箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DARKER THAN BLACK 流星の双子 8話

夏の日、太陽は揺れて・・・

黒たちと同じ列車にターニャたちFSBも乗り込んでおり、黒はFSBへと誘われた。
断ると、ターニャは蘇芳を列車から下ろして連れ去ろうとする。
なんとか蘇芳は逃げようとし、プールへとやってきた。
蘇芳を襲い続けるターニャだが、昔のことを思い出し、襲いきれずにいた。
蘇芳もライフルを出すもののターニャを撃てず、しかしターニャはライフルの弾をうけて死んでしまう。
撃ったのは、蘇芳ではなく紫苑だった。


黒をヘッドハンティングしたのは優秀だからというのもあるでしょうが、本当の狙いはたぶん蘇芳。
蘇芳は紫苑が逃げるときの囮であると同時に、紫苑をおびき寄せる餌でもあるってことかな。
そういえば、もともとFSBは何を狙って蘇芳の家を襲撃したんでしょうか。
紫苑、流星核、博士の研究データ、何であれ、全てはつながっていそうです。

ターニャの能力によって蘇芳は部屋から出され、捕まってしまいました。
ジュライも眠らされたようだけど、部屋に放置?
3話で何故ターニャを殺さなかったのか聞かれます。
理由は黒に止められたからだけど、撃たなくて良かったといいました。
だって友達だし。
ようやくニカと恋人になれたのに、すぐに契約者として目覚め、ニカを殺し、蘇芳に殺されかけ、でも友達だから殺さなくて良かったといわれ。
3話からターニャは何を考えてきたんでしょう。
「覚えてる。私はニカが好きだった。覚えてる。私はニカを殺した。」
という言葉が切なすぎて、思わずうるっときてしまいました。

ついにターニャと戦うときが来てしまいます。
だけどやっぱりターニャは蘇芳と友達なんだと感じました。
ターニャはいつでも襲える状態だったのだから、とっとと連れて行こうと思えば足でも攻撃して動けなくすることもできました。
なのに蘇芳が自ら来ることを望み、結局攻撃をしかけることはありませんでした。
水をかけられて夏の日を思い出し、そっと浮かべた微笑みには、確かに暖かな何かを感じます。

一方の蘇芳も、ライフルを構えましたが撃てませんでした。
それは黒の「撃つな」という言葉を思い出していたから。
あれ、ターニャ<黒?
でも紫苑の介入がなければ、どちらかが死ぬ以外の終わり方があった気がしてなりません。

夏の日の思い出から、まだ半年かそこらだろうに、もうあの日々には戻れません。
二度と帰れない、楽しかった頃。子どもだった頃。
そのときの蘇芳を知ってる友達はもういません。
MEで記憶を消され、覚えていたニカとターニャは死んでしまいました。
辛うじて救いだったのは、黒と別れてからの蘇芳がジュライと手をつないでたことでした。
ジュライが自発的に蘇芳を探してたのも嬉しかったです。

イザナミ=銀?には、契約者を自殺させる能力があるそうです。
ミチルのもそうだった、ってことでしょうか。
しかし他人の能力を操作して死に至らしめるってことなら、自殺とは言わないような。
契約者自身に、何かしらの要因・・・たとえば、契約者をやめたいと思ってたとか、罪悪感に苦しんでたとか、ストレートに死にたがってたとか、そんなのがあるのかしら。
「自殺」する契約者はイレギュラーなようですし。
そして最近増えてきた、というのは、三鷹文書に記された刻限と関係があるのかもしれません。
三鷹文書は、変えられる余地のある未来の記憶、だそうです。
かつて未来を見た契約者がいたと。それってアンバー?彼女が遺したものなのかしら。

さて、契約者という存在は何なのか、今回も考えさせられました。
最低の人間だったから最低の契約者になった、という黒の言葉が印象的。
また、ターニャの感情の揺れとともにレプーニンの考えと行動も興味深い?というか。
保身を考えるなら、列車の中にいればいいのに、どうしてレプーニンは黒を追ってきたのでしょう。
人間でも契約者でも、合理的枠に囚われることもあり、その枠から自らの意思で出ることもできると、そういう風にとらえてもいいのでしょうか。
でもそうやって枠から出たからこそ、黒はイリヤを殺したとうなずいたのだと思います。

ターニャを撃ったのは紫苑で、彼も蘇芳と同じようにライフルを出していました。
蘇芳のライフルはいつもペンダントから出てくるので、流星核を通じて紫苑の能力を借り受けているのかなーとも思います。
しかし列車の終点は大宮。大宮って埼玉ですよね。東京にいたはずなのにわざわざやってきたようです。
というか黒たちの乗る列車がFSBにも紫苑にも筒抜けなのが気になります。
これもマダムの情報網なのかしら。かなり怖い。
そして紫苑は蘇芳が撃ったよう誤解させるような撃ちかたをしました。
結果、蘇芳は黒と別行動をとることに。黒も黒なりに気を使ったんでしょうが、話をちゃんと聞かなかったため逆効果でした。ああ・・・。蘇芳の別行動を止めるそぶりさえ見せなかったし。
二人はどうなるのでしょう。

次回予告、まさかの再登場に吹きましたw
いやー、レバノンが出た時点で登場はナシだと思ってましたよ。

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 3【完全生産限定版】[Blu-ray]
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 3【完全生産限定版】[Blu-ray] 帰ってきた大食漢。それでこそ黒だよ! 
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : DARKER THAN BLACK

[ 2009/11/29 23:02 ] DARKER THAN BLACK | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。