箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聖剣の刀鍛冶 7話

家族-Family

シャーロットたちはセシリーの家に居候し、メイドとして働くことになる。
一緒に生活するうちにすっかり馴染み、この街での暮らしも悪くないと思う。
しかし亡くなった母の願いを叶えたいという思いも強い。
帝国からの返答は、シャーロットという皇族などいない、というものであった。


「働かざるもの、死ね」
というわけでシャーロットたちはメイドになりました。
シャーロット様に無礼な、とドリスたちはフィオに食ってかかりますが、一撃でKOされましたw
強い・・・もしかしてセシリーより強いんじゃ。
そして何故かセシリーもメイドになることに。
理由は、・・・なんとなく面白そうだから?
「君は失念しているかもしれないがな、私はこの家の主人でな、怪我もしていてな」というセシリーの言い訳(?)している顔と手をふってるアリアが何ともいえませんでしたw

ルークはリサと街でクズ鉄を回収してまわっていました。
前に現金収入が少なそう、と書きましたが、なるほどこうやって材料を集めてたんですね。
なおさら収入が少なそうだ。
ルークは刀鍛冶をしてないのに、どうしてブラックスミスだと知られているんでしょう。

ルークが命を賭けてでもやらなければいけないこと、それはリーザという女性に関することのようです。
セシリーがリーザに見えたのは、たまたまルークがリーザのことを考えていたからであって、何もセシリーが似てるわけじゃないんでしょう。
つまりセシリーである必要性はないです。
なのにそんな場面に出くわすとは(主人公兼)ヒロインとして申し分ないですね!w
わざわざメイド服のセシリーに遭遇してついでにフラグも立てた(?)ルークにも同じことは言えますが。

メイドさん総出で倉庫の片付けをしますが、セシリーは正直お役に立ちません。
セシリー・・・これを機にフィオに少し仕込んでもらった方がいいのでは。
対してシャーロットは既にドリスたちに仕込まれていて、一通りの家事はできるそうです。
意外。苦労もしってそうなのにどうしてあんな傲岸不遜だったの?

魔剣とは、悪魔契約で作られた剣の形をした悪魔、だそうです。
人の形をとれる魔剣は少ないらしく、アリアにとってうにうにが初めて見た仲間だそうです。
そういえばうにうにってOPでシーグフリードの横に立ってるよね。
魔剣とは何かいずれ知るようになる、と言って見たのは窓の外の山でしょうか。
あの山いつか噴火しそうだなーとか思って見てるんですが(ぉぃ

シャーロットはこの街に来て笑顔がこぼれるようになり、ドリスたちも馴染んで楽しそうにしています。
いっそこの街に住んでもいいかもしれない、と思いますが、気がかりなのは母のこと。
すでに亡くなっているからこそ、その願いを叶えたいという思いは強いのかもしれません。
シャーロットが帝国に認められないままでは、母が一人取り残されてしまう。
そんなこと許されるはずがない、と。
けれどルーシーは、シャーロット自身の幸せを見つけるよう言いました。
それが母の願いでもあるのだと。
実際に母であるルーシーが言うと重みが違いますねー。
帝国に認められたい、というのもシャーロットのことを考えてだろうし、自分の存在が枷になるのは悲しいですし。
もう本当にセシリーの家に住んでしまえばいいのに。

帝国からの返事は、やっぱりシャーロットを認めないというものでした。
魔剣ともども帝国に引き渡すように、そして厳罰に処す、とのこと。
魔剣の入手経路が気になります。
もし帝国から奪われたのではなくても、平然と帝国所有のものだと言ってくるでしょうから。
しかしこうなった以上、身柄を引き渡さないのは国際問題に発展してしまいそう。
次回、どうなってしまうのでしょう。

聖剣の刀鍛冶 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
聖剣の刀鍛冶 2 (MFコミックス アライブシリーズ) セシリーよりフィオの方が男前だと思います・・・ 
スポンサーサイト
[ 2009/11/19 23:55 ] 聖剣の刀鍛冶 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。