箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バカとテストと召喚獣 1話

バカとクラスと召喚戦争

進級テストの成績でクラス分けされる文月学園。
上位のクラスと下位のクラスでは設備も大違い。
主人公・吉井明久は、同じクラスの姫路瑞希のため、教室の設備をよくするべく試験召喚戦争をすることになった。
Fクラスの明久たちはEクラスには勝利したが、今度はAクラスから宣戦布告される。


学園もののはずなのに召喚獣でしかも戦争とは何ぞや、と思っていたら、意外とほのぼのでしたw
直前の試験の成績によって強さの決まる召喚獣を呼び出して戦いあうというもの。
召喚獣っていうか当人をちっこくデフォルメしたのってかんじですが。
その中で死んだら補習室行き、や回復には試験を受ける、といった設定が面白いです。

「試験召喚戦争」略して「試召戦争」とは、勝ったクラスと負けたクラスの教室をとっかえっこできるというもの。
AクラスはPC支給にドリンクバー設置という豪華さ、対して最下位のFクラスはボロボロの座布団に卓袱台、教室は埃まみれで隙間風も入ってくるという有り様。
成績が悪いからといって、これは厳しいw
よりよい設備で勉強するには、試召戦争に勝つしかないってことです。
勉強の推奨ともとれますが、こんな環境におかれては勉強にも身が入らなそうですが。
壊れた卓袱台にはボンドで、教卓には工具で対応、の淡々とした先生がなんだかおかしかったです。

明久は10問に1問はできたよっていうおバカさんですが、同じクラスにはお仲間もいました。
ということは彼らも成績的にはおバカさん^^;
例外は風邪で試験を退席した瑞希で、彼女はAクラスの実力だそうです。
で、まだ風邪の治りきらない彼女のために、というかええ格好するために?試召戦争を行うことになりました。

ちっちゃいキャラが動き回る試召戦争は見てて楽しいです。
召喚する人物によって召喚獣の服が違うのもいいかんじ。
そして秀吉に無意味に変身シーンがあって吹きましたw ていうか変身してないじゃん!

今回は力押しで、作戦と言えば時間稼ぎくらいでした。
今後は多彩な作戦が出てくるといいなぁと思います。
キングオブバカの代名詞らしい観察処分者、明久の特殊能力が生きるときは来るのでしょうか。
しかし物に触れるってことと召喚獣のダメージをそのまんま受けるって能力は、本当に試召戦争に役に立つんだろうかw
召喚獣は物理ダメージは受けないですよね。かといって人を狙うのも反則っぽいし。
そういえば明久の点数は10点でした。
つまりちゃんと10問に1問、答えた分は正解してたってことです。
よかったね(笑)

次はAクラスと対戦、ということでどう対抗するのでしょう。
難しくなく見れそうなので、次回以降も楽しみにしてます。
ところで、クラス対抗だけじゃなく一人一人の入れ替え戦みたいなのもあったりしないのかしら。

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫) 試召戦争は映像向きかなーと思う。
スポンサーサイト
[ 2010/01/10 23:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

デュラララ! 1話

開口一番

竜ヶ峰帝人は、高校進学を機に池袋へやってきた。
幼なじみの紀田正臣に案内され、様々な人に出会う。
とりわけ印象的だったのは、都市伝説・首なしライダーの目撃。
非日常に憧れてやってきた池袋で、帝人はどのような体験をするのだろう。


とまあ、こんなかんじの第一話でした。
原作は未読です。
ついでに特に情報を仕入れてなかったので、首なしライダーにびっくりしました。
若者の群像劇というだけじゃなく、ファンタジー要素もあるみたいですね?
評価の高かったバッカーノのスタッフが再集結ということで、期待しています。
とか書いといてバッカーノ見てないんですが^^;
録画はしてるのでそのうち・・・。

正臣は非常に顔の広い子のようです。
ホロの看板を持ってた男女や、ワゴンに乗ってた人、お寿司屋のロシアの人・・・。
帝人と同い年ですよね。ということは15歳。
なのにとても社交的で、普通に学生をやっていたらお知り合いになれないような気もします。
それは私が社交的じゃないからか?しかし彼がどんな生活を送ってきたのか気になります。

そんな彼が言う、池袋で暮らしていく上でお近づきになってはならない人たち。
平和島静雄と折原臨也、それにダラーズというギャング。
ダラーズはともかく、この二人は次回きちんと出てくるみたいなので楽しみです。
関わっちゃならないと言われたら、そりゃーもちろんバッチリ関わるフラグですもんね!

並行して語られるチャットは物語に深く関わっているっぽい。
帝人が首なしライダーを見た現場に居合わせたというセットンや甘楽、スルーされたドタチンという人物もメインキャラクターの中にいるんでしょうね。
表の群像劇だけじゃなく、裏側のチャットが描かれるのはなかなか新鮮な気もします。
表の人間関係、裏の人間関係が見えてくると非常に面白そうです。楽しみ。

帝人の知らないところで、事件がひとつ起きていました。
おそらくは自殺オフと称しておびき寄せられた女の子が、男たちに拉致されるという事件。
たまたま目撃したのは折原臨也。
男たちを襲撃したのは首なしライダー。
拉致は人に見つからないようにしていたはずなのに、どうして首なしライダーが襲いにきたのでしょう。
臨也とライダーがどこかでつながってたり、とかあるんでしょうか。

チャットでは男だと言われてましたが、首なしライダーは女性・・・ですよね。
ヘルメットが猫耳なのがステキなセンスだ!と思いながら見ていたら、本当に首がなくて驚きました。
そして切断面からなにやら黒い煙のようなものが漏れ出ています。
それが鎌の形になり、男をぶった切った・・・のですが、あれは本当に切れる鎌じゃないのかしら。

首なしライダーは帝人も目撃することになります。
ヘルメットの隙間から黒いの漏れてるんですけど、大丈夫でしょうか^^;
帝人がぶつかった、首筋につないだような痕のある女の子は何者なんでしょう。
OPでも名前出てなかったし。
首の痕から下と、上の顔と色が違うように見えたのは気のせい・・・かなぁ。
予告の、本当なら死んでいた少女が彼女?

次回からは本格的に話が動くみたいですし、メインキャラも出揃ってくるみたいです。
今回の事件がどんな波紋を呼ぶのか、帝人の気づかないところでもう物語は動き出してるという感じがわくわくします。
現時点ではこれから話がどう展開するのかさっぱりですが、交錯する物語たちを期待しています。

デュラララ!! 1 【完全生産限定版】 [DVD]
デュラララ!! 1 【完全生産限定版】 [DVD] 池袋って怖い町なんだ・・・(((゜д゜;)))
[ 2010/01/10 23:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。