箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うみねこのなく頃に 16話

episode Ⅲ-Ⅴ queening square

戦人はベアトリーチェの残酷さを嫌悪し、対戦相手とは認めないと言い放った。
ロノウェがかわって勝負を続けることになる。
その頃六軒島では、留弗夫と霧江、秀吉が本館に食事を取りに来ていた。
そこを絵羽が狙い、三人は殺されてしまった。
そしてベアトリーチェは、また対戦相手として戦人の前に立とうとする。


「楼座と真里亞の二人は他殺です」


今回の赤文字は一つだけだったよね・・・?
見落としてないと思うのだけど。一つだけだとスペースが寂しいなw

今回、戦人はベアトリーチェを対戦相手と認めないとは言いましたが、勝負そのものから降りるとは言いませんでした。
そのことでワルギリアはお礼を言ってました。
もし戦人が勝負を降りていたら、ベアトリーチェは魔女と認められないかわりに、人間の犯行でもないという中途半端な状態に陥ってしまうところだったんでしょうか。
事件は何も解決しないままってことかな。

楼座と真里亞の死を、戦人は誤って真里亞を殺した楼座が事故死した、と切り出しました。
それに対するロノウェの赤が上記のもの。
というか戦人、親族をも疑うって決めた途端どうしたのよ。
さすがに楼座はそこまでしないと思いたいのだけど・・・。
とりあえず二人は楼座が油断するような誰かに殺されたということですが、全然犯人は絞れませんw
残ってるの親族しかいないじゃないの。

そういえば生き残ってる人は全員、ゲストハウスにいたらしいです。
本館には死体もあるし、異臭もするから避難していたようで。
しかし食料は本館にあるので、誰かが取りに行かなければいけなくなりました。
そこで留弗夫、霧江、秀吉が行きます。

ここからは魔法のターン。
三人を煉獄の七姉妹のうち二人が待ち伏せていました。
留弗夫と霧江で撃退することができましたが、絵羽の新たな家具、シエスタの前には為すすべもなく破れました。
霧江さんのドロドロは恐ろしいけど素敵ですw
秀吉は殺さないつもりでしたが、叱責を鬱陶しく感じて殺してしまいます。
これで第六の晩まで終わりました。

犯人の最有力候補は絵羽なわけですが、彼女は秀吉を殺そうとするでしょうか。
これまでの話を見てると、「たかが」黄金で秀吉を殺すかなーと思ってしまって。
黄金はフェイクで、思いもよらない動機が犯人にはありそう・・・。
今はベアトリーチェが絵羽になってるから、秀吉は殺さないつもりだった、とされてましたが、実際は本館に行った時点で殺されるのは確定な気がします。

新たな犠牲者が出たことで、戦人とロノウェは勝負を再開しようとしますが、ロノウェはベアトリーチェを対戦相手と認めてくれるよう頼みました。
それにしても、犯行が起きました、状況を確認、考察をしましょう、って流れは本当ゲームですね。
ゲーム盤の外からだと人の命がすごく軽く見える。
ベアトリーチェの感覚が麻痺してしまってもおかしくない、とも思えます。

ワルギリアはベアトリーチェのもとへ赴き、戦人の気持ちを諭し、再び対戦相手として立ち上がることを促しました。
どうして二人はベアトリーチェと戦人の勝負にさせたがっているんでしょう。
ただベアトリーチェが可愛いから、という善意の理由だけじゃないような気がして。
私、色々疑いすぎ?w
次回、ベアトリーチェはどうやって再び対戦相手と認めてもらえるのでしょうか。
ベアトリーチェの成長にも少し期待です。

「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション 初回限定版 Note.01 [Blu-ray]
 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション 初回限定版 Note.01 [Blu-ray] 蔵臼は長男らしく頼もしいところを見せてくれるでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2009/10/19 01:34 ] うみねこのなく頃に | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。