箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宙のまにまに 2話

ファーストスター

美星は毎日のように朔の教室に入り浸っていた。
それを快く思わない姫は、美星を追い出そうとするが、全く通じない。
姫は朔に好意を持っているが、美星と朔が付き合っていると思って落ち込む。
だが、そんなことはないと知って天文部に入部した。
正式な部として発足した天文部は、さっそく観測会を行う。


朔に片想い中の少女、姫が登場しました。
恋する女の子は見ていて良いものです。
何気ないことに一喜一憂してるのがとても可愛らしい。
・・・最近すごく「可愛い」って書いてる気がする。可愛いもの不足してるんだろうか。

朔と姫の出会いは、高校に入る前、バスの中ででした。
姫の髪が朔のボタンに絡まったのを、やさしく解いてくれ、コンプレックスだった髪をほめてくれました。
朔ってば天然タラシ。
でも朔ってそんなかんじ。とても自然。だからこそ恋しちゃったんだろうなぁ。

そんなわけで、姫にとって毎日毎日やってくる美星は目障りです。
しかし半分喧嘩を売ってるような口調で自分の教室に帰れって言ったのに、美星は全く意に介さず、それどころか自分のペースに巻き込みました。強い。
さらに、朔と日直になった時に告白(?)しようとしますが、絶妙のタイミングで美星がやってきます。
この先もことごとくアプローチの機会を潰されるんだろうね(笑)

姫は思いっきり恋する少女ですが、美星と朔はちっともそんなかんじじゃないです。
これって学園ラブコメ?
果たして朔にラブは発生するんでしょうか。
このままの関係でもいいような気がする。

姫が入ったことで、晴れて正式な部として認められましたが、活動内容が超テキトー。
これはフーミンでなくても怒るよ?
というか、フーミンは天文部がまともな活動をするのに不可欠な人物な気がしてきました。

部長の提案で、山に星を見に行くことになりました。
姫は気合を入れた私服で来ますが、蚊の餌食になるということで、美星の手でジャージに変身させられます。
やっぱり潰されてるw
おまけに自転車は部長と二人のりだし、部長は途中で気を失うし。
よく生きてましたね;

星のことを話す美星は、普段と別人のようです。
何かうちこめるもの、誰にも負けないくらい好きなものがあるって素敵。

人工の光に遮られない夜空はとても綺麗です。
朔は、夜空を形容する言葉を知っているけれど、自分が知っている夜は蛍光灯のあかりのものだけだった、と言います。
星空って身近なものなのに、最近では見えないことも多いし、ありのままの星の光を見ることって本当に少ないです。
以前沖縄で星を見たとき、その数の多さに驚いたことがあります。
すぐそばにあるのに、忘れているものの何と多いことか。

星を見るのもいいな、と思わせたところで、最後は部長の出番(笑)
そういや部長、結局ちっとも星を見てないですね。
自転車に乗ろうとするのは自殺行為だと思うんだ。

宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) [DVD]
宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) [DVD] 美星と部長の髪型って同じ・・・? 
スポンサーサイト
[ 2009/07/16 23:54 ] 宙のまにまに | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。