箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大正野球娘。 11話

そゞろに胸の打ち騒ぐ

ついに両親に野球をしていることがばれてしまった。
激昂する父を振りきり、それでも試合へ向かうと、晶子の姿がなかった。
晶子も野球をやっていることがばれて軟禁されていたのだ。
晶子を救出(?)した小梅は急いで学校へ向かい、ギリギリ試合に間に合った。


朝香中との試合を翌日に控えたある日。
高原が店にやってきて、明日の試合に勝ったら小梅にプロポーズする、と宣言します。
それによってばれてしまうのでした。
全く、高原ってどこまで迷惑な男なんでしょう。
小梅が高原を好きでないと知っている三郎が今回は睨んでたのでちょっと笑ってしまったw

小梅のお父さんは、親に黙って野球をやってるとは、と怒ってしまいますが、多分お父さんが怒っているのは野球をやっていることじゃなくて黙っていたことです。
野球をどれだけ真剣にやってるか話し、心から謝ったら許してくれそう。

晶子もとうとうばれてしまいました。
小梅の場合は高原だったけど、はてどこからばれたのかと思いましたが、よく考えたら合宿は晶子の別荘で行う予定でした。
別荘には泊まらなかったけど、近くに別荘の使用人がいたわけで、あれでばれない方が不思議な気がします。
で、部屋の前に屈強な書生を立たせて閉じ込められてしまいました。

放棄試合の危機のなか、運転手さんに手引きされ、小梅が晶子を迎えに行きます。
そのとき晶子は窓から脱出しようとしていました。
すれ違いにならなくて良かったねw
そして大急ぎで車に乗って学校へ向かいますが、よもや事故を起こすとは思わなんだ^^;
その後は走ることになり、試合中に晶子のスタミナが切れないことを祈るばかりです。

小梅と晶子を欠いて、練習にも身が入らない残りのメンバーの焦燥がこっちにも伝わってくるようでした。
絶対間に合うと分かっていてもなぜかハラハラしてしまいます。
正午を告げる音がなる演出も、ゆるやかで焦りを誘われました。

さて、試合にあたって乃枝がたてた作戦は、審判に晶子の制球力をアピールしておくこと。
これによって、際どい球でもストライク判定をとってくれます。
読みどおりで素晴らしいですが、あの審判も甘いなぁ、と思ってしまいました。
晶子の魔球は何なのか不明ですが、きっちり小梅がとれる魔球を習得した模様。
カウントを稼いだあとに魔球、あるいは際どい球で次々アウトをとっていきました。

攻撃もずいぶん上達して、先制したのは桜花會でした。
もう数ヶ月も練習をしてたんですね。
小梅の素振りも様になって格好よかったです。
でも勝てるかどうかは別問題。
晶子の魔球に相手が気付きました。
ここからは朝香中の反撃がきそうで、桜花會はどう立ち向かうのでしょう。

正直なところ、たかだか数ヶ月で、体格も練習期間も勝る相手に勝とうというのは無謀な気がします。
それでも、小梅たちの努力がなにかしらの実を結ぶことを期待しています。
岩崎は、試合が終わったら晶子に話があると言いました。
二人が和解すればいいのになぁ。
あと、小梅も両親に認められてほしいです。
三郎が試合に連れてきてくれたりしないかしら。
ついでに両親&三郎の前で高原をこっぴどく振ってほしいww

TVアニメーション「大正野球娘。」マイクロファイバーミニタオル 小梅は着物の方が可愛いと思う・・・。 
スポンサーサイト
[ 2009/09/23 12:14 ] 大正野球娘。 | TB(1) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。