箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テガミバチ REVERSE 3話

アジサイ色の絵テガミ

差出人不明のアジサイ色の絵テガミ。
配達で訪れた屋敷で、ラグはその送り主を突き止めてくれるよう頼まれる。


ラグはゴーシュに宛てるテガミに何を書くか迷っていました。
書きたいことが多すぎて、かえって本当に伝えたいことが分からなくなってしまう、と。
ラグはあんまりテガミを書くことがなかったんですね。
ユウサリに来るまで出す人いなかったっぽいですしね。
おばさんにテガミは書いてないのかな?
人んちで平然と朝ごはん食べてるコナーとザジに吹いたw

今回テガミを届けた相手は、男装(はしてなかった気がするけど)の麗人、レイ。
いやでもしっかり胸ありましたよ。男性と間違っちゃうのはどうなの。どこ見てんのラグ!
(そういう邪な目で人を見てないんだよ)

さて、宛名しか書いてない、差出人不明の絵テガミには、レイの故郷を思い起こさせる風景が描かれてありました。
彼女は胸の病気を患っていて、その絵のおかげで安らぎを得られているよう。
だから、その差出人にお礼がしたいそうです。

心弾を使えば一発ですが、地道に調べることにします。
絵テガミに使われる絵の具は、レイの故郷のそばに咲く花でできているそうです。
その花が屋敷にも生えていて、のっぽのメイドさん・キミドリが手入れしているところを偶然見ました。
そしてキミドリを犯人扱いw気持ちは分かるww

差出人は分かったものの、キミドリには口止めされてしまったので、レイにどう伝えようか悩むラグ。
レイの部屋に行くと、なんとお局メイドが自分の手柄にしていました。
ラグの口が固いとふんで、庭付きの土地までねだるお局。うわぁ…^^;
でも口止めされてるからラグは本当の差出人を言えません。言えないけど。
「心弾を撃っちゃだめとは、言われてませんからー!」
そんな強引なw

心弾で見えたのは、キミドリの記憶。
キミドリはレイが故郷を離れる前に一度会っていました。
そこで友達になり、レイのヘアピンをもらいますが、借金のカタに売ってしまいます。
そのことで友達の資格は失ったと思い、でもレイのために何かしたくてセントラルにやって来たのだと。
キミドリの心を知ったレイは、お花の手入れ中のキミドリに「友達」として会いに行くのでした。
今回ラグはレイに友達を届けるお仕事だったわけですね。

絵テガミのおかげで、テガミに書くのは、字じゃなくて絵でもいいと気づかされました。
ラグの絵心は非常に残念なものでしたけどね!
シルベットに何を描いたのか聞かれて、得意げに「ゴーシュ!」ってw
まあ、一つ選択肢が広がったというか。
字で書くことだけにこだわらないで、ゴーシュへの気持ちをしっかり伝えられるテガミを書けるといいですね。

テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)
テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)
お局は捨て台詞を残して去っていきました。逞しいおばさんだw
スポンサーサイト
[ 2010/10/17 23:37 ] テガミバチ | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。