箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黒執事 1話

その執事、有能

執事のセバスチャンと主人のシエルの、ほんのりダークなお話・・・?
原作は未読です。
どんな話かも全く分からなかったですが、1話の時点でもよく分かりません(笑)
とりあえず様子見といったところ。

なんかセバスチャンって聞くと白髪のお爺さんな執事を思い浮かべてしまいます。
そう、タナカのような・・・!
黒髪の見目麗しい執事さんでしたね。
そして微笑みが胡散臭いというか黒いというか。いいですねw

彼が仕えるのは、英国一の製菓・玩具メーカーを経営しているファントムハイヴ伯爵(12)。
まだ子どもだけど、どこか暗い雰囲気を持ってます。
一度失ったものは二度と戻ることはない、という言葉が印象的でした。

さて、ファントムハイヴ家に客人がやってくるので、使用人はそろって準備に勤しみます。
ところが、セバスチャン以外はまるで役に立たない人たちばかり。
庭に除草剤をばらまく庭師、ドジで食器棚を倒すメイド、肉を火炎放射器で焼くコック・・・
なんで雇ってるのかが不思議でなりませんw

客人がやってくるまであと二時間、このピンチをどう凌ぐのか。
セバスチャンは庭を石庭に、晩餐は牛のたたき丼に、と和風にしちゃいました。
無駄に熱い丼の説明が笑えます。
えー、丼ってそういう意味合いの食べ物だったの?w

客人は工場をまかせている人物で、お金を貸してもらいに来たのでした。
が、工場は既に売り払っており、シエルをだましてお金を手に入れようとします。
そんなことはお見通しだったシエル、セバスチャンにファントムハイヴ流のおもてなしをするよう命じました。
客人がシエルとやったスゴロクが現実になるというおもてなし・・・

あわれ客人は足を折られ、オーブンで焼かれることに。
セバスチャンがコックたちに振舞ってたパイの中身はあのおっさん!?(グロい!)
・・・とか思ったんですがそうではなかったようで。一応無事(?)のようでした。
とにもかくにも恐ろしいおもてなしでしたとさ。

「あくまで、執事ですから」が決め台詞らしいセバスチャン。
アバンの契約のシーンや「おもてなし」を見ると、「悪魔で、執事ですから」ってことなのかしら?

黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス) EDがすごい可愛かったv 
スポンサーサイト
[ 2008/10/04 04:30 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)

ロザリオとバンパイアCAPU2 1話

再会とバンパイア

春、月音たちは、陽海学園の二年生になった。
女の子たちは後輩の女子から「お姉さま」と慕われ、なかでも萌香の人気は絶大。
ファンレターもどっさり届くが、そのなかに脅迫状(?)が交じっていた。


ロザパン二期の始まりです。
といっても普通~に一期14話っていっても良いくらい。
あのノリは全く変わらず帰ってきました。
月音のみんなとの再会シーンは、ああロザパンだなぁ、としみじみしました。
結構ロザパンのこと好きだったんですね、私w

今期は 朱染心愛 という、オレンジツインテールの女の子が仲間入り。
萌香以外と少しずつニアミスしていきます。
どうもかーなーりキツイ性格の女の子らしいです。

学校に着いたらいきなり百合百合でびっくりしました。
紫は小さいのに頭が良くて可愛い、みぞれはクールビューティ、
で、胡夢は胸が大きい・・・との理由でお姉さま~と言われてるらしいです。
胡夢だけ外見にしか触れられてなくて吹きましたw

萌香のファンレターに、謎こうもりの封筒のものがありました。
一瞬 謎こうもりの哀れな姿かと思いましたよw 「ひどい目にあったでちゅー」みたいな。
あの封筒は手作りなんでしょうか。かなり可愛いですw
さて、その中には「入学式の日に命をもらう」と書いてあります。
怯える萌香をあざ笑うかのように、次々にあらわれる謎こうもり封筒・・・
10分おきに届けられるとか かなり怖いです。

その差出人は、萌香の妹の心愛でした。
萌香を嫌って命を狙ってたみたいですが、一体どういう展開になるんでしょうか。
なんか嫌よ嫌よも好きのうち、というかんじで、実はお姉ちゃん大好きだったりしないかなーとか思ってますが。
どうでしょうね。

萌香はすっかり怯えて月音に抱きつき、血を吸ったところで1話は終了。
・・・ちょっと待て萌香、実は怖がってないだろうw 余裕を感じますよw

Trickster

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。