箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ティアーズ・トゥ・ティアラ 24話

グラヴィタス

パラディウムで分断されてしまった仲間たち。
懸命に戦うが、グラヴィタスの影響で苦戦していた。
しかし、エドラムとダーンウィンが共鳴し、オベリスクが破壊されたことで力を取り戻す。
仲間たちは無事に合流し、ついに精霊のもとへとたどりついた。


モルガン&オクタヴィア組・・・
大量のゴルメスを、なんと全て倒してしまいました。
前回見たときあんまりにもゴルメスが多いものだから、ピンチに陥ってるんじゃないかと思ってましたが意外と楽勝だったようで。
この二人強い、というか体力が半端ないんですね。
しかし市長の力によって、倒したゴルメスが復活してしまいました。
しかも倒す前よりもパワーアップしています。
再生の大釜の力を使えるのかしら?この人何者。

スィール&ラスティ組・・・
久しぶりに「私ってば不幸です」のセリフが出ました。
今書こうとしたらラスティの名前をド忘れしてたんですが、スィールじゃないのが惜しいw
再生の大釜を目の前にして、しかし止め処なく湧き出てくるゴルメスのせいで辿り付けません。
おまけにグラヴィタスの影響で、大分力が弱まっている様子。

アルサル&リアンノン組・・・
ドルゥクの魔法にアルサルが捕らえられてしまいました。
そのまま巨大な杭?で貫こうとしますが、リアンノンが立ちふさがります。
ドルゥクはずいぶん強いみたいで、魔法を止めるとかできないようです。
しかし杭がアルサルではなくドルゥクに刺さるよう空間転移魔法を使いました。
リアンノン賢いな。
とりあえずアルサルは解放されましたが、ドルゥクは怪物と化して襲ってきます。
キモいよ!

アロウン&オガム組・・・
オベリスクの前に到達し、さっそく壊そうとしますが、バリアが張られていました。
オガムは初源の炎を吐いてバリアを破ろうとしますが、それは命を削る行為なのだそう。
アロウンは止めようとしますが、オガムの戦いはここなのだと譲りません。
こんな場面で先の大戦の回想をはさむと死亡フラグみたいで嫌ですよ。
お茶目(?)なオガムに突っ込むアロウンの顔は非常に笑えたのだけど。

みんなを守りたいとアルサルが強く思うと、ダーンウィンが反応しました。
そしてエドラムと共鳴します。
思いに呼応する剣なのかな。
で、共鳴でオベリスクのバリアが弱まったりとかしたんでしょうか。

ともかくオベリスクが破壊されたので形勢逆転です。
スィール&ラスティが大釜を破壊、それに伴ってゴルメスも活動停止。
モルガン&オクタヴィアが市長を倒し、この二組は勝利。
アルサル&リアンノンも、アルサルがダーンウィンでドルゥクを斬って勝ちました。
本来熱いシーンのはずなのに、なんだか淡々と見てしまいました。
むしろオベリスクが破壊される前の方が楽しく見てたような。何故かしら。

パラディウムの最上階で、仲間たちは合流を果たします。
ね、一緒に入った他の人たちは本当にどこへ行ってしまったの^^;
空中庭園の玉座に座っていたのは、帝国の皇帝でした。
すでに白骨化しています。つーかなんで連れてきたん?
その姿をあざ笑うのが、最後の敵、レクトール。

次回はみんなで総攻撃ですね!
メルカディスというのも出てくるみたいですが、それを弱体化させる歌を歌うのがリアンノンの役目とみた。
先の大戦では確かアロウンはメルカディスにやられたんだったかな。
今度は大丈夫でしょうか。

TVアニメ「ティアーズ・トゥ・ティアラ」オリジナルサウンドトラック Vol.2
TVアニメ「ティアーズ・トゥ・ティアラ」オリジナルサウンドトラック Vol.2 vol.1は昼、vol.2は夜なのね
スポンサーサイト
[ 2009/09/18 23:55 ] tears to tiara | TB(0) | CM(0)

SIREN プレイ日記その36

最近やけに日がたつのが早いです。
年かな・・・。

・・・・・。

自分で書いててショック受けんなw

Read More

[ 2009/09/18 23:36 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

プリンセスラバー! 11話

騎馬隊と列車

哲平たちは、シャルロットを救出するため動き出す。
列車がフィルミッシュ公国に入ったときを狙い、中に侵入して助け出す手筈だ。
無事にシャルロットと再会を果たすが、哲平は列車から落とされてしまう。


ハルトマンが有馬を潰そうとするのは、哲平の祖父に恥をかかされたから、でした。
貧乏だった子どものころ、スリをしようとしたところを捕まり、大勢の前で説教されたのが屈辱だったのだと。
へーぇ。ふーん。そうですか。
ずいぶんちっさい男だな。アホか。

ところで気になったのですが、高級ホテルに貧乏な(こう言っちゃなんだが)小汚い子どもがいたら目立つと思うのですが。
そもそも入れないと思うのですが。
警備員は何やってたの。

哲平は祖父に会いに行って、シャルロットを助けに行くことを伝えます。
財の価値は人の生き様の価値であるのだと。
財があふれるほど人は本来の姿を失うとも言ってました。
深いなぁ。ただこの場合、ハルトマンを指すのだろうけど、ハルトマンは最初から駄目な人ですよ。
別に財があふれたから狂ったわけじゃないです。

哲平はすっかりシャルロット一筋。
優さんや聖華、シルヴィアから寄せられる好意もなんのその。
女の子たちは最後の見せ場、かな。
優さんはメイドという立場だから、と引いてしまいます。
哲平にとっては母か姉みたいなものなのが切ないね。

聖華は出国する哲平をお見送りです。
さすがに国外では活躍できませんからね。
あんまりツンデレってかんじがしないのは何故でしょう。

シルヴィアは哲平との一騎打ちに勝ったことを理由に、婚約破棄を申し出ました。
哲平にシャルロットが好きだと言われる前に身を引いたのが、なんだか誇り高い彼女らしいと思いました。
哲平がモテモテなのは理解はできるんですけど、やっぱりそこに至るまでのプロセスが欠けてると思うのでいまひとつ共感しづらいです。
女の子たちが哲平に惚れるのも、哲平がシャルロットに惚れるのも予定通り、というかんじで。

シャルロット救出作戦は、まずシルヴィア率いる騎馬隊とバイクに乗ったアルフが接近し、その隙に大砲で壊したところから哲平が乗り込む、というもの。
ハルトマンの憎悪がチープでがっかりでしたが、あんまりそう感じませんでした。
なぜなら哲平が人間離れしていたからw
速度をあげた列車の壊れたちょっとした隙間を狙って飛び乗るとか、普通に自殺行為だと思いますよ?
平然とそんな作戦をたてる優さんに驚きだぜw

シャルロットを亡きものにしようとしたジョセフィンが裏切られて殺されてしまいました。
やっぱり・・・という感想しか出てこないのが何ともいえない;
車外に放り出されてしまったシャルロットを助けようとした哲平ですが、ハルトマンに撃たれて列車から落ちてしまいました。
落ちたんだよね?そしてハルトマンはいつの間にシャルロットを引き上げていたんでしょ。
普通の人間なら死んでしまうでしょうが、何事もなく帰ってきそうな予感w

次回で最終回かしら。
ハルトマンの陰謀の末路、一緒に遊べば分かり合えるというシャルロットの思いはきちんと着地するんでしょうか。
期待半分、不安半分ってとこかな^^;

Double Flower
Double Flower
個人的にはシャルロットよりシルヴィアか優さんをお勧めしたい
[ 2009/09/18 22:38 ] プリンセスラバー! | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。