箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカイガールズ 21話

共闘

前回アイーシャがワームの動きを止めていましたが、あれはワームに同調していたそうです。
(というかワームを同調させた?)
アイーシャのポテンシャルはすごいです。

ビッグバイパーが3機やってきました。
一条提督が推進したそうです。
瑛花の危険が少しでも減るように?と思いましたがソニックダイバー隊を南米に行かせたのも提督でしたね。。。
でっかいワームを倒そうとしましたが、やはりでかすぎたようで やむなく撤退しました。
ビッグバイパー使えねぇ。

一人攻龍に拾われ、甲板でたそがれるマッチョマン飛崎さん。
そこに冬后さんがやってきて、おもむろに昔話をはじめます。
冬后さんが飛べなくなったのは飛崎さんをかばったからなんですね。
小説版と違うんだね。
その時戦っていたワームが、今回のワームだったらしいです。因縁のワーム。

冬后さんはスカイガールズたちに純粋に空を飛ぶってこと、その夢を託したいと言います。
ちゃっかり瑛花が立ち聞きしてて、冬后さんへの認識をあらためたようです。
ていうか冬后さんは最初からこういう人でしたが。。。

今回のワームは自切して数を増やせるタイプ(?)のもので、既に二つにわかれています。
片方をソニックダイバーが、もう片方をビックバイパーがたたくことになりました。
しかし三つに分かれてしまいました。
そこにやって来たのは飛崎さんの部下二人でした。
みんなで協力して見事ワームを倒しました。

いや、熱かった!かなり好きでした。
でもよく考えたらなんでみんなワームが三つ以上に分かれる可能性を考えていないんだ。
うっかり自分も考えませんでしたがww ←のりやすい人・・・
みんなで協力するってのも良かったし、夕子先生がなんかしようとしたアイーシャに「信じなさい」ってのも良かったです。
あとは、おっさんをうまく描写してるかなーと。
(冬后さんって、・・・まだ20代でしたっけ?それでおっさん呼ばわりは辛いぜ・・・!)
主人公だけじゃなくまわりの大人のことも描いてくれるのが好きです。
しみじみと。

今週の副長。
影が薄いですよ副長。
副長にフィーチャーする回ないかなぁ。ないだろうなぁ。
DVDの特典でついてきたらそれだけのために買うかもw
とりあえず射撃のかけ声(?)は副長のお役目でした。
スポンサーサイト
[ 2007/11/27 14:48 ] スカイガールズ | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

レビュー・評価:スカイガールズ/第21話「共闘」
品質評価 22 / 萌え評価 25 / 燃え評価 18 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 33 / お色気評価 25 / 総合評価 23レビュー数 59 件 ついに結成された飛崎を隊長とするビックバイパー部隊。その戦闘力は日本近海に現れた巨大ワームを圧倒する。その活躍ぶりに、どことなく複...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。