箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ef-a tale of memories OP

efのOPのシングルの感想です。。。
トラックは4までありますが入っているのはeuphoric field 1曲のみです。
日本語版・英語版・TVサイズ・インストです。

これで1260円は若干高い気がしたんですがw
でも好きだからいいよ・・・。

私の場合、アニメのOPやEDのシングルを買うのはよっぽどそのアニメにはまった時だけです。
今まで買ったのは.hack//SIGNとウィッチハンターロビンと、ひぐらし・・・。
あとおねティのアルバムとか
ひぐらしは別にアニメにはまったわけじゃないですけどねw

日本語版と英語版とありますが、個人的には英語版の方が好みです。
実際アニメで使われてるのは英語ですし。
(実はTVサイズのはちょっとだけ歌詞がさしかわっていますが)
曲とか歌詞とか声とか、英語の方が相性がいい気がします。
こう言ってはなんですが、日本語だとサビでテンションが下がってしまって・・・。

歌っているのはELISAという18歳の女の子。若いねー。
わざわざプロフィールの紙がCDに入ってました。

英語の詞を自分なりに訳してみたんですが、なかなか興味深かったです。
日本語詞とちょっと違ってました。
メロディーにのせないといけないので、やっぱりいじってるのかもしれません。

気になった単語は reach でした。TVサイズのにはこの部分(一番)入ってないですが。
手の届く距離って意味があったんですよね。
鎖の長さは12歳、伸ばせる手の長さは13メートル、ってのを思い出しました。
一番・みやこ→二番・景→最後のサビ・千尋 なかんじで順に歌ってるような気がしてたんですが、結構3人ともどこにもあてはまるのかもしれないなぁ、なんて思いました。
スポンサーサイト
[ 2007/11/22 17:30 ] ef-a fairy tale of the two | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。