなければいけないと思います。

次回はついに最終回、ルルとナナリーはどんな決着をつけるのでしょうか。
ブリタニアも合衆国になると思うのですが、代表はナナリーですかね。
神楽耶に天子、ナナリーと三大女傑時代の幕開けですよw

ルルは恐らく消えようとしているので、誰か止めて欲しいです。
最有力候補はC.C.?嫁は強いってところを見せてください。
笑顔をくれるという約束を果たさずにルルが消えるなんてダメです。その後だってダメです。
ルルが消えることを望まない人はいつづけると思います。だから。

次回タイトルは「Re;」
単純に、もう一度って意味でいいでしょうか。
ルルにとっての本当は、きっと「ルルーシュ・ランペルージ」としてのルル。
だからもう一度 屋上で花火を上げれたらいいです。
ついでに世界一のピザも作ってC.C.も喜ばせてあげましょう(笑)

ハッピーエンドを期待しています。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode4 カレンは似合ってるけどルルは激しく似合ってないww
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。