箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大正野球娘。 3話

娘九つの場を占めて

小梅たちの野球チームは「桜花會」と名づけられた。
学校からクラブとは認めてはもらえなかったが、同好会としては認めてもらえた。
部室を修理し、グラウンドを整備して、本格的な練習が始まる。
そんな中、朝香中学と練習試合を行うことになったが、結果は惨敗だった。


前回の教訓を生かして、小梅は読書会だと言って朝練に向かいました。
その途中、人とぶつかってしまいます。
小梅って結構トロいイメージだったんですが、思いのほか運動神経が良かったようです。
あの動きはやろうと思ってもなかなか出来ないよ。ナイスキャッチ。

チーム名は「桜花」と「欧化」をかけて「桜花會」となりました。
政府が欧化を謳うなか、率先して欧米の文化を取り入れ、手本となるべく活動する団体という名目です。
うまいこと考えましたね。
クラブじゃなくても学校公認ってだけで違うと思います。
おまけに活動場所ももらえて、部費まではちょっと欲張りすぎかも(笑)

部室の修理で釘をうったりしてることに驚きました。
基本お嬢さま、もしくはお嬢さんだと思うのに、手馴れてたような。
でも「一から作り上げていく」って楽しいですよね。
ともかく本格的に練習が始まりました。
それに合わせてルールのお勉強もします。
居眠りしてる巴を横目で見てる静がいいかんじw

少しずつ上達してきたとはいえ、まだまだへっぽこな桜花會。
なのにいきなり練習試合とは、さすがに早すぎる気がします。
結果は目に見えてるわけで、もう少しうまくなってからじゃないと自信なくすだけだと思うんだけど。

朝香中学の野球部には晶子の婚約者・岩崎と以前小梅がぶつかった高原が所属していました。
岩崎は真面目でお堅い青年でした。晶子に会ってもにこりともしない。
彼が婚約者だったので、晶子は「家におさまるべき」の発言が嫌だった、と。
岩崎の考えが変わるのか、晶子との関係がどうなっていくのかも注目です。

意中の男性の前でハンカチを落とすのは告白、って・・・マジなんでしょうか。
お前は少女漫画のヒロインか、とつっこみたくなります高原。
徹底的に迷惑そうな小梅と、全く気にせずアタックしまくりの高原に笑いました。
校門で名前を大声で叫ばれて花束かかえて待ってる、ってそりゃードン引くわ。
どんな羞恥プレイよw 
小梅に隙があったってのはあながち間違いじゃないけども。
一目ぼれされたのが変な人だったのは小梅の責任じゃないw

さて、野球も上達してきて、やる気充実で迎えた練習試合。
小梅たちは勝ちに来てますが、そう簡単にはいくわけもなく一回でコールド負け。
しかも、真剣な桜花會に比べ、息抜き気分の相手に負けてしまいました。
ここまでボロクソにやられると、桜花會の面々はどうなってしまうんでしょう。

正直いって、本気で野球をやろうとしてたのは雪と環くらいだと思います。
言いだしっぺの晶子ですら、言い方悪いけど岩崎への当てつけみたいなもんだし。
桜花會は次回存続の危機っぽいです。
それでもまた一致団結すること、野球の魅力にはまっていく姿を楽しみにしてます。

次回、晶子が学校に来ないのは野球をやってることが親にばれたからだったりして。
岩崎が告げ口してたりしたら、岩崎の評価がガタ落ちだなぁ。

ユメ・ミル・ココロ
ユメ・ミル・ココロ EDの最初の人形(?)って結構かわいいと思う 
スポンサーサイト
[ 2009/07/18 23:41 ] 大正野球娘。 | TB(10) | CM(0)

SIREN プレイ日記その13

一応最初は自力でプレイするようにしてますが、どうしても無理、とかどうしてもアイテムが見つからない、なんて時はカンニングとばかりにプレイ動画を見たりしています。
攻略ルートを知るだけで難易度がぐっと下がることを実感します。
ノーヒントでクリアした人は偉大です。

それにしてもマニアックスが欲しい。
設定やらインタビューやらが大好きです。
ゲームの攻略本はインタビュー目当てで買ってますw
(マニアックスは攻略本じゃないらしいですけど)

Read More

[ 2009/07/18 23:01 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。