箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカイガールズ 16話 感想

寄港

攻龍が最後に補給に寄った島は、七恵の故郷だった。
七恵は幼馴染と、その彼と交わした約束に思いを馳せる。
島で、偶然その幼馴染と再会を果たすが、彼が攻龍のことを悪く言うのを聞いて、嘘をついてしまう。
出発する日の朝、島にワームがやってくる。
ソニックダイバーで撃退するが、その時七恵の嘘もばれてしまう。
しかし、彼は七恵のことを受け入れ、二人は再会も約束するのだった。


身悶え・・・(照)
中盤の、よろけた七恵さんを抱きとめるところあたりが・・・。
いや、こういうのも好きなんですけど、一人で見てるのに猛烈に恥ずかしくなります。

ともあれ今回は七恵さんの回。
全てが七恵さんのためにお膳立てされたかのような回w
よく考えてみると、ワームは攻龍&ソニックダイバーに引き寄せられてやってきたんですよね。
それを撃退したところで、島の人としては いらん緊張を強いられた形になるのですが、ヒロくん感謝しています。いい人だ。
結果的には、ワームまで七恵さんの恋路に協力してくれたのでした。

七恵さんの家族が登場でした。
母もやっぱり巨乳さん。遺伝か。うらやましい・・
そして大家族。七恵さんがしっかりしていたのは下にいっぱいいたからなんですね。
やっぱり長男あるいは長女ってしっかりするんでしょうか。(自分下なんで分からない・・・)

もうすぐ日本から遠く離れることになる七恵さんは、偶然という名の必然によって幼馴染と再会します。あぁ、なんて甘酸っぱい!
過去話にかこつけて翌日も誘うヒロ君がかわいいw
好きな人に嘘をつくのは嫌われたくないから。
普段仕事人(?)の七恵さんもまだ15歳。恋に恋する時期ですよね~。

スカイガールズ達の恋愛話も楽しかったです。
エリーゼは結構大人な発言をする、というかおマセさんでしたw
それともお国柄の違いですかね。小さい頃から西ヨーロッパ基地の恋愛模様を見てきたかもです。
瑛花は、・・・恋愛経験があるのかないのか非常に気になるところですが、片思いかな、と思います。
プラトニックだったのはそういうわけじゃないかと。
普段ツンツンしてるのに奥手で告白できない、とかどうですか!
音羽と可憐がやっぱり影が薄い気がします・・・。
恋愛の話だと出番ないですしねぇ(失礼)
だって音羽はニブニブだし可憐は兄様一筋だった感があるし。


今週の副長。。。
やっぱり副長好きかもしんないと思う今日この頃。
冒頭の悪だくみ(?)とヒロ君が海に出てた時の一言くらいしか出番なかったです。寂しい。
しかしヒロ君に対する一言で結構満足でしたw
みんなして俺の言うこと無視しやがって!みたいな?
スポンサーサイト
[ 2007/10/22 17:15 ] スカイガールズ | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

スカイガールズ第16話 「寄港」感想
スカイガールズ第16話 「寄港」感想トラバ受付中!監督&脚本家 夜の座談会特集掲載!http://www.i-revo.jp/skygirls/special/index.html
(アニメ感想) スカイガールズ 第16話 「寄港」
スカイガールズ Vol.1遠征計画が実行され、地球の裏側にあるワームの本拠まで向かうことになる攻龍。日本での最後の補給のため立ち寄った小島は、七恵の故郷であった。帰郷することを許された七恵。久しぶりに家族との団らんを味わっている中、幼なじみの洸晴と出遭う。....

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。