箱庭迷宮

こも乃のつれづれな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Myself;Yourself 12話

赤い記憶

修と朱里がいなくなってしまって、佐菜たちは元気をなくす。
遊びに行く計画をたてるが、麻緒衣が気を使って佐菜と菜々香の二人で遊びに行かせる。
佐菜は修との秘密の場所に菜々香を連れて行く。
そこで、菜々香は失っていた記憶を思い出した。


双子はすっかりいけない関係だと誤解されてしまったようです。
同性ならそんな誤解も起こらなさそうなのに。不思議なもんです。
とりあえず親父は困ってみろ。(黒)
朱里がいなくなったことについての あさみの反応が欲しかったなーと思います。
・・・あ。雛子のことをすっかり忘れていた!なんだろう この影の薄さ。中の人のCM流れてるのにw

麻緒衣が空気(脚本の都合)を読んで二人きりにしてあげます。
ぶっとんだ人かと思っていたのに意外としっかりしてたんですね。
お姉さんの自覚もあったんだ。
彼女には身近に信頼できる家族がいるから、だから引いたのかもしれません。

いつぞや来た河原にやってきた佐菜と菜々香。
やっぱり釣れなくて、菜々香の作ってきたおかずを仲良く食べます。
卵焼きとクッキーというおかずでしたがw
前に他の料理手伝ってたじゃーん。
どこからどう見てもバカップルでした。

修との秘密の場所は川の上流にある洞窟でした。
「今度は大丈夫」っていう佐菜の台詞に説得力がなさすぎて笑ってしまいました。
暗くて誰もいない場所で二人きりになることに成功した佐菜さん。
なんかこう書くと悪い人みたいです。
でもキャラ変わったんじゃないか、とか思いました。
前からこんなかんじでしたけどね。(どっちだよ)

洞窟から夕日を見て、菜々香は記憶を取り戻しました。
火事当日、八代家にいた人間は菜々香、両親、叔父の4人だと思っていたのに
いきなりヴァイオリンの先生と言う第五の人物が出てきてびっくりしました。
誰だアンタ。
予告では思い出さなければ良かった、ってなってましたがさて次回どうなることやら。
今まで引っ張ってきたんだから佐菜の腕時計の下にも触れて欲しいのですが。
二人に共通のキーワードは辛い過去の記憶ってことで、菜々香のことと絡めてくるのかな?

自分のテンションが低いとなかなか書けないんですねぇ。しみじみ。
スポンサーサイト
[ 2007/12/23 00:57 ] Myself;Yourself | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。