箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 3話

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

黒猫と沙織という友達ができ、オタクライフを満喫する桐乃。
しかしとうとう、父親に趣味がばれてしまった。
父親からばっさり趣味を否定され、家を飛び出すが、追いかけてきた京介に自分の気持ちを話す。
そして京介は桐乃の趣味を認めさせるよう直談判にいどむ。


日曜日、桐乃は黒猫たちと遊びに出かけます。
家族にオタクであることがばれているという黒猫と沙織に、桐乃は驚いていました。
まあ、出かける時からあの格好じゃあ、ばれないのが不思議というものw
でも別に、迷惑をかけるでもなし、叱責されることはないという言葉に、桐乃は嬉しそうです。
自分だって、はばかることなく楽しみたいと思うのは当たり前の感情ですね。
好きなものを好きだといえるのは幸せですもの。

一方、京介は田村さんと図書館へお勉強。
なんだこのカップル。
もう私は京介と田村さんの動向を見守るだけでおなかいっぱいです。
膝枕をしようとしたり、ハグどうぞってやったりする田村さん可愛いv
しかし京介はニブちんなのだった!残念!

京介が家に帰ると、不穏な空気が漂っていました。
桐乃が帰宅した際、父親とぶつかって、エロゲを落としたことから趣味が発覚したそうな。
なんという1話と同じ流れ。桐乃、少しは学習しようね?

どんなに否定されても、好きなことはやめない。
エロゲが好きな自分も、自分。やめたら自分じゃなくなってしまう。
それなのに、父親に何も言い返せなかった自分がくやしい。
桐乃の気持ちを聞いて、京介は父親と直談判する覚悟を決めました。
なんていい兄貴なんでしょう。

学業優秀な桐乃、スポーツ万能な桐乃、モデルとして活躍する桐乃、オタク趣味を楽しみ桐乃。
全てが今の桐乃を構成する要素。
どれ一つ欠けても、桐乃は桐乃じゃなくなるのだと熱く父親に言い募ります。
家族のために熱くなれるお兄ちゃんって格好いいね。
そしてそれは、作品に対して熱くなる桐乃や黒猫らを見て、悪くないと思ったからこそできた行為なんじゃないかな、と思いました。
なんとか桐乃のおたく趣味は容認しよう、ということになりましたが、そこで問題が一つ。

桐乃が持っていたのはエロゲでした。つまり18禁。
さすがに中学生がエロゲはいかんです。正論すぎて反論のしようがありませんw
京介は一応反撃を用意していましたが、それを行使するのはちょっと躊躇いがありました。
そんな時、目の前に出てきた選択肢。京介やっぱりゲームに脳おかされてるよ!
「桐乃を助ける」ではなく、「妹を助ける」を選んでいたところが面白かったです。
お兄ちゃんだなぁ。
何かがあったとき、気に食わない部分が多々あれども妹のために頑張っちゃう兄ってのはすごい分かる気がします。
それは妹も同じ。そのうち桐乃が京介は兄貴だから仕方ないなぁって頑張っちゃうのを見たいです。

京介の秘策は、「エロゲは自分のもの」でした。
捨て身すぎる!!妹の部屋で妹とアレな行為をするゲームって気まずすぎるだろう。
エロゲーを愛してると叫んだところで、父親の拳が炸裂。
でも勝手にしろ、と事実上黙認してくれることになりました。
たぶん父親も分かってると思うんですけどね、エロゲは桐乃のものだってことは。
現時点でおかしな兆候はみられないし、様子見ってとこかしら。

最後に、桐乃は京介に対して
「ありがとね、兄貴」
と一言。
その言葉と仕草が妙に可愛く見えて。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない!ってとこで終了。
うん、いい最終回でしたね。
次回は夏コミらしいですが、今後の京介との関係を楽しみにしてます。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。