箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DARKER THAN BLACK 流星の双子 6話

香りは甘く、心は苦く・・・

黒が乗り込んだトラックはダミーで、イザナミは港に運ばれてしまった。
イザナミの正体は銀だと知り、蘇芳が破壊するのを止めてしまう。
その場から別々に逃げる途中、蘇芳はミチルに襲われるが、彼女は銀によって(?)殺された。
イザナミが東京に運ばれたことで、蘇芳たちも東京へ向かうことになる。


残念!イザナミは銀だった!
それでイザナギが紫苑?じゃあ蘇芳は一体なあに?
双子はどんな意味をもってくるんでしょう。

黒がイザナミと思ったトラックたちは、霧原さんの作戦だったようです。
さすがストーカー腐れ縁。
鎮目が待ち構えていて、能力でトラックを体に貼り付けて襲ってきました。
見た目がすごく間抜けなうえ、通りすがりの車に乗って逃げた黒を追いかけたいのにトラックは自分が潰しちゃってた、とかどうも憎めないです。
が、こういう人が一番油断ならないかんじ。

蘇芳がイザナミを狙っていることがばれ、葉月が向かってきます。
猫は逃げるよう言いますが、蘇芳は黒が撃てと言ったから撃つ、としっかり狙いをつけました。
しかしそれを邪魔したのは他ならぬ黒。
中身が銀だと分かり、思わず止めてしまったようでした。
このとき初めて蘇芳の名前呼びましたね。
身の守り方を教え、葉月がきたときは自分が囮になって逃がそうとします。
黒の印象がだいぶん柔らかくなってきました。嬉しい・・・。

葉月からは逃げた蘇芳ですが、今度はミチルに襲われてしまいます。
しかし彼女の目的は、蘇芳の第三機関への勧誘。
いっしょに来るならば命は助ける、と。
近くに水があってすぐに攻撃をしかけられるミチルに対し、蘇芳のライフルは接近戦には向きません。
合理的に判断するなら、自分の命のために一緒に行ったほうがいいのかもしれません。
けれどきっぱりと断りました。

蘇芳とミチルのにらみ合いのなか、突如銀の観測霊が出現しました。
それが現れると、水の玉がミチルを飲み込み、そのまま命を奪ってしまいます。
一体これはどういうことなのでしょうか。
銀はドールだから契約者のような能力はないはずだし、観測霊って契約者を殺すほどの力はなかった・・・はずですよねぇ。
どちらかというとミチルを殺したのはミチル自身の能力に見えました。
能力の暴走を誘発する、とか操る、とか?? さっぱりです。
今後も銀の介入があればもっとはっきりするかなー。

真相は今のところ分かりませんが、ミチルが絶命するところを見てしまったノリオの目には、蘇芳がミチルを殺したように見えました。
蘇芳が殺したのか、とか契約者は人殺しても平気なのか、とか言いましたが、激昂して蘇芳をののしる、なんてことがなかったのは偉かったと思うんだ・・・。
好きになった子が母親を殺した、だからといっていきなり嫌いにもなれなくて。
人の心ってそんな簡単に割り切れるものじゃないよね。
水のたまった折り紙の方舟が印象的でした。あれでは沈んでしまう。

三号機関から逃れた黒たちは、とある別荘に潜んでいました。
黒がまた料理するのを見れたらいいなーなんて思ってたらいきなり見れちゃったよ!
黒は蘇芳に、もう撃たないよう言いました。
すると蘇芳は代わりに黒もお酒を飲まないで、と言い、二人で野菜を買いにでかけました。
人間と契約者とどっちつかずの二人の不器用なふれあい、といったかんじ。
帰り道、蘇芳は黒に寄り添う銀の観測霊を見ました。
そして銀のいた場所を蹴りつけますw

ノリオに言われた言葉を思い出し、人を好きになることについて考える蘇芳。
そういえばミチルが死んだあとのノリオが蘇芳にかけた言葉って、ほとんど蘇芳がかつて黒に投げかけたものと同じです。
蘇芳は殺してはいないし、命を奪うことも平気ではないです。
もしかしたら今の自分とあのときの黒を重ね合わせたりしてるかも。
蘇芳が恋をするのは・・・黒、なんだろうなぁ。相かわらずモテモテだな!
一瞬触れ合って、共に過ごして、そしてまたすれ違う、そういう相手なのだろうか。

黒の依頼主はマダム・オレイユだったことが判明しました。
東京にはいつ着くのかしら。

DARKER THAN BLACK-流星の双子- 2 [Blu-ray]
DARKER THAN BLACK-流星の双子- 2 [Blu-ray]
DVDのCMで、偶数巻に収録される空白の二年間のエピソードがちらっと流れました。
「一人にしない」と銀を抱きしめる黒と、そんな黒に「嘘・・・」とつぶやく銀。
一人にしないで、って一期の最終回で銀が黒に言ってましたね。
黒は銀を殺せなかったし、銀は黒に寄り添ってるし、何があって離れ離れになっちゃったのよ・・・
能力がないから今は黒って観測霊見えないんですよね。
そこにいても気づいてもらえない銀、気づけない黒。なんて切ない。
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : DARKER THAN BLACK

[ 2009/11/13 23:57 ] DARKER THAN BLACK | TB(13) | CM(0)

うみねこのなく頃に 20話

episode Ⅳ-Ⅱ zugzwang

縁寿は対決の途中で席を立ってしまう。
それは真里亞を不幸にさせている楼座に虫唾が走ったからだった。
しかし真里亞は自分は幸せだと、そしてそれは魔法の力なのだと言う。
縁寿は魔女になるため修行を始めたが、しかし全うすることはできなかった。
席を外していた縁寿のもとにラムダデルタが訪れ、勝負を永遠に引き分けさせることを持ちかける。


ちょっと時系列がごっちゃになりました。
縁寿が魔女の修行をしていたのは高校生のとき。
絵羽から当主の座をついで須磨寺から逃げることになったのは卒業後。
魔女・ベアトリーチェになって勝負に参加するようになったのも卒業後、ということですね。
てっきりまだ学生だと思ってました。

今回は、薔薇庭園で言いつけどおりにしていた真里亞を楼座が抱きしめる場面からスタート。
縁寿が楼座の態度に虫唾が走ったのは、所詮真里亞のことを愛してなんていないくせに、と思ってるからでしょうか。
真里亞を好きだからこそ、半端に期待を持たせるような態度をとる楼座が許せないんですかね。
でも、幸せかどうかなんて本人が決めること。
他人がどう言おうと、真里亞が幸せだと感じているなら幸せです。

真実は観測者によって形を変える、だったかな。
楼座が真里亞を一人残して男性と外泊していた、というのが客観的な事実として、そこから真里亞は幸せのカケラを見出して幸せでいます。
逆に縁寿は不幸のカケラばかりを拾い上げて嘆きます。
真里亞は自分に都合のいい捉え方をしているだけ、と切り捨てることもできます。
それでも、楼座が真里亞を愛してないかなんて外泊したという事実からは読み取れません。
楼座は楼座なりに真里亞を愛してると思うんですけどねー。
世間体を気にするのも、真里亞が中傷や好奇の噂に晒されないため、と考えることもできます。
ほーら、楼座に対して愛があればなんとでも擁護は可能。

なんというか、本当に縁寿は愛が足りないんだなーと感じました。
何もかもをマイナスにしか捉えられないことのほうが不幸だと思います。
六軒島の真実は愛がなければ見つけられないものなのでしょうが、でも愛がないからこそ見えてくるものも確かにあると思います。
愛がある戦人の視点と縁寿の視点が組み合わされることで、何か見えてきたらいいのに。
そして最後には縁寿も愛を取り戻せるといいです。

真里亞は無から魂を生み出し、さくたろうを作り出しました。
これは魔法的にすごいことなのだそうです。
ベアトリーチェから初源の魔女見習いを名乗ることを許され、お祝いにさくたろうを一個人として認めてもらいました。
するとあら不思議!ライオンのぬいぐるみだったさくたろうが人の姿に!ショック!(ぇ
だってぬいぐるみのままの方がモフモフで可愛かったんだもの。

前回もっと縁寿に魔法の力があれば、という流れになってました。
そのまま魔女の修行をしていたようです。
彼女が使いたいのは「反魂」の魔法。あれ、戦人たち死んでるの前提なんだ?
しかしその強い思いは魔力となって、髪飾りに宿っているようです。
願いがかなって髪飾りを外す日は来るでしょうか。こう言っちゃなんだけど18であの髪飾りはきつい。
結局、学生のときは魔女になれませんでした。
詳細は不明ですが、同級生とトラブルが起きた模様。そのときに魔法を否定しちゃったのかしら。

確かエピソード1で出てきてたメッセージボトル。
実はもう一つ見つかってたらしいです。
真里亞が書いたような体でしたが、筆跡は真里亞のものではなかったそうです。
そこで縁寿が持ち出したのは真里亞の魔道書(兼・日記?)。
どうもその筆跡はベアトリーチェのものらしく。どういうこと。

メタ世界で縁寿は、そろそろ対決の場に戻るよううながされます。
そこへラムダデルタがやってきました。彼女も時間を好きに操れるのでしょうか。
彼女は縁寿がベルンカステルに騙されてるといいます。
ベアトリーチェとの勝負に勝てば、戦人たち家族は帰ってくるが、それは12年前に母方の実家で家族の帰りを待つ6歳の縁寿のところ。
今、戦人とともに戦う「この」縁寿のところには帰ってこないのだと。
ならば勝負を永遠に続けさせ、ずっと戦人といたらいいじゃない、と持ちかけてきました。
でもベルンとラムダとどっちを信用するかって聞かれたら断然ベルンだなw

真実は観測者によって変わるってこと、二つのメッセージボトル、オカルト的に事件を解釈しようとする人たち。
これまでのエピソードは、そういうオカルトで説明したい人によって考えられたそれぞれの六軒島の「真実」だったのでしょうか。
某ブログでそう考察されてる方がいて、すごく説得力があったのですが、それが裏付けられたかんじ。
でもそうすると、縁寿がいくら頑張っても戦人たちの死、あるいは行方不明は変わらないような。
勝負に勝ったところで、今の縁寿のもとどころか6歳の縁寿のもとにも帰ってこないという壮絶にバッドエンドになってしまう・・・?

あれ、先週の青文字に対する反論は?

TVアニメーション「うみねこのなく頃に」キャラクターソング vol.2
TVアニメーション「うみねこのなく頃に」キャラクターソング vol.2 ベアトの髪ほどいたの見てみたい。 

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : うみねこのなく頃に

[ 2009/11/13 02:08 ] うみねこのなく頃に | TB(4) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。