箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SIREN プレイ日記その2

ホラーゲームはすごく苦手、と思っていました。
というのも、その昔バイオ1をやった時、一人目のゾンビでやられてしまったからです。
というか、一人目のゾンビが食ってた仲間の首を見た時点でアウトでした。
小学生にはきつかった;

以来ホラーゲームに興味をもっても、
怖そう→できそうにない→やっぱり諦める→でも気になる→・・・
みたいなループにはまりこんでましたw

しかし、いざサイレンをプレイし始めると、おやおや?そこまで怖くないです。
ハラハラはするんですが、プレイ可能な怖さ。
何故だろう。

Read More

スポンサーサイト
[ 2009/07/02 23:58 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

うみねこのOPとED

OP、「片翼の鳥」は原作に引き続き志方あきこさん。
やったー。新曲だ♪
「泣かないで~」の入り方が好き。

最初と最後のイタリア語を聞き取りたかったんですが、無理orz
でも字幕を発見したんで訳してみました。

Il giudizio vien dal mare e sta per essere emesso.
Nessuno puo' liberarsi dal peccato che scorre nelle vene

が最初のところ。合ってるかは知りませんw
「判決は海からやってきて、今まさに下されようとしている。
誰も血に刻まれた罪から逃れられない」 なぜか微妙に意訳w

Tu sei senza pieta' ,ma quanto sara' pesante il mio castigo?

が最後。
「君に哀れみはないけれど、私の罰の重さはどれくらいになる?」・・・かな?
前半のしっくりくる訳が思いつかん・・・。
英語に直すと「You are without pity」になるんだけど。

メインは戦人たち子どもなんでしょうが、正直大人の方が写るの一瞬だけど素敵に描かれてた気がしました。
特に金蔵。マントをはためかしてる姿に惚れそうです(笑)
雨に濡れる紗音とか、にやりとする絵羽?とか重要そうだけど今はまだどんな意味を持つのか分かりません。

ED、「la divina tragedia~魔曲~」はじまんぐさん。
初めてちゃんと歌を聞きました。
なんつーか、怪しさ大爆発(笑)

冒頭のチェス盤を駆け抜ける描写が格好いい。
夕方→夜→魔女の世界、みたいなかんじでした。
最後に戦人とベアトリーチェが並んで座ってて、その後忽然と消えてしまいますが、これは何を示唆してるんでしょう。
全体的に怪しいんですが、サビの部分は力強さも感じさせて熱いです。


余談ですが、ベアトリーチェの名前ってダンテの神曲から取ってるんでしょうか。
(一応補足:
 ベアトリーチェはダンテの初恋の人で、神曲の天国編でダンテを案内する人。
 神曲の原題は「la divina commedia」で、EDの曲名は明らかにもじってますよね。
 ちなみに神曲を直訳すると聖なる喜劇、EDは聖なる悲劇、になります。)

片翼の鳥 TVアニメーション「うみねこのなく頃に」OPテーマ
片翼の鳥 TVアニメーション「うみねこのなく頃に」OPテーマ 発売が楽しみだー!
[ 2009/07/02 18:41 ] うみねこのなく頃に | TB(0) | CM(0)

うみねこのなく頃に 1話

episode Ⅰ-Ⅰ opening

六軒島を丸ごと所有する大富豪・右代宮家。
右代宮家では年に一度、親族が集まって会議が開かれる。
内容は、現当主・金蔵の遺産分配について。
魔女・ベアトリーチェから授かった金塊が存在するというのだ。
そして、魔女を信じる真里亞のもとに、ベアトリーチェが現れたという。


原作は体験版だけ読みました。
実はEpisode4までちゃんと買ってあって、なおかつインストールまでしてるんですが放置・・・
アニメに合わせて読めるといいんですが・・・無理かも;

最初は人物、設定の紹介で終わってしまったかんじ。
碑文はちゃんと読んでほしかったかも。
ていうか登場人物おおいです。
一応原作1話は読んでるので人間関係は頭に入ってるのですが、初見の人は辛そうです。

大人たちは遺産を巡って争います。
みなさん黒いですなぁ。
蔵臼の弱みをにぎり、絵羽、秀吉、留弗夫は(楼座も?)結託して交渉を持ちかけますが、
蔵臼のほうも彼らの弱みをにぎっていたり。
3人と対峙してかわしちゃう蔵臼の方が上手なのかしら。
でもあの条件、別に悪くないと思ってしまった。なんでだろう。

また、夏妃の辛い立場も描かれていました。
蔵臼の奥さんである彼女に、右代宮の血は流れていません。
で、右代宮家では服に「片翼の鷲」が描かれていることが大事だそうで。
ついでに序列もあるんですね。タイヘン。
どうでもいいけど絵羽は服じゃなくて腕じゃないですか?鷲が描いてあるの。刺青?

蔵臼をかばっても絵羽に罵倒されるし、肝心の蔵臼には追い出されるし、ほんと可哀想・・・。
熊沢さんは「家政婦は見た!」をやってますが、そんなことしてないで慰めたげて。
あ、使用人は「家具」扱いなのも気になります。

一方、子どもたちは素直に再会を喜び合います。
しかしいきなり乳もませろって、そりゃーただの変態だ戦人。
譲治がすごくイケメンになっててびっくり。
真里亞はやっぱり怪しいというか危ない(?)というか。
朱志香には特に何も思わず(ぇ

真里亞は9歳にしてはちょっと幼いですね。
その割に魔術に詳しかったりと、なんだかアンバランス。
さそりのお守りはものすごく伏線くさいので、後々活躍するんでしょう。
真里亞をぶってしまって後悔する楼座の表情がいいかんじでした。
子育てって難しいね。。。特に彼女は頼れる人がいなさそうですから。

雨のなか一人きりの真里亞に、誰かが傘を貸してくれました。
それは、魔女・ベアトリーチェだと真里亞は主張しますが、果たして本当に魔女は存在するのでしょうか。
後ろから近づいてくる人物はベアトリーチェの格好してましたが。

かなり駆け足で展開が進んだような気がしました。
特に大人たちの普段の様子が描かれなかったのは残念です。
絵羽の気さくなところや、留弗夫のお茶目(?)なところがなかったのが痛い。
あれじゃ、絵羽はひどい人としか思えません。
でもまあ、来週からはお話も動くみたいだし面白くなっていくといいなぁ。

ナビゲーションドラマCD「うみねこのなく頃に」 Vol.1:黄金のカケラたち
ナビゲーションドラマCD「うみねこのなく頃に」 Vol.1:黄金のカケラたち 予告、web限定でもないかしら。

[ 2009/07/02 18:16 ] うみねこのなく頃に | TB(7) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。